ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

ママ薬剤師の転職・復職!オススメの職場と働き方

薬剤師の69%が女性といわれるほど、薬剤師は女性の割合が高くなっています。そのため、薬剤師の中には、育児をしながら薬剤師として働くママ薬剤師も多くなっています。

ですが、薬剤師という仕事は、職場によってはとてもハードで育児と家庭を両立するのが難しいというのも現実です。

そこで、今回はそんなママ薬剤師にオススメの職場と働き方をご紹介します。転職や復職をお考えのママ薬剤師の方は参考にしてみてください。

 

1.ママ薬剤師にオススメの職場

ママ薬剤師にオススメの職場

ママ薬剤師が子育てと仕事を両立させることができる職場とはどのような職場でしょうか。

 

ママ薬剤師の多い職場

ママ薬剤師の多い職場だと、子供の急な病気などに対しても理解してもらえる場合が多くなっています。また、同じ境遇にある薬剤師が多いということで、育児以外のところでも共感してもらえるため、ママ薬剤師にとって働きやすいと言えます。

薬剤師の職場は、どうしても少人数のところが多くなっていますので、ママ薬剤師が働くのであれば、事前に子供の発熱の際の対応についても相談しておくと良いでしょう。

 

産休・育児制度の整っている職場

産休や育児制度というのは、どこの職場でもあると思いますが、大事なのはその中身です。会社によって、もらえる期間や日数が変わってきます。また、育児制度についても、各職場で充実している職場とそうでない職場に分かれます。

充実している職場では、子供の急な発熱などに取ることのできる看護休暇や時短制度のある職場もあります。

 

時短制度はママ薬剤師の見方

ママ薬剤師に人気の育児制度が時短制度です。時短制度とは、例えば、通常の勤務時間が9:00~18:00の職場で、勤務時間を9:00~16:00時までなどに2時間ほど短くするというものです。

時間を短くすることで、ママ薬剤師が子供を17時までに保育園や幼稚園などに迎えに行けるようになります。こう言った時短制度は、家庭と仕事を両立でき、ママ薬剤師の強い味方となっています。

 

男女ともに育児休業取得率が高い職場

育児制度が整っていても、その取得率が低ければ、ただの飾りとしか言いようがありません。そのため、職場を選ぶ際には、取得率についても事前に調べておきましょう。

大手企業であれば、インターネットに社員の口コミなどが紹介されていたり、もし、調べるのが難しいという方は、薬剤師転職サイトを活用して、コンサルタントに調べてもらいましょう。

また、調べる際には、女性だけでなく男女ともに取得率が多い職場を選ぶようにするとより良い職場を見つけることができます。

 

出産した女性の継続就業率が高い職場

出産後もこれまで働いてきた職場で働きたいと思う薬剤師は多くなっています。しかし、復職後、周りの目が気になったり、あまりの忙しさに家庭と仕事が両立できず、辞めてしまう薬剤師も多いのが事実です。

そのため、職場を選ぶ際には、出産した女性の継続就業率が高い職場を選ぶようにしましょう。出産後も継続して働ける環境が整っている会社はママさん薬剤師の働きやすい会社です。

 

どうしても通勤が難しいママ薬剤師は在宅ワーク

育児制度が整っている会社なんて周りにない!見つからない!という方や、子供の保育園や幼稚園が見つからないといった理由でどうしても通勤が難しいママ薬剤師には、薬剤の在宅ワークもオススメです。

薬剤師の在宅ワークには、薬剤文献の翻訳や薬剤師に関する記事のライター業務、薬剤に関する書類の代行作成などの仕事があります。在宅ワークは、収入面から見ると不安な面が大きいですが、好きな時間にできるので、メリットも大きいと言えます。まずは、お小遣い稼ぎの感覚で始めてみるといいかもしれません。

 

くるみん認定企業

くるみん認定企業とは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受けた企業のことで、平成28年6月末時点では、94社が認定を受けています。

くるみん認定企業は、まだまだ数が少ないのですが、ママさんたちに人気があるため、これから認定を目指す企業が増えてくることと思われます。そのため、企業のホームページなどを見る際には、探してみるといいかもしれません。

 

2.ママ薬剤師にオススメの働き方

ママ薬剤師にオススメの働き方

薬剤師の仕事は、正社員だけではありません。契約社員やパートアルバイト、派遣社員とその勤務形態は多岐にわたります。中でも、パートやアルバイトなどは、時間にあまり縛られることがないため、多くのママ薬剤師が活躍しています。

 

ママ薬剤師にはパートがオススメ!

ママ薬剤師に多い働き方がパートとしての働き方です。もちろん、本当は正社員で働くのがいいのかもしれませんが、正社員になると、どうしても責任が重くなり、仕事の負担も大きくなります。そうなると、仕事量は多くなくても、いつの間にかストレスを抱えてしまったりします。子供が大きくなってからだといいのですが、まだ子供が幼いうちには、ママのそういった些細な気持ちにも子供は敏感に反応してしまうため、あまり良い影響を与えるとは言えません。そのため、パートやアルバイトなど、自分の無理のない程度で余裕を持って働ける働き方がママ薬剤師にはオススメです。

 

3.ママ薬剤師が職場選びでチェックしておきたいポイント

ママ薬剤師が職場選びでチェックしておきたいポイント

ママ薬剤師が復職や転職先として職場を選ぶ際には、いくつかチャックしておきたいポイントがあります。

働く職場の選択はというのは、人生を左右するとても重要なものになります。そのため、事前にこれだけは外せないといった条件を挙げておきましょう。

 

子供の急なトラブルに対応できるのか

多くのママ薬剤師が気になる点が子供の急なトラブルへの対応ができるかどうかということです。まだ子供が幼いうちには、急な発熱や、保育園や幼稚園での怪我、など、様々なトラブルが考えられます。

そのため、そういったトラブルが起こった際に、すぐに駆けつけてあげたいというのが親の気持ちですよね。そういった子供の急なトラブル時に柔軟に会社が対応してくれるのかは必ず入職前に確認しておきましょう。

 

ブランクがあっても大丈夫か

子育てがひと段落して復職を考えている方も多くいることと思います。育児のため、長らく現場から離れていた方にとっては、久々の仕事で不安も多いはずです。

そのため、入職前には必ずブランクがあることを伝え、確認の上で入職するのが良いでしょう。自分と同じようにブランク経験のある薬剤師が働いている職場も、復職しやすい職場としてオススメです。

 

子育てと両立できるのか

ママ薬剤師として、復職、転職する際に最も気になる点としては、子育てと仕事の両立ができるかという点です。両立するためには、やはり、子育てと仕事の時間をきちんと分けて確保することが大切です。

そのため、自分が余裕を持って、子育てと仕事ができる時間配分を考えましょう。その上で、希望の職場探しをするのが一番成功に近い転職活動と言えます。

そのため、時間配分をするために必要な情報を集めることから、まずははじめてみましょう。例えば、通勤時間はどのくらいかけられるのか、夫とどこまで協力して家庭のことができるのか。そういったことを考えてから、希望条件を決めていくとスムーズです。

 

4.理想の職場に転職・復職するための就職活動

理想の職場に転職・復職するための就職活動

ママ薬剤師の場合、小さいお子さんがいると、どうしても就職活動にあてる時間が限られてしまします。そのため、自分一人の力で自分の希望の職場を見つけるのは、なかなか無理があるものです。

そのため、転職・復職活動を行う際には、薬剤師専用の転職サイトを活用して転職することをオススメします。

 

転職活動はタイミングも大事

ママ薬剤師が転職・復職を考えるタイミングは人それぞれですが、大きく以下の2つに分けることができます。

 

(1)産休・育休制度の適用が終わるタイミングで転職・復職

様々な育児制度がありますが、時短制度などは、子供が3歳になるまでなど、ある程度の期間が定められているのが普通です。そのため、ママ薬剤師の中には、そういった制度の期間が終わると同時に転職、または復職を行うといった方が多くなっています。

やはり、仕事環境は家庭に大きく影響するため、仕方ないとも言えますが、転職にはある程度準備が必要となるため、しっかり計画を立てて行うことが大切です。

 

(2)子供が保育園に入園した段階で復職

子供が保育園や幼稚園、小学校に入園した段階で復職をするママ薬剤師は多くなっています。やはり、子供のから手が少し離れたタイミングでまた働きたい、薬剤師という資格を活かしたいと思う人が多いようです。ですが、子供が入園する時期というのは4月になります。

そのため、入園や入学を待って就職活動を始めると、薬剤師の転職ピーク時である、1~3月は過ぎているため、多くの求人から職場を選びたいという人には、あまり良いタイミングとは言えません。

そのため、復職を考えている方は、第2のピークである8~9月前後を狙ってすると良いでしょう。

 

夫の転勤で引っ越しによる転職

夫の転勤や、家庭の事情での引越しに伴う転職というのも多くなっています。引越しに伴う転職となると、ただでさえ、近所付き合いや、その土地になれるのに時間を要するため、転職先を選ぶ際はできるだけ家からのアクセスが良いところや研修制度が整っている職場などがオススメです。

また知らない土地での転職活動は、余裕を持って転職活動を行うことをオススメします。

 

復職後子育てしにくい環境に気づいて転職

ママ薬剤師の中には、子育て前に働いていた会社に復職し、復職後に子育てしにくい環境であることに気づき、転職を行ったというママ薬剤師も多くいます。やはり、子供がいるということで、周囲に迷惑をかけていると感じ、罪悪感に耐えられず転職するママ薬剤師もいるようです。

本当は仕方のないことですが、忙しい職場だとどうしても、ママさん薬剤師に目が向いてしまうことがあります。以前働いていた職場は、慣れていて働きやすいかもしれませんが、子育てしにくい環境であるのであれば転職することをお勧めします。

ママ薬剤師に優しい職場はたくさんあります。無理して働く必要はありません。

 

薬剤師転職サイトの有効活用で就職を成功させよう

ママ薬剤師が働きやすい職場とは、どのような職場があるのでしょうか。いざ、探すとなると分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在はインターネットがつながる環境があれば、空いている時間にスマホからでも求人が探せる時代なのです。転職を考えるママ薬剤師のほとんどが使用している薬剤師転職サイトを活用して、転職、復職活動を成功させましょう。

 

転職サイトには2~3社ほど登録するのがオススメ

毎年、薬剤師転職サイトの数は増え、ママ薬剤師の中には、どの転職サイトに登録すれば良いのか分からないといった人も多いのではないしょうか。転職サイトにはそれぞれのサイトで特徴があります。

まずは、その特徴をつかんで、自分の希望求人がありそうな転職サイトに2~3社登録しましょう。なぜ、2~3社登録するのかというと、サイトによって、自分の不向きがあるためです。また、いろいろな求人を吟味することもできます。

 

高給与を狙うなら転職サイトの非公開求人

高給与の転職サイトを狙うのであれば、転職サイトの非公開求人を紹介してもらうのがオススメです。非公開求人とは、表に出るとすぐに枠が埋まってしまう好条件の求人のことで、求人側が、信頼している転職サイトにその求人に見あった人材を厳選して紹介しているものです。

非公開求人には、高給与の求人が多く含まれていることが多くなっていますので、高給与を狙うのであれば、転職サイトのコンサルタントに紹介してもらいましょう。

 

育児の合間を見計らっての職場見学

転職作動を失敗する人の特徴が、職場見学を行わなかったことによる、イメージとのギャップによるものです。やはり、求人やネットだけの情報は限られたものがあります。

そのため、転職を行う際には、必ず、職場の見学を行いましょう。また職場に見学に行った際には、どこをチェックするのかもきちんと考えていくことが大切です。育児もあり忙しいとは思いますが、やるのとやらないのでは、後々、大きな差になります。

まとめ

小さいお子さんがいるママ薬剤師は、どうしても復職をためらってしまったり、職場によっては家庭と仕事が両立できず、辞めざるをえないといった所もあり、薬剤師として働くことを諦めてしまっている薬剤師も多くいます。

ですが、ママ薬剤師には、ママ薬剤師にしかできない薬剤師としての役割があります。それは、自身が子育ての経験をしていることで、その分、視野が広がり、患者様やお客様に経験に基づいた接し方ができるということです。

薬剤師の現場では、多くのママ薬剤師が仕事と家庭を両立して働いています。せっかくや薬剤師という資格を持っているのですから、薬剤師転職サイトを上手く活用して、仕事も家庭も両立できる職場で働いていきましょう。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

企業で働く薬剤師の仕事の1つに製薬会社でのDI業務(Drug Information)と呼ばれる […]

続きを見る
薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイトの真実を記載していきます。このページを通じて確認していただきたいことは以下の通り […]

続きを見る
最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

最短1週間!?薬剤師が短期間で転職するために知っておきたいこと

転職活動というのは体力的にも精神的にも大きな負担になり、また長引けば長引くほど、経済的にも苦しくな […]

続きを見る
調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。保育士で転職をお考 […]

続きを見る
薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目

薬剤師派遣求人を探す前にチェックする6つの重要項目

雇用問題が叫ばれる昨今、元々正規雇用社員としてしか働くことができなかった薬剤師も2000年に改正 […]

続きを見る
薬剤師転職サイト | 転職サイトは大手で選ぶべき理由

薬剤師転職サイト | 転職サイトは大手で選ぶべき理由

薬剤師として転職を希望する場合には、まずは転職先の求人の確保を一番に考える薬剤師が多いでしょう。 […]

続きを見る
薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師の勤務形態は、正社員や派遣社員だけでなくアルバイトやパートもあります。 近年は、育児や家庭の […]

続きを見る
【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容

【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容

近年、多くの薬剤師が転職の際に活用しているのが薬剤師転職サイトです。 しかし、薬剤師転職サイトを […]

続きを見る
薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

日本の医薬品市場は10兆円を超えており、国別に見たシェアでは世界第3位の市場となっています。 そし […]

続きを見る
転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

薬剤師が転職を考える上でブラック調剤薬局に進んで転職する方はいないと思います。もし、ブラック調剤 […]

続きを見る
調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?
薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト