薬剤師転職面接に受かる人の共通点!面接前に知っておいて欲しい事

薬剤師転職面接に受かる人の共通点!面接前に知っておいて欲しい事

近年、薬剤師の採用基準が変わってきているため、今まで身に着けてきた知識やスキルや実績や経験が面接時の武器にならかったり、経験や知識だけでは大きな差別化にならないという事があります。

そのため、知識や経験のように本人が後から身に着けられることよりも会社に合っているか、長く働いてくれるか、人間性はどうかといったものが重要視され始めています。

ここからは、薬剤師転職面接に受かる人の特徴と面接前、面接中に意識して欲しい事を紹介していきます。

1.面接の事前準備を重要視している

面接の事前準備を重要視している

面接で一番大切な事は、面接官に「一緒に働きたい」と思わせる事、つまり、面接官にいかに好印象を持ってもらえるかが鍵となります。面接に受かる人は面接前の準備に一番時間をかけています。

 

最低限の面接マナーのチェック

面接は、自分という商品を売り込む場といっても過言ではありません。そして、転職の場合はビジネス経験を持っていることが前提とされています。

  • 言葉遣いや言動 : 誤った言葉遣いや敬語の間違いを正す。
  • 挨拶や礼 : 面接前後に挨拶や礼は必ず行う。
  • 態度や仕草 : 落ち着きのある態度を意識する。
  • 服装の乱れ : 清潔感を保ち、乱れのないように。
  • 時間を守る : 時間を守れない人は信用されない。

以上の5点が最低でも身に着けていてほしいマナーです。面接マナーについての本も沢山出版されているので不安な方はチェックしてみて下さい。どんなに優秀な人でもマナーがしっかりしていないと不採用になってしましますのでしっかりと身だしなみを整えてから面接に望みましょう。

 

面接先の情報収集を怠らない

面接に受かる人は必ず、面接前の準備を徹底しています。面接先のホームページを見ることは当たり前ですが、誰もが知れる情報のためありきたりな事しか書いいてない場合が多いです。

そのため、面接先の方や知り合いの伝手を辿って情報収集をしましょう。そして、情報を集めた後はその情報から自分なりの考え方を構築していくことが最も肝心です。

ポイント!

事前準備をしておくと自分に自信がつき、面接に緊張せずに臨む事ができます。そのため自分の個性や能力を発揮できるようになるため面接の突破に繋がります。

2.面接に対する考え方がしっかりしいている

面接に対する考え方がしっかりしいている

面接というと自分の能力や経験をアピールしたり、自分を少しでもよく見せようと背伸びをしがちです。しかし、変に自分を弱みのない完璧な人のように見せるよりもありのままを話す方が人間味があり好印象に繋がります。

 

面接に受かる人1つの面接にこだわらない

面接に受かる人は、一つの面接にこだわりすぎる事はなく、落ちたとしても次があるし今回は縁がなかっただけと楽観的に捉えている人が多いです。

真剣に面接に臨む事も大切ですが、ここしかないと思いすぎると変に肩に力が入ってしまい、いつもはしない失敗をしてしまう場合があります。せっかく準備をしてきたのですから面接では100%の力で望めるように心掛けましょう。

ポイント!

心に余裕をもって面接に望めれば、自分らしく会話をする事ができます。自分を着飾らない姿勢や素直さを評価してもらいましょう。

 

3.就職後の事も視野に入れて面接している

就職後の事も視野に入れて面接している

面接の時に自分が持っている能力や実績をアピールする人は多いですが、面接に受かる人は過去よりも自分が就職した後にどんな貢献ができるのかを具体的にアピールしています。

 

受かる人は未来や相手を見ている

個人の持つ能力や実績も面接においては重要な評価基準ですが、採用する側が一番重視するところが入社後に活躍してくれるのかという所です。

病院や企業はしっかりと将来を見据えた経営をしているため、面接先の病院や企業の採用目的などを知ることも大切です。自分が面接官だったらどんな人を採用したいかなど相手の立場になって考えることが面接突破への近道になります。

 

4.面接中は自分の言葉で話している

面接中は自分の言葉で話している

面接中は敬語の使い方や、悪い印象を与えないように気をつけて言葉を選ぶ方が多いです。しかし、自分の本当の想いを伝えるにはそれではいけません。

 

ありのままの自分を見せる事に抵抗がない

面接で受かる人はありのままの自分を見せる事に抵抗がありません。面接中は、変に自分を着飾ったり自分を良く見せようとしないでどんな事でも自分の言葉で伝えましょう。

その際に敬語や文法がおかしくなってしまう場合もあるでしょう。冒頭では言葉遣いは大切と述べましたが、自分の話をする時に弊害になってしまうよであれば自分の想いを伝える事を優先しましょう。

ポイント!

相手も人間なので、一生懸命伝えようとする姿に人間味や温かみを感じます。自分らしく話すことの抵抗をなくしましょう。

 

5.コミュニケーション能力高い

コミュニケーション能力高い

コミュニケーション能力が高い人というとどんな人を思い浮かべるでしょうか。テレビなどでよく見る芸能人のように話が面白く明るい人、場を盛り上げるのが上手い人などを想像するでしょうか。

しかし、面接におけるコミュニケーション能力とはそんな単純なものではありません。

 

コミュニケーション能力が高いとは

面接におけるコミュニケーション能力が高いというのは、話し方や内容ではなく、表情やボディランゲージ、相槌のタイミングや声のトーン、話を聞いている時の姿勢から総合的に判断されるものです。

そのため、口数が少なく、一見暗いイメージを持たれがちな人でもコミュニケーション能力が高い人は沢山いるのです。面接の中で重要視されている点は相手の話を聞く姿勢です。

 

話を聞く姿勢が優れている

面接に受かりやすい人は、話を聞く姿勢が優れている人が多いです。自分が話したり主張したりすることにより相手の様子を観察したり、相手の話に理解を示しているのかという所が重視されています。

 

聞く姿勢は薬剤師の仕事にも通ずる

薬剤師の仕事は調剤の仕事の他に、患者さんに必要な情報を聞き取ったり、常に様子を観察していなければなりません。そのため、話しを聞き正しく理解するということが本当に重要になってきます。

 

面接の質問に簡潔に答える

だらだらと続くような回答では、面接官も途中で聞く気力を失ってしまいます。その結果、結局何が言いたかったのかわからないという事になってしまっては非常にもったいないです。

そのため、聞かれたことに対してなるべく簡潔に答えるという事を意識しましょう。簡潔にといっても結論だけを話すのではなく、その答えに至った理由であったり根拠もきちんと説明しましょう。

ポイント!

面接官が答えている間次の質問を考えている場合もあるため、その質問の先読みのような答えはしないようにしましょう。

 

質問にはハッキリ答えよう

面接に受かる人は、相手を戸惑わせるような曖昧な返答はしません。自分をよ良くみせようとするばかり、曖昧な表現などで都合の悪いことをごまかす人も多いのが現状です。

しかし、そのままではいつまでたっても面接を突破できません。「できる」「できない」という回答も自信を持って答えましょう。自分の意見を言えてこそ素直な人だという好印象を得る事ができるのです。

6.自己責任の意識が非常に高い

自己責任の意識が非常に高い

転職活動だけでなく、人として生きていると様々な問題に巻き込まれることがあります。しかし、そんな時でも自己責任の気持ちを持ち続けられる人は信頼される人になるのです。

 

自己責任の意識が高いとは

自己責任の意識高いという事は、自分の行動や選択によって起こったことに対して責任をもって対応するということです。自己責任の意識を持っている人は、自分が失敗したとしても同じ失敗を二度とおこさないように、その失敗の原因を突き止めて反省し必ず次に生かします。

そして、他人の失敗に巻き込まれたとしても、必要以上に大事にはせず、自分が選んだ結果起こった出来事であると割り切る事ができます。そのため、自分の力でやるべきことに向き合う力があるのです。

 

自分で判断する力がある

自己責任の意識が高い人ほど、相手の言っていることを鵜呑みにせず自分が納得するまで答えを求め続けます。そのため、相手のせいにしたりはしません。

自分が間違っていると思うことに対しては、しっかりと切り捨てる勇気も持っています。このような物事に対する姿勢や態度は面接官にとってももちろん良い印象を与えますし、生きていく中でも信頼される人の特徴にもなります。

 

7.就職先でやりたい事が明確にある

就職先でやりたい事が明確にある

転職面接では、能力や経験はしっかりしているのに、やりたい事が答えられず面接に落ちてしまう人が多くいます。

そのため、自分がここで何をしたいか、どんな人になりたいのかという所をしっかり考えていく事をおすすめします。

 

面接でやりたい事を聞く理由

社会人になると「与えられた仕事をただこなしていく人」と「自分なりの問題意識を持ちながら、与えられた仕事の中にも自分なりの勉強や工夫をしていく人」の二つにわかれます。

そのため、働くにあたって自分自身の大きな目標や、将来的なビジョンを持たない人は前者だと思われてしまい採用基準に満たなくなってしまいます。そのため、面接ではここで何をしたいのかという事を必ず答えられるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。薬剤師転職面接で受かる人の特徴を紹介してみました。絶対に全てがそろわないと受からないという訳ではないため安心してください。

これから転職活動をされる方には、ありのままの自分でいることを怖がらず面接に望んで頂きたいです。ありのままの自分でいるという事は、決して自分の悪い所をひけらかす事ではありません。自分のビジョンと意思を持って相手に接するという事です。

そして、今あげたものは今日からでも意識さえすればすぐにでも変えていける事です。これから転職活動をされる方に少しでも参考になれば幸いです。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師の転職面接前の準備・基本的なマナー!3つのチェックポイント

薬剤師の転職面接前の準備・基本的なマナー!3つのチェックポイント

薬剤師は、一般的な仕事と比べると専門的な知識を必要とする特殊な職業であるため、職場もいわゆる一般 […]

続きを見る
薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接の際にも、逆質問が与える影響はとても大きいです。どんな病院や企業の面接でも、面接 […]

続きを見る
薬剤師転職面接で聞かれることランキング10+3つの質問と回答

薬剤師転職面接で聞かれることランキング10+3つの質問と回答

薬剤師として転職時に面接した場合、必ず聞かれることをランキング形式でご紹介しています。 また、必 […]

続きを見る
転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは

転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは

薬剤師の中には、「薬剤師に自分は向いていないのではないか」「薬剤師のやりがいってなんだっけ」「私 […]

続きを見る
【厳選4選】薬剤師が転職を決意した理由とは

【厳選4選】薬剤師が転職を決意した理由とは

薬剤師に関わらず多くの人にとって転職は人生の中で、とても大きなターニンングポイントと言えます。そ […]

続きを見る
薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

薬剤師の転職を行う場合に履歴書は必要不可欠になります。 求人倍率が高ければ高いほど、履歴書の重要 […]

続きを見る
薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

薬剤師として転職を行い、内定を口頭で宣言された後に受け取る「内定通知書類」における、トラブルを防ぐ […]

続きを見る
薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト