クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニックで働く薬剤師の仕事内容は、院内で医師が書いた処方箋を見ながら調剤業務と服薬指導、そして薬歴管理を行います。

調剤薬局で働く場合には、複数の薬剤師が同じ職場で働いているので、これらの業務は経験や実力ごとに分業化されていることが多いのですが、クリニックの場合には薬剤師の数も少ないため、一人で複数の職務をこなすことが多くなります

調剤業務だけではなく、幅広い職務に挑戦したいという人なら、クリニックで働く薬剤師に挑戦してみるのも良いでしょう。

 

 

1.クリニックの薬剤師の仕事内容

クリニックの薬剤師の仕事内容

クリニックの薬剤師は、特定の診療科に特化した調剤業務が多くなるため、深いレベルでの知識を身につけることができますし、たくさんの経験を積むことができるというメリットがあります。

しかし、調剤薬局のようにいろいろな診療科目の患者さんに対応するわけではないため、知識や経験に偏りができてしまいやすいというデメリットもあります。

キャリアアップを考えている薬剤師の場合には、こうしたメリットとデメリットをよく理解した上で転職するようにしましょう。

 

2.クリニックで働く薬剤師求人の平均年収・給与

クリニックで働く薬剤師求人の平均年収・給与

病床を持つ大規模な病院ではなく、専門の診療科に特化したクリニックで働く薬剤師の場合には、地域やクリニックによってもちろん給与やボーナスの金額は異なりますが、平均年収は240万円~300万円程度が多いと言われています。

 

年収500万以上の薬剤師も!

薬剤師が不足している地域に行くと、クリニック勤務の薬剤師でも平均年収が500万円台になることはありますが、調剤薬局と比べるとクリニック勤務の場合には平均的な給与やボーナスが少し低く設定されている地域が多くなる傾向にあります。

ポイント!

クリニックで働く薬剤師求人を見つける際には、特定の診療科目に特化しているので、自分の得意な分野で転職先を見つけるのも良いですし、積極的に挑戦したいと思っている診療科目のクリニックを選ぶのも良いでしょう。

規模が小さなクリニックの中で、看護師や医師など他のスタッフと一緒に働くことによって、薬剤師に与えられた役割や職務を実感できる機会も多いのがクリニックで働く薬剤師の特徴となります。転職によって特定の診療科において深いレベルでの経験を積むことができます。

 

3.クリニックの薬剤師求人への転職注意点

クリニックの薬剤師求人への転職注意点

クリニックの薬剤師求人は、調剤薬局や病院へ勤務する薬剤師の求人と比べると、求人数が少ないので、仕事探しをする際にもできるだけ効率的な転職活動が必要となります。

自分の足で仕事を探したり、ハローワークなどを活用する方法も良いですが、働きながら仕事探しをしている人なら、薬剤師求人サイトなどを活用するのがおすすめです。

 

薬剤師求人サイトはやはり便利!

条件や希望に合った仕事を瞬時に絞り込むことができますし、考えていた範囲よりも少し広げて求人を探したり、路線別など検索機能が充実しているので便利です。

クリニックへ薬剤師として転職する場合には、少人数の職場になるので、人間関係によって職場の雰囲気や働きやすさが大きく影響されることは理解しておきましょう。

ポイント!

個人経営のクリニックでは最少人数のスタッフで切り回していることが多いですし、特にその中でも医師との相性によって働きやすさが変わることが多いと言われています。転職の際には、そうした点も理解しながら仕事探しをしたいものです。

 

4.クリニックへ転職で薬剤師履歴書の自己PR文例集

.クリニックへ転職で薬剤師履歴書

多くの薬剤師が仕事をしている病院やクリニックでは、調剤業務を行うだけでなく、そのクリニックの理念や理想に合った人間かどうかと言う点も、面接で判断されることが多くなります。

たくさんの病床を抱える病院の場合には、いろいろなタイプの薬剤師が働いていますし、それぞれのスキルレベルや経験値に合わせて職務内容も異なるので、病院の理念や理想よりも、スキルや経験、手際の良さなどが評価されることも多いものです。

しかし、個人経営のクリニックでは、患者さんに快く通ってもらえるために理念や理想を公式ホームページで掲げている病院も多く、クリニックの雰囲気に合った薬剤師が採用されやすくなります。

 

クリニックへの自己PR文例集

自己PRの内容は、基本的には自分の性格や長所をアピールできればどんなことでもOKです。

例えば、他人とお話をすることが大好きな人なら、

  • 患者さんとコミュニケーションをとることが大好きだから、積極的に明るく声がけをしたい」
  • 「忙しくてもテキパキ仕事をこなすことが得意なので、調剤業務でも自分の長所を生かして仕事に貢献したい」

と自己PRすることも良いですし、他人の名前を覚えるのが得意な人なら、

  • 患者さんと人間関係を築けるような薬剤師に成長したい
  • 「特定の分野に特化した調剤業務を行うことで、より深いレベルの知識や経験を身につけたいと思いました」

  • 「人とお話をすることが大好きなので、薬剤師と言う立場で、クリニックに足を運ぶ患者さんの気持ちを少しでも和ませることができるような薬剤師になりたいです

と言うのも良いかもしれません。

また、文例集を参考にしたり、転職サイトで担当してくれる専任のコンサルタントにアドバイスを受けるという方法もおすすめです。

ポイント

薬剤師履歴書を記入する際には、あらかじめクリニックのホームページを熟読し、クリニックの理念や理想を念頭に入れながら、自分の性格や長所をアピールできれば良いでしょう。 公式ページを持たないクリニックでも、案内のパンフレットなどがあれば、あらかじめ入手しておくと、履歴書を記入する際には参考になります。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

管理薬剤師として企業で働く場合、どう言った職場があるのでしょうか。ここでは、管理薬剤師を必要とし […]

続きを見る
公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

厚生労働省からまだ承認されていない新薬の開発に関わることができる薬事申請のお仕事をしたい場合には […]

続きを見る
薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

近年、薬剤師の働き方は、正社員だけではなく、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど幅広い働き […]

続きを見る
学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

日本では学校保健法により、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、に薬剤師を必ず置くことが定められてい […]

続きを見る
臨床開発へ薬剤師転職!転職注意点と探し方

臨床開発へ薬剤師転職!転職注意点と探し方

臨床開発の仕事は新薬の開発に大きく携わる仕事で、その仕事内容は、大きく分けると治験プロセスの段階 […]

続きを見る
血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血 […]

続きを見る
薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

女性の社会進出が進む中、日本では生活に合わせた様々な働き方が選択できるようになっています。そんな […]

続きを見る
製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

製薬会社へ転職を考える薬剤師が知っておきたい4つのポイント

どんな仕事であっても、転職するにあたって給与は気になるところです。 年収が下がってもやりたい仕事 […]

続きを見る
薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ
空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点空港で働く薬剤師への転職3つの確認と注意点

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト