薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

薬剤師が退職するベストなタイミングとは?シチュエーション別7選

世間一般的には退職届の提出・申出は1ヶ月前が良いと言われています。ですが、退職のタイミングというのはその理由に大きく左右されます。どんな理由であれ、スムーズに退職できることもあれば、うまくいかないことももちろんあります。

ここではいくつかの退職のシチュエーションを挙げ、それぞれの退職するタイミングとメリット・デメリットも併せて紹介していきます。

 

1.理想の退職は就業規定に沿った方法

理想の退職は就業規定

一度働かせていただいた会社を退職する場合、考え方としては大きく分けて2つのパターンに分かれます。

  • 会社規定の退社方法をとる
  • 規定がなければ退社希望日の1~3ヶ月前に上司に申告する

会社ごとに就業規則は異なります。退社申請の期間だけの記載だったり、事細かに詳細が決められていたり、もしくは退社規定は設けられていないこともあるので、会社の就業規則は必ずチェックしましょう。

 

規定がなければ早めに申出ることに越したことはない

一番言われている意見は退社1ヶ月前の申出という意見です。もちろん間違いではないのですが、引き継ぎなどがたくさんある場合はそのことも考慮して2~3ヶ月前に上司に相談しましょう。(民法上は申し出から14日で退社は可能です。)

 

会社規定に沿って退社するメリット

この方法で会社を辞める場合はメリットがたくさんあります。

  • 会社やスタッフにも迷惑をかけずらい
  • 社会人として恥ずかしくない
  • 辞めてからもスタッフ同士のつながりを保ちやすい

その他にも、自分の品性があがります。退社方法を疎かにする方は想像しているよりも多いものです。後を濁さない行為は自分の人生にも良い経験になります。

 

会社規定に沿って退社するデメリット

きちんと就業規則に沿って退社をするわけですからよっぽど横柄な態度を取ったり、いい加減な引き継ぎをしない限りデメリットはないです。

 

2.今すぐにでも退職したいと思った時

今すぐにでも退職したいと思った時

社会人になると仕事の悩みはどうしても尽きないものです。働きやすい職場環境であればよっぽどのことがない限り退職をしようとは考えないと思います。それでも恵まれる環境で勤務できる薬剤師は少なく、今すぐ仕事を辞めたいと考えてしまう方は多いです。

  • 仕事が激務でプライベートの時間が取れない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 心身ともに疲れて仕事にやる気が起きない

このような意見や気持ちを持ちながら仕事を日々続けていれば、いくら社会人だという自覚を持っていても「今すぐ辞めてしまいたい」と考えてしまうのもおかしくはありません。

 

仕事に支障が出る前に辞めた方が懸命

すぐにでも退職したい薬剤師の多くは、自分自身が今の職場環境に何らかの不満や問題を抱えている人が多いです。精神的にも、肉体的にも限界で仕事に支障が出るようであれば、今すぐにでも退職の希望を上司に申出ましょう。患者さんの調剤を間違えたりすれば、それこそ一大事です。

 

すぐ辞められるとは限らない

本来であれば余裕をもって、辞める1~3ヶ月前までに退職の意志を上司へ相談することがルールです。どうしても今すぐ辞めたいと相談しても、会社の都合もあります。すんなり受け入れられることは少ないと考えてください。

 

すぐに退職するメリット

社会人として「辞めたいからすぐ退職する」なんて言うこと自体、本当は褒められることではありません。理由によりけりですが、今すぐ退職することで少なからずメリットもあります。辞めたことで自分の時間が作れるわけですから、精神・肉体的に疲弊していたのであれば療養ができます。

 

すぐに退職するデメリット

前もってではなくすぐに退職することはデメリットがかかってきます。例えば、勤めていた職場が近所であれば退職後もスタッフと鉢合わせるなど、気まずい雰囲気になりかねません。

  • 会社やスタッフに迷惑をかけてしまう
  • 少なからず信用を失う

この2つは最も大きいデメリットなのではないでしょうか。デメリットも理由にごとに仕方ないものもあるかもしれませんが、今すぐ退職をする場合はデメリットを十分に理解して踏み切ることも大事です。

 

3.結婚によって退職する場合

結婚によって退職する場合

結婚と言えば人生の一大イベントとも言われます。薬剤師の場合、多忙な職場がほとんどですから、結婚を期に女性は会社を辞めて家庭に専念する方が多いです。薬剤師が結婚を理由に退職する場合はベストなタイミングについては次のようなことが提案できます。

  • 結婚を目途に会社の規定に沿うように退社届を出す
  • 挙式を軸に考えてその1~2ヶ月前
  • 出産・育児を考えて適切な時期に退社をする

結婚などの大切なイベントであれば、退社の計画も立てやすいと言えますので夫婦で相談して決めることが良いです。

 

結婚後の生活プランと会社規定の退社の方法をとる

一番良い退職方法として、新しいライフスタイルを考えた時に退社を余儀なくされた場合は会社の規定に沿った辞め方をした方がベストだと言えます。結婚は急に決まることがほぼ無いことですので、社会人として恥ずかしくない退社を取りましょう。

 

結婚を理由に退社するメリット

結婚を期に会社を退職するメリットとしては、家庭に専念できる点ではないでしょうか。女性であれば、出産や育児もしやすい環境で生活できます。

 

結婚を理由に退社するデメリット

お祝い事で退社するわけですから、デメリットはないと言えます。ただ人によっては「家庭の収入が減る」「仕事をしていた方が気持ちが活き活きする」など辞めてから薬剤師の仕事の楽しさを改めて実感する方もいるかもしれません。

 

4.スキルアップのために転職をしたい場合

スキルアップのために転職をしたい

薬剤師の退職理由の上位にはスキルアップ、もっと知識をつけるために今の職場から転職を考えるという意見があります。目標をもって仕事に取り組むことは大変素晴らしいことです。その気持ちを第一に、適切なタイミングで退職の手続きを踏みましょう。

 

自分の仕事に対する目標を上司にあらかじめ伝える

スキルアップのための転職を考えていることを、あらかじめ上司に相談しておきましょう。そうすることで、希望の転職先を見つけた時も退職の申出がしやすくなります。

 

スキルアップを理由に退職するメリット

将来の自分の仕事に対する目標のために行動できるのは、大きな自信に繋がります。それは薬剤師としての誇りや、やりがいになります。また、一緒に働くスタッフにも良い影響を与えるなどのメリットもあります。

 

スキルアップを理由に退職するデメリット

この理由の退職についてもデメリットは少ないと言えます。基本的な、社会人として恥ずかしくない礼節を守った退社方法を取りましょう。

 

5.引っ越しなどに伴って退職する場合

引っ越しなどに伴って退職する場合

結婚に伴って引っ越しするなど、こればかりは退職理由の中でも仕方ないことです。引っ越しに伴って退職するベストなタイミングをお話しすると、「転居の予定が持ち上がった時」に上司に相談しておくことが良いでしょう。

 

転居日が決まってからの退職届は遅い

緊急な辞退であれば別ですが、引っ越しというのは基本的に、転居日は住む場所を決めてからわかることです。そのため、実際の引っ越しは半年後など先になるとしても、早めにそういったプランがあることを上司に話してください。

 

引っ越しなどに伴って退職するメリット

引っ越しが理由の退職のメリットは人それぞれになります。ただ、今働いている職場の環境に不満があったりするのであれば、新しい土地で心機一転、気持ち新たに働くことができるため新鮮さを感じられるでしょう。

 

引っ越しなどに伴って退職するメリット

デメリットについてですが、1つ挙げられる代表的な意見があります。それは今働いている職場がとても良い環境だった時、引っ越し先の新しい職場も良いとは限らないという問題です。仕方ないと納得するのが得策です。

 

6.新しい転職先や入社日が決まっている場合

新しい転職先や入社日が決まっている場合

今の職場で勤務しながら転職活動を行えば、いつかは新しい職場が決まります。あらかじめ会社や上司に現状を話していれば別ですが、内緒で転職活動している方の割合の方が多いです。転職先の入社日が1ヶ月先など余裕があれば、すぐにでも会社に退職届を提出しましょう。

 

余裕を持った転職活動をこころがけるように

仕事をしながらの転職活動はかなり大変かと思います。もしも転職先の入社日が差し迫ってしまい、今の職場をすぐにでも辞める必要がある場合は「上司には正直に現状を話す」ことが良いと言えます。迷惑をかけない為にも、転職活動は余裕をもって行ってください。

 

転職先や入社日が決まってから退職するメリット

退職手続きにも時間的に余裕をもっている場合に限ってですが、すぐに仕事に就けるため「経済的な不安」などがなくなることはメリットと言えます。生活に不安を抱えないことは精神的な安定にも繋がります。

 

転職先や入社日が決まってから退職するデメリット

転職活動をしていることを会社に相談しているなら、問題が起こることは少ないでしょう。しかし、内緒で転職活動をして何の相談もなく退職をするのであれば、社会人としての信用がないと言われても仕方がないことです。

 

7.ボーナスや賞与をもらってから退職したい時

ボーナスや賞与をもらってから退職したい時

ボーナスを受け取ってから退職する場合は、会社のボーナス支給日から逆算して少なくとも1ヶ月前には退職の希望を上司に相談してください。引き継ぎ量の考慮も忘れずに考えることが大事です。

 

ボーナス目当てになり仕事を疎かにしないように

おいしいところだけ狙って仕事はおざなり、なんてことにならないように注意してください。ボーナスなどの賞与は、会社から日々頑張って仕事をしているスタッフに贈られるものなのです。

 

ボーナスや賞与をもらってから退職するメリット

ボーナスがもらえる、というのがもうメリットです。薬剤師は他の職業と比べて賞与も高いため、勤続年数や年代が高くなればボーナスも多く受け取れる傾向にあります。

 

ボーナスや賞与をもらってから退職するメリット

人によってはボーナスをもらってから辞めるなんて、など良い気がしない人がいるかもしれません。それこそがデメリットなのではないでしょうか。普段から仕事をしっかりこなしていれば問題はないことです。

 

まとめ:早めに退職の申出を!

退職は迷惑をかけそうで言い出せない、という意見を口にする社会人の方を見かけますが、それは大きな間違いです。辞めることは確かに働くスタッフに負担をかけてしまうかもしれませんが、直前に言われるよりも早めに申出をすることでかける負担も変わってきます。会社も新しい人材も募集をしたり、対策はきちんと打てるのです。

例えば、年内にキリよく退職したいのであれば「繁忙期を避ける」など、決して自分本位にはならず、働くスタッフの立場も考えながら早めに上司に相談しましょう。退職はネガティブなことではありません。仕事における、報告・連絡・相談は退職の最終日まで心がけてください。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ

転職というのは、とても大きな決断です。そのため、転職する際には、多くの人が「本当に転職して良いのか […]

続きを見る
薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師の中途退職金平均と相場と考え方

薬剤師に限らず、勤続3年以上正社員としてつとめた場合には、退職する時に退職金を受け取ることができる […]

続きを見る
薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

薬剤師が円満退職をするための流れとポイント6つ

転職するということは現在勤務している職場を退職するということです。どのような理由であれ、お世話に […]

続きを見る
薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で引き止めに合わない退職理由ランキング10

薬剤師転職で、引き止めに合わない退職理由をランキング形式でまとめました。 基本的には素直な理由で良 […]

続きを見る
薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師が円満退職するための理由!完全ガイド

薬剤師の仕事は一般の方が考えるよりもハード、つまり激務と言われるような職場が多いです。激務と言っ […]

続きを見る
保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

保険薬剤師登録と勤務薬剤師登録について

薬剤師は、資格があればそれだけで無条件にどこででも調剤業務ができるというわけではありません。ご存知 […]

続きを見る
薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師として退職を考える場合は、一般常識に従って退職を行うのが社会人としてのマナーです。 また、誰 […]

続きを見る
薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

薬剤師の退職金事情と相場・制度を徹底解説!

ほとんどの薬剤師の方が職場を決めるにあたり、毎月もらえる給与を気にしますよね。ですが、退職金のこ […]

続きを見る
薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ薬剤師転職時の悩みとその対処法6つ
薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。薬剤師円満退職4つの確認事項!円満に退職するにはマナーを。

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト