物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大

物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大
神戸県芦屋市の阪神調剤ホールディングが廃棄医薬品の削減のために新たな対策を取ると発表しました。実は滞留在庫が店舗ごとを移動する際その中間地点とした物流センターが手狭になってしまい、今年中にでも関西地方に新しい物流センターを設けることになりました。このことにより物流センターの薬剤師求人も増えることが予想されます。

今までは各ドラッグストアや調剤薬局に保管されている滞留状態の廃棄医薬品は阪神調剤ホールディングの中核を担う事業会社へ発送され、その事業間の物流センターでのみ移動をするシステムでした。これからは新たな物流センターの創設に伴い傘下である他事業会社300店舗も併せ廃棄医療品の削減目標に向け運営をしていく方針です。

阪神調剤薬局の新物流センターはAIと人で運営

今回阪神調剤ホールディングの廃棄医薬品削減の取り組みにより新物流センターが設けられるのですが、既存の物流センターは人の手でのみ商品の仕分けを行うことに対して新物流センターはほとんどの作業を人工知能であるAIを利用し自動化したい考えのようです。

自動化するのは発注システムや滞留在庫管理システムで、従業員は期日ごとに自動的に出される指示書や発送伝票に従い該当の商品の梱包や指定の物流センターへ発送する仕組みを考えています。

 

新物流センター設置で廃棄医薬品の選り分けを明確に

阪神調剤ホールディングはグループ全体で抱える廃棄医薬品の数を明らかにはしていませんが、かなりの在庫を抱えている状況であると発表しています。

現段階では廃棄医薬品として店舗から物流センターに送られる商品は6ヶ月以上滞留しているもののみですが、新物流センターができてからは滞留のルールも改めるようです。

 

新物流センター運営には外部委託する動きもある

今までは阪神調剤ホールディングは自社の中核事業会社の物流センター内での廃棄医薬品についてはその自社内で従業員を確保してきました。しかしこれからの新物流センターには外部委託を検討しています。

検討の結果外部委託が決定されるとすれば、今後新物流センターの薬剤師求人が増えることが期待できます。

 

阪神調剤薬局の新物流センターは関東の進出も視野

阪神調剤ホールディングは関西への新物流センター設置を今年中の目標としていますが、今後は関東への新物流センターの設置も見据えています。関東に置く物流センターは現在40店舗ほどですが、ゆくゆくは100店舗ほど新たな物流センターを展開できるように考えているようです。

まとめ

薬の飲み残しも問題ではあるのですが、医薬品取り扱う店舗や調剤薬局では売れない薬、ずっと保管している薬というものが多くあることも大きな問題です。この不必要な医薬品を削減するために新たな物流センターが設置されることは定年を迎えた薬剤師の再就職の場も増えることに繋がります。

例え新物流センターの仕事が自動化されると言っても薬についての知識を持っていないといざという時に手間がかかります。まだ始まったばかりの取り組みではありますが、今後注目の活動だと言えます。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

2016年(平成28年)4月14日に発生した熊本地震から半年が経過しました。被災地には佐賀県内か […]

続きを見る
舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

京都府薬剤師会と舞鶴薬剤師会は、「残薬(残った処方薬)」を有効活用するために残薬バック事業(ブラ […]

続きを見る
医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

年10月8日、愛知県名古屋市内で日本薬剤師会による都道府県会長協議会が開かれ、各都道府県の薬剤師 […]

続きを見る
熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

2016年4月14日に発生した熊本地震の際、災害処方箋の調剤を扱う救護所で熊本県内外の2700人の […]

続きを見る
薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表

薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表

株式会社フォーチュンが運営する、日本最大級の薬剤師専門求人サイト「薬剤師求人.com」が、薬剤師が […]

続きを見る
和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

10月7日和歌山県交通センター(和歌山県和歌山市)で和歌山県薬剤師会と和歌山県警との「お年寄りを交 […]

続きを見る
規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

厚生労働省は今まで医療機関と同じ建物や敷地に薬局を併設することを禁止していましたが、2016年1 […]

続きを見る
薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題

薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題

2016年9月30日、株式会社QLife(東京都港区)が、調剤薬局に勤務している薬剤師300人を対 […]

続きを見る
「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え

「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え

今年4月に「かかりつけ薬剤師指導料」・「かかりつけ薬剤師包括管理料」が診療報酬改定で新設されました […]

続きを見る
薬剤師会と相模原市が薬物乱用対策を進めるための協定を締結

薬剤師会と相模原市が薬物乱用対策を進めるための協定を締結

相模原市と市薬剤師会(小川護会長)が10月7日(金)、薬物乱用防止対策の啓発活動をより効果的に行う […]

続きを見る
薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表
見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト