熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

2016年(平成28年)4月14日に発生した熊本地震から半年が経過しました。被災地には佐賀県内から薬剤師が派遣され、被災者の健康管理や薬の相談役として活躍しています。

全国薬剤師会から要請を受けた県薬剤師会は、4月16日から5月24日までで49人の薬剤師を被災地へと派遣しました。そして、災害派遣医療チーム(DMAT)と連携し、慢性疾患の患者らに必要な薬を処方し、救護室や避難所の衛生管理を行いました。

被災者の健康相談に乗ったミズの薬剤師
(画像参照元:佐賀新聞様より)

地震による病院の破損や道路網の寸断で、現地の医者の普段使用の薬を確保できない状況がありました。県薬剤師は「同じ効果がある薬を紹介したり、カルテがない状況の中で被災者が持参してきた薬から病状を推察した」と振り返っています。

佐賀市に本社のある薬局「ミズ」は、6月中旬以降、NPOピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と協力し、「ユニットハウス村」(PWJなどが熊本県益城町で運営する避難所)で活動しました。8月末までに薬剤師26人が派遣され、薬剤師が常駐する薬の相談室を設置したほか、医師や保健師と循環して健康相談に乗り、熱中症や食中毒対策を呼びかけました。

また、一般医薬品(医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品)を持参し、避難者の体調を聞いて風邪薬や胃腸薬、サプリメントを処方しました。住民からは「よそに出向くことなく気軽に相談できて助かった」という声が寄せられたと、ボランティア推進チームの小野嘉祐さん(50)は述べました。

県薬剤師会の公門勉専務は「東日本大震災の経験も生かし、今回の支援は動き出しが早かった」と受け止め、「被災した病院や薬剤師の役割を多少なりともカバーできたのでは」と話しました。

災害医療チーム(DMAT)とは

災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字を取り、略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

DMATの定義は「災害急性期に活動できる機動性を持った、トレーニングを受けた医療チーム」とされており、医師、看護師、業務調査員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成されています。大規模な災害が発生した際現場に急性期(48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。日本DMATは平成17年4月に発足しました。

 

ユニットハウス村の現状

熊本地震から約1か月半後の2016年6月に開設されたユニットハウス村。熊本地震から6か月が経過した今、ユニットハウス村で生活をしていた避難者の方の現状を見ていきましょう。

 

ユニットハウス村とは

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と緊急合同支援チーム(A-PAD ジャパン/Civic Force/Peace Winds Japan)が共同で運営している熊本県益城町に建設されたテント村です。熊本地震後、テントで生活していた被災者など自宅に帰ることができない方の仮住まいとして作られました。

 

ユニットハウス村・避難者の現状

熊本地震から5か月半後の9月30日に、避難者の行き先が確保できた事からユニットハウスは閉鎖され避難所の役割を終えました。開設から約4か月間で述べ57世帯144人が非難しました。PWJが運営していた2か所のテント村の避難者を合わせると、133世帯421人に上りました。現在も自宅を修理している世帯と全壊した自宅の跡地に新居を建設している世帯は、自宅に住めるようになるまで、自宅敷地内にユニットハウスを設置しています。

まとめ

熊本県益城町ではすべての仮設住宅の完成の目途が立ったため、町内最後の避難所である町総合体育館も10月31日に閉鎖される事が決まりました。この避難所には1352人が非難していましたが、現在では200人近くまで減少しています。

とはいっても、まだ避難所で避難生活を送られている方がいます。そのため復興への道のりはまだまだ長いのが現状です。報道されなくなった今でも、長期的に支援を行っていく必要があります。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始

全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始

p>2016年8月22日より、神奈川県横須賀市が全国で初のジェネリック医薬品推奨薬局制度の運 […]

続きを見る
舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

京都府薬剤師会と舞鶴薬剤師会は、「残薬(残った処方薬)」を有効活用するために残薬バック事業(ブラ […]

続きを見る
進む調剤薬局のM&A!老舗の水野が日本調剤の完全子会社に

進む調剤薬局のM&A!老舗の水野が日本調剤の完全子会社に

2016年10月1日、調剤薬局チェーンの水野薬局を運営する合同会社水野(東京都文京区)が、調剤薬局 […]

続きを見る
和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

10月7日和歌山県交通センター(和歌山県和歌山市)で和歌山県薬剤師会と和歌山県警との「お年寄りを交 […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省は2016年9月28日に新薬29製品を承認したと発表しました。29製品の中には抗がん剤で […]

続きを見る
脳梗塞再発抑制薬の服薬支援容器を大塚製薬とNECが共同開発

脳梗塞再発抑制薬の服薬支援容器を大塚製薬とNECが共同開発

今月の7日、大塚製薬とNECが脳梗塞を抑制するための薬である抗血小板剤の毎日の服用をサポートするた […]

続きを見る
熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

2016年4月14日に発生した熊本地震の際、災害処方箋の調剤を扱う救護所で熊本県内外の2700人の […]

続きを見る
石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師は宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に薬局を開設する計画を発表しました。東日本大震災 […]

続きを見る
福岡県の分析結果!GE薬置き換えで約232億円の医療費削減が可能に

福岡県の分析結果!GE薬置き換えで約232億円の医療費削減が可能に

福岡県はジェネリック(GE)医薬品の普及が進んでいない領域を明らかにするために、2014年度のレセ […]

続きを見る
これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立

これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立

2016年8月3日、東京都千代田区のホテルで、「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」の […]

続きを見る
熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に熊本地震で薬剤師が活躍!災害対策医薬品供給車両(MP)も話題に

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト