薬剤師2年目で転職を考える前の7つのチェック項目

薬剤師2年目で転職を考える前の7つのチェック項目

薬剤師も2年目になってくると、周りの同期や友人も転職活動を行っている人を目にするようになります。このページでは2年目薬剤師が初めて転職する場合に注意してほしいことを7つの項目からピックアップしています。転職を思い立った方は是非チェックしてみてください。

 

1.知っておこう薬剤師2年目の平均年収について

薬剤師2年目の平均年収

2年目薬剤師の年収は、1年目と比べてあまり大きな変わりがないのが一般的です。薬剤師手当や賞与などで1年目よりは多くの額を貰えますが、劇的に収入がアップすることは期待できません。

2年目薬剤師の平均年収は300~400万円です。勤めている薬局や会社の規模によっても開きがありますが、月収は21~28万円が平均的です。ボーナスは年に2回ある場合が多く、平均42~56万円となっています。1年目の薬剤師の平均年収とあまり変わりがないのが数字からも見てとれます。

 

調剤薬局の薬剤師は比較的年収が高め

薬剤師として年収が上がり始めるのは、薬剤師手当や役職がつき始める頃からです。勤務先ごとで年収を見ると、調剤薬局の薬剤師は比較的年収が高めになっています。大手ドラックストアで店長クラスまで昇格すると、年収700万円前後は貰えます。

年収が高いと思われている製薬会社ですが、MRなどの営業職は成果報酬なので、成績を残せれば高額な給料を得られますが、成績が悪ければ多くの収入を得るのは難しいでしょう。

 

2.薬剤師2年目の悩みランキングベスト5

薬剤師2年目の悩みランキング

薬剤師2年目になってくると、1年目とは違った悩みを抱えるようになります。悩みが発生するということは、成長やキャリアアップのためには欠かせないことです。2年目薬剤師が抱える悩みをランキングベスト5にしてご紹介します。

 

第5位:売上や利益を求められるようになる

薬剤師としての成長の証なのですが、数字として目標を決められることを苦手とする人は多いです。売上や利益ばかりを優先していると、自分の仕事に不安を感じるようになっていきます。

会社や薬局にとって、患者にとって必要なことをしっかりと理解する力が2年目薬剤師には求められるようになることをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

第4位:人間関係が複雑になる

2年目に入ると、自分にも後輩が出来ます。先輩からはまだまだ新人扱いをされることがありますが、後輩の前では先輩なんだからしっかりしなさいと注意されることもあるでしょう。

教えてもらうだけの立場から、教える機会も増える2年目薬剤師は、先輩になることを億劫に感じる人もいるのです。

 

第3位:給料が(思ったより)上がらない

新卒で入った頃とほとんど変わらない給料に悩む人がいます。薬剤師の給料アップには、年々増える薬剤師手当と役職手当が欠かせません。2年目での大幅な収入アップは難しくても、3年目、4年目になってくると、給料がグンとアップする場合も多いので、もう少し辛抱が必要となります。

 

第2位:やりがいを感じられない

忙しさゆえのコミュニケーション不足で、自分が調剤する薬が本当に患者の病状を良くすることが出来るのか不安に感じたり、処方箋の件数をこなすだけの日々にやりがいを感じられなくなったりする薬剤師も多いです。

与えられた仕事をしっかりとこなし、時間や心に余裕が持てるようになるまでは、この悩みを抱える人が多いようです。

 

第1位:スキルアップできない

医療の世界は日々進歩しています。そのため、学校で覚えたこと以外にも、働きながら多くの知識を勉強していかなければなりません。薬剤師として毎日働いていると、進歩していく医療や薬に関する知識をつけるための勉強を、学生の頃のように十分に時間を割いて勉強することが出来なくなります

また、毎日の業務に追われて、医師や患者、先輩薬剤師とゆっくり向き合う時間がとれず、コミュニケーション能力が上がらないことも悩みの種となるのです。スキルアップするために必要なことをする時間がないことが多くの薬剤師の悩みになっています。

 

3.薬剤師2年目で辞めたいと思った事例と対処法

薬剤師2年目で辞めたいと思った事例

薬剤師という職種は、働く環境によって行う業務もさまざまです。薬剤師2年目になると、仕事内容も理解して余裕を持って仕事を進めていくことが出来るようになります。

順風満帆にやりがいを感じて毎日過ごす人もいれば、やりがいを感じられず仕事を辞めたいと思うようになる人も増えてきます。実際に仕事を辞めたいと思った薬剤師の事例と対処法をご紹介します。

 

(1):人間関係が上手くいかずに辞めた事例

薬剤師2年目を迎え、充実した日々を送っていた薬剤師の話です。先輩薬剤師と管理薬剤師が衝突してしまい、どちらが正しいか、どちら側につくのか意見を出すよう強要されたのです。調剤室の雰囲気は悪くなり、どちらにもつかず自分の仕事をこなしていると、職場の中で徐々に孤立していってしまいました。癖のある患者を押し付けられたり、自分ばかりに仕事をまわされたり、理不尽な扱いを受けるようになったのです。

助けてくれる人もいなくて、辞めてしまおうかと真剣に悩むようになったと言います。毎日狭い調剤室で、同じ顔ぶれで仕事を行っていると人間関係の良し悪しはとても大切なこととなります。忙しい時期になると、皆ピリピリしはじめ、普段は起こらないトラブルが発生することもあるでしょう。

 

(2):数字を追わされるようになり、退職事例

薬剤師として仕事をこなせるようになった頃、売上としての数字のノルマを課せられるようになりました。大きな薬局ではなかったので、一日の処方箋数には限界があります。患者と密に接するより、数をこなさなければ売上ノルマが達成出来ないため、仕事のやり方が変わってしまったのです。楽しさや、やりがいを全く感じなくなり、この職場で働いていくことに意義を感じられなくなり、辞めたいと思うようになりました。

薬剤師の仕事は、ある種サービス業な部分があるので、売上を求められることは仕方ありません。しかし、患者としっかりコミュニケーションを取りながら仕事をしたいと考える薬剤師には、数字ばかりを追う職場では仕事の楽しみを感じることが出来なくなるでしょう。

 

(3):辞めたいと思った時の対処法とは

事例のように新卒で働き始めた頃と違って、仕事内容や社内の人間関係などさまざまことがしっかり見えるようになってくるからです。転職をして心機一転するべきか、留まってもう少し頑張ってみるべきか。

辞めたいと思う原因にもよりますが、よっぽどの理由がない限り2年目での転職は思い止まった方が無難です。考えなしに辞めたいと衝動的に思ったときの対処法を頭に入れておきましょう。発作的に辞めてしまうと、後々後悔する場合もあるのですから。

 

あと一年と期限を決めて頑張ってみる

薬剤師の平均勤続年数は3年と言われます。同じ職場で3年働くと、早い人なら何らかの役職がつく場合もあります。1年目はがむしゃらに仕事を覚えようと取り組み、2年目になると仕事を単調に感じるようになるのです。

ただ、それはどこで働いていても感じることでしょう。3年目になると、今よりももっと広い視野で仕事を見られるようになります。新しい職場で一から始めるより、内容ややりがいのある仕事が出来、経験が積めるので、よっぽどの理由がない限りは、あと1年頑張ってみるのが賢い選択と言えるでしょう。

 

辞めたいと思った理由を明確にする

薬剤師の業界で、転職をすることは珍しいことではありません。辞めたいと思った理由が明確であるなら、無理に踏み止まることはないのです。そうでない場合は、どのような仕事がしたいのか、3年後、5年後どのようになっていたいのか、考えを整理する必要があります。そうでなければ闇雲に転職を繰り返して、時間ばかりを無駄にしてしまう可能性もあるのです。

若いうちに方向転換をして、人生設計を立てておくことは非常に大切なことです。今後の自分の人生のためにも、転職することで得られること、失うことをはっきりさせておきましょう。得られるものが多いと感じる場合は新しい道を拓いていき、失うものが多いと感じる場合はもう少し今の職場で頑張ってみてはいかがでしょう。

 

4.薬剤師2年目転職するメリット・デメリット

薬剤師2年目転職するメリット・デメリット

大学を卒業して社会に出て働き始め、2年目になるとさまざまなことを考え始めます。この会社での仕事は本当に自分がやりたい事だったのか、この会社でキャリアアップしていけるのかと転職を考える人が増えるのです。

 

薬剤師2年目で転職をするメリットとは

薬剤師2年目の転職にどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

新卒よりは即戦力になれる

社会人としてのビジネスマナーは薬剤師1年目で習得済みな2年目薬剤師は、会社の即戦力としての働きが期待されます。挨拶の仕方や電話応対などの基礎から教える必要がなく、入社後すぐに薬剤師としての仕事を任せることが出来るのが一番のメリットです。

薬剤師としての仕事の基礎は、学校と1年間の実務経験で学んでいるため、会社としても意識の高い2年目薬剤師は大歓迎です。

 

しっかり考えれば先を見据えたキャリアアップが可能

1年間薬剤師として働いてみて、思い描いた仕事でない、薬剤師としてもっと違う仕事がしたいと転職することは今後の大きな成長が見込めます。前の会社の色に染まり過ぎていないため、新しいやり方も柔軟に吸収出来るのです。転職先を決める時に、自分がどのような仕事をしたいのか、5年後の自分がどうありたいか考えると、キャリアアップして行きやすい職場を選べます。

1年間薬剤師として働いて来たので、自分の職場ではどのような仕事をするか理解が出来ています。病院や調剤薬局、ドラックストア、製薬会社など薬剤師が活躍出来る場所はさまざまで、それぞれ業務内容が異なります。自分の本当にしたい事に合わせた転職を行うことで、やりがいを持って仕事に臨むことが出来るでしょう。

 

社会人としての経験を増やせる

勤務先にもよりますが、薬剤師は狭い環境で仕事をする場合が多いです。職場を変えることで、より多くの人と接することが出来るので、仕事の経験だけでなく人間としての経験を積んでいけます。

若いうちに色々なことを体験し、さまざまな人と接することはとても大切なことです。転職による環境の変化で得られるものもたくさんあるのでしょう。

 

薬剤師2年目で転職をするデメリットとは

なんとか1年間頑張ってみたものの、やはり思っていた業務内容や仕事環境ではないと感じ始めるのが、入社から2年経った頃です。薬剤師の世界でも2年目に転職を考える人が多くなります。薬剤師2年目ともなると、仕事の基礎がしっかり出来ているので、転職しやすいです。

しかし、しっかりと転職先を見極めなければ、デメリットも発生するので注意が必要です。

 

収入が下がり、希望の業務内容ではない可能性もある

新卒の薬剤師と違って、入社後すぐに戦力になるのが2年目の薬剤師です。入社後自分がどのような仕事を任されるのか確認しておかないと、会社に便利使いされてしまうことがあります。雑用の中から覚える仕事も大切ですが、調剤や患者と接する機会が少ないと、薬剤師としての成長はなかなか出来ません

転職後は新入社員として扱われるので、収入が下がる可能性もあります。どのように給料が上がっていくのか、手当はどの程度出るのかしっかり確認しておきましょう。

 

転職癖がついてしまう可能性大

2年間働いてみて、実際にやりたい仕事と違うからと、前向きな転職は新しい会社でも歓迎されます。なんとなく転職しようと、勢いで転職してしまうとデメリットになるので十分に考えて、転職を決めるようにしましょう。

なんとなく転職をすると、新卒で採用された時より収入や待遇が下がってしまう可能性があります。そのため、前の職場の方が良かったと悔やんでしまうことがあるのです。なんとなく転職をすることが癖づいてしまう可能性もあり、自分のキャリアにも傷がついてしまいます。

 

前の会社での実績アピールは通用しない

1年間頑張って働いて来たことを面接で力説する人がいます。前の会社で大きな実績を残した人が、入社2年目で転職を考えるでしょうか。どのような仕事をしてきたか伝えることは有意義ですが、実績アピールは逆効果です。

些細な事で評価を求めたり、納得出来る評価が受けられないと不満を言ったりする人というイメージを持たれてしまいます。

 

5.転職する2年目薬剤師は雇用先にどうみられる?

転職する2年目薬剤師は雇用先

薬剤師2年目と言うと、まだまだ新人気分は抜けきらないものの、仕事を覚えて実践の場を任される機会も増えてくる頃です。1年間同じ職場で働いてみると、自分の職場に満足する人もいれば、不満ばかり募っていく人もいるでしょう。

後者のようであれば、転職という選択肢も出てきますが、2年目の薬剤師の転職を世間からどうみられるか心配する人も多いです。

 

(1):即戦力として歓迎されるパターン

パートやバイトの多い、薬剤師の数が少ない職場であれば、1年間の経験が評価され、即戦力として歓迎されます。薬剤師としての仕事や社会人としての常識は1年間で習得出来ているため、いきなり実践を任される場合もあるのです。

志の高い人にとってこのような職場はぴったりですが、ただの便利使いになってしまわないか、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

(2):新人扱いをされるパターン

規模の大きな薬局や製薬会社など、薬剤師の数の多い職場へ転職すると、新人と同じような扱いをされる場合が多いです。長年薬剤師として働いてきたり、管理したりしてきた人からすれば、2年目の薬剤師と新卒の薬剤師には大きな違いはなく感じるものなのです。

新しいことをどんどん吸収する姿勢、学ぼうとする姿勢を忘れてはいけません。

 

(3):一定期間様子を見られるパターン

転職の理由にもよりますが、多くの先輩は『続けられるかな?』という目線で見ています。新しい職場に配属されてからの仕事のこなし方ややる気、先輩や新卒薬剤師との接し方などさまざまな行いや表情を常に見られていることを頭に入れておきましょう。

よっぽど薬剤師の数が足りないなどの理由がない限り、大きな仕事を任されることはありません。会社によっては試用期間を設けている所もあります。

 

(4):育てやすい人材だと思われるパターン

若くて社会に染まりきっていない、2年目薬剤師は育てやすいという大きな武器があります。今後の成長の可能性が大きいからです。このように見てくれる会社を選ぶと、薬剤師としての成長を遂げられますし、働きやすく長く勤めることが可能になるでしょう。

 

6.薬剤師2年目で転職する正しいタイミングとは

薬剤師2年目で転職する正しいタイミング

仕事をしていると、思うような業務内容ではない、もっとやりがいのある仕事がしたい、人間関係が嫌、給料が低いなどさまざまな理由で転職を考えることがあるでしょう。薬剤師2年目で転職を考えるとき、どのようなタイミングが最適なのでしょうか。

正しいタイミングを選ばなければ、今までの職場に迷惑をかけてしまいますし、より良い職場に就くのも難しくなってしまいます。

 

(1):期末や仕事が一段落したタイミングがベスト

薬剤師2年目になると、会社側も年度を見据えた業務計画の中で仕事を任せてくれるようになります。任された仕事の途中で辞めてしまうと、その業務が停止してしまうことになるのです。引き継ぎにも時間を要しますし、新しい人員が決まらなければ、誰かがその仕事を兼任しなければならなくなります。

1年間育てて貰った会社に恩を仇で返すようなことはしてはいけません。やりかけの仕事の目処が立つか、後々迷惑をかけないよう十分に引き継ぎを行える時間を持って職場を離れるようにしましょう。

 

(2):求人が沢山出ているタイミングを選ぶこと

薬剤師の求人は年間を通して豊富に出ていますが、その中でも沢山求人が出るタイミングを選ばなければ、良い求人を見つけることは出来ません。薬剤師の業界で人気の求人は、すぐに決まってしまいますし、一旦勤めた人が長く働くため中々空きが出ないのです。

求人が多いのは、期末や年度末、ボーナス後で、具体的には1~3月と7~9月となります。4月と10月からは会社の年度が変わる時期なので、新しい人材を補充するためにも求人が多くなるのです。より多くの情報の中から、より良い条件の求人を選ぶことで転職による失敗が防げます。

 

(3):転職したいと思ったときがベストの人も

転職の理由が明確で、自分の理想を追い求める転職である場合は、転職をしたいと思ったときが自分にとっての正しいタイミングです。もし、転職に悩んで踏ん切りがつかない場合は、今は転職するべき時ではないのかもしれません。

 

7.薬剤師2年目の転職求人の探し方

薬剤師2年目の転職求人の探し方

転職をするとき、求人を探すのに苦労する人が多くいます。沢山の求人を見ている間に、どこに着目して求人情報を見れば良いかわからなくなってしまうからです。情報量が多すぎて、頭が混乱してしまうのです。

初めての転職を行う2年目薬剤師の転職求人の探し方をご紹介します。

 

(1):優先順位をつけて求人を探すこと

転職先に求める条件は挙げればキリがありません。自分の掲げている条件を全てクリアしている会社を見つけることは極めて不可能に近いです。自分の条件を整理し、優先順位をつけてみましょう。譲れない条件と妥協できる条件を明確にすると、どのような求人で絞り込んでいけば良いか見えてきます。

給料や職種、業務内容、勤務時間、勤務地など人によって譲れない条件は違います。自分の条件を三つ挙げ、それを順位付けしてみてはいかがでしょう。

 

(2)薬剤師求人サイトを利用すること

薬剤師の求人は、インターネットを開けば沢山掲載されています。しかし、本当に良い情報というのは、非公開になっているものも多くあるのです。薬剤師求人サイトには、非公開求人も多くあるため、本当に良い職場で働きたい、薬剤師として成長していきたいと思っている人は、薬剤師求人サイトで求人を探すのがベストな方法です。

一つのサイトだけでなく、複数のサイトに登録すると求人情報をより多く見ることが出来ます。担当のコンサルタントもついてくれるので、初めての転職でも自分にとって有利に進めていくことが可能になるのです。

 

(3):薬剤師2年目の求人を探すポイント

薬剤師になって2年目といえば、まだまだ覚えることが多いですが、新卒の頃と比べて仕事の楽しさもわかり始める良い時期です。このような時期に転職を考えるということは、今の職場に何らかの不満を抱えているからです。

短い間に何度も転職を繰り返していると、世間的に良い印象を持たれにくくなってしまいます。そうならないためには、次こそ自分の納得いく職場を探さなければなりません。求人を探すとき、どのようなポイントに気をつけて、どのような求人を探せば良いのでしょうか。

 

将来性のある職場を選ぶこと

2年目薬剤師は、社会人としても成長期にあります。会社の安定性はもちろん、薬剤師としての仕事の幅を広げることの出来る場所を選ばなければなりません条件はもちろんですが、実際にどのような仕事が行われているかをしっかり調べましょう。

自分で会社内のことまで調べることが難しい場合は、薬剤師求人サイトを利用すると良いでしょう。条件だけでなく、自力では調べることの難しい詳細な内容がわかりますし、専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

 

自分の本当にやりたいことを明確にすること

薬剤師として1年間働いてみて転職を考えるということは、本当に自分がやりたい仕事ではなかったという原因もあるでしょう。薬剤師と言っても職務の幅はとても広いです。

さまざまな職種の中から、薬剤師としてどのような仕事をしたいか明確にすれば、どのような求人を探せば良いかおのずと見えてきます。

 

(4):薬剤師2年目の転職の注意点

転職を繰り返すことは、良いことではありません。長く働ける職場を選ぶためにも、2回目の職探しは慎重に行いましょう。2年目薬剤師が転職する際には、どのような注意点に着目すれば良いでしょうか。

 

業務内容・仕事内容を理解して転職を行うこと

薬剤師としての仕事をある程度理解している2年目薬剤師の転職は、次の職場での業務内容を事前に確認しておくようにしましょう。新人としてまた一から働くことになるのか、即戦力として働くことになるのか、会社によって採用後の業務内容には大きな差があります。

せっかく薬剤師として成長するために転職をしても、雑用ばかりを任されていたのでは、思うようなやりがいを感じることが出来ず、また転職を考えることになってしまうでしょう。

まとめ

まとめ

薬剤師2年目になると、仕事も理解しているため毎日を単調に感じ始めます。それをきっかけに転職をする人もいますが、どこの職場で働いても単調に感じ始めるときは必ず来ます。

必死に仕事を覚えようとしていた1年目には感じなかった感覚ですが、仕事を一人の力でこなせるようになったという証です。面白みを感じないから転職することを繰り返していては、その先の成長が見込めません。

転職先でも、慣れてくると仕事を単調に感じる日が必ず来ますが、そのときは次の成長への準備期間として薬剤師としての知識の幅を広げることを考えましょう。薬剤師2年目はまだまだ成長の過程であるということを頭に入れておかなければ、これから先の成長が見込めなくなってしまいます。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

30代の正社員転職を成功させるポイント4つ

30代の正社員転職を成功させるポイント4つ

20代のうちは派遣やアルバイトとして仕事をしてきたが、あっと言う間に30代に突入し「そろそろ正社 […]

続きを見る
ミドル層で初めての転職をする際のメリット・デメリット・注意点

ミドル層で初めての転職をする際のメリット・デメリット・注意点

30歳~54歳以下のミドル層と呼ばれる年代の方が初めての転職をする際には、転職によるメリット・デ […]

続きを見る
20代の正社員転職を成功させるポイント4つとは?

20代の正社員転職を成功させるポイント4つとは?

仕事を始めたばかりで、悩みが多いのも20代の特徴ですよね。 20代だからこそ将来に対する期待も大 […]

続きを見る
40代からの正社員転職を成功させるポイント

40代からの正社員転職を成功させるポイント

かつては転職35歳限界説ともいわれるように、30代半ばを過ぎると急に求人が減少し、転職が難しくな […]

続きを見る
35歳以上が転職をするために知っておきたい4つのポイント

35歳以上が転職をするために知っておきたい4つのポイント

35歳をすぎると、転職がだんだんと難しくなります。20代に転職を経験している方は、過去の経験から […]

続きを見る
40代からの正社員転職を成功させるポイント40代からの正社員転職を成功させるポイント
30代の正社員転職を成功させるポイント4つ30代の正社員転職を成功させるポイント4つ

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト