薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおいて、被験者のスケジュールを管理したりバイタル管理を行ったり、治験の最中にはデータ収集を行い、それらを管理するのがメインの職務となります。

薬剤師として初めて治験コーディネーター(CRC)求人へ転職を希望する場合の注意点を5つのポイントに分けてご紹介しています。

 

1.CRCの薬剤師の仕事内容について

CRCの薬剤師の仕事内容

治験には治験コーディネーター以外にも、製薬会社の側に立って治験プロセスを管理する臨床開発モニターなどもいますが、治験コーディネーターは病院や患者さんの側に立って患者さんの体調管理や不安、心配などの相談の窓口になるのが仕事となります。

 

(1):治験コーディネーター(CRC)とは

「治験コーディネーター」の略である「CRC」とは「Clinical Research Coordinator」を略したもので、新薬の効果や安全性の最終確認をする治験が正しくスムーズ、かつ安全に行われるために験現場において医学的判断を伴わない業務の全般をサポートする人のこと。

治験に関係するのは、新薬の開発者であり治験業務を依頼する製薬会社、製薬会社からの依頼を受け治験を実施する医療機関、治験において被験者となる患者の3者であり、この3者の間に立って調整役を行うのが主な仕事になります。

今のところCRCに特別な資格は必要とはされていませんが、薬に関係した仕事でもあるため、薬剤師からCRCへと転職する人も少なくありません

 

(2):薬剤師がなる治験コーディネーター(CRC)の仕事・役割

新薬を世に送り出すかどうかの決め手となる臨床新薬治験は、それを依頼する製薬会社、臨床試験を行う医療機関、そしてそれに協力する患者の3者で成り立っています

そしてこの3者の間に立って調整役として働くのが、「治験コーディネーター(CRC)」です。ではこの3者それぞれにとっては、CRCとは一体どんな役割を担う人なのでしょうか。

 

医師にとってのCRC役割

まず医療機関、つまり医師にとっては、CRCは治験を行ううえでのパートナーであり、秘書的な役割も果たす存在です。

患者へのフォローや製薬会社への連絡など、治験に関係する医療業務以外の細かな業務を任せることのできる人というわけです。

 

患者にとってのCRC役割

患者、つまり被験者にとっては、CRCは相談窓口となる、最も身近な存在になります。疾患そのものに悩まされている上に新薬のいわば「実験台」になるわけですから、その不安とストレスは相当なものです。

CRCは患者の心身両方のストレスを取り除くべく患者に寄り添い励ます、患者にとって頼りになる存在なのです。

 

製薬会社にとってのCRC役割

そして製薬会社にとっては、CRCは医療機関の窓口となる存在です。

治験の実施状況などを把握するために製薬会社はCRAを医療機関へ派遣しますが、この時CRAに協力して情報を伝えるのがCRCであり、製薬会社にとってもCRCは治験成功に不可欠な存在なのです。

 

薬剤師がなるCRCの仕事内容について

ここでは治験の流れにそって、大まかにCRCの仕事内容を概観してみたいと思います。

まず治験の準備段階として、製薬会社より派遣されたCRAと共に勉強会を実施し、治験実施計画書の内容を把握します。次いで治験を実施する医療機関関係者に対してその内容を説明し、治験に使用する検査キットを管理します。

また治験に参加してくれる患者さんを集めるのもCRCの仕事。患者さんに対し治験の内容を説明し、参加に同意してくれた患者さんへの細かなフォローも行わなければなりません。

治験が始まれば、CRCは治験実施計画書に沿って円滑に進めるよう患者のスケジュールを管理します。治験中CRAは治験実施計画書通りに行われているか、その経過はどうなのかを調べる為に医療機関に赴きますから、CRCは資料閲覧や質問対応などによってCRAをサポートし満足のいく結果報告を製薬会社へ持ち帰れるよう取り計らわなければなりません。

治験が終了すれば、治験終了報告書作成の補助にあたります。規定の症例数を期間内より早く獲得した場合、症例の追加を依頼されることもあります。

このような役割を担う為、CRCは看護師や薬の知識を持つ薬剤師からの転職者が珍しくないのです。

 

薬剤師のキャリアアップになる

薬剤師の資格を持っている人にとってはキャリアアップな転職にもなる治験コーディネーターの仕事は、被験者のケアや服薬指導など、薬剤師としての知識や経験がそのまま活かせる仕事内容も多く、やりがいを感じることができるお仕事です。

ポイント!

全国たくさんの治験施設から求人募集が出ていますから、できるだけ条件が良く自分の希望に合った仕事探しをするためには薬剤師求人サイトなどを上手に活用しながら効率的な求人チェックをするのがおすすめです。

 

(3):CRCで働く薬剤師求人の平均年収・給与

一般の薬剤師にとっては、調剤業務で培った知識や経験を生かして仕事ができる治験コーディネーター(CRC)のお仕事はキャリアアップ的なお仕事になるため、薬剤師求人でもたくさんの人が応募しています。

治験コーディネーターの平均年収は、製薬会社や業者によって大きく異なっていて、給与やボーナスを含めた平均年収は250万円~800万円程度と大きな幅があります。

 

転職で初めて治験コーディネーターに挑戦する場合

転職で初めて治験コーディネーターに挑戦する未経験者の場合には、この平均年収の中でも250万円に近い年収になることも多いですし、コーディネーターの中でも経験豊かなリーダークラスになると、年収800万円に近づくようです。

経験によって年収や大きく左右される治験コーディネーターのお仕事へ転職する際には、現在の収入よりもアップするお仕事を目指して仕事探しをしたいものです。

 

初任給はほとんど同じ額からのスタート

治験業界未経験者であれば、元薬剤師であろうと元看護師であろうと、更には資格を持たない転職者であろうと、その初任給は殆ど同じ額からスタートすることになります。

ただエリア別に見ると、地方の企業は都市部の企業と比べると平均初任給が低い傾向にあり、低い所では年収250~300万円、高い所では300万円~400万円となっています。

 

長期的に考えると給料アップに繋がりやすい

また経験年数や企業の大きさなどもひっくるめて全てをトータルして平均値を出した場合、治験コーディネーターの平均年収は約400万円とされています。

そう聞くとそれほど高額というわけではないように感じますが、実際には年収600万円以上という人もおり、結局の所経験と能力の差で大きく左右されることが分かります。

例えば調剤薬局に勤める薬剤師の平均年収は400万円~500万円なので一見転職すれば給料が下がってしまうかのように見えますが、薬剤師の昇給幅は小さく、場所によっては頭打ちになってしまうのに対し、CRCは昇給幅が大きく能力と経験さえあればどんどんアップしていく可能性もあるため、長い目で見ればCRC転職は給料アップに繋がると考えて良いでしょう。

ポイント!

治験コーディネーターは全国にたくさんの求人がありますから、忙しい人は特に、転職サイトを上手に活用しながら効率的に転職活動をするのがおすすめです。

 

(4):薬剤師がCRCになって大変なことランキングベスト10

薬剤師がCRCになって大変なことランキング

「大変なことも多いけれどやりがいのある仕事」と言われる治験コーディネーター。では具体的にどんな「大変なこと」があるのか、ランキング形式でご紹介します。

 

第10位:長く勤務すると管理職が回ってくる

薬剤師の場合と比べると、ある程度勤め続けたCRCには比較的早く管理職が任せられる傾向にあります。

これはメリットとも言えますが、やはりそれだけ責任が重くなるため大変なことも多くなるでしょう。

 

第9位:仕事・家庭・勉強の両立が大変

薬剤師とCRCでは全く仕事内容が異なりますから、転職後しばらくは働きながら多くのことを学んでいかなければなりません。

家庭を持つ人であれば特に、仕事と勉強、子育ての全てを両立させるのは大変でしょう。

 

第8位:あちこちに出張しなければならない

企業CRCの場合、治験が実施される医療機関へそのたびに出張しなければならず、時にはかなり遠い所まで通わなければならなくなることもあります。

 

第7位:デスクワークが多い

データ管理や書類作成などデスクワーク、特にパソコンを使う作業の多いCRC。これが苦手な人には思ったより大変な仕事だと感じることもあります。

 

第6位:収入がダウン

薬剤師の平均年収は400万円~500万年、一方CRCの初任給は年収約300万円~400万円ですから、多くの薬剤師転職者が収入面では以前より悪くなったと言います。

生活に困ることはないとしても、これまでとは違った家計のやりくりをしなければならなくなることもあります。

 

第5位:薬の為に仕事をしているという違和感

治験は「新薬を開発し世に送り出すための理想データを得ること」が最終目標であるため、患者のためというよりは薬の為に仕事をしているという違和感と戦い続けなければならないという人も少なくありません。

 

第4位:ビジネスマナーを学ばなければならない

元薬剤師の場合、これまで調剤薬局や病院では必要なかったビジネスマナーが求められる為、新たに学ばなければなりません。

 

第3位:企業の利益を考えなければならない

SMO企業に雇われているCRCの場合、自社の利益を考える必要があり、数字や結果、成績などにとらわれることになります。「ノルマ」こそないものの、気持ち的にはそれと変わらないような数字が求められることも少なくありません

今まで病院に勤めていた薬剤師であれば勿論、調剤薬局勤務だった人でも待っていれば患者さんの方からやって来た今までの職場とは大きく違うことを実感することになるでしょう。

 

第2位:医療スタッフとのコミュニケーション

CRCは医療スタッフに依頼内容を正確にわかりやすく伝える必要がありますが、それぞれのスタッフの通常業務の妨げになることなくそれを行うことが難しいこともあります。

 

第1位:患者や家族へのインフォームドコンセント

治験とはいわば「未知の薬」を投与されるわけですから、患者やその家族の不安は非常に大きなもの。

医療従事者でない一般人にも分かりやすく説明し、安心してもらうのは、どれだけCRC経験を積んでいても大変だと言います。

 

2.治験コーディネーター(CRC)の離職率について

治験コーディネーター(CRC)の離職率

治験コーディネーターへの転職を検討するにあたって確かめておきたいのが、治験コーディネーターの離職率です。

勿論離職理由には様々なものがありますから、離職率が高いからと言ってそれが辛い仕事・厳しい職場と一概には言えませんが、ある程度の目安にはなるでしょう。

 

離職率は他の一般職と比較すると低い

治験コーディネーター全体の平均離職率という数値は発表されていないためハッキリしたことは言えませんが、離職率を発表しているSMO企業だけで平均値を出した場合、大体5~10%程と言われています。

一方、厚生労働省の調べによると一般企業への大卒入社の3年以内の離職率は31%という発表がなされていますから、治験コーディネーターの離職率は他の一般職と比べると低いと判断できます。

 

やむを得ない理由があって退職するパターンが多い

前述のように退職理由は様々ですが、考えられる大きな理由の1つが結婚や出産です。というのも、治験コーディネーターへの転職は元看護師や元薬剤師が多く、これらの職業は女性の比率が非常に高いからです。

つまり仕事内容や待遇の悪さなどが原因で離職するというよりも、やむにやまれぬ理由があって退職するというパターンが多いと推察することができるわけです。

また薬剤師から治験コーディネーターへと転職し数年のキャリアを積んだ後、そのキャリアを武器に更に条件の良いSMO企業へ転職するというパターンもあります。

 

知っておこうCRCの退職理由ランキングベスト10

CRCの退職理由ランキング

薬剤師から是非憧れの治験コーディネーターになりたいと願う人もいる一方、治験コーディネーターになったものの様々な理由で辞めていく人もいます。

では彼らはどんな理由で退職していくのでしょうか。ランキング形式で挙げてみたいと思います。

 

第10位:「患者最優先」という仕事ではない

CRCの仕事は新薬を世に送り出すために理想的なデータを取ることが最優先で求められます。

それで「患者最優先」を仕事のモットーにしたい人の中には、CRCの仕事に疑問を感じる人もいます

 

第9位:出張が多い

治験を実施する医療機関へ出向いて仕事をするのがCRCですから、時には遠い所まで出張しなければならないこともあります。

通勤するのが大変になったり、場所によってはしばらく家を離れなければならないこともあり、特に家族のいるCRCにとってはこれは大きな負担になるでしょう。

 

第8位:薬剤師としてのスキルが落ちる

CRCとして働くということは、調剤業務など薬剤師本来の仕事は一切しなくなるということ。

薬剤師としてのスキルも落としたくない人、薬剤師として復帰することも視野に入れている人にとってはこの点が不安になることもあります。

 

第7位:デスクワークが苦手

CRCは、データ管理や資料作成など思った以上にデスクワークが求められます。もともとあまりデスクワークが得意でない人の中には、「聞いてはいたけれどこれほどとは思わなかった」と感じる人もいます。

 

第6位:成績重視スタイルに対するストレス

ノルマこそないものの、企業で働くCRCはやはり自社の利益を重視し、成績を出さなくてはなりません。

一般企業では当たり前のことではあっても、今まで病院や個人の調剤薬局などで働いていた薬剤師にとってはこのような企業のスタイルがストレスになることもあります。

 

第5位:人間関係のストレス

製薬会社・医療機関・患者の3者の間に立って調整役を担うCRCは、それ故に板ばさみになることも珍しくありません。

 

第4位:思った以上に激務

今まで比較的ゆったりと仕事をしていた薬剤師にとっては、スケジュール管理や治験の説明会、データ管理、患者へのフォローなど多くの仕事を時には同時にこなさなければならないCRCは、激務で大変と感じることもあります。

 

第3位:思った以上に拘束時間が長い

基本的にはカレンダー通りに休暇をとれるのがCRCですが、中には残業なしだと思っていたのに意外に残業が多く、家庭との両立が難しくなってきたという人も少なくありません。

 

第2位:結婚・出産のため

女性の場合CRCという職業や職場に対する不満からというより、これらのやむを得ない事情で退職することが多いです。

 

第1位:給料が低い

薬剤師が高収入を狙うなら製薬会社がお勧め!などとよく耳にすることから、CRCになれば年収もアップするのではと期待する人もいます。

しかしCRCが勤めるのはSMO企業や病院であるため、CRCの初任給は決して高いものではありません。また企業によっては成績重視の為、なかなか昇給しないところもあり、結局給与の低さから退職してしまう人がいるのです。

 

3.薬剤師がCRCに転職するメリット・デメリットについて

薬剤師がCRCに転職するメリット・デメリットについて

ここでは、薬剤師がCRCに転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

薬剤師がなる治験コーディネーター転職(CRC)するメリット

薬剤師の転職先として挙げられる分野の1つが治験コーディネーターの仕事です。

一般的な薬剤師の職場は病院や調剤薬局などですから、そこから治験業界への転職となると仕事内容も勤務スタイルも大きく変わることになりますが、治験コーディネーターには治験コーディネーターだけが味わえるメリットも沢山あります。

 

勤務時間が規則的でプライベートも充実

まずこれまで病院やドラッグストアなどで働いていた薬剤師であれば、勤務時間が規則的になるのが治験コーディネーターのメリットの1つになるでしょう。

治験コーディネーターが所属するのはSMO企業である場合が殆どなので、カレンダー通りの休日を取ることができ、家族やプライベートの時間を充実させることができます。給与面でもアップする可能性が高いでしょう。

 

新薬を広める達成感を味わうことができる

何よりのメリットは、治験が終了した時や自分が担当した治験のおかげでその新薬が広く使用されるようになった時に感じる達成感でしょう。

全ての治験が順調にいくわけではありませんが、だからこそ医療関係者やCRA、患者と一致団結して治験にあたり、無事終了したときには言い表しようのない程の達成感を得られるといいます。

また新薬によって長く苦しめられてきた病気から開放されたり症状が楽になったりした時には、患者やその家族からも大いに感謝されます。患者やその家族ともっと直に接したいと考えている薬剤師には、非常に満足度の高い仕事になると言えます。

 

薬剤師がなる治験コーディネーター転職(CRC)のデメリット

剤師の転職先として人気の高い治験コーディネーターですが、治験コーディネーター特有のデメリットも存在します。

治験コーディネーターへの転職を考えている人は、このデメリットもきちんと考慮に入れた上で決定する必要があるでしょう。

 

人間関係のストレスを感じる場合がある

治験コーディネーターのデメリットの1つは、仕事上のストレスです。治験コーディネーターは製薬会社、医療機関、患者の3者の間に立って調整するのが仕事ですから、板ばさみになったりそれぞれの利害関係に気を配ったりしなければならず、薬剤師の頃とはまた違った人間関係のストレスを感じることになります。

また仕事上コミュニケーション能力は不可欠ですが、これが苦手な人にとってはこれも苦痛になるでしょう。

 

薬剤師の資格を活かしにくい

また医療関係の仕事ではあっても、調剤業務や検査などの薬剤師本来の仕事は一切行いません薬剤師の資格を活かしたいのであれば、治験コーディネーターは向かない仕事と考えた方が良いでしょう。

また長く薬剤師業務から離れることで、薬剤師としてのスキルが落ちていくことに不安を感じる人もいます。

ポイント!

プロジェクトによっては勤務地が遠くなる、事務仕事が増えるなどのデメリットも挙げられます。

治験コーディネーターは比較的向き不向きがハッキリしている職業とも言えますので、不安を感じる方は薬剤師求人サイトなどに相談してみると良いでしょう。

 

4.治験コーディネーターへの転職を成功方法5つのポイント

治験コーディネーターへの転職を成功方法

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるための4つのポイントをご紹介します。

薬剤師から治験コーディネーター(CRC)への転職では、薬剤師と治験コーディネーターの役割の違いを理解することやビジネスマンとしてのマナーを身に着けておく必要があります。

また、転職するにあたって、薬剤師のスキルをアピールしてもあまり役にたたないことは心に留めておきましょう。治験コーディネーター(CRC)になるために特に必要な資格はありませんが、医療業界に通じていたほうが良いといえます。

薬剤師求人サイトを通して、研修や教育といった、サポートの整ったところを選びましょう。

 

(1):薬剤師から治験コーディネーター(CRC)への転職する注意点

治験コーディネーター(CRC)への転職する注意点

元々医療業界の関係者であり薬品に関しては専門的知識を持つ薬剤師は、治験コーディネーターにも適しているとみなされて比較的転職しやすいのですが、幾ら同じ「医療業界」という括りの中にいたとしても、薬剤師と治験コーディネーターでは求められる仕事や能力が全く違います。

薬剤師から治験コーディネーターへの転職を考えている人は、この点に注意しておく必要があります。

 

薬剤師とは役割が違うことを認識する必要がある

例えば調剤薬局やドラッグストアは勿論、例え病院で薬剤師として働いてきた人であっても、治験コーディネーターとして患者に関わるということは薬剤師の場合とは全く違うという点を認識しておかなければなりません。

治験ではいわばまだ未知の薬剤を被験者として投与されるわけですから、その不安はかなり大きなものになります。そして患者にとってその不安や疑問点を吐露できる唯一の存在が治験コーディネーターというわけですから、患者への精神的ケア能力が問われることになります。

 

ビジネスマンとしてのマナーを身に着けておく必要がある

また治験コーディネーターの勤務先は企業ですから、ビジネスマンとしてのマナーも求められるようになります。これも今までドラッグストアや調剤薬局で求められていたような接客マナーとは大きく異なるため、注意が必要でしょう。

このような点は薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントにお願いすれば、必要なビジネスマナーについて教えてもらうことができます

 

(2):治験コーディネーター(CRC)転職する薬剤師の心構え

治験コーディネーター(CRC)転職

治験コーディネーターの仕事は非常に特殊で専門性の高いものであるがゆえに、「是非治験業界で働きたい!」と考える薬剤師は珍しくありません。

薬剤師のみならず、看護師や管理栄養士、臨床検査技師といった他の医療関係者の中からもそう希望する人は少なくないのに対し、CRC求人の数はドラッグストアや調剤薬局などの求人と比べると非常に少ないため、それだけ競争率が高くなると覚悟しておいた方が良いでしょう。

従って、高い競争率を勝ち抜くためには面接時や履歴書記入の際にしっかりと自己アピールしなくてはなりません。

 

薬剤師のスキルをアピールしても役に立たないことが多い

しかし自己アピールと言っても薬剤師と治験コーディネーターでは仕事内容が全くことなるため、どれだけ薬剤師としてのスキルをアピールしたとしてもそれが有利に働くことは殆どないでしょう。

医療業界経験者と言っても、治験業界においては全くの未経験者。その点を認めた上で、治験コーディネーターの役割や特徴をきちんと把握していることをアピールし、何故CRCになりたいのか、またその企業や病院を選んだ理由は何かについて納得のいく説明ができなければならないでしょう。

ポイント!

このような治験コーディネーターへの転職の際の心構えや準備の仕方などについては、薬剤師求人サイトに登録し専任のコンサルタントに相談すれば具体的なアドバイスをもらうことができます。

比較的ハードルの高い治験コーディネーターですから、転職のプロのサポートは不可欠です。

 

薬剤師からCRCになる自己PR文例

例えば、人見知りをする人でも、責任感が強い事に関しては自信があるという人の場合には、

  • 「責任感が強くて細かい事にもよく気が付くという性格を生かして、治験コーディネーターとしてのお仕事を頑張りたい」

という自己PRでも良いですし、薬剤師としてのキャリアアップを目指している人なら

  • 「薬剤師の資格を生かしてキャリアアップを目指しています。難しい仕事にも積極的に挑戦していける根性があります」
  • 「治験コーディネーターの仕事は初めてですが、新しい事に挑戦し、最後までやり遂げることが大好きですし得意なので、ぜひこの仕事にも挑戦してみたいと思いました」
  • 「調剤業務とは違う職務を経験することで、薬剤師としての活躍の場を広げていきたいと思いました」

なんて言うのもアリです。薬剤師履歴書では、自己PRという特別なスペースが設けられていない履歴書テンプレートも多く、趣味や特技、自己PRがすべて同じスペースになっている場合もあるので、文面はできるだけ簡潔にまとめて記入しましょう。

 

(3):CRCになるために薬剤師が必要な資格は?

CRCになるために薬剤師が必要な資格

CRC(治験コーディネーター)は治験業界という特殊な分野で働きますから、CRCになるためには何らかの資格が必要なのでは、と思われるかもしれませんが、実は法律的にはCRCに特別な資格は必要とされていません。

 

高いコーディネート力やコミュニケーション能力が求められる

ただやはり仕事内容から、医療業界にある程度通じている人がなりやすいと言えます。実際、薬剤師や看護師からCRCに転職した人も珍しくありません。しかし看護師や薬剤師であれば誰でもCRCに向いているのかと言えばそうではありません。

CRCは製薬会社と医療機関、臨床試験に臨む患者の3者の間に立って調整役として働かなければならないため、高いコーディネート力やコミュニケーション能力が求められるからです。

 

CRC認定試験の資格取得は有利になる

薬剤師からの転職者にせよ新卒者にせよ、CRCとして雇うSMO企業側は、自社のCRCを育てる為に教育内容を充実させていることが少なくありません。中にはCRCとして働きながら治験コーディネーター試験を受けて資格をとるよう奨励し援助している所もあります。

現在CRC認定試験は次にあげる3つがあります。

  • 日本SMO協会CRC公認資格
  • SMONA公認CRC資格
  • 日本臨床薬理学会認定CRC資格

取得義務はないものの、持っていれば質の高いCRCとみなされて有利になるのは確かと言えます。

 

(4):治験コーディネーター(CRC)で採用される薬剤師5つのポイント

治験コーディネーター(CRC)で採用

治験コーディネーター(CRC)で採用されやすい薬剤師とはどのようなスキルを持った薬剤師なのでしょうか。内容を確認していきましょう。

治験コーディネーター(CRC)に薬剤師がなるためには資格は薬剤師資格があれば十分です。あくまで企業側が採用されやすい薬剤師のスキル等について記載しています。

当てはまらなかったとしても、薬剤師転職サイトにできれば複数社登録をして、治験コーディネーター(CRC)求人を探しましょう。

 

経験を積んでいる薬剤師が採用されやすい

当たり前ですが、経験を積んでいる薬剤師の方が採用はされやすい傾向にあります。ただ、それでは新しい、治験コーディネーター(CRC)が生まれたいため、転職者を採用する企業も多く存在します。

そのため、良いCRC求人は非公開求人が多い

求人は、経験を積んできている人を採用するために、薬剤師求人サイトの非公開求人として募集されることが多いです。

医薬品は日々数多く開発されていることから、治験コーディネーターの求人数は多いです。

 

臨床での経験があったほうが採用されやすい

薬剤師の資格があり、臨床での経験があるならば治験コーディネーターとして仕事をしたことがなくても採用される可能性があります

研修もありますし、治験の業界自体が未経験であっても仕事をするのに支障はないでしょう。

企業と強い繋がりのある薬剤師求人サイトは、募集が沢山掲載されています。転職をする条件の交渉なども代わりに行ってくれます。

 

薬の知識は必要不可欠となる

既に薬剤師の資格をお持ちであるならば、認証されていない薬を扱う仕事になるので薬の知識を持っていると治験をするにあたって有利になるでしょう。

治験コーディネーターは、新しく開発された薬を患者に投与し、その薬で副作用が出ないかということや治療に関する効果を見定めるのが仕事です。

また、単に薬を投与するだけではなく、投与された患者とのコミュニケーションも大切になってきます。そういったことで大変ではあるものの、やりがいもある仕事です。

 

説明する能力も求められる

忙しくしている医師の代わりにじっくりと時間をかけて説明をするという能力もあることが望まれます。

治験コーディネーターが活躍する場としては、医療機器メーカーだとか製薬会社も該当します。治験を他の企業などに委託することも増えてきていますが、それでも製薬会社で治験をするということが現在でも多くあるのです。

 

コミュニケーション能力も求められる

治験施設支援機関は求人が多数あります。

治験を行う施設から依頼されてから、製薬会社と医療機関の仲介をしつつ、治験が滞りなく進められるようにするのが仕事です臨機応変さが必要ですし、コミュニケーションも円滑にとれなければいけません。

 

(5):薬剤師が良いCRC求人を見つけるための条件

薬剤師が良いCRC求人を見つける

治験コーディネーターへの転職を考えている薬剤師が自分条件に合ったCRC求人を見つける方法として、主にハローワーク・薬剤師求人サイト・求人情報誌といったツールが挙げられます。

ハローワークや求人情報誌は地元の求人情報に強く生活環境を変えずに転職先を探すのに適しているものの、治験コーディネーターという特殊な仕事に関しては求人数が少ないのが現状です。

従ってCRC求人を探すのにはあまり適していないと言えるでしょう。

 

薬剤師求人転職サイトを活用する

一方薬剤師求人サイトであれば、一般公開されていない非公開の求人情報も含め、様々なCRC求人情報を閲覧することができます。

その上、希望する条件を予め伝えておけば、該当する求人が見つかり次第紹介してもらうこともできるので、自分自身で転職活動をする必要がないのもメリットです。

 

研修や教育などのサポート体制が整っていることは重要

では紹介してもらった求人情報の中から良いCRC求人を選ぶためにはどんなポイントをチェックする必要があるのでしょうか。勿論給与や待遇、休日などのチェックも大切ですが、同時にその求人先の未経験者に対するサポート体制もチェックしておかなければなりません。

医療関係者とはいっても、薬剤師と治験コーディネーターでは仕事内容も求められる能力も全く異なります。研修や教育がしっかりしていてCRC公認資格などを取得するようサポートしてくれるところなら尚良いでしょう。

 

年収が低くても給与体系と賞与・待遇をチェック

治験コーディネーターの初めの年収は350万円ほどです。

看護師や薬剤師などと比べると低い印象を持つかもしれませんが、治験施設支援機関には成果主義のところも多いので、実績次第では収入が格段に上がる可能性もあるのです。

応募するならば、給料体系や昇給などの待遇がどうなっているかということを、事前に調べておくようにしましょう。

 

5.CRCの薬剤師転職注意点まとめ

CRCの薬剤師転職注意点

治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人に応募する際には、いくつか注意点があります。

その中でも大切なのは、条件や希望にこだわりすぎず、競争率が高い求人募集の中で自分が採用されやすい仕事を選ぶことです。

 

条件が良い求人は経験者が採用される?

治験コーディネーターの仕事は薬剤師にとってはキャリアアップのお仕事になりますが、応募するために必要な治験コーディネーターの資格があるわけではないため、キャリアアップを考えている人が多く応募しています。

薬剤師求人でも条件や待遇がイマイチなものから高給なお仕事まで多種多様なのですが、条件が良いお仕事は経験者が優先的に採用されることが多いものです。

 

治験経験がない場合は?

それで治験コーディネーターとしての経験が少ない場合の転職活動なら、条件や希望よりも、採用してくれそうな仕事を狙って応募する方が採用につながりやすくなります。

ポイント!

薬剤師求人サイトを利用する場合には、専任のコンサルタントに相談しながら仕事探しをするのも効率的な転職活動ができるのでおすすめです。

 

関連ページ

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が治験業界へ転職するパターンとしては、治験コーディネーター(CRC)の他に臨床開発モニター […]

続きを見る
企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

管理薬剤師として企業で働く場合、どう言った職場があるのでしょうか。ここでは、管理薬剤師を必要とし […]

続きを見る
薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

これまでは、漢方薬局と聞くと一般的に少し気難しいようなイメージを持たれる方が多かったのですが、近 […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

近年、薬剤師の働き方は、正社員だけではなく、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど幅広い働き […]

続きを見る
外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について説明しているページです。仕事内容、平均年収、転職注意点 […]

続きを見る
パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

医療系の専門職というのはかなり人気があります。今は先行きに不安がある時代になっていて、仕事を探すに […]

続きを見る
薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師の転職先には、大学病院という職場もあります。大学病院は、仕事内容が大変幅広くなっています。 […]

続きを見る
薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収
薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト