血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血液センターで働く薬剤師です。3つの項目から、血液センターの薬剤師求人への転職する注意点を確認していきましょう。

この3つの項目である程度知識は補えますが、血液センターへの薬剤師転職を考える場合は薬剤師求人サイト等のコンサルタントに一度相談したほうが無難です。

 

1.血液センターで働く薬剤師の仕事内容

血液センターで働く薬剤師の仕事内容

血液センターで働く薬剤師の仕事内容についてご紹介いたします。薬剤師が血液センターで働く際には、施設が全国各地にあることから、薬剤師と医療機関の間に入り血液製剤の研究を行ったりそれに関する情報を供給するというが役割となります。調剤業務はありませんので注意しましょう。

 

血液製剤を作るのが仕事

行う仕事としては、血液製剤を作ることということがあります。それ以外にはその血液製剤のクオリティを管理していくことも仕事内容に入ります。

また、新たな血液製剤を開発するということも行っているのが、血液センターの薬剤師なのです。調剤薬局やドラッグストア、病院など他の薬剤師が活躍する職場よりも、薬学に関する知識を活用できる場面があったり、多くの業務を行うことになるので、多くの薬剤師がやりがいを感じている職場と言えるでしょう。

品質管理の部署であれば抗体検査や微生物検査を行い血液の品質を管理します。

 

機械の管理、点検も仕事内容に

それだけではなく血液を製剤を作る際に必要な原料であったり、機械を管理、点検をするということも仕事になります。

さらに、製造に携わる部署であれば研究職のように血漿製剤や赤血球製剤などを作り、製剤の種類別に最善の保存方法や製造方法などを考えていくことが業務になります。通常の薬剤師としての仕事ではない仕事をしてみたいという方にとっては適していると言えるでしょう。

ポイント!

調剤を行う様な業務はないのですが、血液の品質が良好であるか調べたり、人体について勉強をした薬剤師にとって、知識を活用できる場なのです。

 

2.血液センターで働く薬剤師求人の平均年収・給与

血液センターで働く薬剤師求人の平均年収・給与

血液センターで働く薬剤師の平均年収や給与、そしてボーナスはどのようになっているのでしょうか。

まず、初任給で年収400万円であり、経験を経ていくと500万円を超える方が一般的です。この程度が相場と言えるのではないでしょうか。

病院で働く薬剤師とさほど大きな差があるものではありません。ドラッグストアの店長辺りのポジションであればさらに給与を貰える可能性もありますが、それでもドラッグストアがどれくらいの売り上げがあるかということでも変わってくるものなので、良い時もあれば良くない時もあるでしょう。

 

平均以上の年収を得ることができる?

このようなドラッグストアの店長の年収には及ばないものの、平均以上の収入を得ることもでき、専門的な仕事をすることができるということは、血液センターで仕事をする上での利点にもなります。血液センターは全国のブロックごとに分かれていますし、赤十字社の採用となる点がポイントです。それぞれのブロックで年収なども多少違いがありますが、大体同程度です。

ある地域の血液センターの求人を見てみますと、ボーナスは年2回の支給となっています。また、他の地域の正職員求人ではボーナスが年2回で3.95カ月となっています。

ポイント!

違う地域では初任給が月給で25万円であり、ボーナスは年に2回で合わせて4カ月分が支給となりますが、初めの年は2.5カ月分となるそうです。北の方の地域では、寒冷地の地域手当も含めて19万円から25万円ほどという求人もあります。

 

3.血液センターで薬剤師求人への転職注意点

血液センターで薬剤師求人への転職注意点

血液センターで働く薬剤師として転職する際の注意点をお話しいたします。

血液センターの薬剤師は、看護師や医師などと連携して業務を進めていくという点がポイントで、薬剤師がまとまって業務をするのではないということです。病院とは違い、患者とコミュニケーションをはかり、治療をしていくということはありません。

しかし、血液センターは部署に分かれて配属されていることから、部署の仲間同士でコミュニケーションをはかる必要はあるのです。

 

給与に関しては高いが重圧もかかる場合も

給与に関してはそれなりに高い方で、病院の薬剤師と同じくらいと考えられますが、給与が高いということは、それなりに重圧がかかることもありますし、自宅からの通勤が不便であることも予想されます。高い年収のみで薬剤師として血液センターでの勤務を希望して転職をしたとすると、再び他で働きたいという考えが生まれてしまうこともあります。

そういったことから、給与ももちろん大事なのですが、転職をする職種はあらゆる方向から考えて希望の条件を決める必要があるということです。血液センターの薬剤師求人は、施設が全国各地にあるため少ないというわけでもありません。

 

探し方は薬剤師求人サイトを利用する

こういった職種があるということも知らないという薬剤師もいます。欠員を補充するという形での募集となるのが大半ですが、薬剤師求人サイトや血液センターのホームページをチェックして探すことが有益です。

求人サイトでは、担当のコンサルタントに相談に乗ってもらえますし、アドバイスがもらえるため安心して求職活動ができるでしょう。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。 […]

続きを見る
病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院の薬剤師の仕事内容は、調剤業務に服薬指導、そして薬歴管理など調剤薬局で行う業務だけでなく、薬 […]

続きを見る
薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師の転職先には、大学病院という職場もあります。大学病院は、仕事内容が大変幅広くなっています。 […]

続きを見る
薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

これまでは、漢方薬局と聞くと一般的に少し気難しいようなイメージを持たれる方が多かったのですが、近 […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

通常の薬局などと同じように、製薬会社な医薬品の卸業者などには、管理薬剤師がいます。 これは、薬事法 […]

続きを見る
工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

薬剤師として3年以上実務経験を積んだ後、キャリアアップとして管理薬剤師への転職を考えられる方も多い […]

続きを見る
製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

薬剤師に人気の転職先の1つとして製薬会社が挙げられるのではないでしょうか。 人気の理由は、大手の製 […]

続きを見る
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおい […]

続きを見る
空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点
薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト