薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイトの真実を記載していきます。このページを通じて確認していただきたいことは以下の通りです。

  • 自分で薬剤師求人を探せる人は探した方が良い
  • 薬剤師転職斡旋会社を選ぶ前に確認が良い
  • 転職サイトを選ぶときの参考にしたほうが良い

薬剤師転職サイトを利用する前に、薬剤師転職サイトのことを知ってから利用してください。

 

1.転職会社の利用は無料でなぜ運営ができるか

転職会社の利用は無料でなぜ運営

ハローワークなどの公共機関とは違う転職会社は、転職希望する薬剤師を無料で求人紹介、コンサルティングや提案、面接のアポイントの設定、履歴書の添削など様々なサービスを無料で提供してくれます。

利用する薬剤師にとっては非常に有意義な民間企業が行っているサービスですが、紹介した企業側(薬局やドラッグストア等)に紹介料として報酬を貰っています。

企業から貰う、薬剤師の紹介手数料の割合とは

通常、紹介手数料は紹介者の年収の25%~35%が紹介手数料と言われますが、薬剤師は地域によっては薬剤師不足は深刻です。

その場合、紹介料が35%~50%付近まで高くなることがあります。つまり、薬剤師転職会社は転職したい薬剤師を集めて、転職完了し、継続して3ヶ月ないし6ヶ月以上勤務してもらえれば、多額の紹介手数料を貰えるということになります。

  • 例)100人、年収600万円を紹介料40%で紹介すると、2,400万円になります。
 

2.儲かるので小さな会社も参入している

儲かるので小さな会社も参入

紹介料が高い薬剤師の転職斡旋もてつだって、小さな会社(求人紹介実績がない会社)も多く参入しており、全国で使える薬剤師転職サイトの数を見ると、約50社以上は存在します。

先ほど説明したように、100名の転職斡旋をしたら約2,400万円も儲かるのであれば、大きな会社になっても良いと思うのですが・・・

そこがミソです。

小さな転職斡旋会社は、薬剤師の転職紹介実績が少ないということです。薬剤師の転職数を上げていかなければ、大きな会社にはなりませんが、貴方の大事な転職活動を転職実績があまりない小さな会社に任すことができますか。

おそらく答えはNOでしょう。

そのため、転職会社選びは大手を選ぶ必要があるということです。

 

小さな会社は過大広告してる可能性も・・・

小さな会社=つまり有名ではない会社の場合は過大広告(大げさにPR)している場合があります。その内容は以下の通りです。

  • 年間●●名の転職紹介実績!
  • 利用者の●●%が満足!
  • 友達に進めたいNo.1

などなど、有名な企業であれば世間体がある、また上場企業の場合は監査が厳しいため過大広告はできません。

全てウソとは言いませんが、調査元を明らかにしている場合以外は、どこのデータだと疑いましょう。(自社調べはいくらでも調べれますよね。)

 

3.企業側にとっての薬剤師転職サイトとは

企業側にとっての薬剤師転職サイト

大手企業や大手ドラッグストア、調剤薬局でない限りは、紹介料としては非常に高いことが分かります。

一般企業で一番高い新卒の広告料でも100万~150万程度ですが、それを薬剤師の紹介料は遥かに超えてきます。

なぜならば、自社で求人を集めると、1,000万円の採用費では済まないからです。どの会社も薬剤師獲得に力を入れているため採用サイトのページなどは持っていますが、集客を行おうとすると、自社で薬剤師求人を集めることは不可能ということです。

 

薬剤師求人はほとんど転職サイトに網羅されている

自社で薬剤師求人を募集するのがほとんどの企業が効率や費用対効果が悪いため、転職サイトに頼っているからこそ、薬剤師転職サイトには、薬剤師求人が網羅されているといえます。

そのため、自分自信で求人探す行為以外、薬剤師転職サイトを利用したほうが、希望条件に合った転職求人が見つかるということになります。

 

4.転職サイトのサポート内容は似通っている

転職サイトのサポート内容は似通っている

薬剤師の転職サポートは他の専門職の転職会社より安定しています。この安定しているというのは”どの会社もクレームが少ない”ということです。

薬剤師の転職を希望する人数の問題です。薬剤師と一緒で手厚いのが医師になります。以下表を確認してみてください。届出数ですが、薬剤師が圧倒的に人数が少ないことが分かります。

資格 届出数
薬剤師 288,151名
(平成26年厚生労働省)
医師 311,205名
(平成26年厚生労働省)
看護師 1,067,760名
(平成24年厚生労働省)
准看護士 377,756名
(平成24年厚生労働省)
保健師 57,112名
(平成24年厚生労働省)
介護福祉士 1,085,994名

薬剤師の人数が少ないのでサポート内容は手厚い

転職斡旋会社からすると、薬剤師登録している数少ない人数で、かつ転職を希望している薬剤師となると対象者数が少ないことが分かります。

そのため、1名、1名薬剤師転職に対しては、しっかりと対応してくれます。その点から考えると、”どの会社もクレームが少ない”ということはうなずけます。

 

基本的な転職会社のサポート内容とは

以下の流れで進みます。少しわかりやすく細かく記載しています。

  1. 希望条件をヒアリングされる
  2. ヒアリング後、システムを使って条件マッチ案件を抽出
  3. 年収が高めの求人から提案する
  4. コンサルタントの提案も含め、求人を吟味する
  5. 求人を複数面接の設定をしてくれる
  6. (希望すれば見学が入る)
  7. 希望すれば面接の立会・履歴書の添削など
  8. 内定
  9. 転職を決定させるために、コンサルティングトーク
  10. 転職の完了

上記のような流れで進むため、基本的にサービスに違いがありません。(遠方の場合や近くに支店がない場合は電話やメールで終わる場合もあります。)

 

5.担当の質が重要視される転職活動となる

担当の質が重要視される転職活動

先ほど説明したサポート内容によって、担当につくコンサルタントの出来、不出来であなたの転職が左右されるのは、お分かりでしょうか

つまり、薬剤師の場合、「転職サイト選びは、担当者選び」となります。では優秀な担当者とはどのような担当者でしょうか。

利用者の口コミを確認しない方が良いと言っているサイトもありますが、この担当者選びは自分の選び方があるためです。(口コミが良いと良い担当者がいることにもなりますが。)

 

優秀な担当者の定義と見分け方

優秀な担当者とは、人によって相性もあるので様々だとは思いますが、優秀な担当者の定義は以下のように考えます。

  • 事実を話してくれる
  • 事実に基づいた内容の話をしてくれる
  • 話は理論的かどうか(ざっくりしてないか)
  • 先のことを考え対処しているか
  • 自分をアピールしてこない(ウザくない)

つまり、「あ!そうでしたね、忘れてました。」や「この求人しかあなたに合う求人はない。」などの話をする担当者は優秀とは言えないということです。

 

6.薬剤師が転職サイトを利用する真実のメリットとは

転職サイトを利用する真実のメリットとは

薬剤師が薬剤師転職サイトを利用するメリットは、シンプルです。

  1. 手間がかからず、転職が楽に終わる
  2. 非公開求人への応募が可能になる

この2点以外、薬剤師が転職サイトを利用するメリットはありません。また、非公開求人もサイト上に乗っていない求人が非公開求人と定義されます。

そのため、本当に非公開求人なのかを疑う必要があり、言葉に騙されてはいけません

 

非公開求人ってなんで非公開求人?

あなたは非公開求人と聞いたときに、どのような求人をイメージしますか。おそらく高給与・高待遇で人気が殺到している求人のイメージを持つのではないでしょうか。

それが、大きな間違いです。

企業側にとって以下の内容で非公開求人となります。

  • その転職会社と大きな癒着がある
  • ブラック企業の薬剤師求人である
  • 求人を多く出してブラック企業と思われたくない
  • 薬剤師不足で急募していることを周囲に知られたくない
  • 従業員に知られると困る年収等で打ち出している
  • 管理職のポジションの求人である
  • 本当に人気が殺到する求人である

上記のような理由で非公開求人となります。良い理由は半分ぐらいでしょうか。そもそも考えてみてください。

薬剤師転職サイトに登録したら、担当者が求人を個別紹介してくれるのに、掲載している必要はあまりないわけです。

 

7.逆に転職サイト利用のデメリットはあるの?

転職サイト利用のデメリット

転職サイトを利用するデメリットは結構あります。

  • 成果主義なので、転職を強要される
  • ぴったり選んでおらず、年収がある程度優先される
  • 人の手を返すが、条件は機械的
  • 内定後考える時間が短い

薬剤師であれば、無料で利用できる薬剤師転職サイトは転職者を紹介して初めて企業側の利益となります。

企業側に転職者を紹介することでビジネスが成立するため、どうしても転職ありきの考え方になります。

企業側としては、

  • お客様=薬剤師
  • 雇用主(オーナー)=求人応募企業

上記のような図式になるので、当たり前です。

このことを分かったうえで賢く利用しましょう。知って利用するか、知って利用しないかでは大きな差があることを理解してください。

 

8.賢く利用転職会社を利用するためには

賢く利用転職会社を利用するため

賢く薬剤師転職サイトを利用するための条件は以下の通りです。

  • 転職には余裕を持って取り組むこと(3ヶ月程度)
  • 転職サイトは登録してみてから利用を考えること
  • 急がされたら強い意志を持って対応すること
  • 自分の考えで転職を決めること

転職時の選択肢の1つである薬剤師転職サイト選びのポイントです。

比較しながら進めることがおすすめですが、登録社数が多すぎても対応に困るため、多くても2社、3社程度が好ましいといえます。

また、冒頭でもお話しましたが、自分自身で転職求人を見つけることが出来(行きたい企業がある場合)るのであれば、そちらの方が得策です。

薬剤師は不足しているので、応募や問い合わせのステップさえ間違わなければ広告費用を企業側が払わなくてよくなるので、採用は有利になります。

自分に不安がある方は転職サイトの利用をおすすめします。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

薬剤師の69%が女性といわれるほど、薬剤師は女性の割合が高くなっています。 そのため、薬剤師の中に […]

続きを見る
転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

薬剤師が転職を考える上でブラック調剤薬局に進んで転職する方はいないと思います。もし、ブラック調剤 […]

続きを見る
薬剤師の働く職場一覧の労働環境と仕事内容

薬剤師の働く職場一覧の労働環境と仕事内容

薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・大学病院・民間病院・製薬会社などに就職、転職して働くことができ […]

続きを見る
【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容

【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容

近年、多くの薬剤師が転職の際に活用しているのが薬剤師転職サイトです。 しかし、薬剤師転職サイトを […]

続きを見る
調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。保育士で転職をお考 […]

続きを見る
薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

日本の医薬品市場は10兆円を超えており、国別に見たシェアでは世界第3位の市場となっています。 そし […]

続きを見る
コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

企業で働く薬剤師の仕事の1つに製薬会社でのDI業務(Drug Information)と呼ばれる […]

続きを見る
初めて転職する薬剤師求人の上手な探し方7つの方法

初めて転職する薬剤師求人の上手な探し方7つの方法

初めて転職をする薬剤師の方が転職をしようと考えた際の求人選びで悩む薬剤師が多いです。なぜかという […]

続きを見る
最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

転職活動というのは体力的にも精神的にも大きな負担になり、また長引けば長引くほど、経済的にも苦しくな […]

続きを見る
薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師として転職を考えた場合には、まずは自分の条件に合った求人を探す必要があります。 このページで […]

続きを見る
ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方
薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト