これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立

これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立
2016年8月3日、東京都千代田区のホテルで、「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」の初会合が開催されました。

同研究会は、日本東洋医学会(会長これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立 佐藤弘氏)と日本漢方生薬製剤協会(会長 加藤照和氏)が共同で立ち上げたもので、漢方医学の現状認識と漢方医学を取り巻く課題解決に向けた議論を進めていくのが目的です。

ツムラの医療用漢方製剤の実売数量の推移
(ツムラの医療用漢方製剤の実売数量の推移:(参照朝日新聞社さま))

会長は日本医学会長を務める高久史麿氏が就任し、他にも日本医師会長や、日本薬剤師会長、日本東洋医学会長らメンバー12人で構成されています。初会合では、代表世話役で、国際医療福祉大学副理事長・名誉学長の北島政樹氏から以下の3つの提言が発表されました。

  1. がんの支持療法において漢方製剤のエビデンスの構築
  2. がん患者とその家族、国民に対して漢方薬の科学的エビデンスの情報発信
  3. 漢方薬の他国にない日本オリジナルの薬剤であるという特徴を生かし、海外展開を含めた産学の漢方薬研究協力体制を構築する

同研究会では、今後も、さまざまなテーマをもとに議論をする予定で、来年2月には、公開フォーラムを開き各研究会での議論を統括し提言をまとめる予定です。

加藤氏は研究会の最終目標について、「漢方をより広く使ってもらえる環境を実現することが必要」と述べ、国内だけでなく、海外の医師に対しても、漢方薬の情報発信を行う考えを示しました。

現在、すべての薬科大学では、漢方教育が実施されており、厚生労働省でも漢方の役割や漢方薬の研究などについて言及され、漢方薬に対する環境は大きな変化を見せています。

これから求められる漢方薬・生薬認定薬剤師の資格

今回の初会合では漢方薬の重要性について話し合われ、今後より一層、漢方をより広く使ってもらえる環境を実現することを目標とし、薬科大学をはじめ、薬学部では、漢方の教育が導入されています。そのため、今後、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を持っていると薬剤師として働いていく上で、スキルアップできます。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師とは?

漢方薬・生薬認定薬剤師とは、薬学に関する専門的知識を持ち、その能力を証明された薬剤師を指す薬剤師です。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師になる方法は?

漢方薬・生薬認定薬剤師になるには、公益財団法人日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受け、合格することで認定されます。

また、漢方薬・生薬認定薬剤師は、漢方薬・生薬に関する研修に参加し、定められた単位を取得する必要があります。

まとめ

近年、漢方薬の効果が、再注目され漢方薬局も増加傾向にあります。また、医学界の面でも、国内80の医科大学すべての医学生に対して漢方医学教育が行われています。

また、6年制の薬学部のカリキュラムでは、漢方の教育が組み込まれるようになりました。今回、漢方薬を国内外の医療に積極的に活かしていくことを目標とした研究会が設立されたことは、漢方薬剤師にとっては大変嬉しいことで、これから漢方薬剤師の需要は高まることでしょう。そのため、キャリアアップを考える薬剤師の方には漢方薬剤師の資格はオススメの資格と言えます。

 

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

2016年4月14日に発生した熊本地震の際、災害処方箋の調剤を扱う救護所で熊本県内外の2700人の […]

続きを見る
石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師は宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に薬局を開設する計画を発表しました。東日本大震災 […]

続きを見る
インフルウィルスの画期的な新薬を発表”製薬メーカー塩野義製薬”

インフルウィルスの画期的な新薬を発表”製薬メーカー塩野義製薬”

2016年8月29日、日本の大手製薬会社で主に医薬品を製造販売する「塩野義製薬株式会社」(本社: […]

続きを見る
人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円

人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円

2016年8月8日、人事院は2016年度の国家公務員の給与とボーナスを引き上げるよう国会に勧告しま […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省は2016年9月28日に新薬29製品を承認したと発表しました。29製品の中には抗がん剤で […]

続きを見る
物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大

物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大

神戸県芦屋市の阪神調剤ホールディングが廃棄医薬品の削減のために新たな対策を取ると発表しました。実は […]

続きを見る
薬剤師のお薬手帳問題は電子お薬手帳「harmo」薬局商用化スタート

薬剤師のお薬手帳問題は電子お薬手帳「harmo」薬局商用化スタート

ソニー株式会社は2011年以降、地域限定で電子お薬手帳のharmo(ハルモ)の試験サービスを行って […]

続きを見る
熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

2016年(平成28年)4月14日に発生した熊本地震から半年が経過しました。被災地には佐賀県内か […]

続きを見る
かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

薬事日報社が全国保険薬局を対象に実施した2016年度調剤報酬改定の影響調査で、「かかりつけ薬剤師 […]

続きを見る
和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

10月7日和歌山県交通センター(和歌山県和歌山市)で和歌山県薬剤師会と和歌山県警との「お年寄りを交 […]

続きを見る
人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円
全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト