薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題

薬剤師の41%が自信ない「在宅訪問での薬学管理」!かかりつけ薬剤師普及への課題
2016年9月30日、株式会社QLife(東京都港区)が、調剤薬局に勤務している薬剤師300人を対象に行った「かかりつけ薬剤師に関する実態調査」のインターネット調査結果が発表され、「在宅管理」に不安を覚える薬剤師が4割を超えたことが分かりました。

今回の調査は、2016年度の診療報酬改定で新設された「かかりつけ薬剤師」の制度について、実際に薬剤師が「かかりつけ」としての役割を果たせているか、果たせていない場合は何が出来ていない項目かなどについて、その実態を確認するために行われました。

また、今回の調査で、「厚労省は『患者のための薬局ビジョン』のなかで、今後重要な薬剤師業務として、以下の7項目(1.処方内容チェック、2.医師への疑義照会、3.丁寧な服薬指導、4.在宅訪問での薬学管理、5.副作用・服薬状況のフィードバック、6.処方提案、7.残薬解消)を示しました。あなたはこれらの業務遂行に自信/不安がありますか。」という質問に対して、「在宅訪問での薬学管理」で41%、「処方提案」では31.7%の薬剤師が、自信がないと答えています。

また、立地種別で見ると面分業の薬剤師、また経営規模別で見るとチェーンの薬剤師が、どの項目においても自信を持っている傾向があるということです。

「かかりつけ薬剤師」制度とは?

「かかりつけ薬剤師」制度は、2016年4月より、厚生労働省の診療報酬改定に伴いスタートした制度です。 簡単に言うと、患者さんが薬局を利用する際にいつも同じ薬剤師を指名することで、患者自身の専属の「お薬パートナー」を持つことができるという制度になっています。

まとめ

政府では、2025年までには全ての薬局を「かかりつけ薬剤師」がいる「かかりつけ薬局」にする予定としています。そのため、今後は、さらにかかりつけ薬剤師を増やしていく必要があります。ですが、今回のアンケート結果を見ても分かるように、薬局に勤める薬剤師の4割近くが「在宅訪問での薬学管理」で業務遂行に自信がないと答えています。

そのため、「かかりつけ薬剤師」を増やすためには、まずは、そう言った自信のない項目に関して、薬剤師の知識をある程度の段階まで、統一して伸ばしていくことが大切になってきます。また、薬剤師も受け身になるのではなく、求められる「かかりつけ薬剤師」になるための努力が必要になってきます。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

厚生労働省が抗がん剤ジオトリフ(アファチニブマレイン酸塩)と他6品目の使用上の注意改訂

厚生労働省が抗がん剤ジオトリフ(アファチニブマレイン酸塩)と他6品目の使用上の注意改訂

外資系製薬会社である日本ベーリンガーインゲルハイムの抗癌剤である「アファチニブマレイン酸塩」製品名 […]

続きを見る
全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始

全国初!神奈川県横須賀市がジェネリック医薬品推奨薬局制度の運用を開始

p>2016年8月22日より、神奈川県横須賀市が全国で初のジェネリック医薬品推奨薬局制度の運 […]

続きを見る
厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

2016年8月24日に開催された中央社会保険医療協議会・薬価専門部会において、厚生労働省が高額な […]

続きを見る
アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

今、国内外の様々な製薬会社がアトピー性皮膚炎の新薬開発に力をいれています。アトピー性皮膚炎に対する […]

続きを見る
進む調剤薬局のM&A!老舗の水野が日本調剤の完全子会社に

進む調剤薬局のM&A!老舗の水野が日本調剤の完全子会社に

2016年10月1日、調剤薬局チェーンの水野薬局を運営する合同会社水野(東京都文京区)が、調剤薬局 […]

続きを見る
熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

熊本地震の被災地で佐賀県内薬剤師が薬の相談役として活躍

2016年(平成28年)4月14日に発生した熊本地震から半年が経過しました。被災地には佐賀県内か […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省は2016年9月28日に新薬29製品を承認したと発表しました。29製品の中には抗がん剤で […]

続きを見る
福岡県の分析結果!GE薬置き換えで約232億円の医療費削減が可能に

福岡県の分析結果!GE薬置き換えで約232億円の医療費削減が可能に

福岡県はジェネリック(GE)医薬品の普及が進んでいない領域を明らかにするために、2014年度のレセ […]

続きを見る
見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

公益財団法人、日本医療機能評価機構(以下:機構と記載)は、2010年1月から今年3月までに、医師や […]

続きを見る
これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立

これからは漢方薬剤師の時代?「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」設立

2016年8月3日、東京都千代田区のホテルで、「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」の […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認
消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト