薬剤師年収700万円・年収800万円以上の求人探し方と方法

薬剤師年収700万円・年収800万円以上の求人探し方と方法

薬剤師の年収平均は約400万円~700万円とされていますから、年収700万円以上を目指すということは、可能な範囲とは言え努力なしに簡単に達成できる目標とは言えません。勿論大手製薬会社などでMRや研究開発として努めることができれば十分達成可能ですが、実際には高い専門性が求められますし、そう簡単に見つかる求人でもないでしょう。

では、薬剤師の転職先で年収700万円以上、年収800万円以上を稼ぎ出すのはどんな薬剤師なのでしょうか。求人の探し方と方法について掲載しています。

【目次】
1.年収700万円以上の薬剤師求人の見つけ方!
(1):年収700万円の薬剤師はどんな薬剤師なのか
(2):年収700万円以上の薬剤師求人の特徴
(3):年収700万円以上の薬剤師求人の探し方
2.年収800万円以上の薬剤師求人の探し方!どんな薬剤師か
(1):求人募集で800万円以上提示しているところはない?
(2):年収800万円以上の薬剤師求人の特徴
(3):年収800万円以上の薬剤師求人の探し方

1.年収700万円以上の薬剤師求人の見つけ方!

年収700万円以上の薬剤師求人の見つけ方

調剤薬局に務めるの平均年収は400万円~650万円、ですからこれ以上の700万円台となると、薬剤師プラスアルファの肩書きが必要になります。

 

(1):年収700万円の薬剤師はどんな薬剤師なのか

年収700万円の薬剤師はどんな薬剤師なのか

管理薬剤師のになることが一番近い?

管理薬剤師とはその職場において他の薬剤師スタッフたちや扱う薬の管理をするリーダー的薬剤師のことで、薬事法により現在では医薬品を取り扱う場所には必ず管理薬剤師を置くことが義務付けられています

つまり薬局やドラッグストアの数だけ最低1人の管理薬剤師が必要とされているわけです。

 

管理薬剤師は特別な資格は不要

管理薬剤師と聞くと何か特別な資格を取得しなければならないのかと思う人もいますが、実際には「管理薬剤師」という資格が存在しているわけではなく、前述のようなリーダーとしての管理能力がある薬剤師であれば誰でもなれる可能性があります。つまりはその職場で「管理薬剤師になってくれ」と言ってもらいさえすれば、その時から管理薬剤師という立場になるのです。

とは言え、実際には薬剤師としての経験が3年以上であることを最低基準にしている店舗が殆どです。かつ、薬事法や薬剤師法、医療保険などの専門知識が求められますし、他のスタッフの管理も行わなければならないため、高いコミュニケーション能力や良好な人間関係を築くことのできる人でなければなりません。

 

ポイント!

最初から管理薬剤師を募集している場合には、採用面接の際にこのような点が見られることになるでしょう。

しかし無事管理薬剤師として働くことができれば、平均して約4~5万円の管理職手当がつく為、合計すると年収700万円以上になると期待できます。

 

 

(2):年収700万円以上の薬剤師求人の特徴

年収700万円以上の薬剤師求人

一般薬剤師の平均年収の上限が約700万円といわれています。つまり年収700万円以上の求人となるとかなり幅が狭められてきますから、個人で探すとなるとかなり難しくなるでしょう。

個人的にインターネットで「年収700万円以上の薬剤師求人」と検索すると、ヒットするのはやはり、「管理薬剤師募集」という案件です。では管理薬剤師を募集している求人の特徴とはどんなものなのでしょうか。

 

管理薬剤師を募集求人の特徴

「管理薬剤師求人」と検索すれば真っ先にヒットするのがこれらの薬局関係でしょう。

また、数は薬局ほどではないものの病院や製薬会社、他の一般企業の中にも薬に関係した職場であれば管理薬剤師を募集していることがあります

特に製薬会社など一般企業に近い職種であればあるほど、また同じ薬局でも地方になればなるほど、最初から高収入を提示する傾向にあります。

 

管理薬剤師求人応募にはスキルが必要

管理薬剤師にはこれといった資格は必要でないとはいえ、実際に採用となるとどの求人でも一定のスキルを求めてきます。

病院薬剤師であれば患者や看護師など他分野の医療スタッフとのコミュニケーション力が求められますし、ドラッグストアでは処方箋なしで顧客に合った薬を的確に判断し提供する能力が求められるわけですから、それも当然と言えます。

加えて他の薬剤師スタッフたちを管理する統率力や人間性、更には薬剤師法、薬事法、医療保険に関する専門的知識も求められます。ただ、薬事法や医療保険の知識などは管理薬剤師になった後からでも身につけることが可能であるため、これに関しては採用の条件に設定している求人はそれ程多くはありません。

 

ポイント!

勿論年収700万円以上を目指すなら必ず管理薬剤師でなければならない、というわけではありません。

ただ個人的に探すのは少し難しいため、薬剤師求人サイトを利用して協力してもらう方が近道でしょう。

 

 

(3):年収700万円以上の薬剤師求人の探し方

年収700万円以上の薬剤師求人の探し方

一般に薬剤師求人が最も多いのは薬局ですが、こと年収700万円以上の薬剤師求人となるとそう簡単には見つかりません

管理薬剤師になれば年収700万円以上も可能になりますが、最初から管理薬剤師として募集しているところも少ないでしょう。というのも、管理薬剤師は大抵の場合もともとそこに長く務めてきた薬剤師の中から選ぶことが多いからです。

 

管理薬剤師の募集は決してゼロではない!

だからといって管理薬剤師の募集がゼロ、というわけではありません。その薬局で働いていた管理薬剤師が突然辞めてしまい、後任者がいないという状況や、新しく薬局を開業する場合には最初から管理薬剤師を募集することもあります。

ただ、それを運よく見つけられるかどうかは別問題。ですからお勧めの探し方としては、予め薬剤師求人サイトに登録し管理薬剤師の案件があれば教えてもらうようにお願いすることです。こうしておけば、自分で探す手間も省けるので働きながらの転職活動も楽になります。

2.年収800万円以上の薬剤師求人の探し方!どんな薬剤師か

どんな薬剤師か

他の職種と比べて年収が高いとされる薬剤師ですが、新卒のスタート時点では平均約300万円台後半~400万円、その後徐々に上がっていきピークで700万円台になると言われています。

つまり目標として年収700万円以上を目指すのはそう高い理想ではないのですが、年収800万円以上となると簡単ではありません。

 

(1):求人募集で800万円以上提示しているところはない?

求人募集で800万円以上提示しているところはない

まず募集の時点で最初から年収800万円以上を提示しているところなどまず見つからないでしょう。

ただし働き続けることで800万円以上になる可能性のある職場なら存在します。

 

ドラックストアは継続的に働けば800万は超える?

薬剤師が年収800万円以上を得ることのできる職場、それはドラッグストアです。

病院や調剤薬局などの薬剤師年収の目安が大体400万円~650万円に対し、ドラッグストアの平均は400万円~700万円と言われていますから、ドラッグストア勤務は全体的に高い水準にあることが分かります。

しかし、勿論ドラッグストアに務める薬剤師全てが年収800万円に達するというわけではありません。

 

ドラックストアで800万円超えるポイント

ポイントは、ドラッグストアで経験を積み、店長になること、または店長兼管理薬剤師になれれば更に年収は高くなると考えられます。

これは店長や管理薬剤師という立場から、基本給に役職手当が加算されるからです。

ではドラッグストアで年収800万円以上を稼ぐのはどんな薬剤師なのでしょうか。次を確認してみましょう。

 

年収800万円超えるための仕事内容

日用品や食品なども取り扱っているドラッグストアですが、そこで働く薬剤師には、OTC医薬品など処方箋のない薬を買い求めに来た顧客に対し、その症状を聞いて最も適した薬を提案すること、またその薬の用法や使用上の注意について説明することが求められています。

従って調剤薬局以上に顧客とのコミュニケーション能力が求められるでしょう。また本来の薬剤師業務の他に、レジうちや品出し、店長になると他のスタッフのシフト調整や商品発注・管理、また店内外のレイアウトなどの仕事もこなさなければなりません。

 

(2):年収800万円以上の薬剤師求人の特徴

年収800万円以上の薬剤師求人の特徴

薬剤師求人が提示している年収の平均は、約400万円~700万円。しかし年収800万円ともなるとかなりのレアケースになります。

 

大手ドラックストアの店長

先ほど説明したとおりですが、例えば大手チェーンのドラッグストアで店長になれば結果的に年収800万円以上になることも可能ですが、求人の時点でそれを約束しているケースは殆ど見かけないでしょう。

それで最終的に年収800万円以上になることを期待して探すなら、「年収400万円~700万円」ではなく「年収400万円~」のように、上限を設けていない求人に注目しましょう。

では、最初から年収800万円を提示しているもの、あるいはそれも可能としている薬剤師求人にはどんなものがあるのでしょうか

 

製薬会社のMR職

薬剤師の中で最も高収入とされているのが製薬会社ですから、中堅・大手製薬会社のMR職ともなれば年収800万円以上を提示している可能性があります。

特にMR職は基本給に歩合給が加算される場合があり、これによって結果的に年収が800万円以上になりうるとしている求人情報を見かけます。

ただし、これにはかなりのキャリアや専門性が求められる為、非常にハードルの高いものになるでしょう。

そもそも即戦力になると期待できなければ採用してもらうのも難しいはずです。

 

その他年収800万円以上の求人って?

年収800万円以上を提示している求人の特徴としては、同じ調剤薬局やドラッグストアでも、都市部ではなく地方、それも過疎化が著しい地域での募集です。

例えば北海道、東北の一部、九州の天草地方や離島など。こういった地域では薬剤師不足が著しいため、薬剤師確保のために高い収入を提示している場合が多いのです。僻地ですから勿論生活も不便になりますが、とにかく多少無理をしてでもガッツリ稼ぎたいという人にはお勧めです。

 

利用しよう!求人サイト

勿論都市部でも高収入を提示している求人はありますが、それを見つけるには薬剤師求人サイトの利用が必須でしょう。そのようなサイトでは登録すると非公開の求人も閲覧できるようになります。また予め希望する年収を伝えておけば、自分に合った求人情報が出た場合にいち早く連絡してもらうことも可能です。

 

(3):年収800万円以上の薬剤師求人の探し方

年収800万円以上の薬剤師求人の探し方

年収800万円以上の薬剤師求人を探すには、ドラッグストア、それも大手のチェーン店に注目して探すのが効率的でしょう。

職員となって働きぶりが認められ、店長に昇格できれば基本給に役職手当が付く為、結果的に年収800万円以上になる可能性があります。また大手のドラッグストアは深夜まで営業しているところもあり、夜勤手当が付くことで高収入になることもあります。

 

ポイント!

最も効率的な探し方としては、薬剤師求人サイトを利用するのがお勧めです。そのようなサイトを利用すれば、同じドラッグストア求人でも将来的に店長昇格の可能性があるのかどうか、予め下調べしてもらうことができます。

また初任給の金額の交渉にあたってくれるところもありますから、スタートの時点から有利になる可能性もあるでしょう。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

ブランク薬剤師復職のための勉強法

ブランク薬剤師復職のための勉強法

転職を考える薬剤師の中には、結婚や出産、育児などが落ち着いてから復職を考えている方など様々な理由 […]

続きを見る
薬剤師の将来性は大丈夫?今後必要とされる薬剤師のスキルとは?

薬剤師の将来性は大丈夫?今後必要とされる薬剤師のスキルとは?

薬剤師の皆さんは、ご存知であると多見ますが、薬剤師業界には、平成18年度に改正施行された、学校教 […]

続きを見る
全国の薬剤師求人の年収と傾向

全国の薬剤師求人の年収と傾向

全国の薬剤師求人の年収と傾向を紹介しているページです。転職を考える薬剤師のための表になります。自 […]

続きを見る
年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!

年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!

一般薬剤師の中で「高給取り」とされる場合で年収約700万円。それ以上となるとなかなか一般薬剤師と […]

続きを見る
薬剤師が地方へ転職する際に知っておきたい4つのこと

薬剤師が地方へ転職する際に知っておきたい4つのこと

薬剤師の中には、いつか地方の薬局で働いてみたいと思う人も多いのではないのでしょうか。しかし、地方 […]

続きを見る
転職で有利に!薬剤師が取っておきたいスキルアップ資格

転職で有利に!薬剤師が取っておきたいスキルアップ資格

皆さんは、薬剤師としてスキルアップするために何かしていることがあるでしょうか。 また、スキルアッ […]

続きを見る
営業(MR)で働く薬剤師5つのキャリアアップ方法とMSL

営業(MR)で働く薬剤師5つのキャリアアップ方法とMSL

薬剤師はMRとしてキャリアアップするためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。この […]

続きを見る
ブランク薬剤師復職のための勉強法ブランク薬剤師復職のための勉強法
年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!年収900万円以上の薬剤師求人の特徴と見つけ方!

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト