最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

転職活動というのは体力的にも精神的にも大きな負担になり、また長引けば長引くほど、経済的にも苦しくなってしまいます。そのため、薬剤師に限ったことではなく、転職を考える多くの人が、できることならできるだけ早く転職活動を終わらせたいと思っています。

しかし、短期間で転職活動を終わらせるためには、いくつか考えておきたいことがあります。そこでここでは、転職活動を短期間で終わらせることのメリットと薬剤師が最短1週間で転職を行う方法について説明しています。

1.そもそも薬剤師の転職期間ってどのくらい?

そもそも薬剤師の転職期間ってどのくらい?

そもそも、一般的な薬剤師の転職期間とはどのくらいなのでしょうか。現役薬剤師100名に行った「あなた(薬剤師)の転職活動期間はどれくらいですか?」という問いのアンケート調査結果からご紹介していきます。

 

薬剤師の転職活動期間は1ヶ月~2ヶ月

転職を行った薬剤師100名中39人つまり39%は、転職にかかった期間を1ヶ月と答えています。また、19%が2ヶ月と答えています。このことから、薬剤師の平均的な転職活動期間としては、約1ヶ月〜2ヶ月が適当であると考えられます。

 

転職活動に半年以上かける薬剤師

転職活動を早く終わらせたいと考える人が多いことは、間違えないのですが、中には転職活動に半年以上かける薬剤師の方もいます。上記でご紹介したアンケートでは、100名中18名の方が転職活動に半年以上かけると答えています。

また、その理由として多く見られたのが、「希望の職場を探すのに慎重になった」という意見です。転職というのは、人生の大きなターニングポイントであるため、時間をじっくりかけて探すという人もいるのが現状です。

 

 

2.転職活動期間を短期間で終わらせるメリット

転職活動期間を短期間で終わらせるメリット

転職活動期間を、ズルズルと長引かせてしまうと、その分、精神的にも体力的にも負担がかかります。そのため、転職活動はできるだけ早く終わらせることをお勧めします。

 

転職活動の期間分、スキルを上げることができる

転職活動の期間が1ヶ月や2ヶ月ではあまり変わりませんが、それ以上長引いてしまうと、その分、自分がこれまで培ってきたスキルが衰えてしまう可能性があります。

もちろん働きながらの転職活動であれば話は別ですが、一旦、退職してからの転職活動になると転職活動期間が長引くほど、現場と離れることになりますので、その分、スキルが衰える可能性があります。

また、スキルアップを考える薬剤師の方にとっては、転職期間を短くすることで、その分早くスキルアップさせる時ことができます。

 

自分や家族の負担を軽くすることができる

転職活動は転職活動をしている本人はもちろんですが、その家族にとっても負担がかかります。特に家庭のある薬剤師の場合、経済的な面で家族に負担がかかる可能性が高く、場合によっては生活にも影響が出てくる場合があります。

そのため、転職活動の期間を短くすることで、自分にとっても家族にとっても負担を減らすことができます。

 

 

3.短期間の転職活動でも失敗しないための知識

短期間の転職活動でも失敗しないための知識

転職活動を最短で終わらせ、尚且つ、希望の求人に転職するためにも、まず、自分の希望を明確化させる必要があります。また、薬剤師の職場は、調剤薬局や病院だけでなくドラッグストアやMRなども挙げられます。

ここでは、短期間の転職活動でも失敗しない職場の選び方をご紹介しています。

 

まずは自分の希望を明確化させる

転職して薬剤師として働く場合に考えなければならないのが、年収アップのために転職するのか・希望する仕事内容で働くために転職するのか、育児や家事などの合間に働きたいからなのか、など希望とすることを明確化することです。

 

年収を重視する方の場合はドラッグストアや製薬会社がオススメ

調剤薬局で薬剤師として働く場合の年収は400万から500万円ほどです。管理薬剤師となると年収600万円ほどになります。

病院勤務の場合はそれと同程度か低い傾向にあり、ドラッグストアであれば年収400万から700万円、製薬会社に勤務すると年収1000万円を超えるのも夢ではありません。

 

時短勤務を希望する場合は薬局がオススメ

ドラッグストアの場合には収入の面では満足がいくでしょうが、薬剤師以外の仕事もこなさなければなりません。ですが薬局は店舗数が多いことからシフトに融通を利かせてくれる場合が多いそうです。

だだし最近はスーパーと変わらないような品揃えのドラッグストアが増えてきており、商品の在庫管理やレジ打ち・お客様対応や場合によってはクレーム処理などスーパーの店員と同じような仕事内容となってきており、やりがいの面では他に引けをとるでしょう。

 

やりがいを重視する方の場合は病院がオススメ

病院での仕事となると夜勤がある可能性も高いですし大きな病院ほどかなり忙しい業務内容となるでしょう。しかしながら患者さんは重病の方も多く調剤ミスなど許されません。

薬剤師の場合、調剤ミスを起こしても資格の剥奪はなく、せいぜい数ヶ月から一年程度の資格停止を受けるだけとはいえ、大変なことです。それでいて給料は安い可能性も高いのです。

ですが病院勤務は、他ではできない貴重な体験ができることや。大きい病気を患っている患者様の病気を治す手助けをすることでやりがいを感じやすいと思われます。

 

薬剤師が働く職場の将来性

薬剤師の将来は今ほど良いものでは無くなっていくと思われます。薬剤師の主な転職先として、病院、調剤薬局、ドラッグストア、MRが挙げられます。

それぞれの職の薬剤師需要はどういったものでしょうか。以下これらの職業の将来性についても考えておく必要があります。

 

大学病院や民間の病院の場合

病院での薬剤師の業務は多岐にわたり、最近では病棟薬剤師が盛んなので、一見仕事が増えて、やりがいや給料についても期待できると思われそうです。よく考えてみましょう。

病院の収入は保健医療制度によって成り立っています。これは、病院の収入が厚生労働省の政策に依存していることを意味します。これから高齢化社会です。病院にかかる患者数はこれから増えていくでしょう。

その一方で、医療費の増大が社会問題化しています。この2つの事実から考えられることは、患者1人当たりの保険料収入あるいは提供サービスの単価は確実に下がるということです。

 

薬剤師が調剤薬局の場合

調剤薬局に関しても、保険料収入に依存している社会的背景から、将来性は病院勤務と同様であることは容易に推察できます。

どのような形で単価が低下するかについては、病院薬剤師とは異なるかもしれませんが、より多くの業務を行って、より少ない収入になることはほぼ確実でしょう。

 

ドラッグストアの将来性

ドラッグストアは、すでに「薬剤師にとっては」深刻な状態です。登録販売士制度が創設されたことです。大手チェーン店においては登録販売士を大量に導入することでコストのかかる薬剤師の人員カットに成功しております。

ただ希望が全くないわけではありません。厚生労働省の政策として、消費者が実費で購入するOTC医薬品を推進し始めており、これらの商品の売上が上がっていくことが期待できます。

ドラッグストアにおいては、プラスとマイナスの要因が入り混じっており、将来性の見通しは立ちにくいものかと思われます

 

MRの将来性

厚生労働省は診療報酬や調剤報酬よりも先に、薬価を引き下げる政策をとっております。これは、新設された売上高の高い医薬品について、薬価を大きく引き下げるという制度からもその意図が見て取れます。

このようなことから売上高が上がって、売上利益はそれほど上がらないか、または下がるというのが自然です。しかし、接待の禁止など労働環境が非常に改善されており、この点はさらに良くなるのではないでしょうか。

まだ、ブラックな診療所も存在しますが未来は明るいでしょう。

 

在宅訪問勤務薬剤師の将来性

人とのつながりを深めたいというのであれば在宅訪問というのも近年始まっています。これは高齢者など病院まで来るのが困難な患者さんのために薬剤師が自宅に訪問して服薬指導など行なうものです。

一人ひとりの患者さんにじっくり向き合うことができるでしょう。現在日本は高齢化社会ですので、需要は高まると考えられます。

 

 

4.最短1週間で転職するためのスケジュールとは?

最短1週間で転職するためのスケジュールとは?

家庭の事情や会社の都合で、急遽転職をしなければならなくなった際など、できるだけ早く転職したい薬剤師にお勧めしたい転職方法が、薬剤師転職サイトの利用です。

ここでは、薬剤師転職サイトを使用して最短1週間で転職するためのスケジュールをご紹介します。

 

1.まずは薬剤師転職サイトへ登録しよう(1日目)

最短1週間で転職を行うためには、まず薬剤師転職サイトの登録を行うことからはじまります。登録の仕方としては、自分の希望条件の求人を取り扱ってそうな薬剤師転職サイトを選択し、そのサイト内の登録ページから登録をします。

登録と言っても、料金は一切かかりません。また、登録する内容としても自分の大まかな職歴と希望条件など簡単なものになっているため、1分ほどで終わります。

 

2.登録した転職サイトから連絡が来る(1日目~3日目)

転職サイトに登録すると早くてその日のうちに、遅くても2~3日後に、担当のコンサルタントから連絡がきます。そこで、登録した内容をもとに、コンサルタントがさらに細かいヒアリングを行います。

ここで、できるだけ早く転職したい旨を伝えると良いでしょう。

 

3.コンサルタントから希望求人が紹介される(3日目~4日目)

希望条件のヒヤリングが終わると、次にコンサルタントの方から、その希望に沿った求人を紹介されます。その紹介してもらった求人に希望の求人があれば、その旨を伝え、なければ条件を変更したりして、求人を再び探してもらいます。

そして、希望求人が見つかり次第、面接の日程を決めます。もちろん、希望の求人が幾つかある場合は、複数応募を行うことが可能です。

 

4.書類選考と面接(4日目~6日目)

希望求人が決まったら、すぐに書類選考と面接日程が組まれます。そのため、自分の都合がよければ、応募する求人を決めてた翌日には面接を行うことができます。また、書類選考や面接に関しては、履歴書の書き方をコンサルタントがアドバイスしてくれたり、中には面接に同行して、給与などの自分では言いづらいことを交渉してもらえる転職サイトもあります。

また、最短で転職を行うため、1日に2社~3社ほどまとめて面接を受ける場合が多くなっています。

 

5.内定の連絡(7日目)

面接が終わると、早ければその日に、遅くても2~3日後には面接結果がコンサルタントから連絡されることになっています。

そのため、内定がもらえれば約1週間で転職活動を終わらせることが可能です。

 

まとめ

自分一人で希望条件の求人に最短1週間で転職活動を行うのは、現実的にはかなり厳しくなっています。

しかし、インターネットが普及している今日では、薬剤師専用の転職サイトを活用することで、1週間という短い期間での転職が可能になっています。

そのため、できるだけ早く転職したいと考えるのであれば、薬剤師転職サイトに登録されることをお勧めします。また、転職期間を短くすることも大切ですが、転職する理由を明確に持っておくことも重要です。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目

薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目

雇用問題が叫ばれる昨今、元々正規雇用社員としてしか働くことができなかった薬剤師も2000年に改正 […]

続きを見る
ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

薬剤師の69%が女性といわれるほど、薬剤師は女性の割合が高くなっています。 そのため、薬剤師の中に […]

続きを見る
薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイトの真実を記載していきます。このページを通じて確認していただきたいことは以下の通り […]

続きを見る
企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト・転職斡旋会社を比較しているページです。まず、企業薬剤師とし […]

続きを見る
転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

薬剤師が転職を考える上でブラック調剤薬局に進んで転職する方はいないと思います。もし、ブラック調剤 […]

続きを見る
薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師として転職を考えた場合には、まずは自分の条件に合った求人を探す必要があります。 このページで […]

続きを見る
臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

薬剤師が転職する臨床開発モニター(CRA)とは、治験を実施している医療機関等へ訪問することから始 […]

続きを見る
薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師の勤務形態は、正社員や派遣社員だけでなくアルバイトやパートもあります。 近年は、育児や家庭の […]

続きを見る
薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

誰でも転職はうまく成功したいと思います。そのため、このページでは薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣 […]

続きを見る
薬剤師の働く職場一覧の労働環境と仕事内容

薬剤師の働く職場一覧の労働環境と仕事内容

薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・大学病院・民間病院・製薬会社などに就職、転職して働くことができ […]

続きを見る
薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント
薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト