石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画

石巻薬剤師会が石巻赤十字病院内に夜間・休日対応に特化した薬局の設置を計画
石巻薬剤師は宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に薬局を開設する計画を発表しました。東日本大震災の復興事業の一環として、被災地の救急医療に貢献し「夜間・休日ともに対応ができる薬局をつくる」ことが今回の目的です。

この石巻赤十字病院内の夜間・休日薬局開設の計画は2016年夏には臨時総会を開き検討が始まっていました。

薬局の夜間・休日対応については人員確保などの問題も含め簡単なことではありませんが、いかに薬剤師が地域医療に貢献できるのか示してゆきたいと石巻薬剤師会会長も石巻赤十字病院内の薬局設置計画に熱意を見せています。

2011年3月11日の東日本大震災から、2016年4月14日の熊本地震、そしてつい最近も鳥取で大きな地震が発生しました。震災時はどうしても医療資源は不足してしまいますが、石巻薬剤師会が計画している今回の復興事業「夜間・休日対応可能な薬局」は他の被災地域のモデルケースになることが期待できると言えるでしょう。

石巻医療の現在について

今現在まで石巻医療圏の患者対応は、1時救急に分類される治療後の帰宅可能患者は石巻市夜間救急センターが受け付けていました。一時入院や集中治療室への入院が必要と判断される患者は石巻赤十字病院が診ている状況です。

 

石巻夜間救急センターも仮設診察室から移転が決まる

石巻夜間救急センターは現時点で旧石巻市役所近くの仮設建物で診察をしていますが、2016年12月には石巻赤十字病院内の敷地にきちんとした診察施設の移転が決まっています。

 

石巻薬剤師会の現在について

石巻薬剤師会は1時救急を担当している石巻夜間救急センターが小児科を診察する時間帯に合わせ、石巻薬剤師会会員が交替制で調剤業務を行っています。調剤施設も石巻救急センターと同じ仮設建物ですが、石巻赤十字病院の敷地内への石巻救急センター移転に合わせ、センター隣に薬局を作る計画です。

 

石巻薬剤師会の夜間・休日対応薬局のビジョン

宮城県石巻市内の石巻赤十字病院の敷地内に新設する薬局の薬剤師の業務としては、石巻救急センターと石巻赤十字病院が夜間・休日に発行した院外処方箋を受けて調剤などを行っていく計画がたてられています。

  • 開局日:月曜日〜土曜日(夜間)
  • 開局時間:18時〜翌朝8時
  • 休日開局時間:午前9時〜翌朝8時

上記が夜間・休日の開局時間の予定となっています。常駐するのは管理薬剤師が1人とその他に石巻薬剤師会の会員である薬剤師が当番制で調剤を担ってゆく方針です。

まとめ

被災地ではさまざまな復興事業が今現在も進められてきています。宮城県石巻の震災直後は医療資源が大幅に不足し、医師や薬剤師の人材もまた足りていない問題がありました。

今回の石巻薬剤師会の夜間・休日に特化した薬局が開設されるニュースは今後多くの被災地における医療復興事業の良いモデルケースになることでしょう。夜間や休日の対応というのは簡単なことではありませんが、被災地復興においての薬剤師の必要性が注目され、よい見直しもされるといえます。

薬剤師転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



関連ページ

かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

かかりつけ薬剤師指導料について53.9%の薬局が届け出ていることは判明!

薬事日報社が全国保険薬局を対象に実施した2016年度調剤報酬改定の影響調査で、「かかりつけ薬剤師 […]

続きを見る
医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

年10月8日、愛知県名古屋市内で日本薬剤師会による都道府県会長協議会が開かれ、各都道府県の薬剤師 […]

続きを見る
厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

2016年8月24日に開催された中央社会保険医療協議会・薬価専門部会において、厚生労働省が高額な […]

続きを見る
「残薬問題」に関して47%の薬剤師が「医師が必要以上を処方」と回答

「残薬問題」に関して47%の薬剤師が「医師が必要以上を処方」と回答

近年、残薬が社会問題としてマスコミからも指摘されています。残薬は医療費の無駄遣いであり、治療がスム […]

続きを見る
和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

和歌山県・薬剤師会と県警がお年寄りの交通安全啓発で協定!調剤薬局利用者の半数が高齢者

10月7日和歌山県交通センター(和歌山県和歌山市)で和歌山県薬剤師会と和歌山県警との「お年寄りを交 […]

続きを見る
人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円

人事院3年連続で薬剤師の初任給引き上げ!20万6800円

2016年8月8日、人事院は2016年度の国家公務員の給与とボーナスを引き上げるよう国会に勧告しま […]

続きを見る
消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始

消炎酵素薬の内服薬イソパール・P配合カプセルであるプロナーゼ製剤が販売中止し自主回収を開始

消炎酵素薬の内服薬であるイソパール・P配合カプセルが2016年9月30日の経過措置期限をもって全て […]

続きを見る
見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

公益財団法人、日本医療機能評価機構(以下:機構と記載)は、2010年1月から今年3月までに、医師や […]

続きを見る
脳梗塞再発抑制薬の服薬支援容器を大塚製薬とNECが共同開発

脳梗塞再発抑制薬の服薬支援容器を大塚製薬とNECが共同開発

今月の7日、大塚製薬とNECが脳梗塞を抑制するための薬である抗血小板剤の毎日の服用をサポートするた […]

続きを見る
規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

厚生労働省は今まで医療機関と同じ建物や敷地に薬局を併設することを禁止していましたが、2016年1 […]

続きを見る
厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

薬剤師転職サイト口コミ

薬剤師ニュース新着

薬剤師転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト