薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で、引き止めに合わない退職理由をランキング形式でまとめました。基本的には素直な理由で良いと思うのですが、薬剤師の場合は人材が貴重なので引き止めに合いますね。

退職理由ベスト1:「X月X日を持って退職させていただきたく」

退職理由ベスト1:「X月X日を持って退職させていただきたく」

個人的な事情というあいまいな退職理由でも、具体的に退職を希望する日時をあらかじめ伝えることで、引き止めに合わない退職が可能となります。

これは、報告で行うことがポイントです。退職の相談ではなく辞める報告ですね。

 

退職理由ベスト2:「もうすでに意志が固まっております」

退職理由ベスト2:「もうすでに意志が固まっております」

引き止めに合いやすい人は、退職理由があいまいで、しかも意志が固まっていない人です。引き止めたら気持ちが変わるのではないかと考えるから、企業はあなたを引き止めるのです。

ポイントは質問に対してアバウトに答えることですね。退職をとめる側の心理としては、何か止められる糸口がないかを探ります。

 

退職理由ベスト3:「キャリアアップのための転職です」

退職理由ベスト3:「キャリアアップのための転職です」

薬剤師としてのキャリアを積むための前向きな転職だと、職場でもなかなか引き止めづらいものです。現在の職場に不満があるからではなく、キャリアのための転職だという理由がおすすめです。

ポイントは、不満を言わないということです。不満を伝えるとそれを解消するという形で、退職止めができるからです。

 

退職理由ベスト4:「家庭や育児との両立が難しくなってしまったため」

退職理由ベスト4:「家庭や育児との両立が難しくなってしまったため」

ライフステージが変わることで、勤務時間や勤務地などこれまでと同じ環境では家庭や育児との両立が難しくなってしまうことは少なくありません。両立できないと言われると、職場側も引止めづらくなります。

止める側としては、仕事以外の見えないものに関しては止めにくいですね。「子供のため」などの言葉に弱いです。

 

退職理由ベスト5:「薬剤師としてもっと幅広い経験を積みたい」

退職理由ベスト5:「薬剤師としてもっと幅広い経験を積みたい」

調剤業務がメインの職務である薬剤師にとっては、キャリアやスキルをアップして仕事の幅を広げたいという退職理由で転職する人が少なくありません。引き止めに合わない理由の一つです。

少し小規模の職場の場合は有効です。この時の担当者の決め台詞しては、「大手には大手の辛さがあるよ」程度です。

 

退職理由ベスト6:「新しい環境で自分の視野を広げてみたい」

退職理由ベスト6:「新しい環境で自分の視野を広げてみたい」

現在の職場の雰囲気や人間関係に飽きた、と言うのではなく、「別の環境で視野を広げる」と言葉を変えることによって、引き留めに合いづらくなります。

基本的にはマイナスの要素を伝えないことがポイントです。

 

退職理由ベスト7:「将来の夢のために、もっといろいろな経験をしたい」

退職理由ベスト7:「将来の夢のために、もっといろいろな経験をしたい」

薬剤師としての夢があり、そのためには仕事の幅を広げたり、たくさんの経験をしたいという前向きな退職理由なら、現在の職場も応援してくれるかもしれません。

この退職理由が効果的なのは、自分で将来の事を伝えていた場合に特に有効に働きます。それでも引き止めに合いますけどね。

 

退職理由ベスト8:「西洋医学だけでなく、漢方など予防医学についても学びたいので」

退職理由ベスト8:「西洋医学だけでなく、漢方など予防医学についても学びたいので」

どの転職者でも使える理由ではありませんが、現在の職場ではやりたいことができないという理由なら、引き止めに合わないでしょう。

この退職理由の場合は「辞めないと勉強出来ない人は辞めても勉強出来ない」などを言われるケースです。「学ぶ」を理由にするときは、どのように学ぶか具体的に考えておくか、理由をぼやかしましょう。

 

退職理由ベスト9:「自分の性格に合った職場で働きたい」

退職理由ベスト9:「自分の性格に合った職場で働きたい」

多忙を極める職場から、マイペースで働ける職場へ転職する場合には、この理由でも理解してもらうことができますし、引き止めにも合いにくくなります。

退職理由を自分の性格を持ち出す方は、ある程度引き止めに合わない方かもしれませんね。

 

退職理由ベスト10:「体調を崩してしまったため」

退職理由ベスト10:「体調を崩してしまったため」

どうしても引き止めに合いたくない人なら、体調を崩したことを理由に退職することも可能です。「働けないならしょうがない」「ドクターストップ」と思わせることが大事です。

以上、いかがでしたでしょうか。様々な退職理由が存在しますね。

ポイント!

退職のポイントとしては、具体的に話さないことが一番です。自分で退職日を決めたのであれば、理由は正確には伝えずにゆっくり進めることが大事です。さらには、不満や愚痴などは絶対に合っても言わない事です。担当者は解消しようと良い提案をしてきます。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師として退職を考える場合は、一般常識に従って退職を行うのが社会人としてのマナーです。 また、誰 […]

続きを見る
保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

薬剤師は、資格があればそれだけで無条件にどこででも調剤業務ができるというわけではありません。ご存知 […]

続きを見る
薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

ほとんどの薬剤師の方が職場を決めるにあたり、毎月もらえる給与を気にしますよね。ですが、退職金のこ […]

続きを見る
薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

世間一般的には退職届の提出・申出は1ヶ月前が良いと言われています。ですが、退職のタイミングという […]

続きを見る
薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師の仕事は一般の方が考えるよりもハード、つまり激務と言われるような職場が多いです。激務と言っ […]

続きを見る
薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

転職というのは、とても大きな決断です。そのため、転職する際には、多くの人が「本当に転職して良いのか […]

続きを見る
薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師に限らず、勤続3年以上正社員としてつとめた場合には、退職する時に退職金を受け取ることができる […]

続きを見る
薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

転職するということは現在勤務している職場を退職するということです。どのような理由であれ、お世話に […]

続きを見る
保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について
薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト