男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

このページでは、男性薬剤師の転職失敗事例と面接時に採用されやすい男性薬剤師、採用されにくい薬剤師の特徴をご紹介しています。面接が不安な薬剤師はどの転職先が良いのかもランキング形式で確認してみてください。

【目次】
1.男性薬剤師の転職失敗事例と注意点
(1):男性薬剤師の転職失敗事例
(2):男性の薬剤師の転職注意点
2.男性薬剤師の転職採用ポイント
(1):男性の薬剤師で転職採用されやすい人の特徴
(2):男性の薬剤師で転職採用されにくい人の特徴
3.男性薬剤師の人気転職先ランキング
(1):男性薬剤師の人気転職先ランキング
(2):男性の薬剤師に人気の薬剤師求人サイトの特徴
 

1.男性薬剤師の転職失敗事例と注意点

男性薬剤師の転職失敗事例

男性の薬剤師で、さらにキャリアアップを狙うために今まで未経験の分野に転職する人がいます。転職してうまくいく場合もあるのですが、中には失敗してしまい再度転職を考えているという男性薬剤師がいるのも確かです。

 

(1):男性薬剤師の転職失敗事例

男性薬剤師が転職を失敗する事例としては、基本的には新しい分野の挑戦で失敗します。その事例を確認していきましょう。

 

製薬会社から調剤薬局への転職事例

製薬会社で品質管理の仕事をしていてかねてから調剤に興味があったため調剤薬局へ転職した男性薬剤師がいます。

その薬局は研修制度が整っているので安心して転職したのですが、研修というのは自分で学習するのが中心でした。日常業務の中で学習しなければならないため、なかなか思うように進まずストレスとなり体調を崩してしまったというケースがあります。

 

調剤薬局から病院薬剤師へ

ずっと病院薬剤師になりたいと思っていたがかなわず調剤薬局で働いていた人は、どうしても病院薬剤師になりたくて転職しました。

希望に満ちあふれて仕事に取り組みましたが、調剤薬局とは全く違った環境で困惑してしまいます。こんなはずではなかったとせっかく就けた病院薬剤師ですが辞めようかと考えていると言います

同じ薬剤師の仕事でも、製薬会社や調剤薬局、病院薬局では仕事の内容は全く違ってきます。転職した場合、新しい環境に慣れるまでは数カ月は必要で、いくら薬剤師の資格があってもすぐになじめることはありません。

その職場ごとに仕事の流れは決まっていますよね。以前勤めていたところではこうだった、と言ってもそれは通用しません。どうもやりづらいなと思っていても、その職場のやり方に慣れるよう努力してください。数カ月を乗り切れば、その仕事にもやりがいが見つかるかもしれません

転職失敗例から学べること

失敗例を見て転職が不安に思うかもしれませんが、転職した人すべてがこんな風に考えているわけではありません。転職して良かったという人もたくさんいますので、自分がやりたいと思う仕事に就くために転職を何度かするのはプラスになって良いのではないでしょうか。

男性の場合、家計を支えなければならない人が多いですから、転職を焦る傾向があります。焦らず、自分に合ったところを見つけましょう。

 

(2):男性の薬剤師の転職注意点

男性の薬剤師が転職を考えた場合、どのようなところに注意すれば良いのでしょう。

薬剤師は他の仕事に比べて需要が多いですから、転職する割合は高いです。そのため転職の理由はいろいろあるのですが、男性薬剤師の場合、スキルアップのための転職が多い傾向にあります。

 

キャリアアップ転職はプロに相談を

薬剤師の男性でキャリアアップ転職を考えた際には、どういったところへ転職すれば良いかわからない方が圧倒的に多く、男性薬剤師の友人もそもそも男性数が少ないため、なかなか相談することができません。

転職に成功するためのアドバイスが欲しい時に、薬剤師求人サイトを利用すると良いでしょう。求人情報誌やハローワークで探すだけでは思うようなところが見つかりませんし、このような求人サイトでしか得られない求人情報もあるので、登録するメリットは十分にあります。

しかし、良いところを選んで登録しないと悪質なサイトも中にはありますので注意してください。

 

転職の目的は明確にするべき

薬剤師求人サイトを転職で利用するなら、何を優先したいのかを明確にしておきましょう。例えば年収をアップしたいとか、職場環境が一番大事だとか、転勤はあるのかないのか、などです。担当コンサルタントも希望をはっきり伝えてもらった方が紹介しやすいはずです。

 

求人サイトはなるべく大手を利用しよう

薬剤師求人サイトには、大規模のところと中小規模のところがありますが、どちらを選んだら良いのか迷うところです。中小規模の方が親身になって相談に乗ってくれそうですが、意外と大規模のところの方が良いと言われています。

情報量も多いですし、コンサルタントの数も多いので、きめ細やかな対応ができるのです。

 

転職のイベントも参加してみてください

サイト利用だけでなく、転職支援会社が主催する転職相談会というイベントが開催されることがあります。キャリアコンサルタントが質問や相談に応じてくれますので、転職に不安を感じているなら参加してみると良いでしょう。男性の場合、転職はそう簡単に失敗できません。

転職を成功させるには、薬剤師求人サイトや相談会などで相談することをおすすめします。もう一つ注意ですが、求人サイトや相談会でコンサルタントと話してみてどうもこの人とは合わないなと思ったらすぐに担当者の変更を申し出てください。良い相談相手に巡り合うために必要なことです。

 

2.男性薬剤師の転職採用ポイント

男性薬剤師の転職採用ポイント

このページでは、男性薬剤師の転職採用ポイントについて説明していきます。 採用されやすいのは、誠実さがあり、新しい環境でも懸命に学ぶ姿勢のある人です。一方、採用されにくいのは、能力があっても誠実さが感じられず、希望の条件を並べるような人です。いくら仕事ができたとしても、周囲と適応しようとしない人とは仕事ができません。

 

(1):男性の薬剤師で転職採用されやすい人の特徴

あるアンケートで、調剤薬局の経営者から見た欲しい薬剤師とは。という質問がありました。 そこには能力が高くて誠実度が小さいA、能力が高くて誠実度も大きいB、能力が低くて誠実度も小さいC、能力が低いが誠実度が大きいDと応募者を4つに分けてありました。

もし自分が経営者だったら、誰を採用しますか。普通は能力が高くて誠実度も大きいBですね。しかし、なかなかこのような人材は応募してこないのが現状です。そうしたら、Aの能力が高くて誠実度が小さい人を採用するのかというと、経営者はしないと言います。能力が高ければ仕事ができるから良いのではと考えますが、そうではないのですね。

  • 誠実さがある
  • 懸命に学ぶ姿勢がある

 

誠実さがある薬剤師

多くの経営者は、Dの能力が低いが誠実度が大きい人を採用すると言います。会社を動かすのは人であって、いかに誠実であるかが大事なのです。いくら能力が高くて仕事ができても、周囲と適応しようとしない人とは一緒に仕事はできません。 能力が低いが誠実度が大きい人は、たとえ最初は仕事ができなくても、真面目にコツコツ経験を積み重ねていけばみんなができるようになります。薬剤師の仕事はずば抜けたセンスが必要なものではありません。仕事の数をこなせば誰でもできるようになるものです。  

 

懸命に学ぶ姿勢がある薬剤師

男性の薬剤師で転職を考えた時、あまり経験がないから無理かもしれないと思っていても、真面目で誠実な人であれば少々経験がなくても来て欲しいと思われるものなのです。経験したことがない職種でも、一生懸命覚えますという姿勢が感じられれば採用してもらえる可能性はあります。経験はないけれどもこういう理由でこの仕事がしたい、ときちんと説明ができれば採用する側も納得し、一緒に頑張っていきましょうと採用してもらえることでしょう。  

ポイント!

薬剤師求人サイトに登録する時も、未経験の職種だけど真面目に頑張るということを伝えれば担当コンサルタントも強力してくれるでしょう。ただひたすら「頑張る」だけではだめで、きちんと理由が説明できるようにしておくことが大切です。

 

(2):男性の薬剤師で転職採用されにくい人の特徴

最近では男性の薬剤師も転職する人が増えてきました。若いうちに転職した方が良いと、30代くらいに転職を考える人が多いです。 転職をするにあたり、自分で求人広告や求人情報誌を見て応募したり、ハローワークに行って求人を探すよりも薬剤師に特化した薬剤師求人サイトで探す方がたくさん情報があって良いでしょう。薬剤師求人サイトに登録すると、担当コンサルタントがそれぞれの希望を聞いてくれ、アドバイスをしてくれたり求人を紹介してくれたりします。 応募して面接を受けますが、いくつか応募して全てだめだったと落ち込む人も少なくありません。

  • 誠実さが感じられない
  • 希望の条件ばかりで新しい環境に馴染もうとしない

 

誠実さが感じられない

転職の際の面接で、採用されやすい人とされにくい人というのがあり、能力は高そうで仕事はできそうだけれど誠実さが感じられないという人は採用されにくいです。転職を何度かしていて、希望の条件をあれこれ言う人も敬遠されます。転職を繰り返している人にこういった傾向はあり、転職するたびに条件が増えるという特徴があります。あれもこれもと希望を言っていると、単なるわがままとしか受け取ってもらえません。そんなわがままを言う人はうちには必要ありません、ということです。  

新しい環境に馴染もうとしない

薬剤師の経験がある程度あると、「自分のやり方」にこだわって新しい職場でもそれを押し付けようとする人がいます。前の職場はこうしていた、こんなやり方は違う、など新しい環境に馴染もうとしない人もあまり歓迎されません。何もかも言うことを聞きなさいというわけではありませんが、新しい環境に馴染む努力ができる人が望まれます。何事も柔軟に対応できない人は、採用されにくいということです。  

ポイント!

能力は真面目に努力すれば高くなりますが、誠実さはそう簡単に大きくなるものではありません。採用する側は、能力よりも誠実さを求めているのです。何度か転職の面接にチャレンジしてダメだった人は、もう一度自分を見直してみてください。薬剤師求人サイトに登録しているのなら、担当コンサルタントに相談してみても良いでしょう。

 

3.男性薬剤師の人気転職先ランキング

男性薬剤師の人気転職先

このページでは男性薬剤師に人気の転職先をランキング形式で紹介した後、男性薬剤師に人気の薬剤師求人サイトの特徴を紹介します。 薬剤師本来の仕事に関われたり、収入アップが見込める職場が、男性薬剤師からの人気を集めているようです。  

 

(1):男性薬剤師の人気転職先ランキング

男性薬剤師の転職の人気先ランキングは、40代や50代の人気先順位とはちょっと違います。 男性の場合、30代くらいで転職する人が多いので、仕事内容がきついところが人気となっています。  

 

5位:OTCのみのドラッグストア

調剤などの仕事がないので薬剤師としてどうなのかと思う人もいますが、常に人手不足の状態なのでいつでも求人がある状態です。 ドラッグストアは待遇が良いので希望者も多いのですが、求人数も多いので転職でもすぐに決まる傾向にあります。 薬剤師以外の仕事の方が多いので、専門知識を活かす場があまりありません。 それでも納得できるのであれば、転職におすすめのところと言えます。  

 

4位:調剤併用のドラッグストア

ドラッグストアは店舗数が多いので家の近くにあることも多く、通勤が便利だから良いと選ぶ人は多いです。 給与面も良いと言われていて、常に求人もあるのですぐに転職先を決めたいという人におすすめです。 調剤だけでなく、品出しやレジ打ち、棚卸などもやらなくてはいけないので、思ったより多忙な場所です。  

 

3位:調剤薬局

大手の薬局チェーン店やクリニックの門前にある調剤薬局が人気です。 薬剤師本来の仕事である調剤に関われるので薬局に転職したいという男性薬剤師は多いです。 経験を重ねていくと、管理薬剤師になれますから、そうなると収入アップも見込めます。 求人数も多いので、比較的決まりやすいと言えます。  

 

2位:製薬会社の営業

MRやMSが主ですが、病院などに薬を売り込みに行く仕事です。 医師などの医療従事者に薬の説明をしたり、薬に関する情報を提供します。 給与がとても良いのは知られていて、収入をアップするためにMRの仕事に就きたいという人が多くいます。 そのため求人が出ても狭き門となり、MRに転職できるのはごく少数です。  

 

1位:病院の薬局での勤務をする薬剤師

大学病院規模の病院の薬局で働きたいという希望者は多く、求人が出るとあっという間に埋まってしまいます。 求人数が少なくてなかなか転職できないので、求人が出るまでアルバイトなど、他の仕事をしている人がいます。  

 

ポイント!

薬剤師求人サイトにも、ドラッグストアは常に求人が出ています。 ドラッグストアでキャリアアップしていくと最終的には店長になれますから、そうなると収入もかなりの額が期待できます。 キャリアアップを目指す男性なら、ドラッグストアに転職するのもアリですね。

 

(2):男性の薬剤師に人気の薬剤師求人サイトの特徴

男性の薬剤師で、転職を考えた時に利用するのが薬剤師求人サイトです。 自分でハローワークに行ったりするよりもインターネットが見られる状態ならいつでもどこでも仕事探しができるので便利なのです。

  • 良い条件の求人が集められている
  • 非公開求人が多く掲載されている
  • 迅速に対応してくれる
  • 親身になってサポートしてくれる

 

良い条件の求人が集められている

薬剤師求人サイトはとてもたくさんあるのでどれが良いのかわからないものですが、薬剤師に限定した求人サイトであることや、給料が高め、休日が多め、といった良い条件の求人がたくさん集められたサイトに人気が集まっています。  

 

非公開求人が多く掲載されている

また、一般に公開してしまうと応募者殺到で大変なことになるため、非公開求人として薬剤師求人サイトに登録した人だけに公開するものがあります。 こういった非公開求人情報を多く持つ薬剤師求人サイトも人気があります。 非公開求人は勤務条件が良いものが多く、転職を考えている人にとってはすぐに応募してみたくなるものばかりです。  

 

迅速に対応してくれる

転職の場合はすぐにでも決めて働きたいと誰もが考えます。 面談から入職までがとても早いと定評がある薬剤師求人サイトも多くの男性薬剤師たちが注目しています。  

 

親身になってサポートしてくれる

他には、仕事を紹介さえすれば良いと考えている担当コンサルタントがいる薬剤師求人サイトも実際あるのですが、そうではなく親身になってアドバイスをしてくれるところに登録する人が多いです。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目は仕事内容や職場の人間関係、上下関係、新しく学ばなければならないこと、新しいことに慣れ […]

続きを見る
新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

転職する理由は人それぞれですが、薬剤師は一般的な職業と比べると離職率が高くなっています。その理由と […]

続きを見る
薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師が定年退職後に再就職する際のポイントと注意点

薬剤師として定年を迎え、余暇に趣味を見つけて日々過ごす方もいればまだまだ薬剤師として活躍したいと […]

続きを見る
40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半(40歳~44歳)で薬剤師転職を思い立った場合に確認すべき6つのチェック項目を記載して […]

続きを見る
薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

どの業種でもそうですが、3年目を迎えた段階で転職を考える人は非常に多く、転職時期とも言えるでしょ […]

続きを見る
薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

30代後半(35歳~39歳)の薬剤師の方で転職を思い立った時に、確認してほしい項目を7つに分けて詳 […]

続きを見る
女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性の薬剤師転職は男性と違って仕事のキャリアプランだけではなく、結婚、出産、介護などのライフステー […]

続きを見る
50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代薬剤師で、再就職や現在の職場から転職を考える方は実は少なくはありません。派遣、パート・アルバ […]

続きを見る
新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?

新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?

薬剤師という職業は、閉鎖的な空間で少人数で仕事を行う場合が多くなっているため、人間関係に悩む人が […]

続きを見る
20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半(25歳~29歳)の薬剤師転職に関して悩み、転職のメリット・デメリット、注意点等をまと […]

続きを見る
新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?新人薬剤師の仕事の悩みとその解決方法とは?
男性の薬剤師悩みとベストな転職するタイミングとは?男性の薬剤師悩みとベストな転職するタイミングとは?

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト