薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目は仕事内容や職場の人間関係、上下関係、新しく学ばなければならないこと、新しいことに慣れることなど悩みが多く発生してしまいます。

早く仕事を覚えたい、環境や職場に慣れたいという思いから、がむしゃらに走りすぎてしまうのです。職場にも少し慣れた頃に、燃え尽きてしまい仕事を辞めたいと考える人が多くなります。

その1年目・新人薬剤師の2人に1人は転職をしたいと考えるといいます。転職したいと思う理由は、思い描いているような仕事ではなかった、仕事に面白みを感じない、職場の人間関係が複雑で苦痛などの理由から転職を考える人が多いです。

先輩薬剤師からすると、1年目を乗り越えれば仕事も楽しくなってくるのにと思うようなことですが、社会人経験のない新人にとっては、大きな悩みとなってしまうのです。

このページでは新人薬剤師が転職を思い立った、転職しようと考えている場合の注意点を掲載していきます。

 

1.薬剤師1年目の転職したい理由・悩みランキング

薬剤師1年目の転職したいと理由・悩みランキング

社会人デビューし、薬剤師として働きだした1年目。まだ数カ月しか勤務していないにも関わらず、多くの悩みを抱える薬剤師が多いです。1年目の薬剤師の悩みをランキングベスト5にしてご紹介します。

 

第1位・人間関係が転職理由

薬剤師の仕事を進めるには、医師や看護師、他の薬剤師や患者さんなど多くの人とのコミュニケーションをとらなければなりません。覚えることが山積みな1年目の薬剤師は、毎日に必死で心の余裕が少なくなっています。

そのため、周りとコミュニケーションをとることが円滑に出来ず、人間関係を良好に保つことをとても難しく感じてしまうのです。コミュニケーション能力が元々長けている人にとっては何気ないことでも、そうでない人にとっては大きな悩みとなってしまいます。

 

第2位・仕事のイメージとのギャップが転職理由

学生の間に病院実習など、薬剤師の現場で実習をしているはずなのに、実際に働いてみると思っていた職場と違うと感じる人が多いです。職場では仕事の傍ら雑務に追われ、帰宅しても毎日調剤の予習と復習に追われ、疲れ果ててしまいます。

患者と接する機会が増えたり、興味のある分野を任されたりすると、やりがいを感じるようになるのですが、そこにたどり着くまでに挫折してしまう薬剤師が多いです。

 

第3位・仕事を覚えられないが転職理由

薬剤師1年目は、覚えることが学生の頃以上に増えてしまいます。調剤についてはもちろんですが、会社や薬局のやり方や、調剤以外の雑務や患者や医師との接し方など、学生の頃勉強したこと以外のさまざまなことを覚えていかなければなりません。

覚えることが山積みになってしまうと、頭の中で上手く整理が出来ず、新しく教えられた仕事を覚えていくことが困難になっていくようです。

 

第4位・やりがいを感じないが転職理由

会社や薬局によっては、1年目の薬剤師に雑用ばかりさせるところがあります。これは、雑務を学びながら現場の仕事を覚えさせるのに有効な手段なのですが、やる気に満ち溢れた1年目の薬剤師にとっては、退屈で仕方なく感じてしまうのです。

実際の調剤や患者と接したいのに、毎日雑用ばかりと仕事へのやりがいを感じられなくなっている人が多くいます。

 

第5位・想像以下の給料が転職理由

新卒で働き始めると、給料を貰うのも楽しみの一つになります。給料からはさまざまな税金や社員費、組合費などが天引きされるので、実際に貰える手取りの額は額面よりもかなり少なくなるのです。

想像していた以上に収入が得られないことを悩みと感じる人も多いです。

 

2.薬剤師1年目で転職をするメリット・デメリット

薬剤師1年目で転職をするメリット・デメリット

薬剤師として働き始めて数カ月で、転職を考える人は意外と多いものです。

大学を卒業し、薬剤師の資格を取得、それを仕事で活かすために就職するのですが、1年もしないうちに転職しても良いものなのでしょうか。

 

薬剤師1年目で転職をする3つのメリットとは

薬剤師1年目であっても自分の成長のための転職をするのは意義のあることです。薬剤師1年目で転職をするメリットがあることを頭に入れておきましょう。

 

1.自分のやりたいことを追及できる時期

思っていた職場と違うと、やりがいを求めて転職する際、転職先として今までと違った職場を選ぶことになります。

病院薬剤師から製薬会社の研究職、調剤薬局から病院薬剤師など、薬剤師の転職の道は無限にあります。今の仕事に対してやりがいを感じられないのであれば、自分のやりたいことを追求することが出来るのが薬剤師1年目の特権です。

ポイント!

ある程度勤務年数がでてくると、責任ある立場を任されたりして、転職へ踏み切る勇気が持てなくなってしまうこともあります。身軽な1年目だからこそ、仕事の楽しみを見つけるための転職が可能になるのです。

 

2.違った分野への転職・チャレンジが可能

薬剤師1年目の魅力は若さです。会社や薬剤師としての仕事に染まっていないので、新たな分野へ転職を考える際も、歓迎されることが多いでしょう。病院薬剤師や、治験薬剤師は、若ければ若いほど有利です。30歳前後になると、未経験でこれらの仕事に就くのは厳しくなってしまいます。

就職するときに働いてみたかったけど諦めた職がある人は、再チャレンジをするにも遅くありません。

 

3.自分の希望に沿った会社を十分吟味できる

就職の際、よく条件や希望を考えた上で今の職場を選んだはずです。しかし、残念なことに1年もせず転職しようと思っているということは、選んだ職場が自分の想像と違ったということでしょう。1年目の転職は自分の条件や希望を改めて整理し、それに沿う会社を十分吟味してから選ぶことが出来ます。

自分一人では同じ失敗を繰り返しそうで不安という人は薬剤師求人サイトを利用するのも良いでしょう。

 

薬剤師1年目で転職をする2つのデメリットとは

大学を卒業し社会に出て、薬剤師として働き始めた1年目でも、転職を考える人は多いものです。薬剤師の業界は転職が珍しいことではありません。

そのため、1年目であっても転職をすることは可能なのですが、1年目の薬剤師が転職をすることで発生するデメリットもあるので注意するようにしましょう。

 

1.希望通りの転職先を見つけられない可能性あり

求人に掲載されていた給料や勤務形態ではない、人間関係が悪いなど、転職してみてわかることがあります。転職するのに時間をしっかりかけなければこのように転職先選びで失敗をしてしまう可能性があります。

1年目の薬剤師には無限の可能性が秘められているので、転職前よりも条件の悪い職場で働くことは意味がありません

前職を辞めて、転職先が決まるまでの空白期間を出来るだけ短くしたい気持ちはわかりますが、求人内容をしっかり吟味しなければより良い転職を行うのは難しくなります。転職先では長く勤められるように、時間がかかってでも良い職場を見つけなければなりません。

ポイント!

薬剤師求人サイトを利用すれば、担当者のアドバイスを受けながら転職が出来るので、このような失敗をするリスクが低くなります。

 

2.嫌だから転職?転職癖がつく可能性も高い

嫌なことがあったから、嫌いな人がいるから転職をすることは、この先社会人として働いていく上で大きなデメリットとなります。仕事でのミスや嫌な仕事を回されると、仕事へのモチベーションが下がり辞めたくなることもあるでしょう。

また、先輩や上司などに嫌味ばかり言われていると、転職を考えるきっかけになるのも事実です。しかし、本当に我慢が出来ないほどの出来事なのかを、もう一度冷静に考えるようにしましょう。少しの我慢もなく、職場を変えることは癖になってしまうと大変です。

ポイント!

1年目という若く成長途上にある場合は転職先に困りませんが、年数を重ねるごとに転職することが難しくなっていきます。また、履歴書に短いスパンでの転職を記載することは、企業側から大きなマイナス要素として見られるようになるのです。

 

3.1年目転職の薬剤師はどうみられる?転職の正しいタイミング

1年目転職の薬剤師はどうみられる?転職の正しいタイミング

薬剤師の業界に限らず、転職する人は大きく二つに分類されます。

  • キャリアアップのための転職:一つは何年も同じ所で勤め、経験を積んでからキャリアアップのために転職を考える薬剤師です。
  • 現実とのギャップで転職:就職して1~2年未満で、理想と現実のギャップから転職を考える薬剤師です。

薬剤師1年目は、学生気分が抜けない人も多く、お金を貰って仕事をするという厳しさや、人間関係の厳しさにストレスを感じる人が多くいます。1年目で転職する薬剤師は、雇用側にとってどのようにみられるのでしょうか。確認していきましょう。

 

薬剤師1年目の転職は雇う側からどうみられるか

薬剤師1年目の転職となると、他の会社の色に染まっておらず教育していきやすいというプラス面があります。自分のやり方が確立されていないため、教えたことの吸収が早く今後の成長が期待出来る人材と考えられるのです。

年齢が若いため長く働いてくれる可能性が高いこともプラス要因になります。

 

またすぐに辞めてしまうのではないか懸念はある

またすぐに辞めてしまうのではないかと懸念されるマイナス面もあります。面接などで自己主張が強すぎると、この印象が強くなってしまうので注意が必要です。

薬剤師1年目の武器は、若さとやる気に満ち溢れている姿勢です。一度就職で失敗したからと、悲観せずに自分の理想の会社を見つけましょう。

 

一方、先輩薬剤師からどうみられるか

薬剤師の中には、転職をしている経験がある人も多いです。先輩の中に1年目にして転職をした経験を持つ人がいれば、良き理解者となってくれる可能性が高いでしょう。

転職の理由にもよりますが、向上心からの転職でなければ良い印象を抱かれない場合もあります。職場の人間関係は働く上で重要ですが、先輩の顔色ばかりを伺う必要はありません。

与えられた仕事をこなし、教えてほしい、成長したいという姿勢を見せることが出来れば、先輩薬剤師も育てたいと思ってくれるはずです。先輩薬剤師の仕事ぶりを見ながら、わからないことがあれば積極的に質問するようにしましょう。

わからないことを一人で抱え込まないようにすることが仕事を長く続ける秘訣でもあるのです。

 

薬剤師1年目で転職する正しいタイミングはあるの?

薬剤師の世界だけでなく、転職するタイミングというのはとても難しいものです。転職を急いでしまうと、思い描いた職場に就職出来ず、再転職をせざるを得ない状況になってしまう場合もあります。

転職で失敗してしまわないように、転職する正しいタイミングを把握しておきましょう。

 

1年薬剤師の転職する正しいタイミングって

薬剤師が仕事に困ることはほぼないのですが、年間いつでも多くの求人が出ているわけではありません。求人が多く出るタイミングほど、人気の求人も出ている可能性が高いのです。

ボーナス後や年度末は、求人が沢山出る傾向にあります。4~6月、9~10月の少し前から転職活動を始めると、良い求人を見つけられるでしょう。

新年度前の2月後半も、通常の求人では見つけられないものが出ている可能性あります。薬剤師試験に不合格だった学生が内定の辞退をする場合があるからです。

 

可能であればやはり3年は勤めよう!

『石の上にも三年』ということわざがあるように、男性女性問わず三年目に転職を考える人が非常に多いです。三年続けることが出来れば、次は五年、十年と節目になる頃に転職を考える人が多くなります。

長い年月同じ職場で働いた人は、職場環境よりも次のステップへ進むための転職を行う人が多いです。薬剤師の勤続年数は三年であるというデータもあります。薬剤師は国家資格を持っているため、どのタイミングでも仕事に困ることはほとんどありません。

ポイント!

それでも転職したい薬剤師1年目の方は薬剤師転職求人サイトを利用しておきましょう。転職で重要なのは情報収集になり、担当につくエージェントは的確にアドバイスしてくれます。転職が初めてとなると思いますので、3社程度登録しながら、担当の質、求人の質などを比較しながら転職しましょう。
また、自分自身の希望条件をしっかりと決めておくのも重要になります。

 

4.どうしても転職したい場合は、どのような求人が良いか

どうしても転職したい場合は、どのような求人が良いか

薬剤師1年目にして転職することになったとき、新しい仕事を探さなければなりません。同じ失敗を繰り返してしまわないように、どのような求人を探せば良いのでしょうか?

 

なるべく自分自信が働きやすい職場を探す

薬剤師1年目の転職求人を探すポイントは、1年目でも働きやすい職場を選ぶことです。1年目にして転職を考えるのは、前の職場で新人教育がしっかりと成されていなかったという理由を挙げる人も多いです。

新人の受け入れ態勢の整っている会社は、働きやすい会社の特徴でもあります。薬剤師としての知識は学校で身についていても、実務は学校で学ぶことは出来ません。何も教えてもらえない会社を選んでしまうと、仕事に支障をきたすのは言うまでもないでしょう。

 

資格職だが、転職を繰り返さないような職場にする

社会人になってすぐに転職を繰り返すのは、自分のキャリアに傷をつける行為です。特に女性薬剤師の場合は、「結婚までの腰かけで仕事をしているのでは?」とあらぬ想像をされる恐れもあるので、転職を繰り返さないことが大切です。

新人薬剤師は学校で学んだ知識を仕事に応用することを学ぶ時期であるのと同時に、社会人としての基礎や患者とのコミュニケーション能力を身につける大切な時期でもあります。新しい会社に転職する前に、実際の職場を見学させてもらうのも良いでしょう。

職場の雰囲気や先輩薬剤師の表情、患者の様子などを実際に見ると、ある程度どのような職場環境なのか把握することが出来ます。自分に合いそうか、頑張っていけそうか事前に確認出来れば、転職を繰り返すこともなくなります。

 

5.薬剤師1年目の転職の注意点をチェックしよう

薬剤師1年目の転職の注意点をチェックしよう

社会人経験が浅いと、仕事におけるさまざまなことに苦痛を感じてしまいやすいものです。薬剤師の業界も、実務経験がない入社直後は、雑用のような仕事ばかりさせられることも少なくありません。我慢の限界に達し、早々と転職をする人も多いです。薬剤師1年目で転職するときの注意点をご紹介します。

 

(1):転職理由を明確にすることが大事

薬剤師1年目にして転職をする場合の一番の注意点です。1年目にして辞めてしまった理由を必ず聞かれます。職場の雰囲気が嫌、残業が多い、職場が遠いなどの自己都合を転職理由にしてはいけません。

新しい職場でも同じようなことがあって辞めてしまうのではと、思われかねないからです。仕事に熱意を持っていることを伝えた上で、何故前職場では続けることが出来なかったのかを説明します。転職理由は長々と説明する必要はありませんので、失敗を踏まえて今のやる気をアピールしましょう。

 

(2):長く勤めたいことをアピール

特に女性薬剤師に注意点として頭に入れておくべきことです。1年目にして転職をしたり、転職を繰り返したりしてしまうと、結婚までの腰かけで仕事をしているのではないか?と思われることがあります。未来のことはわからないので、数年働いた後に結婚により退職するかもしれません。

しかし、現段階では薬剤師として沢山の経験を積みたいという気持ちを持っているはずです。その気持ちをしっかりとアピールしましょう。薬剤師としてどのように成長していきたいか、どのような仕事をしたいか、自分の言葉でしっかりと伝えてください。

 

(3):薬剤師1年目の転職求人は豊富にある

薬剤師1年目の新人向けの転職求人は数多くあります。年齢が若いため成長の可能性が高いからです。しかしながら、雇う側からすると、またすぐに辞めてしまうのではないか、我慢が出来ないのではないか、と採用することに懸念される恐れもあります。

1年目にして転職をした理由が自己都合ではないこと、仕事への熱意をしっかりと伝えることが出来れば、新しい仕事をすぐに見つけることが出来るでしょう。

 

薬剤師転職求人の探し方

ハローワークやインターネット、薬剤師求人サイトには、薬剤師1年目でも応募できる求人が沢山掲載されています。

中でも薬剤師求人サイトは情報量が多く、一般には公開されていない求人もありますより良い転職をするなら薬剤師求人サイトを利用すると良いでしょう。

以下が当サイトのリアルタイム口コミランキングです。担当コンサルタントがつくパターンですが、2社~3社程度登録を行い自分で必ず比較してください。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半(40歳~44歳)で薬剤師転職を思い立った場合に確認すべき6つのチェック項目を記載して […]

続きを見る
薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

30代後半(35歳~39歳)の薬剤師の方で転職を思い立った時に、確認してほしい項目を7つに分けて詳 […]

続きを見る
女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性の薬剤師転職は男性と違って仕事のキャリアプランだけではなく、結婚、出産、介護などのライフステー […]

続きを見る
20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半(25歳~29歳)の薬剤師転職に関して悩み、転職のメリット・デメリット、注意点等をまと […]

続きを見る
薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師として定年を迎え、余暇に趣味を見つけて日々過ごす方もいればまだまだ薬剤師として活躍したいと […]

続きを見る
男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

このページでは、男性薬剤師の転職失敗事例と面接時に採用されやすい男性薬剤師、採用されにくい薬剤師 […]

続きを見る
新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?

新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?

薬剤師という職業は、閉鎖的な空間で少人数で仕事を行う場合が多くなっているため、人間関係に悩む人が […]

続きを見る
薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

どの業種でもそうですが、3年目を迎えた段階で転職を考える人は非常に多く、転職時期とも言えるでしょ […]

続きを見る
新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

転職する理由は人それぞれですが、薬剤師は一般的な職業と比べると離職率が高くなっています。その理由と […]

続きを見る
50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代薬剤師で、再就職や現在の職場から転職を考える方は実は少なくはありません。派遣、パート・アルバ […]

続きを見る
40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)
20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト