薬剤師が企業に転職!メリットデメリットと大変だと思うことランキング

薬剤師が企業に転職!メリットデメリットと大変だと思うことランキング

薬剤師が企業で働くメリット・デメリットを確認しつつ、企業で働く薬剤師が大変だと思うことをランキング形式で紹介していきます。

一番のメリットは、やはり年収の高さにあります。また、製薬業界の将来性を安定性も大変高く、企業で働くことによって高い専門知識を身に着けることができます。一方で、勉強し続ける必要があったり、仕事のスタイルとして自己管理能力が問われることになるので、それらが苦手な人にとってはデメリットになります。実際に企業で働く薬剤師が大変だと思うことは、待遇ではなく仕事の大変さに関するものが多いようです。

 

1.薬剤師が企業へ転職する上で知っておきたい3つのポイント

薬剤師 企業 転職 知っておきたい ポイント

薬剤師が企業へ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて紹介していきます。転職するにあたって必要な能力、転職する際に注意すべきことを確認した後、良い求人を見つけるための条件について説明していきます。

転職するにあたって、まず、薬剤師の仕事に求められる能力とMRの仕事に求められる能力に違いがあることを理解しておく必要があります。医師とのコミュニケーションが仕事の中心であるために求められる能力が変わってくるのです。

また、転職する際、求人を探すが難しいため、薬剤師求人サイトを利用するのが良いでしょう。競争率の高いMR職を勝ち取る為の様々なアドバイスやサポートを得ることができます。

そうして、晴れて求人を見つけることができたら、勤務地や勤務時間に注目することで自分にあった求人を探しましょう。

 

(1):薬剤師が企業へ転職する心構え

薬剤師が企業MRへと転職する際の心構えとして、これまで行ってきた薬剤師の仕事に求められる能力と、MRの仕事に求められる能力の違いについてきちんと把握しておくことが大切です。ここでは代表的なものだけを挙げてみたいと思います。

 

洞察力を働かせたコミュニケーションが必要

まず、コミュニケーション能力。情報伝達・情報収集が仕事のMRですから、これはもう必須能力と言えますが、これは薬剤師が患者に薬の説明をするときのようにただ上手に分かりやすく説明できれば良い、というものではありません。時間のない医師に対し、必要な情報を要領よく伝えると共に、相手が何を聞きたいのか、また言いたいのかを汲み取って会話する、洞察力を働かせたコミュニケーション能力が求められる為、これはかなり高いレベルのものが求められると考えておいた方が良いでしょう。

 

医療機関との関係づくりのための行動力が求められる

またMRには行動力も求められます。MRにはノルマがあり、これをこなせばOKというわけではありません。担当する医療機関との良い関係を築いていくためには、単に仕事の時だけ訪問すれば良いというのではなく、挨拶がてら頻繁に訪問し印象付けること、例えば旅行へ行ったのならお土産を渡しにいくなど、目標達成に役立ちそうだと思いついたなら即実行に移す行動力が求められるのです。この行動力には、フットワークが軽い、車の運転が苦手でないなどの文字通りの「行動する力」も含まれていると考えておきましょう。

 

(2):薬剤師が企業へ転職するにあたっての注意点

薬剤師が病院や薬局から企業へ転職するというケースは多く、特に製薬会社のMRとして働く人が増えています。

MRと聞くと高収入というイメージがありますから、やはり年収重視で転職を考えている薬剤師にとっては魅力でしょう。しかしMR転職を考えている人は、転職活動に伴う注意点も考慮に入れておかなければなりません。

 

求人数が少なく、年齢制限がある

特に覚えておきたいのは、調剤薬局やドラッグストアなどと比べると、格段に求人数が少なく見つけにくいという点です。その上わずかなMR求人も年齢制限があり、MR職未経験の場合は40才以上になるとかなり難しくなってしまうと考えられます。それでMRへの転職を考えている人は、できるだけ早く実行に移した方が良いでしょう。

 

薬剤師という資格が武器になるとは限らない

また薬の専門知識のある薬剤師はその分有利になるとは言え、MR職にそのような資格が必須というわけではなく、実際、文系出身のMRが全体の大半を占めていることからしても、薬剤師という資格を武器に転職に望んでも期待したほどの効果はないと考えられます。

ポイント!

MRへ転職したいと考えている人は、難しい転職でもしっかりサポートしてくれる、薬剤師求人サイトの力を借りた方が良いでしょう。競争率の高いMR職を勝ち取る為の様々なアドバイスやサポートを得ることができます。

 

(3):薬剤師が良い企業求人を見つけるための条件

薬剤師の勤務先の中でも最も高収入が見込める、製薬企業のMR。そのため薬剤師の転職先として常に人気がありますが、それに反して製薬企業の求人はそれ程多くは見つかりませんし、わずかなMR求人に多くの希望者が殺到するため非常に高い競争率になってしまいます。従って、MR求人を手際よく見つけるには薬剤師求人サイトの力を借りることをお勧めします

薬剤師求人サイトなら、独自の情報網から一般には知られていないMR求人を紹介してもらうこともできます。しかしMR求人を紹介してもらえたとしても、今後長く続けて行くためには幾つかのチェックポイントを確認し、自分の条件にあっているかどうかを調べておかなければなりません。

 

出張頻度や勤務地を確認しておく

例えば勤務地。MRは様々な医療機関に出向いて仕事をしなければならないため、企業によっては郊外への出張が多くなってしまう可能性もあります。遠方への出張が頻繁というのは困るという人は、その点を確認しておく必要があるでしょう。

 

勤務時間を確認しておく

また勤務時間の確認もしておきましょう。企業によっては直接医療機関へ行きそのまま直帰、ノルマさえこなしていれば特に勤務時間にうるさくないというところもあれば、まず自社へ出勤、仕事が終わっても一旦自社へ戻らなければならず、細かく勤務時間をチェックしているところもあります。自由に仕事がしたい人なら前者、自己管理が苦手という人なら後者の方が向いていると言えるでしょう。
 

 

2.薬剤師が企業で働くメリット

薬剤師が企業で働くメリット

企業で働く薬剤師の中でも非常に数が多いと言われているのが、製薬メーカーのMR。具体的にどんな点が魅力なのか、そのメリットを挙げてみましょう。

 

収入が高く、福利厚生もしっかりしている

まずMR最大のメリットとも言われているのが、その収入の高さです。そもそも製薬会社勤務は薬剤師の企業勤務の中でも最も高収入と考えられていますが、これはMRとして活躍した場合かなりの額の基本給になることに加え、1日数千円の営業日当などが付いて高額の手取りとなるためです。また社会保障や福利厚生もしっかりしているため、給与面以外でも満足の行く雇用条件で働ける可能性が高いでしょう。

 

将来性と安定性が抜群

また所属する製薬業界に、将来性と安定性があるのもメリットです。景気の良し悪しに関係なく医薬品は不可欠ですし、進み行く高齢化社会においては尚一層需要が高まると考えられます。癌を始めとした生活習慣病に対する医薬品の占める立場も広がりつつあることも、将来性が期待できる要因の1つになっています。

 

高い専門知識を身に着けることができる

他のメリットとしては、高い専門知識を身につけることができるという点も挙げられます。担当している医薬品とそれに関係する疾患に関しての専門的知識がなければ医師と対等に話すことなどできません。加えて営業スキルも必要となる為、MRとして働いていくうちにハイレベルな医学知識と営業スキルを併せ持つスペシャリストへと成長していくことができるのです。

 

3.薬剤師が企業で働くデメリット

薬剤師 企業 働く デメリット

特にその年収の高さから、薬剤師の転職先として人気の製薬メーカー企業。薬剤師の場合、製薬企業MRとして働くことも多いです。しかしMR職にもデメリットは存在しますから、転職前にそのデメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

勉強し続ける必要がある

1つは、常に勉強し続けなければならない、という点です。医療技術や医薬品業界は常に進歩し続けるため、常に知識を更新し続けなければMRとしての仕事が行き詰まってしまいます。このため常に最新情報にアンテナを張り、勉強し続けることが必須の職業となるのですが、そのような自主的な勉強が苦手という人にはこれは大きなデメリットとなります。

 

自己管理能力が問われる

またMRの仕事の大半は、病院やクリニックへの訪問で占められ、自社に帰ることなく直行・直帰という場合も珍しくありません。このような勤務スタイルだと自分自身でスケジュールを管理し調整してノルマを達成していかなければならず、これには自己管理能力が問われることになります。これも苦手は人にとってはデメリットになるでしょう。

 

薬剤師の仕事とは離れることになる

更に、MRとして働くということは、薬剤師としての仕事を一切しなくなることを意味しています。これから一生MRとして働いていくと決めている人なら構いませんが、今後薬剤師としての復帰も視野に入れている人にとっては、薬剤師としてのスキルが落ちてしまうことは避け得ないため、非常に難しくなると覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

4.企業で働く薬剤師が大変だと思うことランキングベスト10

企業で働く薬剤師が大変だと思うことランキング

薬剤師の転職先として人気の高い企業MRですが、ここではMRになって大変だと思うことをランキング形式で挙げてみたいと思います。

 

第10位:残業がある

MRはノルマに沿って自分で予定を立て仕事をしていきますが、これが予定通りに進まなかった場合、どうしても時間がずれこんで残業となってしまいます。また企業によっては1日の仕事が終了した後自社へ戻り、報告者を作成・提出することが求められているところもあるため、結果的に残業になってしまうことが多いという人もいます。

 

第9位:価格交渉はできない

自社の医薬品をアピールするという点ではMSとそれ程変わらない仕事とも言えますが、実際の価格交渉となるとMRは一切タッチしません。元薬剤師の場合はあまり問題になることはありませんが、元営業マンだった人がMRになった場合、これに慣れるのに時間がかかることもあります。

 

第8位:接待が大変

とにかく自社の医薬品を採用してもらうために、かつては医師への接待やサービスがMRの仕事の1つとされていました。今では医師の接待が禁止され自主規制が敷かれているため以前のような苦労はありませんが、今でもこのような慣習が僅かに残っているところもあると言われています。

 

第7位:自己管理が大変

担当領域を任された後はノルマ達成の為に自分で予定を管理しなければならなのがMRですから、徹底した自己管理が求められ、それが苦手な人にとっては苦労することになります。

 

第6位:相手がつかまらない!

営業相手であるドクターは毎日非常に忙しい為、訪問してもなかなかつかまらず仕事が先に進まない、終わらないことも珍しくありません。

 

第5位:医師と話すというプレッシャー

MRの営業相手は、ドクターというステータスのある人物。その相手の専門分野に踏み込んで話をしなければならないわけですから、かなりのプレッシャーとなるのは当然です。中には難しい医師もいるので接し方には特に気をつけなければなりません。

 

第4位:扱う情報の責任の重さ

MRの仕事は自社の医薬品を適正に使用してもらうための情報提供ですから、万が一間違った情報提供をしてしまえば患者の健康被害に繋がる危険性もあります

 

第3位:常に動き回らなければならない

営業職でもあるMRは、当然自社内で座って仕事をすることなど殆どありません。常に担当する医療機関を渡り歩きアクティブに動かなければならず、家から担当区域へ直行、そのまま直帰ということも珍しくありません。

 

第2位:ノルマの達成

実際の販売はMSの仕事になるものの、やはりMRにも営業職としての役割が求められています。そのため担当する医薬品の売上目標がノルマとして課されていることが殆どで、この達成に苦労するという意見が多数見受けられます。

 

第1位:常に勉強しなければならない

日々進歩し続ける医療業界の中で、担当する医薬品とそれに関係する疾患については、医師と対等に話すことができなければなりません。しかし医師との雑談などMRにはそれ以上の幅広い知識も求められる為、常に情報にアンテナを張り、新しいことを学び続けなければなりません

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

管理薬剤師として企業で働く場合、どう言った職場があるのでしょうか。ここでは、管理薬剤師を必要とし […]

続きを見る
公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師に転職5つの知識と管理薬剤師メリット・デメリット

管理薬剤師は、薬剤師の管理監督を行なったり、薬局などの施設の管理を行う責任者的な立場の職種です。 […]

続きを見る
病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院の薬剤師の仕事内容は、調剤業務に服薬指導、そして薬歴管理など調剤薬局で行う業務だけでなく、薬 […]

続きを見る
薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

女性の社会進出が進む中、日本では生活に合わせた様々な働き方が選択できるようになっています。そんな […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

これまでは、漢方薬局と聞くと一般的に少し気難しいようなイメージを持たれる方が多かったのですが、近 […]

続きを見る
薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

薬剤師が派遣に転職して働く前に知っておきたい完全マニュアル

近年、薬剤師の働き方は、正社員だけではなく、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど幅広い働き […]

続きを見る
薬剤師転職!研究職の職場と仕事内容・求人の探し方とは?

薬剤師転職!研究職の職場と仕事内容・求人の探し方とは?

薬剤師の職種で大変人気なのが、研究職です。研究職では、主に新薬の開発を行っている場合が多く、薬剤 […]

続きを見る
薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が臨床開発モニター(CRA)求人へ転職する場合の4つの確認事項

薬剤師が治験業界へ転職するパターンとしては、治験コーディネーター(CRC)の他に臨床開発モニター […]

続きを見る
製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト