MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MSは主に医薬品の購買を促します。これら企業薬剤師の年収はサラリーマンと比較して高く、薬剤師からの転職によって年収アップが期待されます。

また、企業薬剤師になるための資格は必要なく、近年奨励する企業が多い認定試験も、入社後の研修を受けることによってほとんどの人が試験に合格できます。

1. 企業で働くMR・MS薬剤師の仕事・役割

企業で働くMR・MS薬剤師の仕事・役割

薬剤師が企業で働く場合、薬事法により製薬会社や医薬品卸企業に配置が義務付けられている「管理薬剤師」という立場で働くこともできますが、これらの企業で更に多く求められているのが、MRやMSという仕事です。

 

MRの主な仕事は、医薬品の情報提供

MRとは製薬会社に所属し、自社の開発した医薬品の効果や安全性、副作用などを医師に提供することで医薬品の適正な使用と普及に努めます。

治験によって安全性や効果の確認がなされている医薬品であっても、やはり体質によって副作用が起こりえますし、より安全に、より効果的にその医薬品を使用するには、開発者からの明確な指示・情報が必要になります。

MRはこれらを医療機関に伝える情報提供者というわけです。

また情報提供だけでなく、実際に自社の医薬品を使用している医療機関においてどのような効果が得られているか、副作用があるのかなどの情報を収集し、それらの情報を自社に持ち帰り、その情報を製薬会社が分析・評価した結果を今度は医療機関に伝えるフィードバックも大切な仕事です。

 

MSの主な仕事は、医薬品の購買促進

一方、MSは製薬会社と医療機関の仲介者としてその医薬品の流通を担う医薬品卸企業に所属し、医薬品の営業担当者として働きます。

自社が製薬会社より購入した医薬品を医療機関や薬局などに紹介し、その薬品についての情報を伝え最終的に定期的な購入を促すことが主な仕事で、その中には医薬品の価格を決定することも含まれます。

販売後は薬の効果や副作用の有無などの様子を聞き、フォローすることで医師や薬剤師との信頼関係を深めていきます。

またMSの営業は基本的には「お得意様回り」ですが、担当エリアにおいて新たな新規顧客を開拓するのもMSの腕の見せどころと言えるでしょう。

ポイント!

MRが純粋に第三者的に医薬品の情報提供を行うのに対し、MSにはセールス的な要素が濃い点が主な違いと言えます。

薬剤師の企業就職先として人気の高い、製薬会社や医薬品卸企業。企業に就職した薬剤師は、MRやMSとして働くことが多い傾向にあります。

MR・MS薬剤師の平均年収について

製薬会社という企業で働くMRは、当然サラリーマンという位置づけですが、その年収は他の一般的なサラリーマンと比べてかなり高いものとなっています。

 

MRはサラリーマンと比較して高収入

サラリーマンの全体平均年収は、国税局の発表によると2013年のデータで409万円。一方製薬会社のMR職の平均年収は683万円となっていますから、280万円近い差が出ていることが分かります。

これは基本給に加えて、その仕事柄営業手当や外勤手当、また売上実績に応じて報奨金がつく企業も少なくないためでしょう。また家族手当や住宅手当など福利厚生も充実していることも、高収入の理由の1つになっています。

 

MRへの転職は年収アップに繋がる

MRの平均年収を年代別で見た場合、20代では493万円、30代では711万円、40代では872万円、50代では926万円というデータが報告されています。

企業の規模別に見た場合では、大手製薬会社のMRなら平均年収1000万円、中小企業で年収の低い所でも500万円にはなります。薬剤師の平均年収が510万円であることを考えると、やはりMRへの転職は年収アップに繋がると期待できます。ただ、MRは実力主義の世界でもあるため、成績の悪い人はそれ程の高額は難しいこともあります。

 

MSはMRと比較すると年収において差が出る

MRと混同されがちなMSは、MRと比べると年収の面でかなり見劣りし、同レベルの企業であっても2倍程の開きがでることもあるとされています。

 

MR・MSなるために薬剤師が必要な資格は?

製薬会社や医薬品卸企業で働くMR、MSは、自社が扱う医薬品に精通していなければならず、このため既に医薬品や薬事法に関する専門的な知識を有している薬剤師から転職者も少なくないのですが、では薬剤師資格を含め、MRやMSになるのに何らかの資格が必要なのかという点が疑問点となることでしょう。

 

法的に特別な資格は必要ない

結論から言えば、MRもMSも、その仕事をするにあたって、法的に特別な資格を必要とはしません。薬剤師の資格すら求められていないのです。

MRは自社の薬品を使用する医療関係者にその薬品の情報を提供するのがその仕事、MSは自社が製薬会社より仕入れた薬品を医療機関や薬局へ売り込むべく薬品の説明をし、契約をとり価格を決めることがその仕事。

いずれも確かに専門知識が必要にはなるものの、これらは入社後に身につけることが可能である為、何の資格も持たないまっさらな状態で入社する人もいます。既に薬の専門知識を身につけている薬剤師はそれだけ就職に有利になるのは確かです。

ポイント!

近年では、義務ではないものの「MR認定資格」や「MS認定資格」の取得を奨励している企業が増えています。いずれの資格も各企業に入社し導入教育を受けた上で試験に臨めば殆どの人が合格すると言われています。

2.MR・MSの薬剤師求人の注意点について

MR・MSの薬剤師求人の注意点

薬剤師としての職種にはMSの他にMRがありますが、似ていても違う仕事なので混同しないようにしましょう。薬剤師がMS・MRとしての求人を探す際の注意点についてお話いたします。

 

(1):大手医薬品会社か中小医薬品会社か?

求人を探す際には、大手の医薬品卸会社であるか、中小医薬品卸会社であるかということがポイントです。転勤先となる会社にどれだけの売り上げがあるかを調べておくことも重要です。

なぜならば、売上の良い企業に勤めるMS・MRの年収は800万円ほどとなっていますが、中小の医薬品卸の企業に勤めている場合は600万円ほどと大きく違いがあるのです。

 

(2):中小であれば再編のリスク、大手であれば合併のリスク

中小の企業であってもこれから再編が行われたりしないとも限りません。もしかしたら大きなグループと合併するかもしれないのです。

そういったことから、転職をする前には企業がこれから先に再編を考えているのか、動きをチェックしておく必要があるということです。

ポイント!

こういうことは、MS・MRに転職しようと思う薬剤師にとってはかなり不慣れとなり、一番困るポイントです。

完全に無料で利用できる、薬剤師求人サイトの担当のコンサルタントに相談すると調べてくれるので利用しない手はないでしょう。

 

(3):転職を考えたら国の政策もチェック!

医療用である医薬品は、値段の基準というのが国によって定められています。納品する品数が増えれば、それだけ医療機関によって法定薬価から納品薬価を引いた薬価差益というのを徴収されることになるので、利益があがるということもさほど考えられないのです。

会社の経営がどの様な状態かということは、国が医療に対してどういった政策をとるかということも関わってきます。国がどの様な政策をしていくのかということも、転職前にしっかりと見極めておくことが大事なのです。

 

(4):管理薬剤師求人も狙っていこう!

医薬品卸の会社は、管理薬剤師を置かなくてはいけないと薬事法によって決められています。求人が多い訳ではありませんが、管理薬剤師を募集する医薬品卸会社の求人もあるのです。

薬剤師という資格を持っているということで、医薬品卸会社で働くとなると資格手当がもらえる場合が多いです。

 

転職のビジョンはしっかりと持とう!

仕事に関しては重大な責任があるわけですが、企業の中には薬剤師の仕事が少ないということも考えられるでしょう。

転職を考えるならば、どういった仕事をしていきたいのかということや、どんな人達と触れ合う仕事がしたいのかというビジョンを自分の中でしっかりと持つということが大切なのです。

 

製薬会社の管理薬剤師について

製薬会社では学歴が就職に左右することもあり、修士以上の学歴を持っていることが必要になることがあります。

医薬品卸の企業の場合は、あまり経験のない薬剤師でも採用となることもあります。そういった点では、医薬品卸の企業を探すというのも手段ではあります。

3.知っておこう!MR・MSのブラック企業求人の定義

MR・MSのブラック企業求人の定義

MR(製薬会社の営業職)・MS(医薬品卸販売担当者)求人を探す上で、ブラック企業の定義をご紹介していきたいと思います。

 

(1):ジェネリック医薬品取扱い企業はブラック率が高い

製薬会社の中でも、ジェネリック医薬品を扱っている会社には、待遇があまり芳しくない会社も存在します(あくまで一部という認識でお願いします)。

不当解雇の争いになったり、株主総会では労働に関する問題を取り上げられた会社もあります。ブラック企業だという認識ではなく、ブラック企業になりやすい傾向が高いという意味合いです。

 

(2):パワーハラスメントがひどい・日常茶飯事

正規職員ではありませんが、上司からパワーハラスメントを受け、コンプライアンス委員会に訴えたということもあります。この件に関しては裁判にもなっています。

こういった点があることは、十分注意して会社を見極めたいですね。

 

(3):残業時間が月平均で40時間を超える

薬剤師のMRとしての求人に限らないことでもありますが、ブラックと成り得る企業の特徴としては、残業時間が毎月平均で40時間以上あるかどうかということ。

そして、有給休暇の取得もポイントになります。年間を通して5日休暇を取れない企業はブラックと言えるでしょう。

 

(4):離職率が3年後に60%以上ある

就職してから3年後に一体どの程度の人達が離職しているかということです。離職率が多いということは、働きにくい面があったり問題があることがわかるのです。

政府ではハローワークなどで大学生や大学院生に対しての求人を出す企業については、離職率を公開することを求めることに決定しました。

その企業から何人の人が辞めているかということがわかるようになっているのです。求人に応募をする際には参考にできるということです。

 

(5):土日出勤を強要される

ブラックと言える実態についてもご紹介します。MRに限らず薬剤師の方に実際にあった事ですが、本来は休みであるはずの土・日にも給料無しで出勤することを強要されたという事実もあります。

そして、役職が上がったとしても給料は上がらなかったという話しもあります。また、営業での歩合給がいつの間にか減らされていたということも。

 

(6):夜中の11時まで仕事をさせられる

さらには、いつも午後11時までは仕事をしていて、たまにそれよりも早く帰ろうとすると上司に注意されるということも起きているのです。

こういった理不尽なことがブラック企業ですが、働いてみるまでは自分でそれを見極めることは難しいでしょう。

 

MR・MSのブラック企業求人を回避する方法

ブラック企業の定義について5つ記載しましたが、どうしても入社してみないとわからないことが多いです。そのため転職時には以下の内容のことを行ってみてください。

  • 企業についてネット検索をする
    ネット検索する方法としては、検索の2ページ目以降を見ることがポイントです。以外と元社員のクレームなどが書いてあるケースが多いものです。
  • 可能であれば、見学・OB訪問をさせてもらう
    時間がある方限定ですが、入社前に行っておきたいですね。
  • 薬剤師求人サイトを必ず複数社利用する
    薬剤師求人サイトの担当者は離職率や会社の情報を知っています。ただ、1社だけの意見だと非常に怖く、信じられないものがありますし、伝え方によって大きく違ってくるため必ず2社以上の複数社からの意見を聞くようにしましょう。

こうした企業の内情などなかなか知り得ない情報を掴むためには、薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントに、気になる企業について相談してください。どういった会社なのか調べ伝えてくれますし、情報を集めてしっかりと吟味した上で優良な会社を提案してくれます。

まとめ

薬剤師として、MRやMSに転職する方も多くいますが、資格職を十分に生かせる業種かというと、そうではありません。

それでも男性・女性問わず、大手企業でバリバリ働きたい場合は、MR・MSに転職をお勧めします。

大手であれば、部長クラスで年収1,000万円は超えてきますね。是非チャレンジしてみてください。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院の薬剤師の仕事内容は、調剤業務に服薬指導、そして薬歴管理など調剤薬局で行う業務だけでなく、薬 […]

続きを見る
製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

薬剤師に人気の転職先の1つとして製薬会社が挙げられるのではないでしょうか。 人気の理由は、大手の製 […]

続きを見る
血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血 […]

続きを見る
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

通常の薬局などと同じように、製薬会社な医薬品の卸業者などには、管理薬剤師がいます。 これは、薬事法 […]

続きを見る
薬剤師が企業に転職!メリットデメリットと大変だと思うことランキング

薬剤師が企業に転職!メリットデメリットと大変だと思うことランキング

薬剤師が企業で働くメリット・デメリットを確認しつつ、企業で働く薬剤師が大変だと思うことをランキン […]

続きを見る
空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

空港で働く薬剤師への転職時の注意点について3つのポイントからご紹介していきます。空港での薬剤師求 […]

続きを見る
工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

工場で働く管理薬剤師の仕事内容・平均年収・求人の探し方について

薬剤師として3年以上実務経験を積んだ後、キャリアアップとして管理薬剤師への転職を考えられる方も多い […]

続きを見る
管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。 […]

続きを見る
薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

薬剤師が初めてドラックストア求人へ転職する6つの注意点

ドラックストアは薬剤師の就職先として、調剤薬局、病院に次いで人気の職場です。人気の理由は、他に比 […]

続きを見る
外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について

外資系企業へ転職する薬剤師の注意点について説明しているページです。仕事内容、平均年収、転職注意点 […]

続きを見る
薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル
病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト