薬剤師転職!研究職の職場と仕事内容・求人の探し方とは?

薬剤師転職!研究職の職場と仕事内容・求人の探し方とは?

薬剤師の職種で大変人気なのが、研究職です。研究職では、主に新薬の開発を行っている場合が多く、薬剤師の職種では花形の職業とも言えます。研究職への転職は中々難しいのが現状ではありますが、薬剤師転職サイトをうまく活用して転職に成功している薬剤師も実際は多くいます。

そこで今回は、薬剤師の研究職の職場とその仕事内容、また、求人を見つけるための方法についてご紹介します。

 

1.薬剤師の研究職がある職場とその仕事内容とは?

薬剤師 研究職 職場 仕事内容

薬剤師の研究職と言っても、その仕事内容は職場によって異なります。薬剤師の研究職の職場としては、下記のような職場が挙げられます。

  • 製薬会社
  • 化学メーカー
  • 食品メーカー
  • 化粧品メーカー

基本的に、薬剤師の研究職と聞くと多くの人がイメージするのが製薬会社ですが、近年は科学、食品、化粧品などのメーカーの研究職も人気があります。研究職は大変人気が高く就職が厳しい職場ではあるのが現実です。ですが、転職に成功すれば、福利厚生も整っているところが多く、将来的にも安定していると言えます。

まずは上記の職場について、仕事内容など細かく見ていきましょう。

 

製薬会社

薬剤師の研究職で一番多い職場が、製薬会社です。基本的に製薬会社では、病気を治すためのメカニズムなどの基礎研究や自社で新薬の開発や薬の改良、実験などを行っているため、研究職の人数も多くなっています。そのため、求人数も研究職の中では多めで会社の中でも花形の職種になっています。研究内容としては、大学の研究室で行うような内容とあまり変わりはありませんが、仕事として研究を行うことになるので、効率的な業務、またより深い専門知識知識が求められます。また、研究結果をまとめて上司などに報告、チームでの研究などもあるため、コミュニケーション能力や協調性も必要になってきます。

 

化学メーカー

化学メーカーなどでも医薬品を取り扱う会社などでは、新薬の開発や薬物動態業務などの求人があります。会社の取り扱っている主力製品やこれから力を入れていく商品やプロジェクトによって、研究内容や研究物が変化してくる場合もあるため、一概に仕事内容を言い表すことはできません。また、大手化学メーカーなどでは定期的に採用を行っている会社もありますが、企業の新規プログラムに合わせて募集されることもあるため、求人へのチェックが欠かせません。

 

食品メーカー

薬剤師の研究職の職場として人気が高いのが食品メーカーです。食品メーカーでは、食物繊維の成分分析や研究、調査を始め、科学的観点からの研究などを行っていることが多くなっています。やはり、人が口にするものを扱っているため、安全性を第一に、美味しさの追求も行っていかなければなりません。近年では、SNSなどの発達により、食の安全への問題が注目されつつあるため、メーカー側でも、特に注意を払っている分野になります。

 

化粧品メーカー

化粧品メーカーの薬剤師の研究職の仕事としては、化粧品の成分を研究し、皮膚への影響を調べたり、安全性の研究など行います。場合によっては、研究、企画、薬事申請まで幅広い業務を求められるところもあります新製品の開発においては、薬剤師だけでなく、医師、その他医療関係者、営業担当やマーケティング担当など複数のチームで進めていくことも多くなっているため、専門的な知識に加え、提案力、説明力、コミュニケーション能力も求められます。

 

 

2.薬剤師研究職の給与事情とは?平均年収は高額?

薬剤師 研究職 給与事情 平均年収

薬剤師の研究職の給与は、とても高額なイメージを乗っている人が多いですが、実際は、それは大手企業のみで、実際は多くの会社で、他の薬剤師より少し多いか、または同じくらいといった場合が多くなっています。また、製薬会社のMRと比べると、研究職の方が低いといった場合も多いにあります。

 

学士か博士かで給与も変わってくる

薬剤師だけでなく、一般的な職種でも、大学卒と大学院卒の給与が異なるように、薬剤師の場合も、大学で、学士までなのか、博士までなのかで、その分初任給が変わってきます。大手製薬会社の研究職の新卒の初任給は、修士・学士(6年制)で約25万円、博士(4年制)で約28万円〜30万円と学士と博士で約4〜5万円ほど差があることになります。また、中途の場合は、これまでの実績や経験値などで決まるのがほとんどですが、やはり、学士か博士かといった違いで、給与に若干差が出てくる場合があります。

 

大手製薬会社では平均年収1000万以上も多いにある

薬剤師の研究職においては、平均年収が1000万円以上になる場合も多いにあります。また、福利厚生も整っており、高待待遇である会社が多くなっていますですが、大手になればなるほど、東大や京大などの出身者や、学生時代に研究で表彰を受けたことがある人など、優秀な人材が揃えられているため、未経験での転職はハードルが高いのが現状です。

 

3.薬剤師が研究職に就くためには?必要な条件や資格

薬剤師 研究職 必要 条件 資格

薬剤師の研究職は、とてもハードルが高いのが現実です。ですが、未経験のアルバイトから初めて、正社員になるといった方法や、薬剤師として調剤薬局やドラッグストアなどで働きながら、研究職の勉強をして転職に成功したという薬剤師もいます。確かに、狭き門ではありますが、努力次第で不可能ということはありません。そこで、ここでは、薬剤師が研究職に就くために必要な条件やスキルなどをご紹介します。

 

大手企業で働くなら大学院で博士号(マスター)を取ろう

やはり、研究職として働いている薬剤師のほとんどが、大学院卒で博士号を取得している場合が多くなっています。そのため、研究職を受ける薬剤師の多くが、当たりまえの条件として博士号を取得している場合が多くなっています。

 

年齢が若ければ若いほど有利

どんな会社でも言えることですが、薬剤師の世界でもやはり、若ければ若いほど転職では有利になってきます。やはり、労働力ということを考えると20〜30代を求人側も求めやすくなっています。もちろん40代以上であっても、前職で何らかの業績を収めている人などは、どの会社でも引っ張りだこの人材ですが、一般的には厳しいのが現状です。

 

特化したジャンルがあると転職時に有利

特定の薬物に関する知識が豊富であったり、珍しい薬物の知識に優れている場合などは転職時に有利になる場合があります。また、薬剤師の資格自体はあまり重要ではない企業も多いため、農学部など他学部で、研究を行ってきた学生や、経験者なども転職時にはライバルとなりますそう言った人たちと戦っていくためにも、何かこれだけは負けないと言った専門知識があると転職で有利になるでしょう。

 

4.薬剤師の研究職求人の探し方

薬剤師 研究職 求人 探し方

薬剤師の中でも特に人気のある研究職は、自力で探そうと思っても中々見つけるのが難しいのが現状です。未経験での転職となれば、さらに難しくなります。また、求人が出たとしても、なり手が多く、倍率も高いため、しっかりとした対策を行わなければ、ほとんどの人が不採用になってしまいます。そこで、ここでは、薬剤師の研究職求人の探し方と、薬剤師の研究職転職にオススメの薬剤師転職サイトの上手な活用方法をお教えします。

 

企業のHPと薬剤師転職サイトを効率良く活用しよう

製薬会社や各メーカーの採用情報のページには、随時研究職の採用情報が掲載されています。そのため、すでに行きたい会社が決まっている場合や大手の製薬会社への転職を考えている薬剤師は、必ず採用情報を逃さないようブックマークしてこまめに確認しておきましょう。

 

 薬剤師転職サイトの効率的な使い方

いざ、求人を運良く見つけたとしても、薬剤師の研究職はとても倍率が高くなっています。ここで活用したいのが、薬剤師の転職サイトです。薬剤師転職サイトは薬剤師専用の転職サイトで、希望求人の紹介や履歴書の書き方、面接の練習、面接同伴、など薬剤師の転職活動に関するサービスを全て無料で受けることができます。

また、薬剤師転職サイトによっては、企業とつながりのあるサイトもありますので、表には出ない非公開の求人の好条件求人を持っていたり、交渉次第で、求人の出ていない会社に転職できたという場合もあります薬剤師転職サイトは、登録したからといって、必ず転職しなければならないということはなく、登録していれば、希望条件の求人が見つかった時に優先的に紹介、通知してもらえるため、登録しておくだけでも価値があると言えます。

気になる薬剤師転職サイトを見つけたら、まずは登録だけでもしてみることをお勧めします。何もしなければ、何も始まりません。まずは、一歩踏み出すことが大切です。

 

まとめ:研究職への転職は効率的な活動がカギ!

研究職 転職 効率的

薬剤師の職種として花形と呼ばれている研究職ですが、研究職に就くには、いくつもハードルがあるのが現状です。しかし、転職サイトなどをうまく活用することで、必ずしも不可能ではないということを覚えておきましょう。研究職になって新薬を開発したり、色の安全を守ったり、化粧品の開発に携われたりと、研究職は、地味な作業ながらもやりがいも大きくなっています研究職に転職をお考えの方は、まず、薬剤師転職サイトに登録して、コンサルタントに相談するところから始めてみてはいかがでしょうか

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職を考えている時に必ず見るのは求人条件だと思います。転職理由によって新しい転職先の希望 […]

続きを見る
未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

未経験で企業管理薬剤師に転職!知っておきたい6つのこと

通常の薬局などと同じように、製薬会社な医薬品の卸業者などには、管理薬剤師がいます。 これは、薬事法 […]

続きを見る
薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

薬剤師が漢方薬局に転職するために知っておきたいポイント5つ

これまでは、漢方薬局と聞くと一般的に少し気難しいようなイメージを持たれる方が多かったのですが、近 […]

続きを見る
薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

厚生労働省からまだ承認されていない新薬の開発に関わることができる薬事申請のお仕事をしたい場合には […]

続きを見る
薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師の転職先には、大学病院という職場もあります。大学病院は、仕事内容が大変幅広くなっています。 […]

続きを見る
食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について

食料品・化粧品メーカーへの薬剤師求人、転職の注意点について

食料品メーカーや化粧品メーカーで働く薬剤師の求人を探す際の注意点とは、どの様なものでしょうか。 […]

続きを見る
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は、新薬が承認される前に行われる治験と言うプロセスにおい […]

続きを見る
クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニックで働く薬剤師の仕事内容は、院内で医師が書いた処方箋を見ながら調剤業務と服薬指導、そして […]

続きを見る
薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

薬剤師アルバイト求人で働く前のメリット・デメリット確認6つ

女性の社会進出が進む中、日本では生活に合わせた様々な働き方が選択できるようになっています。そんな […]

続きを見る
製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

製薬会社で働く薬剤師が任されるMR・DI業務に必要な能力とは

薬剤師に人気の転職先の1つとして製薬会社が挙げられるのではないでしょうか。 人気の理由は、大手の製 […]

続きを見る
企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点企業管理薬剤師3つの勤務場所の転職注意点

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト