薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

転職というのは、とても大きな決断です。そのため、転職する際には、多くの人が「本当に転職して良いのか」と悩まれるのではないでしょうか。悩む理由は人それぞれですが、今回は「転職を考える薬剤師のよくある悩み」とその対処法をご紹介します。

転職に悩んでいる薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

1.この年齢で転職しても大丈夫か悩む

この年齢で転職しても大丈夫か悩む

転職を考える薬剤師の悩みとして多いのが年齢に関する悩みです。どんな業界でもスキルの高い人が求められることには変わりないのですが、薬剤師の場合は、若ければ若いほど、転職が有利になる傾向にあります。

しかし、反対に第二新卒など、若すぎる年齢であっても転職に不利になる場合があります。

 

若者が転職に有利であると知っているが故に心配

職場や職種にもよりますが、薬剤師の場合、基本的には立ちっぱなしの職場が多くなっていたり、何かと体力を使う仕事です。そのため、採用する側も、できるだけ体力のある若者を採用しできるだけ長く働いてもらおうと考えます。

経験値や教育コストよりも、長期で働いてもらう、成長の見込みがあるか、が重要な焦点になってしまうのです。もちろん、それを分かっているからこそ、転職時に年齢で悩む薬剤師が多くなっています。

 

年齢が若すぎて転職できるか心配

転職時に年齢で悩むのは、年齢を重ねすぎている人ばかりだと考えられがちですが、決してそんなことはありません。新卒で入社したものの、職場が自分に合わず入社して1年以内に転職を考える薬剤師などは、「若すぎて転職できるか心配」といった声が聞かれます。

確かに、薬剤師としてまだ経験が十分でない上での転職となると、採用側も、「この子は辛抱強さがないのではないか」「うちで働いても続かないのではないか」と考えられることもあります。

 

薬剤師転職するなら30代がオススメ

薬剤師の転職に有利な年齢は30代になります。薬剤師の場合、6年制の大学であることがほとんどなため、新卒時には26歳であるため、薬剤師としての経験を4年ほど積んだ30代からが求人側が一番求める年代になってきます。

やはり、求人側にとっては薬剤師として基本的な知識や経験がありながら、これからの伸び代がある年代を欲しています。そのため、他の年齢と比較すると30代、特に前半での転職がオススメといえます。

 

2.退職のタイミングが分からず悩む

退職のタイミングが分からず悩む

転職をするということは、今在職中の職場を辞めるということです。辞める際には、退職する旨を在職中の会社に伝えなければいけません。

しかし、退職をいつするかによって、現在の職場を円満に退職できるかどうか、希望求人を見つけられるかなどに大きく影響してくる可能性があります。

 

円満退職にぴったりのタイミングがつかめない

円満退職するためには、いつ退職する旨を伝えるのが良いのか。退職のタイミングに悩む薬剤師は多くなっています。円満退職するためには、現在の職場への影響を最小限に抑えて転職するということを考えて行動することが重要になってきます。

薬剤師1人が退職するということは、その職場にとってその分の労働力を失うというわけですから、その分の負担をどうにか補わなければならなくなります。特に何か役職などに就いている薬剤師などは尚更です。

責任感の強い薬剤師の場合は、退職を伝えるタイミングがなかなかつかめず、ずるずる勤務しているというケースもあります。

 

転職しやすい時期が分からない

転職を考える薬剤師の中には、転職をする時期に悩む薬剤師もいます。例えば、ボーナスをもらってから転職するのがいいのか、職場の異動などが多くなる時期がいいのかといった悩みです。

正直に言うと、転職しやすい時期というのは、転職する薬剤師自身の希望によって異なります。

 

ボーナスをもらってから転職するなら9月または1月

退職する前にボーナスだけは貰っておきたいと考えるのであれば、一般的な会社がボーナスを出す8月や12月を過ぎて、ボーナスを受け取った後に退職を伝えるのが良いでしょう。

通常退職を伝えるのは、最低でも2ヶ月前が常識的です。そのため、冬であれば、12月にボーナスを受け取り、1月に退職願いを伝え、3月に退職という形が理想的です。

 

多くの求人から転職先を探すなら1月〜3月

自分の希望条件の求人を探すのであれば、出来るだけ多くの求人から選んだほうが見つかりやすくなっています。そのため、多くの求人から転職先を見つけたいという薬剤師の場合は、一般的に世の中が転職時期と言われる1月〜3月に転職活動を行うのがオススメです。

ただし、その時期は転職時期というだけあって、採用の倍率も高くなっています。

 

3.未経験の業種へ転職しても大丈夫か悩む

未経験の業種へ転職しても大丈夫か悩む

薬剤師の職業として一般的に想像されるのは、調剤薬局やドラッグストアなどですが、実際は、その他にも病院や製薬会社、行政、工場など様々な職場があります。

そのため、転職を考える薬剤師の中には、今まで働いてきた職種とは違った未経験の職種に薬剤師として転職を考える薬剤師も多くいます。ですが、未経験なだけに転職へなかなか踏み出せないといった薬剤師も多いようです。

 

研究職は未経験だと厳しいのが現状

製薬会社などの研究職は、新薬の開発などに携わることも多く、薬剤師の中でも憧れの職業といえます。ですが、一度も研究職の経験のない薬剤師が、研究職へ転職するのは困難であるのが現状です。

まず、製薬会社の研究職はほとんどが東大や京大などの有名大学の新卒、またはこれまでの経験でないかしらの実績を持っている薬剤師などです。そのため、中途で入職する場合はそれなりの力が求められます。

 

転職に不利ではあるが未経験歓迎の求人も多数

正直に言うと、未経験と経験者では、未経験者の方が転職に不利であることは言うまでもありません。ですが、薬剤師の求人の中には、未経験歓迎の求人も多くあります。

例えば、調剤薬局やドラッグストアなどの求人には、未経験OKの求人も多数みられます。

 

未経験での転職が心配であれば大手を選ぼう

未経験だけど、この分野に挑戦してみたい。だけど、ついていけるか心配という薬剤師の方は、大手企業を狙って転職してみましょう。

大手が運営する調剤薬局やドラッグストアの場合は、研修体制などが整っている場合が多いため、未経験でも心配なく働けます。

 

4.ブランクがあるため復職・転職に悩む

ブランクがあるため復職・転職に悩む

結婚や出産、育児など、ブランクが空いてしまっている薬剤師は、復職しても体力的や知識面でもついていけるのか心配で、転職に悩んでいる人も多くなっています。

 

体力面でついていけるか不安

ブランクのある薬剤師の多くは、子育て中のママ薬剤師であったり、介護などを何かしら家庭の事情でブランクが空いてしまったという薬剤師が多くなっています。

そのため、薬剤師に復職した場合に、家庭と仕事の両立ができるか、体力的に不安を感じる薬剤師も多くなっています。

 

家庭の協力と職場選びが重要

体力面で、不安を感じている薬剤師の方は、まず、どうすれば自分が家庭と仕事を両立できるのか、無理なく働けるのかを考えてみましょう。

家庭との両立については、家族に協力を求めることや、子育てなどに理解のある職場選びや、パートやアルバイト、派遣として働くなど雇用形態の選択も重要な鍵となってきます。ですが、働き方を選択することで、薬剤師として再び働くことが可能になります。

 

勉強面でついていけるか不安

ブランクのある薬剤師のほとんどが転職時に悩んでいるのが、薬剤の知識について、これから勉強し直さなければいけないという面でついていけるか心配ということです。

これは、正直に言うと、薬剤師次第です。どんなにブランクがあっても、薬剤師に復職したいという気持ちがあれば、これは不可能ではありません。

 

様々な復職支援を活用しよう

現在は、薬剤師の復職を応援する研修や講習会なども行われています。また、e-ランニングというネット上での講義で新薬や薬剤の基本知識などを学べるといったものもあります。

もちろん、ブランクがあった分だけ、最初は大変ですが、何事もやってみないことには始まりません。自分のやる気さえあれば、十分に薬剤師の資格を活かすことができるのです。

 

ブランクは意外に関係ない!

転職の採用時にブランクがあると採用に不利なのではないかと考える薬剤師も多くいますが、そんなことはありません。

もちろん、管理薬剤師などの求人は中々ブランク後すぐには厳しいかもしれませんが、ブランクでもOKの薬剤師求人は多くあります。求人側にとっては、薬剤師としてのやる気さえあれば、ブランクはあまり関係ないのです。

 

5.転職回数の多さが不利にならないかと悩む

転職回数の多さが不利にならないかと悩む

薬剤師という仕事は、一般的な仕事と比べると離職率が高い職業になっています。多い人になると転職回数が6回を超える人もおり、転職回数の多さを気にして、次の転職に悩むという人も多くなっています。

 

転職回数よりなぜ転職したかが大事

採用側にとって、できるだけ長く働いて欲しいという気持ちがあるのは、採用や教育にかかるコストを考えていれば当たり前なことです。

しかし、採用側が見ているところは、転職の回数よりも、なぜ転職したこという理由です。配偶者の転勤や、出産、などやむをえない事情であったり、勤務先があまりにもブラックだったというような、誰が聞いても転職して仕方ないという理由であれば、求人側も納得します。

 

6.自分にあった転職先を探すのに悩む

自分にあった転職先を探すのに悩む

転職する際の最大の鍵となるのが転職先の探し方です。特に自分にあった転職先を探すのに悩む薬剤師は多くなっています。

自分の希望にあった転職先を探すのであれば薬剤師転職サイトを活用するのがオススメです。

 

薬剤師転職サイトで希望求人を探す

近年、転職を考える薬剤師の多くが活用しているのが薬剤師転職サイトです。薬剤師転職サイトは、インターネット上で無料で利用出来る薬剤師専用の転職サポートサービスで、ネット上で1分ほどの簡単な登録するだけで、担当のコンサルタントが希望条件の求人を薬剤師に代わって探してくれます。

 

コンサルタントに薬剤師転職の全てをお任せ

薬剤師転職サイトでは求人を探してくれるだけでなく、その他にも履歴書の書き方や面接の練習、同伴なども無料で行ってもらえます。そのため、転職をする際には、ぜひ薬剤師転職サイトの活用をお勧めいたします。

まとめ

転職をする理由は人それぞれですが、誰もが転職に前向きになっている訳ではありません。

転職をする際には、様々な悩みを抱える薬剤師も多くいます。ですが、悩みを抱えているのは自分だけではありません。

同じような悩みを持って転職をしようとしている薬剤師がいることを忘れず、ぜひ、薬剤師転職サイトを活用して、転職の一歩を踏み出してみましょう。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

ほとんどの薬剤師の方が職場を決めるにあたり、毎月もらえる給与を気にしますよね。ですが、退職金のこ […]

続きを見る
薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師に限らず、勤続3年以上正社員としてつとめた場合には、退職する時に退職金を受け取ることができる […]

続きを見る
保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

薬剤師は、資格があればそれだけで無条件にどこででも調剤業務ができるというわけではありません。ご存知 […]

続きを見る
薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

世間一般的には退職届の提出・申出は1ヶ月前が良いと言われています。ですが、退職のタイミングという […]

続きを見る
薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

転職するということは現在勤務している職場を退職するということです。どのような理由であれ、お世話に […]

続きを見る
薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師の仕事は一般の方が考えるよりもハード、つまり激務と言われるような職場が多いです。激務と言っ […]

続きを見る
薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で、引き止めに合わない退職理由をランキング形式でまとめました。 基本的には素直な理由で良 […]

続きを見る
薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師として退職を考える場合は、一般常識に従って退職を行うのが社会人としてのマナーです。 また、誰 […]

続きを見る
薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ
薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト