見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス
公益財団法人、日本医療機能評価機構(以下:機構と記載)は、2010年1月から今年3月までに、医師や薬剤師が、見た目が似ている薬を誤って患者に提供していたケースが計24件あったことをまとめた報告書を発表しました。

今回の結果は、全国約1千の医療機関を対象に医療事故情報の収集事業で報告された事例を分析し分かったもので、患者自身が間違ったものは除いています。

薬の誤用、6年間で24件 見た目が類似
(画像引用元:朝日新聞デジタル様より)

薬の誤用があったのは、注射薬10件、内服薬6件、外用薬5件、その他3件の計24件です。また、内服薬6件に関しては、すべてが薬剤師の調剤中に起こったミスになっており、誤った理由としては、包装の外観が似ていたという回答が5件と一番多くなっています。

患者に誤って提供した24件のうち、23件は実際に患者に使用され、障害が残ったケースが3件、新たに治療が必要となったケースが11件になりました。機構では「名称をきちんと確認することが必要だ」と注意を呼びかけています。

薬剤師の薬の間違いで問われる3つの責任

薬剤師の薬の間違い(調剤か過誤)で、患者に健康被害が起こった場合には以下の法的責任に問われます。

  • 刑事責任
  • 行政責任
  • 民事責任

上記の責任は、患者(被害者)の被害の状況や、社会的影響、薬剤師の意識レベルによって責任が問われるかどうかが決まります。詳しく見てみましょう。

 

薬剤師の誤薬で問われる刑事責任

刑事責任とは、国家から受ける処罰で、主な目的は犯罪を予防するためになっています。そのため、患者さんと直接関係する責任ではありません。例えば、誤薬に気づいたのに患者に連絡せず放置していた場合や、ニューズ等に取り上げられ社会的影響を大きく与えた場合などに刑事責任に問われます。

刑事責任に問われた場合は、5年以下の罰金、若しくは100万円以下の罰金が科せられます。

 

薬剤師の誤薬で問われる行政責任

行政責任とは、厚生労働省が行う処分で、薬剤師免許に関する処分になります。
薬剤師の薬の間違い(調剤か過誤)で、患者に健康被害が起こった場合の行政席には、以下の通りになっています。

  • 戒告 (倫理・知識・技能に関する研修による再教育など)
  • 3年以内の業務停止 (薬剤師法8条、5条)
  • 薬剤師免許の取り消し (薬剤師法8条、5条)

上記に挙げたように、薬剤師の薬の間違い(調剤か過誤)で薬剤師という資格を失う場合もあります。一瞬の気の緩みで、自分も患者も人生が大きく変わってしまうということを常に意識しておくことが大切です。

 

薬剤師の誤薬で問われる民事責任

民事責任は、誤って薬を提供してしまった患者(被害者)に対して、金銭の支払いの義務が発生するものです。

被害者は「過失」、「因果関係」、「損害」の三つの要件を満たせば、損害請求券を持つことができます。薬剤師の場合、疑義照会、処方箋に基づく調剤、正しい服薬指導などの義務に誤りがあった場合などに、過失となる場合が有ります。

まとめ

薬剤師の仕事は、一般的な仕事と違って専門的な知識を必要する資格職です。そのため、患者も薬に関しては薬剤師を信用して任せるしかありません。今回の報告では、幸い、死亡例はありませんでしたが薬剤師は常に患者さんの命に関わる仕事をしているという意識を持っておかなければなりません。

また、製薬会社では、似たような包装の薬の誤薬を防ぐため、アンプルや内服薬の包装、外用薬の容器などにバーコードを表示する取り組みを行っています。薬剤の照合を行う際には、そう言ったバーコードの活用を積極的に行いましょう。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

2016年(平成28年)4月14日に発生した熊本地震から半年が経過しました。被災地には佐賀県内か […]

続きを見る
第1類医薬品アレグラFX等 第2類医薬品へ、6商品が薬剤師なしでも販売可

第1類医薬品アレグラFX等 第2類医薬品へ、6商品が薬剤師なしでも販売可

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会の製造販売後調査を終え、今まで第1類医薬品とし […]

続きを見る
消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始

消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始

消炎酵素薬の内服薬であるイソパール・P配合カプセルが2016年9月30日の経過措置期限をもって全て […]

続きを見る
「残薬問題」に関して47%の薬剤師が「医師が必要以上を処方」と回答

「残薬問題」に関して47%の薬剤師が「医師が必要以上を処方」と回答

近年、残薬が社会問題としてマスコミからも指摘されています。残薬は医療費の無駄遣いであり、治療がスム […]

続きを見る
アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

今、国内外の様々な製薬会社がアトピー性皮膚炎の新薬開発に力をいれています。アトピー性皮膚炎に対する […]

続きを見る
薬剤師会と相模原市が薬物乱用対策を進めるための協定を締結

薬剤師会と相模原市が薬物乱用対策を進めるための協定を締結

相模原市と市薬剤師会(小川護会長)が10月7日(金)、薬物乱用防止対策の啓発活動をより効果的に行う […]

続きを見る
かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

薬事日報社が全国保険薬局を対象に実施した2016年度調剤報酬改定の影響調査で、「かかりつけ薬剤師 […]

続きを見る
物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大

物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大

神戸県芦屋市の阪神調剤ホールディングが廃棄医薬品の削減のために新たな対策を取ると発表しました。実は […]

続きを見る
インフルウィルスの画期的な新薬を発表”製薬メーカー塩野義製薬”

インフルウィルスの画期的な新薬を発表”製薬メーカー塩野義製薬”

2016年8月29日、日本の大手製薬会社で主に医薬品を製造販売する「塩野義製薬株式会社」(本社: […]

続きを見る
薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題

薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題

2016年9月30日、株式会社QLife(東京都港区)が、調剤薬局に勤務している薬剤師300人を対 […]

続きを見る
物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大物流センター増!廃棄医薬品削減へ阪神調剤ホールディングが滞留在庫の融通グループを300店舗に拡大
「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト