工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について
薬剤師として3年以上実務経験を積んだ後、キャリアアップとして管理薬剤師への転職を考えられる方も多いのではないのでしょうか。

管理薬剤師になると、薬剤師の時よりもさらに働ける職場や、応募できる求人の幅が広がることは間違いありません。中には、予想していなかった職場で管理薬剤師が活躍している場合もあるのです。

今回は、そんな管理薬剤師が活躍する意外な職場の中から、工場で働く管理薬剤師にスポットを当ててご紹介いたします。 現在、管理薬剤師として働いていて転職をお考えの方や、これから管理薬剤師へキャリアアップ転職をお考えの方などは、ぜひ転職先の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

1.工場管理薬剤師の仕事内容と役割とは?

工場管理薬剤師 仕事内容 役割

管理薬剤師が働く工場というのは、一般的に製薬会社、または食品製造会社の工場です。製薬会社の工場には、必ず管理薬剤師がいます。薬事法により、医薬品などを製造する工場には薬剤師免許を取得している管理薬剤師の配置が定められているからです。では、製薬会社や食品製造会社等の工場で働く管理薬剤師は、主にどのような仕事をしているのでしょうか。

 

医薬品や食品の品質管理

工場で働く管理薬剤師の仕事と言っても、仕事内容は、勤務する工場で異なってくるというのが事実です。ですが、製薬会社の工場や食品製造会社の工場で働く管理薬剤師の主な役割は、医薬品や食品の品質管理です。そのため、業務内容も医薬品や食品の品質をいかに高品質に保つか、または、さらなる品質向上のためにどうすれば良いのかを考え、追求していくための業務が多くなっています。

医薬品や食品の品質管理の具体的な仕事内容としては、下記のような業務が主に挙げられます。

  • 医薬品、食品の製造記録、品質記録のチェック
  • 製造方法、試験方法の検証
  • 製造工程、製造環境の確認
  • 医薬品、食品の保管環境の確認
  • 出荷した製品の情報収集(お客様の声など)
  • 医薬品、食品の製造の許可、承認申請

医薬品や食品は、お客様の直接口に入るもので、命に関わるものでもあるので、品質管理という役割は、会社の中でも重要なポジションを担っていることになります。

 

工場で働く従業員の人材育成

工場で働く管理薬剤師の仕事の1つに従業員の人材育成というのがあります。多くの工場では、管理薬剤師は1つの工場に1名しかいません。そのため、工場で働く、剤師、または薬剤師の資格を持たない従業員に対しての薬事教育や人材の育成という業務も管理薬剤師の仕事になってきます。

管理薬剤師の大きな役目である、薬や食品の品質管理、さらなる品質の向上のため、従業員への教育を行うことが求められます。そのため、日頃から、従業員の行動や業務態度についても気にしておくことが必要です。

 

工場内の安全点検

工場で管理薬剤師の中には、まるで工場長のような役割を担っている管理薬剤師もいます。製品の品質管理においては、工場内の機械が正常に動いているかや、従業員が業務する上で危険なところはないか、なども重要なポイントになってくるからです。

 

医薬品や食品の生産計画

工場で働く管理薬剤師は、医薬品や食品が計画どうり製造されているかの確認や、原料の在庫の管理を行い、医薬品や食品の製造が急に止まることのないように、製薬会社や食品会社と話し合いながら計画をしています。

そのため、どのくらいの原料がどれくらいの期間で必要なのかや、必要な従業員の人数などいろいろなことを考慮しながら業務を行う必要があります。

 

2.工場管理薬剤師の平均給与は高額?

工場管理薬剤師 平均給与

管理薬剤師として工場で働く場合、気になるのが平均給与です。工場で働く際には、どれくらい給与がもらえるのでしょうか。

 

勤務する会社で給与に差がある

工場で管理薬剤師として働く際の平均給与ですが、勤務する会社によって給与に差があるというのが現状です。大手の製薬会社や食品製造会社の工場になると、年収700万円〜1000万円ととても高額になっていますが、中小などの小さい規模の工場では、年収500万円〜800万円くらいが相場になっています。

 

薬剤師のスキル次第で変わることも

管理薬剤師としての経験が長かったり、特別なスキルや知識を持っている薬剤師になると、その分給与も上がってきますが、自分の勤務する会社によってその評価も変わってくるため、一概に決め付けることはできません。

 

地方や僻地の工場管理薬剤師の給与は高額

工場の管理薬剤師求人の中には、地方や僻地を勤務先としているところも多くなっています。やはり、工場などは騒音などの問題があったり、ある程度の面積が必要となるため、どうしても立地がそう言った場所になりやすいのです。

しかし、そう言った地方や僻地にある工場の管理薬剤師の給与は、とても高額で、中には年収1000万円を超える求人もあります。

 

 

3.工場管理薬剤師に向いている薬剤師

工場 管理薬剤師 向いている 管理薬剤師として工場で働くことが向いている薬剤師の特徴をご紹介します。1つでも向いている特徴に当てはまった際には、工場の管理薬剤師への転職を考えてみても良いかもしれません。  

 

リーダーシップがある薬剤師

管理薬剤師は、医薬品や食品の品質管理はもちろん、工場で働く従業員の人材教育なども担っています。また、生産性を管理しているため、生産計画にともなって、工場内で働く従業員に業務の指示をしなければなりません。そのため、工場で働く多くの従業員をまとめるリーダシップ力というのが求められます。  

 

責任感がある薬剤師

職場に関わらず、管理薬剤師というのは、勤務している職場における医薬品や食品に関する全体の責任を持っています。そのため、そもそも責任感が無い薬剤師がなるととても危険で、任せることができません。  

 

誰にでも謙虚な気持ちで対応出来る薬剤師

工場には、薬剤師だけでなく薬剤師資格を持たない従業員が多く働いています。そう言った従業員に薬剤に関する知識の教育や、製造に関して指示をしなければならないのですが、管理薬剤師の中には、そう言った人たちを下に見てしまう人もいます。 そうなってしまうと、薬剤師と従業員の中で上手く意思疎通が取れず、製造に影響が出てしまったり、人間関係に悩んでしまうこともあるようです。薬剤師でない従業員と接する際にも、自らコミュニケーションをとるなど、誰に対しても謙虚な気持ちで対応することができる人が工場での勤務に向いていると言えます。  

 

仕事に几帳面で事務職が好きな薬剤師

管理薬剤師の仕事は、管理職として分類されることが多く、仕事のほとんどは、薬剤師の仕事というよりも事務的な仕事です。また、工場では、生産計画や在庫管理など数字を1桁間違えると大きなミスにつながるといった重要な管理業務もあります。そのため、仕事に几帳面で事務職が比較的好きという薬剤師が向いています。  

 

勤務地にこだわらない薬剤師

管理薬剤師が働く工場の求人は、東京などの都心部には、なかなか無いのが現状です。なぜなら、工場を建設する際にはある程度の面積を必要とし、騒音などの影響なども考量しなければならないため、都心に建設するのは難しいからです。工場の管理薬剤師の求人を見ても、勤務地が地方や僻地であることが多くなっています。 そのため、ある程度決められた範囲の勤務地で探していると求人は見つかりにくいかもしれません。勤務地にこだわらない薬剤師の方が、求人は見つけやすいと言えます。  

 

4.工場の管理薬剤師求人の探し方

工場 管理薬剤師 求人 探し方

管理薬剤師の求人の中でも、工場の管理薬剤師求人は比較的少なく、自分で工場管理薬剤師の求人を探すのは、困難になっています。では、どのようにして、工場の管理薬剤師求人を探せば良いのでしょうか。

 

製薬・食品製造会社の管理薬剤師求人を探す

工場の管理薬剤師求人を探す際に、「工場・管理薬剤師・求人」を探してもなかなか見つからないのが現状です。その理由としては、もともと採用枠が少ないと言うこともありますが、採用側が工場の管理薬剤師として求人を出していない場合が多いからです。  

 

採用してから工場に配属される

管理薬剤師が働く工場の多くは、製薬会社や食品製造会社、化粧品製造会社などの会社です。そのような会社では、会社の管理薬剤師として求人を出していることが多く、採用してから工場に配属という形をとっていることが多いのです。そのため、工場の管理薬剤師で探してもなかなか求人が見つからなくなっています。工場の管理薬剤師求人を探す際には、まず製薬・食品製造会社の管理薬剤師求人をチェックしてみましょう。

 

薬剤師転職サイトを活用する

工場の管理薬剤師求人を自分で探そうと思っても、もともと求人数が少ないため、なかなか見つからないのが現状です。そのため、転職先を探すのであれば、薬剤師転職サイトがオススメです。薬剤師転職サイトでは、担当のコンサルタントが、薬剤師に代わって求人を探してくれるため、求人探しの手間を省くことができます。  

 

まとめ:工場管理薬剤師は求人選びが重要!

工場管理薬剤師 求人 重要 工場の管理薬剤師の仕事は、求人先によって仕事内容や給与に大きく差が出てくるため、求人選びがとても重要です。 ですが、工場の管理薬剤師の求人は、もともと採用枠が少なく、また製薬会社や食品製造会社の管理薬剤師として採用された後に配属されたりと、求人探しを自分ですると、多くの求人を集めるのは難しくなっています。 そのため、工場の管理薬剤師の求人を探す際には薬剤師転職サイトなどを活用して、薬剤師転職のプロであるコンサルタントに依頼するのが一番効率が良く、オススメです。

 

関連ページ

薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

厚生労働省からまだ承認されていない新薬の開発に関わることができる薬事申請のお仕事をしたい場合には […]

続きを見る
空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職時の注意点について3つのポイントからご紹介していきます。空港での薬剤師求 […]

続きを見る
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおい […]

続きを見る
管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。 […]

続きを見る
薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

女性の社会進出が進む中、日本では生活に合わせた様々な働き方が選択できるようになっています。そんな […]

続きを見る
公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が治験業界へ転職するパターンとしては、治験コーディネーター(CRC)の他に臨床開発モニター […]

続きを見る
パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

医療系の専門職というのはかなり人気があります。今は先行きに不安がある時代になっていて、仕事を探すに […]

続きを見る
薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職を考えている時に必ず見るのは求人条件だと思います。転職理由によって新しい転職先の希望 […]

続きを見る
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト