管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。

管理薬剤師(かんりやくざいし)とは薬剤師の内、薬事法に基づき、薬局や店舗、製造業では拠点毎に設置が義務付けられている責任者のことを指します。

 

1.管理薬剤師になるために必要なスキル・知識

管理薬剤師になるために必要なスキル・知識

薬剤師の場合には、職場によっては薬剤師として調剤業務を行う以外にも、接客をしたり商品の棚卸を手伝ったりすることもあります。

ドラッグストアの場合には、正社員として働く薬剤師に店長も兼任してもらうという店舗もありますが、管理薬剤師の場合にはそうした兼任は認められていません

 

(1):管理薬剤師になるには

管理薬剤師になるには管理薬剤師という名前だけを見てしまうと、どうしても資格が必要なイメージがありますが、管理薬剤師になるためには薬剤師以外の資格は必要ありません

管理薬剤師を募集している求人へ転職、または働いている職場で管理薬剤師として任命されれば、はれて管理薬剤師という資格を取得することが可能です。

 

(2):管理薬剤師として必要な知識とスキル

管理薬剤師になるために必要な知識とスキルとしては、以下のようなものが挙げられます。

管理薬剤師として必要な知識とスキル

  • 基本的に3年以上の実務経験があったほうが好ましい
  • 従業員の管理能力が必須
  • コミュニケーション能力等を含めた人間関係の構築・信頼
  • 薬事法に関する法律の知識
  • 薬の幅広い知識

上記の項目などが一般的な管理薬剤師としての必要な知識とスキルになります。ただ、中には新卒の薬剤師を管理薬剤師に置く企業なども増えてきていますので、実際に働きながら知識を身につけていく方法もあります。

その点から、管理薬剤師として職務を探すことができれば転職もある程度可能ということになりますが、転職はやはりキャリアが求められるため、3年以上は実務経験の実績があったほうが無難でしょう。

 

(3):薬剤師のキャリアアップには最適?

薬剤師のキャリアアップ

管理薬剤師は一般の薬剤師にとってキャリアアップの職種となるので、キャリアを考える人にとってはとても魅力的な仕事と言えるでしょう。

調剤薬局のように薬剤師が多く働いている職場では、管理薬剤師のお仕事に空きが出た場合に、まずは内部で募集をかけて補充することもありますし、外部から募集する場合には、キャリア職なので転職サイトを利用して適任者を見つけることが多いです。

ポイント!

責任ある職務となるので、転職の際は薬剤師としての経験だけでなく知識も豊富であることが大前提で、その他にも責任者として他の薬剤師の管理監督や育成を行う能力や、施設管理能力なども求められます

 

2.管理薬剤師として働く薬剤師求人の平均年収

管理薬剤師の年収

管理薬剤師は、薬剤師の監督や施設の管理を行う責任者的な立場のお仕事で、エリアごとに置くことが法律によって決められています

そのため、薬剤師求人は比較的全国どこでも見つけることができ、引越しをしたら働く場所が見つけられないということは少ないです。

 

管理薬剤師の平均年収は700万以上?

管理薬剤師の平均年収管理薬剤師の平均年収は地域によって異なりますが、平均すると給与とボーナスを合わせて700万円~800万円程度が一般的です。

一般的な薬剤師を管理監督する責任者という立場になるので、薬剤師よりも収入は100万円~300万円ほど高めの平均年収となっています。

薬剤師のキャリアアップとして管理薬剤師を目指す人も多いですが、この職業は薬剤師としてのキャリア職となるため、離職率はそれほど高くありまんし、転職先としても管理薬剤師の業務内容は非常に人気があります。

ポイント!

転職サイトなどを賢く活用して、空きが出たらすぐに応募するといった工夫が必要になります。また、調剤薬局などでは、管理薬剤師のお仕事に空きが出たら、内部で募集をかけてそこから採用されることもあります

 

3.管理薬剤師に転職するメリット・デメリットの全て

管理薬剤師に転職するメリット・デメリット

薬剤師の中には、ある程度薬剤師としての経験も積み、そろそろ管理薬剤師に転職したいなと考えている方もいるのではないでしょうか。管理薬剤師になるために必要な資格というのは、薬剤師の資格のみなので、ある程度薬剤師としての実務経験がある薬剤師であれば、誰でも管理薬剤師に転職することが可能です。

そこで今回は、薬剤師が管理薬剤師に転職するメリット・デメリット、そして転職の注意点、管理薬剤師の求人の探し方についてご紹介します。

 

管理薬剤師に転職するメリット

管理薬剤師というと、激務というイメージを持たれている方もいるようですが、管理薬剤師になることで、様々なメリットもあります。ここでは薬剤師が管理薬剤師に転職するメリットをご紹介します。

  • 給与が増える
  • 様々なスキルを習得できる
  • 転職時に有利となる

管理薬剤師に転職するメリットは上記の通りです。

 

管理薬剤師の給与は高額

薬剤師が管理薬剤師に転職すると、通常の薬剤師の時より給与が増えます

やはり、管理薬剤師というのは、勤務先の薬剤師の監督責任を担う一番重要な役職で、それに伴い業務も幅広くなり責任も重くなるため、給与もそれなりに高く設定されています。

 

管理薬剤師の平均給与について

管理薬剤師の給与と言っても、年齢や経験値、勤務している地域や会社、病院、薬局などによってその金額は変わってきます。そのため、ここでは平均的な管理薬剤師の給与を紹介します。

<勤務先別の管理薬剤師給与について>

  • 調剤薬局:400万円〜650万円
  • ドラッグストア:400万円〜750万円
  • 病院:400万円〜650万円
  • 製薬会社:400万円〜850万円

<地域別の管理薬剤師給与について>

  • 地方:600万円〜900万円
  • 首都圏または都市圏:400万円〜800万円

薬剤師という職業自体が、一般的な職業と比べると高給与になっていますが、管理薬剤師に転職するとさらに高給与となっています。

また、勤務先別で見ると、ドラッグストアや製薬会社が高額になっていますが、ドラッグストアや製薬会社も大手企業と中小企業では大きな差があります。

中でも、大手企業の管理薬剤師となると、規模がとても大きく、責任もその分あるため、年収が1000万円を超える管理薬剤師も少なくありません。

 

様々なスキルを活用出来る

管理薬剤師になると、薬剤師としての業務というよりかは、監督・教育・管理といった役割が大きくなり、薬剤師以外の様々なスキルを身につけることができます。ここでは、管理薬剤師になることで身につけることができる主なスキルについてご紹介します。

  • 医薬品に関する知識が増える
  • コミュニケーション能力が付く
  • 関係法規の知識が付く
  • 教育・人材メネジメント能力が付く
  • 医薬品の管理能力が付く
  • 保険請求事務等の事務処理ができる

上記のようなスキルが身につきます。以下詳細を確認してみましょう。

 

薬剤としてスキルアップできる

管理薬剤師になると、あまり薬剤師としての業務ができず、自分の薬剤師としてのスキルアップにならないのではないかと考える方がいますが、そんなことはありません。

そもそも管理薬剤師は、新人の薬剤師や自分以外の薬剤師を、監督、管理、教育しなければならないため、自分自身がある程度、薬剤師としてスキルがなければ務まらない業務です。部下となる薬剤師を監督・教育することは、自分の薬剤師としての知識を再確認し、補うことにもつながります。

また、管理薬剤師の重要な業務の役割として、医薬品の管理というのがあります。これは、医薬品の保管状態がきちんと規定通りに守られているか等、納品・在庫管理業務等も含まれます。そのため、管理薬剤師になることで、医薬品に関する知識もさらに身につけることができます

 

次の転職時に有利になる

管理薬剤師に転職するメリットとしては、次の転職時に有利に働くという点が挙げられます。やはり、管理薬剤師は、薬剤師の中でも特に重要で責任の重い役職であるため、その経験がある薬剤師のとない薬剤師とでは、面接官の見方も多少変わってきます

そのため、管理薬剤師になるということは薬剤師にとってステップアップする階段の1つとも言えます。

 

管理薬剤師に転職するデメリット

管理薬剤師に転職するデメリット

薬剤師としてのスキルアップが望める管理薬剤師ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 残業が増える
  • クレーム対応などでストレスが増える
  • 責任が重い
  • 薬剤師以外の業務もやらなければいけない

やはりメリットがあれば、デメリットもあります。詳細を確認していきましょう。

 

業務が多く残業が増える

管理薬剤師になると、薬剤師としての業務はもちろんですが、それに付け加え、勤務先の新入社員や他の薬剤師の教育、管理、監督業務、医薬品の管理、医薬品に関する経営管理、社外への対応、その他細かな事務作業など、これまでの薬剤師の業務と比べると業務の量も幅も増えます

また、管理薬剤師の責務として、従業員の監督責任があるため、自分の業務が終わっていても、従業員の業務が終わるまでは残らなければなりません。そのため、必然的に残業を行うことも増えます

 

残業手当は出ないことが多い

ここで気をつけたいのが、管理薬剤師だからといって、残業手当がその分増えるかというと、そうではないということです。管理薬剤師になるからには、自分のスケジュールは自分で確認し管理していくのが当然とされています。

そのため、管理薬剤師に転職する際には、残業に関してもそれなりの覚悟が必要です。

 

薬剤師としての業務が減る

管理薬剤師になる際には、薬剤師としての業務が減るということを頭に入れておく必要があります。管理薬剤師というのは、薬事法によって、従業員の監督、医薬品の管理、情報提供業務、といった責務が定められており、管理薬剤師として1番に推敲しなければならないのは、それらの責務です。

そのため、薬の調合など薬剤師資格を活かした業務のみを行いたい薬剤師には、管理薬剤師は向いていません。

 

責任が重くストレスが増える

管理薬剤師というのは、勤務している職場の薬剤師、また、医薬品に関するすべての責任を持たなければなりません。そのため、日頃から、細部まで細かな配慮が必要となり、会社からのプレーッシャーも大きいためストレスが溜まりやすくなっています。

また、中でも、お客様からのクレーム対応に、頭を抱える管理薬剤師も少なくありません。これが原因で辞めてしまう管理薬剤師の方も多くいます。

 

4.管理薬剤師求人への転職注意点

管理薬剤師求人への転職注意点

管理薬剤師へ転職を希望する場合には離職率が低い職種のため、薬剤師求人サイトなどを上手に活用しながら効率よく仕事探しをすることが必要となります。

現在の仕事を辞めてから管理薬剤師へ転職しようと思っても、なかなか仕事が見つからないことが多く、場合によっては調剤薬局の内部募集によって管理薬剤師の空きを埋めるというケースもあるので、仕事は辞めずに働きながら転職活動をすることをおすすめします。

 

(1):管理薬剤師でも一般薬剤師と変わらないケースも!

一般薬剤師と変わらない

責任者としての管理薬剤師がいなくなると業務に支障が出るため、緊急で採用するというケースがほとんどです。

そのため、名目だけで良いからと採用する場合などもあり、名目だけの場合には給料面であまり高給が期待できなかったり、仕事内容がほとんど一般薬剤師と変わらないということもあります。

ポイント!

業務内容や仕事内容に注意して薬剤師求人サイトで担当に付く専任のコンサルタントに相談しながら、自分がやりたいと思っている職務をこなせる職場を見つけましょう。

 

(2):薬剤師が1人しかいない求人には注意

管理薬剤師に転職する際には、薬剤師が1人の職場はできるだけ避けましょう

やはり、医薬品に関する知識を持った人が、自分だけしかいないとなると、それなりのストレスがかかります。特にこれまで、管理薬剤師の経験が1度もないと言った人であれば、特に薬剤師1人職場は避けた方が良いでしょう。

 

病院の管理薬剤師求人は管理職

管理薬剤師求人の場合は、管理職となる場合が多くなっています。特に、病院の管理薬剤師求人というのは、職務権限がある場合が多いため、転職面接では必ず、確認することが必要です。

 

(3):最初は新人の気持ちで臨もう

管理薬剤師は、職場の薬剤師の中で一番高い役職と言っても過言ではありません。そのため、管理薬剤師になると、入職先でもすぐに指示をしたり、偉そうな態度を取ってしまう人がいます。

しかし、そのような態度は、あまり職場に良い影響を与えません。管理薬剤師としての立場は上かもしれませんが、その職場では新人のため、職場に溶け込むためにも、入職先では新人の気持ちで挑むことが重要です。

 

(4):週40時間以上の勤務が必要

管理薬剤師に転職した場合は、原則週40時間の勤務が必要となります。つまり、週5で1日8時間以上ということになります。

そのため、週3で働きたいと考えている方や、1日5時間で働きたいと考えている方は、管理薬剤師にはなれませんので、注意しましょう。

 

5.管理薬剤師求人の探し方

管理薬剤師求人の探し方

管理薬剤師になろうと思っても、管理薬剤師の離職率は低く、特に好条件の求人は、滅多に出ないのが現状です。では、どのように薬剤師求人を探せば良いのでしょうか。ここでは、管理薬剤師求人の探し方についてご紹介します。

管理薬剤師の求人を探す方法としては、主に以下の方法が挙げられます。

  • 地域薬剤師会のホームページ
  • 専門誌・チラシ
  • ハローワーク
  • 薬剤師求人サイト

詳しくメリットデメリットを確認してきましょう。

 

(1):地元の管理薬剤師求人が豊富な地域薬剤師会のホームページ

多くの都道府県には、その地域の薬剤師の向上を図るための薬剤師会というものがあります。薬剤師会のホームページでは、その地域のセミナー情報や、薬剤師に関するニュースを始め、求人が出た際には求人も連載されることがあります。

そのため、首都圏など都市圏以外の求人を探す際には、その地域の薬剤師会のホームページを、1度確認してみると良いでしょう。

 

地域薬剤師会のメリット

インターネットができるならば、いつでもどこでも求人を探すことができるというのが便利です。求人数も地域によっては多く掲載されています。薬剤師会のホームページということで、求人にも安心感を持つことができるでしょう。

 

地域薬剤師会のデメリット

求人数がやはり圧倒的に民間企業に比べると少ないというデメリットがあります。管理薬剤師求人はそこまで多く求人数があるわけではないので、転職する際の大きな障壁となります。

また、あまり現実的ではないので、探す方も年々少なくなっています。

 

(2):薬剤師に関する専門誌やチラシも確認しておこう

近年は、薬剤師のための専門誌なども増えてきており、そう言った専門誌の後ろには、薬剤師の求人がまとめて掲載されている場合があり、その中に管理薬剤師の仕事も含まれていることがあります。

  • 医薬ジャーナル
  • PharmaTribune(ファーマトリビューン)
  • Clinical Pharmacist(クリニカル・ファーマシスト)
  • Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)

上記のように薬剤師の専門誌はあるものの、求人に特化したものがない状況です。

また、地元の病院や製薬がいしゃのチラシなどにも、求人が掲載されている場合があり、そういった求人は急募であることが多いため、採用もされやすくなっています。そのため、管理薬剤師に転職したいと考えている方は、気にしておくとよいでしょう。

 

専門誌・チラシのメリット

専門誌のメリットは、インターネットでは出会えない求人に出会うことができる可能性がある点です。また、地域に合わせた求人などもインターネットよりも多い地域も存在します。

 

専門誌・チラシのデメリット

都市部には向かないというデメリットがあります。さらに、会社の情報が募集要項でしか確認ができないというのも大きなデメリットです。

雑誌購入の費用も掛かりますし、雑誌媒体の場合は、薬剤師求人に限定した専門誌が現在はありません。

 

(3):公共施設の管理薬剤師求人を探している方はハローワークがおすすめ

管理薬剤師だけでなく、求人を探そうと思ったらまず一番に思い当たるのが、ハローワークです。ハローワークの正式名称は、公共職業安定所といい、名前の通り、国が運営する公共の就職支援サービスです。

そのため、利用料はタダですし、働いている職員も職業支援のプロであるため、安心して利用できます。また、国が運営しているため、公共の医療施設の薬剤師求人が一早く出やすく、公共施設で管理薬剤師になりたいと考えている薬剤師の方は1度相談してみると良いかもしれません。

 

ハローワークのメリット

企業側が無料で求人を出すことができるので、インターネットや専門誌など以外の薬剤師求人にであえる可能性があることが大きなメリットです。

ごく一部の地域によっては薬剤師求人に力を入れているハローワークも存在するので、ネットで確認してみると良いです。

 

ハローワークのデメリット

ハローワークのデメリットは広告費を捻出するのが難しい小さな企業からの募集が多い点です。さらに、担当するハローワークの担当者は転職専門ではないため、少し嫌な気分になる方も多いです。

 

(4):薬剤師専用の求人サイト

近年、転職を考える多くの薬剤師が利用しているのが、薬剤師専用の求人サイトです。

インターネットに接続できる環境さえあれば、PCやスマートフォン、その他タブレットから登録・利用することが可能で、自分の求人先に求める希望条件や、職歴を簡単に担当のコンサルタントに伝えると、自分の代わりに求人を探してもらえます。

また、薬剤師転職サイトでは、希望条件の求人紹介だけでなく、履歴書の書き方や、面接対策(面接の同行を行う会社もある)、内定するとお祝い金がもらえるサイトまであります

このような手厚いサービスが無料で受けられ、また、管理薬剤師の求人も見つけやすくなっていますので、管理薬剤師に転職を考えている薬剤師の方には登録することをオススメします。

 

薬剤師求人サイトのメリット

事前に希望する条件というのを登録しておき、条件に合う求人がでた場合に知らせてもらうということもできるのが便利です。担当のコンサルタントがサポートを行ってくれるサイトもあります。

薬剤師を専門に扱っている求人サイトの場合は、ペットに関する企業の管理薬剤師の求人もあれば、企業の倉庫にある薬品を管理するという求人もあるので、求人の幅は広がるでしょう。

 

薬剤師求人サイトのデメリット

薬剤師求人サイトで探す方法が一番良いと感じますが、デメリットをしっかりと理解して利用してください。

  • 担当がつくので転職コンサルタントが嫌な方には合わない
  • 紹介会社が複数存在するため、選ぶのが難しい
  • 中には、転職させることだけを目的とした運営会社がある

などの問題点も上げられます。薬剤師求人サイトはしっかりと比較して利用することをお勧めします。不安であれば複数社登録して比較してください。

まとめ

今回は管理薬剤師のメリット・デメリット、そして、管理薬剤師に転職する際の注意点と管理薬剤師求人の探し方について説明しました。管理薬剤師という仕事は、薬剤師の仕事の中でも、特に責任が重く、また業務も幅広くなっています。

そのため、スキルアップはできますが、ストレスを溜めてしまう人も多くなっています。管理薬剤師への転職活動を始める際には、メリット・デメリットそれぞれをきちんと理解しておくことが重要です。

また、管理薬剤師は求人数が少ないため、なかなか求人自体が見つかりにくくなっています。そのため、今回紹介した注意点を気にしながら、薬剤師転職サイトなどを活用して探してみると良いでしょう。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師が調剤薬局求人へ転職する注意!ブラック調剤薬局見分け方10つ

薬剤師が調剤薬局求人へ転職する注意!ブラック調剤薬局見分け方10つ

薬剤師が調剤薬局求人に転職する注意点を掲載しています。また、近年問題になっているブラック調剤薬局 […]

続きを見る
血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血 […]

続きを見る
学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

日本では学校保健法により、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、に薬剤師を必ず置くことが定められてい […]

続きを見る
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおい […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

ドラックストアは薬剤師の就職先として、調剤薬局、病院に次いで人気の職場です。人気の理由は、他に比 […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について説明しているページです。仕事内容、平均年収、転職注意点 […]

続きを見る
製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

薬剤師に人気の転職先の1つとして製薬会社が挙げられるのではないでしょうか。 人気の理由は、大手の製 […]

続きを見る
空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職時の注意点について3つのポイントからご紹介していきます。空港での薬剤師求 […]

続きを見る
病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点
食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト