薬剤師転職の求人選択の希望条件のポイント6選

薬剤師転職の求人選択の希望条件のポイント6選

転職する理由は人それぞれですが、転職する際には誰にでも、何かしらの理由があります。当たり前ですが、その理由によって、求人先にもとめる条件もそれぞれ変わってきます。

薬剤師が転職する際に一般的に出す求人情報の希望条件は以下の通りです。

希望条件 条件詳細
年収 給与・昇給・昇給率
立地 通勤時間・勤務地
仕事内容 業務内容・職種
職場環境 設備・人間関係・雰囲気等
休日・福利厚生 年間休日数・福利厚生面
スキルアップ 教育・研修システム

自分の希望する薬剤師求人先を探すためには、「なぜ自分が転職するのか、転職することで問題は解決するのか」といったことを考えることが大切です。

自分の希望する薬剤師求人に出会うために自分の希望条件をすべて書き出してみましょう。書き出してみることで、理由を明確に考えることができ、志望動機に繋げることが可能です。

一般的な薬剤師が転職する際に求人先への希望条件を細かく確認していきましょう。

 

1.給与・昇給・昇給率が希望条件のポイント

給与・昇給・昇給率が希望条件

転職時の求人探しで、多くの薬剤師が希望条件に、給与に関する条件を挙げます。給与が生活に一番関わってくるため、給与面でこだわる方は多くなっています。

ここでのポイントとしては、自分の実力をどこまで理解しているかということです。自分の実力以上の給与を求めても実力が伴わなければ、転職が決まりにくくなります。

そのため、昇給率の高い職場で、自分に適した給与で働きながら、レベルアップしたら、給与をその都度上げてもらうと言った方が自分のやりがいやスキルアップにつながり良いでしょう。

 

男性薬剤師は給与アップ転職が半数以上

薬剤師の中でも、女性に比べて男性の方が、給与面を条件としてあげる方が多くなっています。特に、結婚して家庭のある男性薬剤師の場合、自分が家族を養わなければいけないという気持ちから、給与面に関しては、細かく確認する薬剤師が多いです。

反対に結婚している女性薬剤師の場合、給与面は、希望条件の中でもあまり優先順位が高くないと言えます。

 

初任給は低くても昇給率の高い求人が人気

初任給は低くても昇給率が高い職場は、スキルアップを考える薬剤師に人気です。やはり、長期的な目で見て考えると、そちらの方がやりがいを感じやすくなっています。

現に、求人の中には初任給は高いのに昇給率が低いために、その後、何年働いても年収がほとんど変わらなかったと言った薬剤師もいます。

 

2.職場の立地が希望条件のポイント

職場の立地が希望条件

求人先を探す際には、自分が入職した際にどのように働くのかをイメージすることが大切です。それは、職場内だけでなく、通勤時のことや勤務地の立地なども考え、確認しておく必要があります。

  • 通勤時間:通勤時間は30分以内がベスト
  • 交通手段:費用が出るのかと希望の交通手段の確認をする

立地で探す場合はのポイントは上記2つになります。詳しく確認していきましょう。

 

通勤時間は30分以内がベスト!

求人先を探す際には、通勤時間についても考える必要があります。基本的には、通勤時間は1時間以内、できれば30分以内の場所がベストと言われています。

特に都心で求人を探す際には、朝の通勤ラッシュのことも考えなければなりません。満員電車などに長時間乗っていると、ストレスを感じやすくなっています。

そのため、職場にたどり着くまでに疲れてしまいます。職場と駅からの距離や、職場に駐車場があるのか、通勤途中に子供たちの通える保育所や幼稚園があるか、なども考えておく必要があります。

 

交通費・住宅手当があるかも必ず確認する

通常、交通費に関しては、多くの求人先が全額支給としていますが、中には交通費に制限が付いている職場もあります。

また、職場の近くに住むことで住宅手当が支給される職場もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。給与が多少低くても、住宅手当がある場合、その方が結果的に自分の使えるお金が増えている場合もあります

 

3.仕事内容・職種が希望条件のポイント

仕事内容・職種が希望条件

仕事内容も、転職時の求人選びでは大切なポイントです。

  • イメージで職種を選ばない
  • 同じ職種でも注意する
  • 自分が行いたい仕事か詳細を確認する
  • 面接時に仕事詳細を聞く

薬剤師の場合、ある程度は職種によってやりたいことを選ぶことができますが、同じ職種でも職場によって、ルールや制度が異なる場合がありますので気をつけましょう。

 

自分のイメージと仕事内容が異なることも

調剤薬局から調剤薬局など、同じ職種に転職する場合、役割に関してはそれほど大きな違いはありませんが、仕事内容としては、職場によって異なってくる場合があります。

例えば、調剤だけをやらせる職場もあれば、調剤以外の事務的な仕事をやらせる職場もあります。調剤薬局からドラッグストアなど、他の職種に転職する場合は、自分がイメージしているドラッグストアの薬剤師の仕事内容と異なる場合が多く、イメージはあくまでイメージということを理解しておくことが必要です。

そのため、転職する前に、きちんと確認しておくことが大切です。でなければ、自分がやりたい仕事をやらせてもらえないといったことが起きてしまいます。

 

面接時にしっかり確認しておこう

仕事内容などについては、面接時にきちんと確認しておくことが大切です。求人票には、曖昧な表現で記載されていることが多く、自分のイメージ以上の業務を求められる場合があります。そのため、入社前にきちんと確認しておくことが大切です。

 

4.職場環境が希望条件のポイント

職場環境が希望条件

転職する薬剤師の中には、職場の環境に悩み転職を考える人も多くいます。職場環境を優先する場合のポイントは以下です。

  • 職場設備:ブラック企業をチェック
  • 人間関係:自分の目で確かめたか
  • 雰囲気:面接時にチェック

特に調剤薬局など、閉鎖的な空間になりやすく、3〜4人の少人数の職場であることが多いため、自分にあった職場環境でなかった場合、ストレスが溜まりやすく、人間関係に悩む薬剤師も多くいます。

 

入職前に見学に行くことが大切

職場環境、特に人間関係などは、どうしても求人票だけでは確認できない部分になっています。そのため、入職前に一度見学に行くことをお勧めします

やはり、一度自分の目で確認することが一番入職後のイメージを持ちやすくなっており、転職に失敗したと答えた半数以上の薬剤師が入職前に見学を行なうべきだったと答えています。

 

最新設備を使用している職場がお勧め

見学に行った際には、人間関係や雰囲気を気にするのはもちろんですが、使用している機械などの設備も確認しておきましょう。従業員や患者さんを思う職場であれば、職場の設備にお金をかけている場合が多く、清潔な職場が多くなっています。

逆にブラックな職場になると、そう言ったところにお金をかけないため、設備が古いものであったり、お手洗いなど細かなところが汚かったりします。

また、そう言った職場は、最新の設備を整えるお金が無かったり、清掃を行う余裕がないといった運営が上手くいっていない場合がありますので、注意が必要です。

 

5.福利厚生(休日)が希望条件のポイント

福利厚生(休日)が希望条件

転職する際には、きちんと休日が取れるか、福利厚生に関してもしっかり確認しておきましょう。福利厚生には、大きく分けて2つの内容があります。

  • 法定福利厚生:法律によって義務付けられる
  • 法定外福利厚生:任意

「法定福利厚生」が整っているのは当然ですが、注目したいのは法定外の福利厚生となります。

法定福利厚生 ・健康保険料
・介護保険料
・厚生年金保険料
・労働保険料等
法定外福利厚生 ・住宅手当
・健康診断
・管理薬剤師手当
・有給休暇
・産前産後休暇制度
・介護休業制度
・慶弔、災害見舞金等

休日を多く取りたい場合は、法外福利厚生が整っている求人を選ぶ必要があるということです。

 

完全週休2日制と週休2日制の違いに注意

薬剤師に限ったことではありませんが、求人を選ぶ際に多くの人が勘違いしてしまうのが、「完全週休2日制」と「週休2日制」という求人記載です。

この2つは一見、同じように感じますが、実際は全く違います。日本では、勤務者に対して週1日必ず休みを与えることが定められています。そのため、週に1度は必ず休みを取らなければなりません。

 

完全週休2日制とは

以上の法律を踏まえた上で、「完全週休2日制」というのは、毎週必ず休みが2日分あということです。(多くの職場で土日がお休みになっている場合が多くなっています。)そして、「完全週休2日制」と勘違いしやすいのが「週休2日制」です。

 

週休2日制とは

「週休2日制」は、月に1回以上、必ず週2日の休みがあることを表しています。そのため、1ヶ月、4週間の月であれば、1週間だけ2日休みで、残りの3週間は週1日のみ休みということもあり得るというわけです。

この2つは混同しやすくなっていますので、注意が必要です。

 

大手や公務員などが福利厚生は充実している傾向

福利厚生などは、やはり大手の方が充実している傾向にあります。例えば、企業の中に保育園があったり、自社保有の保養施設であったり、アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇など、の福利厚生があります。

公務員の場合は、一般的な福利厚生はもちろん、育児休暇や育児に関する制度などが充実しています。給与や福利厚生に関しては、プライベートと仕事を充実させたいと考える女性薬剤師の中で、優先順位の高い希望条件となっています。

 

6.キャリアアップが希望条件のポイント

キャリアアップが希望条件

薬剤師としてキャリアアップを目指したい方は、職場の教育制度や研修システムの確認が必要不可欠といえます。以下の点に注意ましょう。

  • 教育制度が整っているか、記載があるか
  • 研修システムが整っているか、記載があるか
  • 実際に行えている教育制度、研修システムなのか

上記をチェックすることをお勧めします。研修、教育制度などは記載があるだけで全く運用でいていない企業などもあるからです。面接時に必ず確認を入れる必要があるといえます。

 

研修制度が整っているのは大手

研修制度に関しては、やはり、大手の方が中小に比べ整っている場合が多くなっています。中小企業になるとどうしても、研修にコストや時間がかけられないからです。

一方、大手企業では、ある程度の人数をいっぺんに研修することができるため、研修制度や研修のマニュアルが整っていることが多くなっており、資格取得手当などを整えている企業もあります。

 

事前にキャリアプランを考えることが大事

キャリアアップを狙って転職する際には、事前にキャリアプランを考えておくことが重要です。最終目標に必要なキャリアを転職先で積むことができるのかということを考えて転職することが重要です。

調剤を学びたいのに、ドラッグストアへ転職してしまうなど、遠回りになる転職よりかは、最終的な目標に向かって、できるだけ充実した転職となるようにしましょう。

 

7.まとめ

転職する際には、求人表だけを見て判断するのではなく、必ず、その企業のホームページなどを確認して企業研究をすることが大切です。面倒に思うかもしれませんが、何度も転職を繰り返すよりかは、自分の希望の職場で長期間働く方が効率的です。

また、その求人が自分の希望通りの求人か確認するためにも、まずは、自分の希望条件を明確にしておきましょう。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイト真実 | 登録・利用する必要ある?

薬剤師転職サイトの真実を記載していきます。このページを通じて確認していただきたいことは以下の通り […]

続きを見る
薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント

薬剤師転職時の職場見学!ブラック企業か見極めるポイント

薬剤師に限ったことではなく、転職というのは、誰にとっても人生の重要なターニングポイントになるもので […]

続きを見る
薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師転職求人の4つの探し方!良い点・悪い点を解説

薬剤師として転職を考えた場合には、まずは自分の条件に合った求人を探す必要があります。 このページで […]

続きを見る
薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師がアルバイト求人を探す場合の6つの注意点

薬剤師の勤務形態は、正社員や派遣社員だけでなくアルバイトやパートもあります。 近年は、育児や家庭の […]

続きを見る
コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

コールセンター(DI業務)の薬剤師求人が多い転職サイトとは

企業で働く薬剤師の仕事の1つに製薬会社でのDI業務(Drug Information)と呼ばれる […]

続きを見る
薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

薬剤師転職にオススメな大手製薬会社とは?製薬会社ランキング

日本の医薬品市場は10兆円を超えており、国別に見たシェアでは世界第3位の市場となっています。 そし […]

続きを見る
企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト比較はコレ!

企業薬剤師求人が多い薬剤師転職サイト・転職斡旋会社を比較しているページです。まず、企業薬剤師とし […]

続きを見る
臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人が多い転職サイト

薬剤師が転職する臨床開発モニター(CRA)とは、治験を実施している医療機関等へ訪問することから始 […]

続きを見る
薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣と失敗する3つの理由!

誰でも転職はうまく成功したいと思います。そのため、このページでは薬剤師の転職を成功させる5つの秘訣 […]

続きを見る
調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

調剤薬局ランキング!転職にオススメな大手調剤薬局とは?

今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。保育士で転職をお考 […]

続きを見る
【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容【注意】初めて薬剤師転職サイトを利用する前に知るべきサービス内容
転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト