女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性薬剤師転職を失敗しないための7つの事項

女性の薬剤師転職は男性と違って仕事のキャリアプランだけではなく、結婚、出産、介護などのライフステージの変化が大きく、転職率も男性より高くなる傾向があります。

そのため、女性薬剤師が転職に失敗しないために確認してほしいことを7つご紹介していきます。

 

1.まず女性薬剤師の平均年収を知っておこう

まず女性薬剤師の平均年収

女性で薬剤師として働いた場合、どれくらいの収入が得られるのでしょう。

女性薬剤師の平均的な年収は、だいたいですが520万円前後となっています。月給にすると36万円くらいですね。そしてボーナスが年に80万円から90万円くらいというところです。

ボーナスのあるなしは働く場所によっていろいろでしょうが、年収はだいたい520万円くらいと考えておくと良いです。
時給に換算すると2000円を超えますから、薬剤師という専門的な資格があると一般企業での事務職よりは収入は良いということです。

 

アルバイトやパートとして復帰する女性薬剤師も非常に多い

結婚や出産などで一時的に仕事を辞めたとしても、子育てが落ち着いてからアルバイトやパートで復帰する女性も多いです。調剤薬局などでは、勤務時間も融通を利かせてくれるところも増え、小さな子どもを持つ女性も働きやすくなってきました。

薬剤師求人サイトでも、短時間勤務OKや残業なしというような条件で求人を出しているところがありますので、復職しようと考えている女性もチェックしてみると良いです。

 

2.働く女性薬剤師の悩みランキング

働く女性薬剤師の悩みランキング

薬剤師は女性の割合がとても多いです。薬局でも女性の薬剤師がたくさん働いていますね。そんな女性薬剤師も、いろんな悩みを抱えながら働いているのです。女性の薬剤師にありがちな悩みをランキング形式でベスト5をご紹介いたします。

 

5位・ブランク後の復帰が悩み

ブランク後の復帰が悩み

「出産・子育てで産休、その後退職し、復帰したいけど・・・」

ブランク後の復帰についての悩みです。何らかの理由でしばらく薬剤師の仕事から遠ざかっていたが、また復帰したいと思った時にすぐに仕事がこなせるか不安を感じるのです。薬剤師の資格を持っていても、薬剤師の仕事をしたことがない未経験者でも歓迎と求人情報に記載されているので、あまり心配しなくても大丈夫です。

しかし、慣れるまではしっかりフォローしてくれる人がいる職場が良いですね。

 

4位・転職のタイミングが悩み

転職のタイミングが悩み

「ライフイベントによって様々ありすぎ・・・」

転職のタイミングをどうするかの悩みです。結婚や出産を機に転職する場合はいくつかのパターンがあります。

妊娠、出産のタイミングで辞め、育児が落ち着いてから働きだすか、出産後も同じ職場で働き、育児休暇を取得し、しばらく働いてから転職する、結婚したらすぐに結婚していても働きやすい職場へ転職し、出産を迎える、の3通りです。家族や職場の上司に相談しながら決めると良いですね。

 

3位・パートで働くかフルタイムの正職員で働くかの悩み

パートで働くかフルタイムの正職員で働くか

「私にはどっちで働くのがあっているの?」

パートで働くかフルタイムの正職員で働くかの選択です。家庭を持っている女性なら夫の扶養の範囲内で働くか、それとも扶養を外してもらって思い切り働くかで悩みます。

子どもがいてももう手が離れている、自分自身も思い切り働きたいのであれば正職員で雇ってもらうと良いです。これは、家族ともよく話し合って決めると良いでしょう。

 

2位・仕事と育児両立が悩み

仕事と育児両立が悩み

「両立は毎日運動会みたい・・・」

結婚に関連しての悩みになりますが、2位は育児と仕事の両立の悩みです。出産するまでは薬剤師として活躍していても、出産を機に辞めてしまったり育児休暇を取ってしばらく休む女性が多いです。(勤め先に産休の制度があれば、必ず産休を取得したほうが良いです。社会保険組合から産休手当が支給されるためです。)

できれば以前と同じ状態で働きたいと考えていても、保育園に空きがなかったり、また預けられたとしても子どもが急に病気をしたら職場を早退したり休んだりしなければなりません。

子育てと仕事の両立のために転職を考える女性薬剤師は多いですね。

 

1位・悩みたくない「結婚・・・」の悩み

悩みたくない 結婚

「結婚も大変、結婚してからも、もっと大変・・・」

悩みの1位は結婚です。(結婚ができないと悩んでいる人もいると思いますが・・・仕事と結婚です。)結婚は薬剤師に限らず多くの人がするものですが、女性薬剤師の場合結婚したことによって働き方を変えなければならないのか、などの悩みを持つ人が増えます。

男性は結婚したとしても労働環境に大きな影響はありませんが、女性は結婚したら出産、育児があると受け取られるものですから影響が大きいです。

結婚してからの働き方で悩む女性薬剤師は多いです。

 

3.女性薬剤師が転職で考えたいメリット・デメリット

女性薬剤師が転職で考えたいメリット・デメリット

女性薬剤師の転職の際に知っておきたいメリット・デメリットを掲載しています。女性薬剤師の場合はライフスタイルの変化により、メリット・デメリットが大きく異なってきますので、一般的なものだと理解しておきましょう。

 

ライフステージ・キャリアでの転職がメリットあり

ライフステージ・キャリアでの転職がメリット

薬剤師の転職メリットはたくさんあります。その中でも大きく3つについて記載しておきます。女性薬剤師の場合は、ライフステージに合わせた転職を行うことで、結婚や子育てをしながら仕事を持つことも可能になります。

仕事を生きがいとしている女性にとっても、年収や待遇アップのために転職することもメリットとなるでしょう。

 

(1)ライフステージに合わせた転職

保育士転職エージェント対策20代から40代にかけて、女性のライフステージは変化の激しい時期です。

年齢的に結婚や出産を経験する人も多いでしょう。そんな中で、新しい働き方を選ぶことは、家庭と仕事の両立のために欠かせないことになります。

転職により、パートとしての働き方を選んだり、休日が取りやすいなどの条件提示をして職場を選んだりすることも可能です。ライフステージに合わせた転職は、今の自分に合った希望の働き方を選べるというメリットがあります。

 

(2)キャリアアップのための転職

薬剤師としてある程度のキャリアをつむと、
メリット仕事に見合った給料を貰えていないと感じる
ことがあります。

女性の場合、管理職などの役職が男性と比べるとまだまだつきにくいのが現実です。自分の仕事ぶりを評価してくれる、薬剤師としてスキルがアップできる職場を選べば、収入を上げることだって出来るのです。

若いうちにさまざまな経験を積んでおくと、この先薬剤師として働くのにも有利になります。

 

(3)正社員として雇用されるための転職

転職サイト型のデメリット近年、非正規労働者の問題が注目されています。

薬剤師の世界も同様で、パートや派遣、契約社員が増えています。そんな中で、正社員として転職することが出来れば大きな保証を得られることとなります。

収入面はもちろん、病気や怪我、出産など、止むを得ず休職しなければならないときでも、正社員として雇用されていれば、手厚い福利厚生を受けることが出来るのです。

復職の際も、一から仕事を探さなくても、元の職場での就業が可能です。同じ転職するなら、正社員雇用の求人を選べば、得られるメリットも大きくなるでしょう。

矢印

 

女性薬剤師の勤務別デメリット

女性薬剤師の勤務別デメリット

薬剤師は女性の比率が高く、年齢、性別に関係なく需要が高いため、転職をしやすい業界です。転職経験のある人も多いですが、転職するときの働き方によってはデメリットが発生することも頭に入れておくようにしましょう。

 

(1)派遣社員として働くデメリット

存在しない近年、日本ではさまざまな雇用形態があります。

特に女性では、派遣社員として働いている人も多いです。希望の条件に見合った会社で働けること、気に入らなければ新しい派遣先を紹介してもらえることが派遣として働くメリットです。

しかし、派遣社員は、正社員のように手厚い福利厚生を受けることが出来ません。また、派遣先の気に入った職場で長く勤めたいと思っても、契約の延長がされない場合もあるのです。

賞与や交通費などがあまり出ないことも多く、長く勤めるつもりなら、デメリットも多く発生します。

 

(2)パートやアルバイトで働くデメリット

履歴書のチェックパートやアルバイトでは、正社員と違って雇用先が限られるというデメリットがあります。

調剤薬局やドラックストアはパートやアルバイトの求人も豊富ですが、病院や製薬会社などの求人にはほとんどパートやアルバイトの求人がありません

薬剤師としてキャリアアップして行きたいと考えている人にとって、パートやアルバイトとして長く働くことは、デメリットとなってしまいます。

非正規雇用の期間は、薬剤師のキャリアとしてみなされにくいからです。休日や就業時間の希望が通りやすいというメリットはあるものの、収入も正社員ほど貰うのは不可能です。

 

(3)正社員として働くデメリット

転職サイトメリット女性の中でも、仕事を生きがいとしている人が多くいます。

その場合は、正社員として働くことに大きなメリットがありますが、そうでない場合はデメリットが多くなります。休日出勤や時間外労働などが多くなり、会社によっては転勤が命じられることもあります。

家庭を持つ女性や自宅から近い職場で働きたい人にとっては、正社員で働くことがデメリットになるのです。

 

4.働く環境を良くしたい・育児と両立したい場合の転職注意点

働く環境を良くしたい・育児と両立したい

薬剤師として転職を考えている場合、環境を良くしたいと漠然と考えていることがよくあります。漠然としていると何が良くないのかというと、新しい職場で働き始めても何となくて自分の望んだ環境ではないと感じてしまい、短いスパンで転職を繰り返してしまう原因になってしまうからです。

また、女性薬剤師の場合育児と両立を考える場合が多いです。そのため、注意点をしっかり確認しておきましょう。

 

満足する環境と不満足の環境を分析すること

そうならないためにまず考えておきたいのは、薬剤師として今の環境で何に満足していて、何に不満を抱えているかを分析することです。分析する際には、できるだけ冷静に自分の置かれている環境を客観的に見直す必要があります。これは、人によっては辛い作業になるかもしれませんが、より良い転職をするための基礎となるものだと思って、粘り強く行ってみてください

この作業を行うことで、薬剤師として何を自分が求めているかを明確にすることができます。明確になったら、環境の内容について具体的に考えていくことが必要になります。大きくは、次の3点に絞られます。

 

人間関係で悩んでいる場合

一つ目は、人間関係です。人間関係で悩んでいると言っても、本当の悩みは仕事が忙しすぎる場合に起こることがあります。このような場合には、仕事がハード過ぎない職場を選ぶ必要があります。また、特定の人との関係を築くことができないと悩む場合があります。

多い悩みとしては管理薬剤師とソリが合わないことがあります。このような場合には新人研修のしっかりとなされた大手の薬局を目指すことになります。

 

給与アップを望んでいる場合

二つ目は、給料アップを望んでいる場合です。現在の年収よりもずばりいくらくらいであったら転職したいのかという物差しになります。ただ、自分がいただく給料と仕事の量や質は比例していることがほとんどです。給料アップを望む場合には、自分のスキルを確認する必要があります。つまり、自分に給料相応のスキルがあるのかを把握しておくことです。

スキルがあれば問題ないですが、スキルがない場合にはそのスキルを身に着ける方法を調べ実践しなければなりません。また、売り上げを管理する立場になると年収が上がりやすいので、自分がそういう管理をする立場につきたいのかを知っておく必要があります。

 

スキルアップを望んでいる場合

三つ目は、スキルアップを望んでいる場合です。スキルとして考えられるのは、主に、患者さんへの対応だったり、薬剤の知識だったり、OTCだったりします。どのスキルを伸ばしたいのかで転職先が変わってきますので、はっきりさせておく必要があります。

このように、よりよい転職のためには、自己での問題分析と課題処理能力が求められるのです。

 

家事・育児と仕事を両立したい

両立したい

独身時代は薬剤師としての仕事に燃え、スキルアップの為、また患者さんの為、全力疾走するように仕事をこなし、残業はもちろん休日は学会や勉強会などにもたくさん出席している仕事熱心な薬剤師の女性は多いですが、結婚出産によりライフスタイルが大きく変わると、特にまだ子供が小さいうちは同じような働き方をすることはなかなか難しくなってきて、家事と育児を両立できるようなワークライフバランスを求めて転職を考える方も多いです。

そんな家事と育児を両立したい薬剤師女性にとって、働きやすい転職先とはどういったものになるでしょうか。

 

時間帯のシフトを組める勤務時間体系であること

まずお子さんを保育園に入れている場合は、お迎えに間に合うような時間帯のシフトを組める勤務時間体系の薬局であることが第一条件になります。

おすすめなのは、大学病院の門前薬局の場合、午前は混み合いますが午後は病院の閉まる時間が比較的早いため、夜まで診療しているクリニックの門前薬局と比べて早く帰れる場合が多いです。

 

自宅と保育園に近い職場を選ぶこと

自宅と保育園、そして職場との毎日の往復を考えると、自宅と保育園に近い職場を選んだ方が負担が少なくなるでしょう。そしてまた、お子さんが急な発熱や病気によりどうしても急な欠勤をしなくてはいけない事態になる事は、ママ薬剤師として働く以上ほとんど避けては通れません。

そのため、急な欠員でも対応できるような体制の整った薬局、例えば近隣に同系列の薬局がありすぐにヘルプに来てもらえる体制や、薬局あたりの勤務薬剤師の人数が多くて欠員をカバーしやすい環境であると、働きやすい環境であると言えるでしょう。

 

スキルアップや勉強会がある職場を選ぶこと

意外と見落としがちなチェック点としては、家事や育児に追われた生活になるとほとんど自分のための勉強の時間が休日や家では取りにくくなってきます。勉強熱心な方であればあるほど、その点にはやはり物足りなさや焦りを感じるでしょう。

そのため業務時間内、例えば薬局のお昼休みに製薬会社主催の勉強会などを定期的に行っている薬局であれば、新薬のチェックや勉強を行う機会が取れるので、そういった薬局内での勉強会を積極的に取り入れている薬局も転職先としておすすめであると言えるでしょう。

 

5.女性の薬剤師キャリアアップの方法と注意点

女性の薬剤師キャリアアップの方法と注意点

女性の薬剤師がキャリアアップを目指すのは難しいのでしょうか。

女性の場合、結婚や出産、育児や夫の転勤に伴う引っ越しなどでやむを得ず辞めてしまったり転職したり、また働いたとしても短時間であったり残業ができないなどの制限をしなければならない場合が多いです。ですから、キャリアアップしたくてもできないと諦めている女性は多いのが現実です。

昨今、女性薬剤師が職場でキャリアとして働くことは可能で、自分でどうやってキャリアを形成していくかが大事です。女性の薬剤師キャリアアップの方法と注意点について説明していきます。

 

どのようにキャリアを高める?女性のキャリアアップ方法

最近では転職を重ねてキャリアを積み、転職した先で成功してさらにまた別の職場で要職に就く、というようにキャリアを高めていく女性が増えています。

小さな調剤薬局で働いていたけれど、転職して大きな病院の薬局に入り、いろんな薬が使われている現場を見てキャリアアップを実感している人がいます。

 

認定薬剤師などの資格を取得する

認定薬剤師などの資格を取得する認定薬剤師や専門薬剤師を取得して自分の関わる分野のキャリアアップを目指す人もいます。認定薬剤師になると、他の医療従事者や患者さんたちから信頼されますし、日々進化する薬にも対応できるので職場では重宝されます。

これらの資格は、一定期間に必要な単位を取得して申請すれば審査の後に登録されるものです。3年ごとに更新となりますから常に勉強をしていないと更新できなくなります。厳しいものですが、それだけ持っていると重宝される資格ですから、自分が得意とする分野の認定薬剤師の取得を目指してみましょう。

女性に人気がある認定薬剤師は、漢方・生薬認定薬剤師や妊婦・授乳婦薬物法認定薬剤師などです。

 

外資系企業の転職する

外資系企業の転職する外資系の企業に転職は女性のキャリアアップの中でも非常に人気です。ただ外資系へのキャリアアップ転職を考えた場合は英語が必須です。

どうしても外資系に行きたいと考えているのであれば、英語(英会話)は学んでおきたいものです。

ポイント!

努力をして何か他の人とは違うぞ、というところを見せるようにすれば、キャリアアップのための転職もうまくいくことでしょう。転職先を探すのであれば、薬剤師求人サイトで探しましょう。自分の希望する条件に基づいて仕事を紹介してくれますので上手に利用してください。

 

次へ

 

女性のキャリアアップでの注意事項

女性のキャリアアップでの注意事項

キャリアアップのために転職を繰り返すのは悪いことではありません

ただ、仕事がきついから嫌だ、忙しいところは嫌だという理由であちこち転職するのとはわけが違います。

女性の場合、結婚や出産などで転職しなければならないことがあるかもしれませんが、できればキャリアアップを考えた転職をしてみましょう。

 

キャリアアップを目指せる場所に勤務する

キャリアアップを目指せる場所に勤務する大手の調剤薬局や製薬会社、ドラッグストアに勤務するとキャリアアップが目指せます。

薬剤師としてスタートし、管理薬剤師となり、エリアマネジャー、部長、支店長という流れです。女性の場合は家庭の事情などがあって難しいと思われていましたが、まだまだ整備が必要ですが、年々では女性もどんどんキャリアアップして働く時代になっていますのでチャンスがあれば活かすようにしたいものです。

 

キャリアアップを目指す選択を誤らないこと

キャリアアップを目指す選択を誤らないこと

注意したいのは調剤薬局に勤務する場合に、キャリアアップを目指すのであれば選択を誤らないことです。

総合病院の門前薬局と単科クリニックの門前薬局とでは取り扱う薬の数が非常に違い、幅広い知識を得るためには総合病院の門前薬局の方が有利になります。

単科クリニックの門前薬局の場合、その特定の科の薬については知識が深まりますが、キャリアアップのためには多くの種類の薬についての知識がある方が良いのです。

クリニックの門前薬局に勤務していたら、なるべく早いうちに総合病院の門前薬局に転職することをおすすめします。

 

薬剤師求人サイトをフル活用しよう!

薬剤師求人サイトをフル活用しよう!自分一人で転職先を探すのは大変ですから、薬剤師求人サイトを利用して希望するところを伝え、紹介してもらうと良いです。

転職は若いうちの方がもちろん良いのですが、30代、40代以降でも求人はあります。ある程度の年齢になるとそれなりの経験があることが条件となるので、しっかり経験を積んでおきましょう。

 

管理薬剤師について

実務経験が3年以上あれば管理薬剤師になることが可能です。

管理薬剤師になるのに試験などはありませんが薬剤師の仕事全般に精通していて、薬事法やその他法規についても知っておく必要があります。また、保険請求業務などの医療事務の知識も必要です。

人との関わりも多いので、コミュニケーション能力も要求されます。誰でも努力すればなれますし、毎日の仕事にやりがいを感じられるのでおすすめです。

 

6.女性薬剤師の転職で採用されやすい人・されにくい人

女性薬剤師の転職で採用されやすい人・されにくい人

女性薬剤師の転職を考えたときに、ある程度は人材不足なため面接等で苦労することは少ないと思いますが、どうしても転職したい職場や会社があった場合、採用されやすい人と採用されにくい人の差はかなり明確になります。

当たり前のことですが、以外とできていないのでチェックしておきましょう。

 

採用されやすい女性薬剤師はこんな人

どの職種の転職でもそうですが、転職で採用されやすい人には共通した特徴があります。

薬剤師は転職をする機会の多い職種です。年齢に関係なく求人が豊富なのですが、薬剤師の転職でも採用されやすい人とされにくい人とに分かれます。採用されやすい人の特徴を理解して、良い転職が出来るように努めましょう

きちんとした専門知識がある

きちんとした専門知識がある薬剤師の仕事はとても幅広いものです。幅広い仕事の中でも、自分の専門分野の正確な知識を持っている薬剤師は採用されやすいです。

薬剤師が勉強しなければならない知識は膨大な量ですが、薬は日夜開発が進んでいるので、新しい知識も日々増えていきます。

また、一度学んでも、使っていない知識はどんどん忘れてしまいます。一度学んだ知識を整理して、情報を整理、管理する能力が高い人は、どの職場へ行っても重宝されるでしょう。

 

実務経験が豊富

実務経験が豊富薬剤師は国家資格を取得して、実務経験を積むことで一人前の薬剤師へと成長していきます。豊富な実務経験のある薬剤師と、ペーパー薬剤師や新米の薬剤師を比べると、実務経験のある薬剤師を会社は欲します。(当たり前ですね)

実務経験の有無は、薬剤師としての実力の差として明確に現れるのです。現場で失敗した経験も、薬剤師として成長するためには欠かせない経験の一つで、与えられた仕事をするだけではなく、積極的に患者と関わる姿勢を持ちましょう。

 

話をしっかり聞くことが出来る

女性薬剤師に特に求められるスキルの一つがしっかり話を聞くことです。

患者の話にしっかりと耳を傾け、患者のニーズを即座に把握することの出来る薬剤師は採用されやすいです。

聞き上手ということは、コミュニケーション能力が高いということです。ただ話すのがうまい人とは違いますし、その点面接などでシビヤに見ています。

ポイント!

知識や実務はどうしても経験値が必要となります。転職を考えている場合、話をしっかり聞くことができるコミュニケーション能力の部分だけでも見直しておきましょう。

コミュニケーション能力が高いと薬剤師同士の連絡事項もスムーズに行えますし、これにより、ミスが減ったり、仕事がしやすくなったりするのです。話をしっかりと聞くことの出来る人は患者にはもちろん、仲間内でも信頼されやすくなります。

薬剤師の仕事には、チームワークも重要なので、コミュニケーション能力のある人も採用されやすいです。

次へ

女性薬剤師で転職採用されにくい共通した特徴

女性薬剤師で転職採用されにくい共通した特徴

転職しようと活動していても、なかなか新しい仕事が決まらない人は意外と多いものです。

薬剤師の転職において、採用されにくい人には共通した特徴があります。転職を考えている人は、採用されにくい人の特徴に当てはまらないように、自分をしっかりと見つめなおしましょう。

 

転職先の条件がすぐに変わる

転職する理由は、人によってそれぞれです。収入を増やすため、やりたい仕事をするため、残業が多い、人間関係が悪いなど、キャリアアップのためや今の職場が嫌になったからなど、理由はさまざまです。

転職するからには譲れない条件があるはずですその条件がコロコロと変わってしまう人は、転職で採用されにくくなります。

収入を第一条件にすれば、勤務時間が長くなることもあるでしょうし、残業が少ないことを優先すると収入が下がることもあります。曖昧な転職の条件を掲げているといつまでたっても転職先が決まらない人になってしまいます。

 

何か起こったときに自分以外に原因があると考える

何か問題が発生したとき、自分以外のことに責任があると考える人は、採用されにくいです。

環境のせいにしたり、他人のせいにしたり、採用担当者が一番嫌うタイプの人材です。仕事が出来ないことにあれこれと理由をつける人はいつまでたっても成長しませんし、仕事に対しての責任も欠如している人が多いので、同僚からの信頼も得にくいでしょう。

 

プライドが高い

若い女性や経験を積んだ薬剤師に多い採用されにくい特徴です。

チヤホヤされることに慣れていたり、キャリアを積んでいたりすると、他人からの注意やアドバイスを素直に受け入れることが出来ません。

転職先にはその会社のやり方や方針があります。たとえ年下で自分より経験の浅い薬剤師に指摘を受けた場合でも、自分のために言ってくれたと学ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。

業務を円滑に進められることが、患者のため、会社のため、ひいては自分のためになることを頭に入れておきましょう

ポイント!

いかがでしたでしょうか。採用されやすい薬剤師と違って、採用されにくい女性薬剤師の特徴は努力と決断・準備などで改善することができます。

人からどのように自分は見られているかを社会と仕事の観点からしっかりと確認していきましょう。

 

7.女性の薬剤師の転職の失敗事例と注意点

女性の薬剤師の転職の失敗事例と注意点

転職するときに、業務内容や勤務条件をしっかり確認しておかなければ、働き始めてから思っていた仕事ではない、働きづらいと感じてしまうことがあります。薬剤師の世界では転職することも珍しいことではありません。失敗事例から、自分の転職で失敗してしまわないように学びましょう。

当たり前ですが、女性の場合はライフステージにより、仕事の仕方も変わってくることを頭に入れておかなければなりません。

 

注意点(1):口約束で転職はしないこと

薬剤師のステップアップはある程度の年齢で頭打ちになります。今回の事例は30代女性薬剤師の方で、収入や待遇アップのために転職を考えた方で、口約束によって失敗した転職に至りました。

 

30代女性薬剤師の失敗事例

薬剤師としての経験を積んでいたため、知り合いの薬局経営者に相談をしたところ、管理薬剤師待遇で転職しないかと持ちかけられました。

管理薬剤師になれば、収入も待遇もアップするため転職を決意したのです。

しかし、いざ働き始めると、責任ある仕事を任されるだけで管理薬剤師という役職は与えられませんでした。前の職場より規模の小さな薬局だったため収入も下がってしまい、結局半年で転職先を辞めることになったのです。

 

役職や収入に関しては、口約束ではなく書面にしてもらうようにしましょう。

 

注意点(2):育児休暇が取れない

子育てを優先するために転職した女性薬剤師の方の失敗事例です。

 

20代女性薬剤師の失敗事例

『育児休暇制度有り』という求人を見つけて、自宅から近い薬局へと転職しました。

しかし、育児休暇制度を利用しているスタッフが少なく休みの希望がほとんど通りませんでした。

子供の体調不良による欠勤や、子供の用事による早退が何度かあり職場にいづらくなってしまい、退社を余儀なくされてしまったのです。

 

女性の場合、出産や子育てで止むを得ず仕事を欠勤しなければならないこともあります。育児休暇制度や育児勤務制度などは多くの薬局で採用されている制度ですが、実際にどの程度制度を利用出来るのか事前に確認しておかなければなりません。

主婦薬剤師の多い薬局では、助け合いでシフトのカバーがしてもらいやすいですが、そうでない場合は難しいことも多いです。

次へ

確認しよう!女性の薬剤師の転職注意点とは

女性 薬剤師 転職 注意点

薬剤師は、転職を経験している人が非常に多い職種です。年齢や性別を問わず、求人情報が出ているため、転職も行いやすいです。

転職する前に、薬剤師の転職注意点をしっかり確認しておくことで、より良い転職が行え、新しい仕事に全力で取り組むことが出来るでしょう。

 

転職時の情報収集を怠らない

薬剤師の転職注意点の一つは、勢いやなんとなくで、転職を決めてしまわないことです。

転職は人生の中の大きな転機になります。同じ薬剤師の仕事でも職場によってやり方が違ったり、職場内のルールがあったりするのです。

女性の場合、職場の人間関係が嫌、嫌な仕事ばかり任されるなど、毎日の何気ないことがきっかけで転職を決意する人がいます。転職するきっかけは何でも構いませんが、思い立って勢いで辞めてしまうと、後々後悔してしまうこともあるのです。

新しい職場の男女比は、年代は、どういった仕事内容なのか、収入はどのくらいか、新しい職場の情報収集をしっかりと行いましょう。

 

『未経験』にチャレンジするとき

『未経験』にチャレンジするとき薬剤師の転職注意点二つ目は『未経験可』の職場へ行くことです。

近年、女性の未婚率が上がり、仕事を生きがいとしている人も多くなりました。OTCしか経験がないけれど調剤をしたい、営業経験はないけれど、MRを仕事にしてみたい、などキャリアアップのために未経験の職を目指す人も多いです。

未経験可の求人は沢山ありますが、会社からどの程度のバックアップが受けられるのかを必ず確認しなければなりません。

調剤にしても、営業にしても、何の研修もなくいきなり現場に出るのは無理があります。仕事をしながら覚えて行くことはもちろん大切ですが、基礎がなってなければさまざまな場面で応用がきかず自分が困ることになるのです。

どの程度の研修制度があるのか事前にしっかりと確認しておきましょう。

ポイント!

短いスパンで転職を繰り返すことは、自分のキャリアに傷をつけることになります。長く働ける職場を見つけるためには努力を惜しんではいけません

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識

50代薬剤師で、再就職や現在の職場から転職を考える方は実は少なくはありません。派遣、パート・アルバ […]

続きを見る
男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

男性薬剤師の転職失敗事例!薬剤師の転職人気先ランキングとは

このページでは、男性薬剤師の転職失敗事例と面接時に採用されやすい男性薬剤師、採用されにくい薬剤師 […]

続きを見る
薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

薬剤師30代後半で転職を思い立ったら確認すべき7つ(35歳~39歳)

30代後半(35歳~39歳)の薬剤師の方で転職を思い立った時に、確認してほしい項目を7つに分けて詳 […]

続きを見る
薬剤師転職40代前半の道!チェックすべき7つの項目(40歳~44歳)

薬剤師転職40代前半の道!チェックすべき7つの項目(40歳~44歳)

薬剤師転職を40代前半(40歳~44歳)で考えた場合には、転職先や今後の生活、キャリアプランを考 […]

続きを見る
新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

新人薬剤師初めての転職 | もう転職したいと思ったら確認を!

転職する理由は人それぞれですが、薬剤師は一般的な職業と比べると離職率が高くなっています。その理由と […]

続きを見る
薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目で転職5つの注意点!新人薬剤師の1人に2人は辞めたい?

薬剤師1年目は仕事内容や職場の人間関係、上下関係、新しく学ばなければならないこと、新しいことに慣れ […]

続きを見る
20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半薬剤師転職 | 転職したいと思ったら7つチェック!(25歳~29歳)

20代後半(25歳~29歳)の薬剤師転職に関して悩み、転職のメリット・デメリット、注意点等をまと […]

続きを見る
薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

薬剤師3年目で転職したい・辞めたい場合に確認する7つのこと

どの業種でもそうですが、3年目を迎えた段階で転職を考える人は非常に多く、転職時期とも言えるでしょ […]

続きを見る
男性の薬剤師悩みとベストな転職するタイミングとは?

男性の薬剤師悩みとベストな転職するタイミングとは?

薬剤師に限らず、誰でも転職を行う際には、できるだけ良い職場に転職したいと考えるものです。しかし、 […]

続きを見る
40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半薬剤師転職前にチェックする6つの項目(45歳~49歳)

40代後半(40歳~44歳)で薬剤師転職を思い立った場合に確認すべき6つのチェック項目を記載して […]

続きを見る
50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識50代の薬剤師転職 | 転職を成功させるための7つの知識
薬剤師転職40代前半の道!チェックすべき7つの項目(40歳~44歳)薬剤師転職40代前半の道!チェックすべき7つの項目(40歳~44歳)

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト