【厳選4選】薬剤師が転職を決意した理由とは

【厳選4選】薬剤師が転職を決意した理由とは

薬剤師に関わらず多くの人にとって転職は人生の中で、とても大きなターニンングポイントと言えます。そのため、転職を決意する多くの人は転職に至るまでの理由を持っています。では、薬剤師の場合、その転職理由とはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、薬剤師の転職理由を4つに厳選して深く掘り下げて説明していきたいと思います。

 

1.人間関係の悩みから解放されるため!

人間関係の悩みから解放

薬剤師の転職理由として最も多いものが人間関係になります。人間関係の悩みは、多くの職種で見られますが、薬剤師の場合、調剤薬局など、閉鎖的な空間に、少人数でいるため、人間関係が一度崩れると改善しにくく、特に悩む人が多くなっています。

 

先輩や管理薬剤師との関係が上手くいかず転職を決意

先輩、または管理薬剤師と関係が上手くいかず、転職をする薬剤師は多くいます。やはり、先輩や管理薬剤師は、自分よりも上の立場であるため、理不尽なことを言われたりしても、我慢するしかない場合が多くなっています。

 

そうなると、ストレスがたまり、職場へ通勤が憂鬱になってしまします。また、上司や管理薬剤師は今後の自分のキャリアアップやスキルアップの面を左右する力を持っている場合が多いため、今後のことも考え、転職を決意する薬剤師も多くなっています。

 

お局の女性薬剤師からのいじめに耐えられず転職を決意

薬剤師は男性よりも女性の割合が多くなっています。そのため、女性しかいない職場も多くなっています。女性の方は分かると思いますが、女性しかいない職場は、女性特有のいじめが起こりやすくなっています。

特に、同じ職場に10年以上勤務する「お局」と呼ばれる女性薬剤師がいる職場では、どうしても新人の女性薬剤師や若い女性薬剤師がいじめのターゲットになることがあります。ま女性のいじめは、周囲には分かりづらく、長年務めるお局の女薬剤師を味方する環境であることが多いため、耐えきれず、転職を決意する薬剤師もいます。

 

雇用形態の違いで職場に派罰が!耐えられず転職を決意

薬剤師の雇用形態は、もちろん正社員だけではありません。非常勤やパート、アルバイト、派遣など幅広い雇用形態があり、雇用形態にかかわらず同じ職場で薬剤師として勤務していることがほとんどです。

そのため、職場によっては、雇用形態の違いで派罰が起きてしまうことがあります。特に、正社員の薬剤師が、それ以外の薬剤師を下に見ることが多く、雑用ややりたくない調剤の仕事などを振るなど、嫌がらせを行うことも多くなっています。

そうなると、正社員とそれ以外の薬剤師の間で派罰が起きてしまい、職場全体が悪い雰囲気になってしまいます。そう言った雰囲気に耐えきれず転職を決意した薬剤師も多くなっています。

 

2.キャリアアップしたい!年収・役職・経験を上げるために転職

キャリアアップしたい

薬剤師の中には、薬剤師としてキャリアを積んでいきたいと考える人も多くいます。そのためには、自分が、キャリアアップできる環境かどうかというのがどうしても必要になってきます。

 

目指せ1000万円!年収アップのために転職

薬剤師の仕事は、一般的な職業と比べると、専門的な知識を必要とするため、基本的には、収入も平均よりは高額になっています。

しかし、薬剤師の中には、薬学部時代の奨学金の返済をしていたり、結婚して家計を一人で支えていたり、介護や育児などでお金を必要としていたり、今後のためにお金を貯めておきたいと考えている人、今の年収が割に合っていないと感じている人など、年収を今以上にアップさせるため転職を考える人は多くなっています。

 

薬剤師の高額求人とは

薬剤師の求人の中には、製薬会社やドラッグストアの店長などの求人で、年収が最高1000万といったものもあります。

また、地方や僻地などの薬剤師求人もなり手が少ないため、年収800万以上といった高額の求人が多く見られます。年収をアップさせたいと考える薬剤師は、こう言った求人を一度確認してみると良いでしょう。

 

役職に就きたい!まずは管理薬剤師を目指して転職

薬剤師のキャリアアップの近道としては、まず、管理薬剤師になることを一番初めに思い当たるのではないでしょうか。薬剤師求人の中には、管理薬剤師として募集している求人も多くあります。

キャリアアップを考えている薬剤師の方は、まずそう言った求人のチャランジしてみることで薬剤師としてのキャリアアップの一歩を踏み出すのです。

 

管理薬剤師からさらに上の役職を目指して

すでに管理薬剤師の人が目指す役職としては、大手製薬会社のエリアマネージャーや経営幹部という道もあります。そのためには、管理薬剤師として、薬剤師のスキルだけでなく、売上や利益といった数字を意識した経営、メネジメント力を身につける必要があります。

経営力をつけるためにまずはドラッグストアの店長などに転職して経営力を身につけるといった薬剤師もいます。

 

できるだけ多く職場での多くの経験を踏んでキャリアアップしたい

「何事も経験」という言葉がありますが、薬剤師の仕事においても同じことが言えます。同じ職場で経験を積むことも大事ですが、もしも、今働いている職場で100パーセントいい経験ができていると言えないのであれば、転職を考えてみるのも良いかもしれません。

転職することに不安を感じる人は多いですが、転職するということも、1つの大きな経験となり今後の薬剤師としての経験で力になります。薬剤師としてスキルアップしたいと考えるのであれば、様々な職場で様々な経験を積むのが一番です。

実際に経験を積むために、あえて今より厳しい環境や、今まで経験のない職場に転職する薬剤師もいます。

 

3.スキルアップしたい!技術を磨くために転職

スキルアップしたい

キャリアはもちろんですが、スキルアップを目指している薬剤師も多くいます。スキルアップとは、薬剤師としての調剤・接客・研究等の技術を磨くということです。

全体的にスキルアップしたいと考える薬剤師もいれば、調剤・接客・研究どれか1つに特化してスキルアップしたいと考える薬剤師も多くいます。

 

調剤のスキルを学ぶため

薬剤師の中には、調剤のスキルを上げたいという人がとても多くなっています。調剤スキルを上げるためには、もちろん調剤薬局が一番オススメです。しかし、調剤薬局の中には、併設、または最寄りの病院の取り扱っている科に関わる処方箋ばかりで、調剤もある程度決まったものであるということが多くなっています。

そうなると、調剤スキルにおいてもどうしても偏りが出てきてしまいます。そのため、ある程度、その調剤薬局で取り扱う調剤についてスキルを習得したら、転職して他の調剤スキルを身につけるという薬剤師もいます。

しかし、全体的に調剤スキルを上げたいのであれば、総合病院などの薬学部や多種類の処方箋を扱う調剤薬局がオススメです。最初は慣れないかもしれませんが、あえて自分を厳しい環境に置くことでスキルは上がるものです。

 

薬局開局を目指して経営を学ぶため

薬剤師の中には、将来は独立して薬局を開局したいという人もいます。そういった薬剤師は、ドラッグストアへ転職することが多くなっています。ドラッグストアでは、お客さんへ薬の概要を説明したり、お客さんの病状などを聞いて薬を選んだりと、薬剤師としての仕事はもちろん、商品を並べたり、レジ打ちをしたりします。

また店長クラスになると、店舗の経営状態や、競合他社などの分析など経営に関することも業務の一環として求められるため、将来自分の薬局を開局したいと考えている薬剤師にとっては、一石二鳥の職場になっています。

 

憧れの研究職を目指すため

研究職は薬剤師の転職先の中でも、とても人気のある職種です。しかし、それだけに、なかなか求人がないというのも現状です。

研究職の多くは、製薬会社の求人になります。そのため、常に求人情報に目を光らせておいて、いざ求人が出て面接に合格してから、転職を決めたという薬剤師もいます。

 

4.精神的にも肉体的にも無理!労働環境最悪

精神的にも肉体的にも無理

自分や周囲の問題ではなく、労働環境に悩んで転職をする薬剤師もいます。特に人手不足の職場や経営があまり上手くいっていない職場などで働く薬剤師が毎日のサービス残業や、仕事に見合わない給与額に、精神的にも肉体的にも限界が来て、転職をするといった場合が多くなっています。

 

休みが取れないブラック企業を抜け出すために

転職を考える薬剤師の中には、以前の職場が、人手不足のために休みを取りたくても、代わりの人が見つからず、結局、有給はもちろん、まとまった休みが取れなかったため、転職を決意したという人もいます。

給料は良くても、家族と過ごす時間が全く取れず、反対に家族に辛い思いをさせてしまったため、家族と過ごせる時間をつくるため転職を決意したといった薬剤師もいました。

 

サービス残業の山からの解放を願って

経営が上手くいっていない職場になると、サービス残業も当たり前といったことも多くあります。毎日、毎日サービス残業で、精神的にも肉体的にも辛くなって、悩んでしまう薬剤師も多くいます。

薬剤師の職場は、今勤めているところだけではありません。サービス残業ばかりのブラックな企業と気づいた瞬間に、新たな職場を探す薬剤師も沢山います。

 

医薬品を扱うのに衛生県境が最悪だったから

薬剤師の多くの職場では医薬品を扱うことが多くなっています。そのため、基本的には、薬剤師の職場は清潔であるべきです。

しかし、人手不足の職場などでは、職場の清掃まで人手が回らず、また、経営が上手くいった職場などでも、そういった職場環境にお金をかける余裕がなく、清潔感が欠けているといった場合があります。

医薬品を扱っている上で、やはり、医薬品は清潔なところで取り扱いたいものです。また、できるだけ、綺麗な職場で働きたいと感じるのが普通です。そのため、職場の衛生環境が悪いと転職を考える薬剤師が多くなっています。

 

まとめ

まとめ

転職を考える薬剤師の転職理由は人それぞれです。中には、なんとなく転職したという人もまれにいます。ですが、多くの人は、強い決意を持って転職をします。今回ご紹介した転職理由は、薬剤師の転職理由の中でも特に多かったものをご紹介しています。

もしも、同じような理由で転職しようと考えている薬剤師の方がいれば、まずは、自分が転職しようと思っている理由を明確にすることが大切です。自分が転職しようと思っている理由を明確にすることで、自分にあった転職先を見つけることができます。

また、転職するかどうかは、周囲に相談してみることから始めましょう。周囲に相談できる人がいなければ、薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談してみるのも1つの手です。転職は決して悪いことではありません。

今回紹介した理由から転職をし、自分にあった職場を見つけ楽しく働いている薬剤師は多くいます。転職を考えている薬剤師は今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師転職面接で聞かれることランキング10+3つの質問と回答

薬剤師転職面接で聞かれることランキング10+3つの質問と回答

薬剤師として転職時に面接した場合、必ず聞かれることをランキング形式でご紹介しています。 また、必 […]

続きを見る
薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

薬剤師転職時「内定通知書類」確認事項・保留・断り方・入社準備のすべて

薬剤師として転職を行い、内定を口頭で宣言された後に受け取る「内定通知書類」における、トラブルを防ぐ […]

続きを見る
薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

薬剤師転職履歴書の書き方ポイントと自己PR文例集

薬剤師の転職を行う場合に履歴書は必要不可欠になります。 求人倍率が高ければ高いほど、履歴書の重要 […]

続きを見る
薬剤師の転職面接前の準備・基本的なマナー!3つのチェックポイント

薬剤師の転職面接前の準備・基本的なマナー!3つのチェックポイント

薬剤師は、一般的な仕事と比べると専門的な知識を必要とする特殊な職業であるため、職場もいわゆる一般 […]

続きを見る
薬剤師転職面接に受かる人の共通点!面接前に知っておいて欲しい事

薬剤師転職面接に受かる人の共通点!面接前に知っておいて欲しい事

近年、薬剤師の採用基準が変わってきているため、今まで身に着けてきた知識やスキルや実績や経験が面接時 […]

続きを見る
転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは

転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは

薬剤師の中には、「薬剤師に自分は向いていないのではないか」「薬剤師のやりがいってなんだっけ」「私 […]

続きを見る
薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接時に好印象を与える逆質問例と避けたい質問例

薬剤師の転職面接の際にも、逆質問が与える影響はとても大きいです。どんな病院や企業の面接でも、面接 […]

続きを見る
転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは転職の志望動機に最適!職場別(調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院・行政)の薬剤師やりがいとは

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト