薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリット・平均年収

薬剤師の転職先には、大学病院という職場もあります。大学病院は、仕事内容が大変幅広くなっています。調剤や薬の確認はもちろん、患者さんへの薬の説明、医師や看護師と患者の治療方針の話し合いなどを行います。

また、大学病院は研究機関でもあるため、新薬の開発や新しい医療技術の開発などを行うこともあります。

そのため、貴重な経験を積むことができ、薬剤師としてキャリアを積んでいくのには、最適な職場とも言えます。しかし、大学病院への転職には、中途採用が少なかったりとデメリットもあります。

そこで、ここでは、薬剤師が大学病院に転職するメリット・デメリットと大学病院で働く薬剤師の給与について説明したいと思います。

 

1.大学病院で働く薬剤師の仕事内容とは?

大学病院で働く薬剤師の仕事内容

大学病院で働く薬剤師は多くいますが、その業務内容は多岐に渡ります。大学病院は、病院であるとともに研究機関でもあるため、一般的な薬剤師の仕事である調剤や薬の確認、管理などもあれば、新薬の開発や新しい医療技術の開発、治験なども業務に加わります。

具体的にどのような仕事があるのか確認しておきましょう。

 

調剤業務

調剤業務は、大学病院薬剤師の中でも特に多い業務です。近年は、院外処方箋が増えているため、院内での調剤業務は、市販の医薬品では対応できない、院内の患者さん向けの調剤業務がほとんどです。

 

薬品・麻薬、管理・指導業務

病院薬剤師の業務として、院内の薬品・麻薬の管理業務があります。また、適正な保管方法で保管し、適正な状態で使用されているか確認、指導することも重要な業務の1つになります。

 

薬の研究・開発

大学病院は、医療機関だけでなく、研究機関でもあります。そのため、大学病院で働く薬剤師の業務には薬の研究や、新薬の開発などの研究業務も含まれています。

また、大学病院では、薬剤師意外にも医師や看護師など多くの医療従事者が勤務しているため、他の医療従事者と協力して、新しい医療技術の研究などを行うこともあります。

 

臨床試験・治験業務

大学病院では、臨床試験や治験などももちろん行われます。そのため、大学病院で働く薬剤師は、関係資料の提供、管理や、治験コーディネートなどを担当することもあります。

 

2.薬剤師が大学病院に転職するメリット

薬剤師が大学病院に転職するメリット

薬剤師の転職先として人気の高い、大学病院ですが、大学病院で働くことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

薬剤師のスキルを上げるのには1番の職場

大学病院の業務内容は、薬剤師の職場の中でも特に幅広いと言えます。そのため、薬剤師としてのスキルを上げるには、最も適した職場だと言えます。

 

最先端の医療に関わるチャンスがある

大学病院では、一般の病院では中々使用することのできない、最先端の医療設備、医療機器に触れることができます。また、そう言った最先端医療に触れることで、最先端の知識を得ることができます。

 

医療チームに参加できる

大学病院では、医師や看護師が作る医療チームの一員として薬剤師も含まれます。医師や看護師に混じって、患者の治療計画などの話し合いなどに参加したりします。

こうした機会は中々持つことができないため、薬剤師としての経験としては、とても貴重なものと言えます。

 

治験業務ができる

多くの大学病院が、治験業務を支援しています。そのため、治験薬の調剤やコディネート、管理などを大学病院で働く薬剤師が行うことも多くなっています。

治験業務に携わることで、新薬の開発に携わることもできます

 

教育や研修がしっかりしている

大学病院では、他の薬剤師の職場と比べて、教育や研修のカリキュラムがしっかり整っています。

認定薬剤師や専門薬剤師などの資格取得を支援している職場も多く、そう言った資格取得を目指している薬剤師にとっては、最適の職場と言えます。

 

3.薬剤師が大学病院に転職するデメリット

薬剤師が大学病院に転職するデメリット

大学病院は、薬剤師のスキルアップには、とっておきの職場ですが大学病院で働くデメリットは何かあるのでしょうか。

業務範囲が幅広い

これは、大学病院で働く薬剤師のメリットでもありますが、場合日よっては、デメリットと考える薬剤師も多くなっています。大学病院での薬剤師の業務範囲は、通常の薬剤師業務から、研究業務までとても幅広いです。

そのため、何かに特化した業務を行いたいという薬剤師には大学病院はあまり向いていません。

 

夜勤があることも

大学病院で働く薬剤師の場合は、職場によって夜勤がある場合もあります。突然患者が急変してしまった際や救急の患者に素早い判断と対応をすることが求められます。

 

採用枠が少ない

大学病院自体が、数に限りがあるため、大学病院薬剤師の求人は、とても少ないのが現状です。特に中途採用の求人はとても少なく、運よく見つけたとしても、倍率が通常の薬剤師求人と比べて高くなっています。

 

4.大学病院で働く薬剤師の平均給与

大学病院で働く薬剤師の平均給与

大学病院へ転職を考えている薬剤師が気になるのがその給与です。大学病院で働く薬剤師はどのくらいの給与をもらっているのでしょうか。確認しておきましょう。

 

給与は一般の薬剤師とあまり変わらない

大学病院で働く薬剤師と聞くと仕事も多岐に渡るため、一般の病院で働く薬剤師よりも高収入なのではないかと考える人もいますが、決してそうではありません。平均年収でいうと400万円〜600万円ほどです

薬剤師の平均年収が500万円〜550万円程度なので、少し低いか、少し高いかといった感じになります。もちろん、年齢や経験数、地域によっても異なるため、はっきりとした数字は言えませんが、最高で800万〜1000万くらいになっています。

 

初任給は他の薬剤師より低め

大学病院の初任給は、約21万〜26万程度になっています。これは、他の薬剤師の職業と比較すると低めの金額です。

なぜ、他の薬剤師に比べて給与が低めかというと、診療報酬や薬の価格の改定によって、病院が収益を上げにくくなったためです。そのため、初任給を期待している方には、あまりお勧めとは言えません。

 

5.大学病院薬剤師の探し方|転職サイトで見つけたもん勝ち!

大学病院薬剤師の探し方

大学病院の薬剤師求人倍率は、一般的な薬剤師の求人と比較すると低くなっています。なぜなら、大学病院の数自体が少ないからです。

そのため、大学病院の薬剤師求人が出ると応募が殺到しやすく、すぐに埋まってしまいます。では、どのようにして、自分の転職したい大学病院の薬剤師求人を見つければ良いのでしょうか。

 

薬剤師転職サイトで即座に情報をキャッチ

大学病院の薬剤師求人を探すのであれば、薬剤師専用の転職サイトがおすすめです。薬剤師転職サイトは、インターネットのできる環境があればどこでも無料で登録することができ、近年多くの薬剤師が転職時に使用しています。

薬剤師転職サイトでは、自分の希望求人を伝えておくだけで、担当のコンサルタントが求人を探して紹介してくれます。そのため、見つかりづらい大学病院の薬剤師求人を探すにはぴったりです。

また、もし、希望の求人が無くても転職サイトに登録しておくことで、求人が出た際にお知らせしてもらえるサービスもあります。そのため、今は転職を考えてなくても、いい求人があれば転職したいという方も登録しておく価値はあります

大学病院の薬剤師求人は、特に倍率も高く、すぐに定員が埋まってしまうので、薬剤師転職サイトをうまく活用して、できるだけ早く情報をキャッチすることが重要です。

まとめ

転職を考える薬剤師に、人気のある大学病院ですが、大学病院での勤務は、人によって不向きがあると言えます。

そのため、まずは、具体的にどのようなことを自分がやっていくのか、求人先に確認しておくことが大切です。

また、勤務地や勤務先にもよりますが、大学病院の薬剤師の平均給与は、一般的な薬剤師とそれほど変わりません。そのため、給与面で期待するというよりかは、薬剤師としてのスキルアップを重視する人にオススメの転職先となっています。

関連ページ

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院薬剤師求人へ転職を考える場合の5つの注意点

病院の薬剤師の仕事内容は、調剤業務に服薬指導、そして薬歴管理など調剤薬局で行う業務だけでなく、薬 […]

続きを見る
MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

MR・MS薬剤師求人へ転職する前の3つのチェック項目

薬剤師が企業で働く場合に多いのがMRやMSという仕事です。MRは主に医薬品の情報提供を行い、MS […]

続きを見る
クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニック薬剤師求人への転職4つの注意点

クリニックで働く薬剤師の仕事内容は、院内で医師が書いた処方箋を見ながら調剤業務と服薬指導、そして […]

続きを見る
パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

パート薬剤師の仕事内容とは?派遣薬剤師との違い

医療系の専門職というのはかなり人気があります。今は先行きに不安がある時代になっていて、仕事を探すに […]

続きを見る
血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターの薬剤師へ転職する注意点

血液センターで働く薬剤師がいることはご存じでしたでしょうか。なかなか知らない方も多いのが、この血 […]

続きを見る
臨床開発へ薬剤師転職!転職注意点と探し方

臨床開発へ薬剤師転職!転職注意点と探し方

臨床開発の仕事は新薬の開発に大きく携わる仕事で、その仕事内容は、大きく分けると治験プロセスの段階 […]

続きを見る
薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

薬事申請の薬剤師求人への転職5つの注意点

厚生労働省からまだ承認されていない新薬の開発に関わることができる薬事申請のお仕事をしたい場合には […]

続きを見る
学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット

日本では学校保健法により、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、に薬剤師を必ず置くことが定められてい […]

続きを見る
薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職時に求人条件で気をつけるべき6つのポイント

薬剤師が転職を考えている時に必ず見るのは求人条件だと思います。転職理由によって新しい転職先の希望 […]

続きを見る
公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

公務員薬剤師へ転職は可能?転職を考える6つのポイント

薬剤師が公務員として働く職場は、公立病院の他にも各都道府県の薬務課であったり、保健所や研究施設、 […]

続きを見る
学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット学校薬剤師になるためには?仕事内容・給与・メリット
薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ薬剤師が治験コーディネーター(CRC)求人へ転職するためのポイント5つ

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト