薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師として転職を考えた場合には、まずは自分の条件に合った求人を探す必要があります。

このページでは薬剤師転職求人の探し方を4つご紹介し、良い点・悪い点を掲載しているので、自分に合った求人の探し方を見つけましょう。

 

1.チラシや求人誌で薬剤師求人を探す

チラシや求人誌で薬剤師求人を探す

インターネットの普及により、求人誌やチラシで薬剤師の求人を探すことが減ってきました。

ただ、ネットよりは紙媒体を好む人も多く、薬剤師の求人を雑誌やチラシで探す上でメリット・デメリットや注意点を3つのポイントに絞って紹介しています。

 

(1):求人誌やチラシで薬剤師求人を探すメリット

求人誌やチラシを使って薬剤師求人を探すメリットには、それまで知らなかった職場からの求人と出会える可能性があり、意外な所に薬剤師のニーズがあることを知ることができるというものがあります。

パソコンがなくても仕事探しができますし、求人誌やチラシをバッグに入れておけば、いつでもどこでも時間を見つけてマイペースで仕事探しができるのもメリットです。

 

電話一本で面接まで行える

求人誌やチラシで仕事を見つけた場合には、電話一本ですぐに面接の予約を入れることができます。

ハローワークや薬剤師求人サイトの場合には、最初に自分の個人情報を記入した上で仕事を紹介してもらうことができるのに対し、求人誌やチラシの場合には気軽に応募しやすいという点もメリットです。

ポイント!

条件や希望によって仕事を絞り込むという探し方ではなく、一つ一つの仕事を見ながら好きかどうかを判断できるので、探している中で新たな発見ができたり、それまでは興味がなかった仕事でも関心を持つこともあります

 

(2):求人誌やチラシで薬剤師求人を探すデメリット

求人誌やチラシを利用した薬剤師求人探しの場合、求人誌がなければ仕事を探すことができないので、雑誌購入のために費用がかかるというデメリットがあります。

郵便ポストに投函されるチラシなどは費用は掛かりませんが、必ずしも自分が仕事探しをしている時にタイミングよく求人チラシが入るわけではないため、冊子としてまとまっている求人誌を購入したほうが確実に仕事を見つけられる手段となります。

 

求人が見つかるまで購入する必要あり

発売の頻度や価格は雑誌ごとに異なりますが、その時によって取り扱っている求人内容が異なるため、気に入った仕事が見つからない場合には複数回購入することになり、費用がかさむという点もデメリットです。

ポイント!

タイミングによってはあまり気に入った求人が掲載されていないこともあります。根気よくマイペースで仕事探しをしなければいけないため、今すぐに条件が良い職場へ転職したいという人には向いていないのも、この方法で薬剤師求人を探すデメリットと言えます。

 

(3):求人誌やチラシで薬剤師求人を探す注意点

求人誌やチラシを使って薬剤師求人を探す場合には、限られた求人数の中から自分の希望や条件にできるだけ近いものを選び、妥協する姿勢が必要です。

勤務時間や給料、待遇など一切妥協したくないというのでは、良い求人を見逃してしまう可能性がありますし、完璧な求人を見つけることは難しいので時間ばかりがかかってしまうことも考えられます。パーフェクトな仕事探しではなく、与えられた求人の中から自分が満足できる仕事を見つけることを心がけましょう。

 

パソコンやスマホを使い慣れている人は不向き

パソコンを使い慣れている人にとっては、求人誌やチラシを使った仕事探しは少し面倒に感じるかもしれません。パソコンでは、条件検索をすれば多種多様な仕事の中から自分の条件を満たす仕事のみを絞り込むことができますが、紙ベースの仕事探しをする際には、気に入った仕事を見失わないようハイライトするなど工夫して求人チェックをすると良いでしょう。そ

ポイント!

面接に行くたびに履歴書が必要になりますから、履歴書は少し大目に購入しておくことも大切です。

 

2.自分で直接行きたい薬剤師求人を探す

自分で直接行きたい薬剤師求人を探す

ハローワークや雑誌、また薬剤師専用の求人サイトなど、様々な方法で薬剤師求人を探すことが出来ます。

ここでは、自分で公的機関や民間企業などの求人斡旋会社に頼らず、自身で薬剤師求人を探す際のメリット・デメリットについてご紹介しています。結論から言いますと、自分で探す方が効率が悪いため、インターネットや薬剤師専用の求人サイトを積極的に活用し、情報収集を行った方が、転職成功の確率がぐっと上がります。

 

(1):自分で薬剤師求人を探すメリット

自分で薬剤師求人を探す場合、自分の足を使って薬局やドラッグストア、企業に貼り出されている求人募集を見つけるので、自宅から通いやすいロケーションで仕事が見つかるというメリットがあります。

 

小規模な調剤薬局などの求人が見つかりやすい

小規模な調剤薬局などの求人は局内に求人募集が出されていることが多く、ネットで探してもなかなか見つからないということもあります。家庭や育児と両立して働きたい人にとっては、自宅から通いやすいロケーションで仕事探しをすることは大きなメリットがあると言えます。

 

納得できる職場を妥協せず探しやすい

自分で探すことによって、納得できる職場を見つけるまで妥協せずに求人探しができることもメリットと言えるでしょう。

ポイント!

ハローワークや薬剤師求人サイトなどを利用した場合には、なかなか希望に合う仕事がないと焦ってしまったり、早く見つけたくて条件や待遇面で妥協してしまうこともありますが、自分で探すことによって他人と比較しない仕事探しができるので、時間や手間はかかりますが納得のいく仕事を見つけることができます。

 

(2):自分で薬剤師求人を探すデメリット

自分で薬剤師求人を探すデメリットは、なんといっても時間や手間、労力がかかることです。

ネットの薬剤師求人サイトやハローワークなどでは、1つの場所にたくさんの求人が凝縮されているので、豊富な選択肢の中から自分の希望や条件に合った仕事を見つけることができますが、自分で探す場合には、すぐそばに条件が良い仕事があっても、自分で見つけることができなければその求人を知ることすらできません。

 

効率よく転職求人を探すのは難しい

自宅から足を運びやすいロケーションで働けるというメリットはありますが、働きながら転職活動をしている人や、効率的に少しでも良い条件の仕事を見つけたいという人にとっては、このデメリットはかなりのマイナス要因となってしまいます。

ポイント!

働く場所はどうしても自宅のそばが良いという人や、条件や待遇を妥協してもマイペースで仕事探しがしたいという人なら、自分で薬剤師求人を探す方法がおすすめですが、今すぐに転職したいという人なら、ハローワークや薬剤師求人サイトを利用する方法が効率的です。

 

(3):自分で薬剤師求人を探す注意点

自分で薬剤師求人を探す場合には、働きたいなと思っている職場で常に求人募集が出されているわけではないので、焦らず気長に仕事探しをする必要があります。

どうしてもお気に入りの職場があり、そこで仕事をしたいという場合には、採用担当者と話をすることもできますが、小規模の職場だと離職率がとても低かったり、離職する場合でも知り合いを紹介することで空きを埋めることも多いので、求人が出される可能性はなかなか低いものです。

頻繁に求人をチェックしたほうが良いでしょう。

 

アットホーム=人間関係に注意!

自分で探せるような薬剤師求人は小規模な職場が多く、キャリアアップと言うよりは、アットホームな雰囲気で働ける場所が多くなります。

従業員の数が少ない職場では、他の人達とうまくやっていけるかどうかといった人間関係が働きやすさに大きく影響しますから、薬剤師としての能力だけでなく、人付き合いに関しても能力が求められます。

ポイント!

転職で失敗しないためには、知り合いなどから求人情報を素早く入手できるようにアンテナを張り巡らせておきましょう。

 

3.ハローワークで薬剤師求人を探す

ハローワークで薬剤師求人を探す

薬剤師の資格を保有していれば、ハローワークでも薬剤師の求人は見つかりますが、ハローワークの雰囲気も求人の質も含めてかなり地域差があります。基本的にはあまりお勧めが出来ないのが現状です。

 

(1):ハローワークで薬剤師求人を探すメリット

ハローワークは、地域に密着している求人を取り扱っている職業斡旋所です。そのため、ネットでは紹介されていないような規模の小さな企業や薬局からの求人も取り扱っているので、自宅から通いやすいロケーションで仕事探しができるといったメリットがあります。

 

地域密着型の薬剤師求人が見つかる

最近では、ハローワークでもオンラインサービスを使って求人募集を閲覧することができますから、自宅で仕事を探して、気に入った仕事が見つかってからハローワークへ足を運んで仕事を紹介してもらうことも可能です。

地域密着型のお仕事が多いので、実際に利用したことがある企業や薬局からの求人も見つけることができますし、入職前にその職場の雰囲気などが知りやすいという点も、ハローワークを利用した仕事探しのメリットと言えます。

ポイント!

初めての転職で履歴書や職務経歴書の書き方が分からなかったり、面接の方法が分からない人の場合には、地域によって自己分析サービスやセミナーなどを無料で受けることができるメリットもあります。
心の準備をしっかりした上で仕事探しができることは、大きな安心感につながります。

 

(2):ハローワークで薬剤師求人を探すデメリット

ハローワークで薬剤師求人を探すデメリットは、紹介されている求人の数が少ないという点が挙げられます。地域密着型の仕事が多いハローワークは、それぞれの管轄地域以外の仕事は取り扱っていないことが多く、十分に通勤可能なエリアでも管轄外の仕事は見つけることができません。

それぞれのハローワークごとに取り扱っている求人が大きく異なるため、たくさんの選択肢の中から仕事を選びたい場合には、いくつものハローワークを足で回る必要があります

 

混雑していると必要に時間がかかる

ハローワークで仕事を紹介してもらう際には、直接ハローワークのカウンターから紹介してもらわなければいけません。混雑していると、カウンターの担当者と話をするまでに時間がかかることも多く、駐車場が満車だったりというケースも多いです。

ポイント!

薬剤師求人サイトを利用すると時給などの条件については専任のコンサルタントが交渉してくれることになりますが、ハローワークの場合にはそれは一切できません。その点も、ハローワークを利用した仕事探しのデメリットと言えます。

 

(3):ハローワークで薬剤師求人を探す注意点

ハローワークで薬剤師求人を探す場合には、できるだけたくさんの求人を比較検討しながら仕事探しをすることをおすすめします。一つのハローワークだけではなく、できれば近隣のハローワークにも足を伸ばして複数の仕事を比較したほうが、より自分の条件や希望に合った仕事が見つけやすくなります。

 

求人情報はハローワークだけに頼らない

ハローワークでは一般公開されている求人のみを取り扱っているので、待遇や給料の良いお仕事や人気のロケーションで働く求人はなかなか見つけにくくなってしまうため、できるだけ多くの選択肢の中から自分にピッタリの仕事を見つけたい場合には、ハローワークだけでなく薬剤師求人サイトなども併用しながら仕事探しをすると良いでしょう。

 

ハローワークは職場の情報が薄い

ハローワークの求人募集には、あまり詳細な求人情報の内容が記載されていることは少ないものです。

そのため、実際に面接に行く場合には知りたい内容をメモ書きしておき、面接の時に担当者に直接質問するなどの工夫が必要となります。

ポイント!

毎日の勤務時間や休暇、時給や残業などについての情報は入職前に知っておいた方が良いですから、遠慮せずに聞くようにしましょう。

 

4.薬剤師専用の転職求人サイトで探す

薬剤師専用の転職求人サイトで探す

薬剤師の転職を考えたときに、転職エージェントを思い浮かべる方も多いと思いますが、薬剤師には、薬剤師専用の求人サイトが存在し、薬剤師の4人に1人が転職サイトを利用しています。

薬剤師が転職サイトを利用するメリット・デメリットや注意点を紹介しています。

 

(1):薬剤師転職サイト登録前に!初めて利用する場合の注意点

薬剤師転職サイトを初めて利用する薬剤師の方へ、利用する詳細方法と注意点をご紹介しています。

初めての薬剤師転職の場合や、初めて転職サイトを利用する場合はチェックしてみてください。

そもそも「薬剤師転職サイトって」何?

「薬剤師転職サイト」と多くインターネットで呼ばれているものは、薬剤師専用(薬剤師に特化した)の転職サイトのこをいいます。当たり前ですが、一般企業(民間の企業)が運営しております。

薬剤師専用の転職サイトは、通常の会社員が利用する転職サイトと違い、以下のような違いがあります。

  • 転職求人は掲載しているものの、会員登録方式
  • 基本的に、転職斡旋まで完全無料で利用できる
  • 専任の担当者(エージェント・キャリアアドバイザー等)がつく

上記のような違いがあります。

普通会社員の転職であれば、自分で探してエントリーを行う、検索型エントリー方式や、担当者が専任でつくエージェント型がありますが、基本的に薬剤師転職サイトは、100%エージェントが担当者としてつきます。

そのため、薬剤師求人は検索できるものの、応募しようと思うと、会員登録が必ず必要になってくるわけです。

 

転職エージェントが行うことは何があるの?

薬剤師転職サイトのエージェントは基本的に以下のようなサービスを行います。(基本的というのは会社によって多少サービスが異なるためです)

  • 希望条件等のヒアリング
  • 転職時期の確認・不安の解消
  • 条件に合う求人の提案
  • 履歴書の添削や面接対策等
  • 各種アポイントの設定
  • 面接の同行や見学設定やつきそい
  • 内定後の書類や準備物の指示
  • 在職中の職場への退職相談等
  • 転職後の定期的フォローや確認

上記のようなサービスが一般的となります。もちろん、面接の同行や見学の付き添いなどはない場合もありますが、担当者が近くにいる場合は、同行はしてくれるでしょう。

 

転職エージェントはなぜサービスが手厚いのか

薬剤師などの専門職の場合は特に、転職エージェントは手厚いフォローをしてくれます。それは、「転職斡旋時に年収の少なくとも25%以上を雇用側に請求するから」です。

特に、昨今薬剤師の数は足りていない状態なので、転職斡旋時の紹介料は上がっていきます。(額面年収500万なら最低でも125万円ということになる。)

 

担当につくことで、転職成功率を上げるため

担当者となることで、転職の後押しをして転職成功率を上げるために存在します。この時の転職成功率とは、受かる確率(内定率)を上げる場合もありますが、主に薬剤師の場合に関しては、迷っている転職者を後押しするために存在する場合が多いです。

つまり、薬剤師転職サイトに登録をすると、転職を進められる傾向が高いため、自分の意思で断るときは断る、決断するときは決断する。という心構えが大事になってきます。

 

 

(2):良い薬剤師転職サイトの条件とは

今までの内容を踏まえた上で、良い薬剤師転職サイトの条件とはどのようなものでしょうか。

  • 希望条件に合う求人を多く保有していること
  • 担当エージェントが時間を厳守できること
  • 担当者が強引ではないこと
  • 担当者に薬剤師の仕事の知識があること
  • 担当者に転職のノウハウや経験値が高いこと

お気づきかと思いますが良い転職サイトの条件としては、ほとんどが担当者の良しあしで決まってきます。そのため、どんなに希望条件に合った求人が存在したとしても、面接の時間設定をミスしたり、内定のやり取りをミスしたら元も子もありません。

そのため、各社担当エージェントの育成に力を入れていますが、小さな会社の場合は教育まで行き届いていない場合がありますし、大手転職会社の場合はブランド力にかられてなあなあになっているケースがあるので、一概に大手が良い、中小の転職会社が良いとは言えません。

だからこそ、初めて薬剤師転職サイトを利用する場合は、2社から3社程度登録をして、自分の目で良し悪しを確かめなければならないということです。では次に、悪い薬剤師転職サイトの条件を見ていきましょう。

 

(3):悪い薬剤師転職サイトの条件とは

悪い転職斡旋会社はここまでか・・・と思うぐらい悪い場合もあるので、注意しましょう。

  • 求人数が極端に少ない
  • 担当外の求人は募集していないとウソをつく
  • 担当者が時間にルーズである
  • 担当者のメール・電話での攻撃力が半端ない
  • 必要以上に転職をごり押ししてくる
  • 癒着があると思われる勤務先を押してくる
  • 希望条件とは全く違う求人しか紹介しない

薬剤師転職サイトはそもそも、薬剤師登録をしている方のみ利用するので、転職利用者は少ないといえますが、全国に約50社以上は存在しています。また、利用者が他の転職ジャンルに比べて少ないので、クレームが顕在化していません。

そのため、当サイトでも集まる口コミにはクレームは少なくなっていますが、悪徳な転職会社も存在するので、必ず自分で確認をして決めることが大事です。

 

悪い薬剤師転職サイトに当たった場合の対処法

もし、悪い薬剤師転職サイトにあったった場合の対処方法ですが、以下の方法が上げられます。

  • しっかりと断り、転職は辞めたと伝える
  • 担当者を変更してもらう
  • クレームを伝えるのは最小限にとどめる
  • 感情的には決してならない淡々と断る

薬剤師転職サイトに登録した薬剤師の方すべてですが、個人の情報を渡していることになります。そのため、運悪く悪い転職会社に当たってしまった場合に関しては誠実に対応することが一番重要です。

そのため、大手で有名が転職会社が選ばれる理由も良くわかりますね。

 

(4):薬剤師転職会社を初めて使うときの注意点

最後にはなりますが、薬剤師転職サイト(会社)を使う場合は以下のことに注意をしましょう。

  • 2社から3社ほど自分で登録して利用し、比較してみる
  • 大手転職会社は1社以上は利用してみる
  • 悪いと思ったら誠実に断る
  • 担当者と自分の相性を確かめる
  • 提案される求人情報を比較する

並べてみると当たり前のことですが、初めて薬剤師転職サイトを利用する場合は比較から始まります。そのため、1社しか利用しなければ比較することもできませんし、転職に迷いが出てきます

知らないことはまず自分で利用して、比較するという精神が薬剤師転職には必須といえます。

 

(5):薬剤師求人サイトを利用するメリット

薬剤師求人サイトを活用するメリットはたくさんあります。まず、ハローワークなどの斡旋所では公開求人しか見つけることができませんが、薬剤師求人サイトを利用すると、人気がある職場や職種、高待遇のお仕事などが多い非公開求人も探すことができるので、より良い条件で転職先を見つけることが可能になります。

 

効率的な職場探しが可能

自分が希望する条件によって求人を検索すれば、時間をかけずに探している条件に合った仕事を素早く見つけることが可能です。

ロケーションや地域別に検索できたり、場合によっては路線別や給料、待遇などで仕事を検索できるので、仕事をしながら転職活動をしている忙しい人にとっては、効率的な仕事探しができます。

薬剤師求人サイトを利用すると、専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれるので、分からないことや疑問点はコンサルタントに質問しながら仕事探しができるのも大きなメリットと言えます。初めての転職活動をする人にとって、大きな安心感につながります

 

(6):薬剤師求人サイトを利用するデメリット

薬剤師求人サイトを利用して仕事探しを行うデメリットには、ヘッドハンティングによって引き抜かれるような上級職や、超高額年収の仕事は見つけることが難しいという点が挙げられます。

一般的に、薬剤師の資格を取得してから数年でキャリアアップを目指して転職を考える人や、結婚や出産、引っ越しなどライフステージが変わったことで転職先を探す人が多く、薬剤師求人サイトではそうした人たちをメインのターゲットとして求人を紹介しています。

 

企業の良い点のみのアピールになる

薬剤師求人サイトは、企業側が多くの求職者に応募してもらうべく、企業の良い点しかアピールしていないというのもデメリットと言えるでしょう。

実際に入職しなければその職場の雰囲気は分からないことが多く、場合によっては待遇だけで仕事を決めてしまうと後悔することになりかねません。ただし、薬剤師求人サイトを選ぶ際に専任のコンサルタントがいて頼れるサイトを選ぶことで、このデメリットは回避できます。

 

(7):薬剤師求人サイトの注意点

全国に50以上存在すると言われている薬剤師求人サイトを選ぶ際には、いくつかの点に注意しましょう。

まず、サイトごとに取り扱っている地域が異なるので、自分が仕事探しをしている地域の求人が充実したサイトを選んだほうが、満足度の高い仕事が見つかりやすくなります。Iターン転職やUターン転職など、遠方への転職を希望する場合は特に、たくさんの求人を比較することで、その土地の相場や求人の傾向を知ることができます。

 

専任の担当者が転職成功の鍵!

薬剤師求人サイトに登録すると、専任のコンサルタントが担当してくれます。このコンサルタントとの相性も、薬剤師求人サイトを活用しての仕事探しではとても大切なポイントとなります。

連絡事項が丁寧で迅速、それでいて客観的にプロのアドバイスができるコンサルタントを見つけることが、時間をかけずに転職が成功しやすいコツと言えるでしょう。

相性が悪いなと感じたら、専任のコンサルタントを変更してもらうことは可能です。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

初めて転職する薬剤師求人の上手な探し方7つの方法

初めて転職する薬剤師求人の上手な探し方7つの方法

初めて転職をする薬剤師の方が転職をしようと考えた際の求人選びで悩む薬剤師が多いです。なぜかという […]

続きを見る
ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

薬剤師の69%が女性といわれるほど、薬剤師は女性の割合が高くなっています。 そのため、薬剤師の中に […]

続きを見る
薬剤師転職サイト | 転職サイトは大手で選ぶべき理由

薬剤師転職サイト | 転職サイトは大手で選ぶべき理由

薬剤師として転職を希望する場合には、まずは転職先の求人の確保を一番に考える薬剤師が多いでしょう。 […]

続きを見る
コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

企業で働く薬剤師の仕事の1つに製薬会社でのDI業務(Drug Information)と呼ばれる […]

続きを見る
企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト・転職斡旋会社を比較しているページです。まず、企業薬剤師とし […]

続きを見る
薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

誰でも転職はうまく成功したいと思います。そのため、このページでは薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣 […]

続きを見る
薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント

薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント

薬剤師に限ったことではなく、転職というのは、誰にとっても人生の重要なターニングポイントになるもので […]

続きを見る
調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。保育士で転職をお考 […]

続きを見る
臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

薬剤師が転職する臨床開発モニター(CRA)とは、治験を実施している医療機関等へ訪問することから始 […]

続きを見る
最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

転職活動というのは体力的にも精神的にも大きな負担になり、また長引けば長引くほど、経済的にも苦しくな […]

続きを見る
薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目
臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト