食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について

食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について

食料品メーカーや化粧品メーカーで働く薬剤師の求人を探す際の注意点とは、どの様なものでしょうか。

まずは、食料品・化粧品メーカーで働く薬剤師の仕事内容から、平均年収、転職注意点の3つに絞りながら確認していきます。

 

1.食料品・化粧品メーカーで働く薬剤師の仕事内容

食料品 化粧品 メーカー  薬剤師 仕事内容

食料品メーカーや化粧品メーカーで働く薬剤師の仕事内容とはどういったものなのでしょうか。

某乳製品メーカーの場合は、乳酸菌の研究をしてそれをどのようにして利用していくかという技術を究明しています。

 

乳成分が化学的にどのような特性があるのかも研究する

乳成分が化学的にどのような特性があるのかも研究し、それを商品に反映させるのが仕事です。製品の『美味しさ』についても科学的に考えて研究を進めます。

食品工学であったり、化学工学や高分子化学などの知識を持つ人が求められています。

ポイント!

さらに、この某メーカーでは英文読解ができることが必要であり、英語力がある人が望まれます。他の食料品メーカーでも、薬剤師は品質管理や研究開発の仕事があります。

 

皮膚に悪影響がないか、安全であるかも研究するのも薬剤師の仕事

化粧品メーカーにおいては、薬剤師が持つ専門知識が、製品を作る上で欠かせない『成分』についての業務で役立ちます。

化粧品は肌につけるものですので、皮膚に悪影響がないか、安全であるかも研究するのも薬剤師です。皮膚科医と連携して開発をすることもあります。

 

化粧品を企画して開発する仕事もある!

化粧品を企画して開発することもあります。化粧品の開発では、様々なプロたちが協力し合いながら進めていきます。その中にあり、薬剤師は薬学的や見方によって成分を決めるという業務を行います。

そして、薬剤師の中には化粧品メーカーの工場において品質を管理する業務に携わる人もいます。

ポイント!

化粧品開発は薬事法を関連があることから、薬事申請について対応することもあります。専門知識がある薬剤師が求められることが多いということです。

 

2.薬剤師求人の平均年収・給与・ボーナス

薬剤師  平均年収 給与 ボーナス

食料品メーカーや化粧品メーカーで働く薬剤師の平均年収などはどのようになっているのでしょうか。

 

食品メーカーの薬剤師平均年収について

ある食料品メーカーの例ですと、平均年収は640万円ほどで、サラリーマンの平均が400万円なので、それと比べると年収が高いと言えるでしょう。

また、別の30歳の平均で年収548万円です。こちらも高額となっています。さらに他の企業ですと、平均年収は576万円ほどです。ボーナスに関しては、財形貯蓄制度を採っている企業もあります。

 

化粧品メーカーの薬剤師平均年収について

化粧品メーカーの場合は平均で500万円ほどになっています。しかし、これは仕事内容についても変わってくるものです。品質保証業務は400万円から650万円。

品質向上を推進する業務ならば400万円から700万円などと幅があるのが特徴です。この幅は年齢であったり経験の深さが反映されています。

 

年収をアップさせるのであれば

年収の値上げをしたいのならば、応募前の時点で薬剤師求人サイトの担当のコンサルタントに交渉をしてもらうようにしましょう。

転職をしたすぐ後は給与も高くはならない可能性もあります。勤務先が化粧品メーカーであっても、そのメーカーがどの程度の規模であるかにもよりますし、仕事場での地位でも、あるいはその薬剤師が持っている能力でも年収は変わってきます。

ポイント!

化粧品メーカーでは大抵の場合は正職員を募集する求人が多いですが、中にはパート求人もあり、パート職員だと給与は低くなることを忘れないようにしましょう。

大手ではなく中小企業の場合でも給与が低くなる場合があります。

 

3.食料品・化粧品メーカーへの薬剤師転職注意点

薬剤師 転職 注意点

転職をする前にまず確認しておきたいことは、どの部門に配属されるのかということです。

通常であれば求人情報に記されていますが、場合によっては製品の開発や製造、そして品質管理などを一緒に求めている事もあり得るのです。

 

行いたい仕事があればPRは必ず必要

もしもどういった仕事がしたいのかということが明確になっていて配属先の希望があるならば、面接の時などに企業側の担当者に伝えるようにしましょう。

さらに、研究や開発の部門に配属されるのでしたら、研究をすることになる物質であったりその分野などについてもチェックしておく必要があります。

 

社名のイメージだけで業務内容を決めつけないように注意が必要

自分が考えていた仕事ではない業務を行うことにもなりかねないので、社名のイメージだけで業務内容を決めつけないようにしましょう。そんな時には、薬剤師求人サイトの担当のコンサルタントに業務内容も確認してもらうと間違いがないでしょう。

会社の考えている構想や方向性についてもしっかりと把握しておくことで、転職で失敗することが防げるでしょう。

 

医薬品の知識や英語力が必要な場合も

化粧品メーカーになると、化粧品が肌に直接触れるものであることから、医薬品に関する知識の他にも皮膚についても知識を持つことが重要になることがあります。

そして、海外のメーカーが募集していることがあり、当然その場合は英語力も必要になるでしょう。

ポイント!

薬剤師の能力のみならず、医療機関や医師などと情報をやり取りすることもありますし、繋がりを広げていく力も必要になることがあることも覚えておきましょう。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニックで働く薬剤師の仕事内容は、院内で医師が書いた処方箋を見ながら調剤業務と服薬指導、そして […]

続きを見る
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおい […]

続きを見る
薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

近年、薬剤師の働き方は、正社員だけではなく、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど幅広い働き […]

続きを見る
薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

ドラックストアは薬剤師の就職先として、調剤薬局、病院に次いで人気の職場です。人気の理由は、他に比 […]

続きを見る
管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。 […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血 […]

続きを見る
病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院の薬剤師の仕事内容は、調剤業務に服薬指導、そして薬歴管理など調剤薬局で行う業務だけでなく、薬 […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

通常の薬局などと同じように、製薬会社な医薬品の卸業者などには、管理薬剤師がいます。 これは、薬事法 […]

続きを見る
管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット
薬剤師が調剤薬局求人へ転職する注意!ブラック調剤薬局見分け方10つ薬剤師が調剤薬局求人へ転職する注意!ブラック調剤薬局見分け方10つ

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト