理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト評判・口コミ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト比較

このページでは理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の資格を保有している方が転職で利用することが出来る転職サイトを利用者口コミをもとにランキングしているページです。

【理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の転職のポイント】

  • 利用できる転職サイト数はかなり少ない
  • 大手転職会社の参入が始まったばかりの業界
  • サイトはなるべく複数社利用して多くの求人をみよう!

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト口コミ比較ランキング

 

口コミガイドライン 違反を通報する

【口コミの注意】 これらの口コミは、利用された方の主観的なご意見・ご感想であり求人サイトの価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも意思決定の選択の1つの参考としてご活用ください。

あらゆるリハビリがありますが、施すリハビリの領域ごとに特化している職業が理学療法士・作業療法士・言語聴覚士で分けられています。この3つの職業について需要は高いのですが認知度が低く、転職先も自分だけの力で探す場合は根気が必要になります。

そのため担当エージェントがつく転職サイトへの登録は登録しておく方が充実した転職活動が行えます。その他にも理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のそれぞれの転職注意点をお話しします。

 

理学療法士(PT)の転職注意点

理学療法士は活躍できる職場は病院や介護施設、在宅介護、デイサービスなど幅広く需要が高い職業のひとつです。医療業界の職種に属するため年収は高いと思われがちですが、転職先の職場によって収入額は大きく変わってくることは注意しましょう。

 

転職後のリスクをよく考えて転職する

需要が高い理学療法士は転職先に困ることはないといえます。しかし転職先によって給与から勤務時間、通勤時間などライフサイクルへの影響が大きく変化する職業ですので、転職後のリスクをしっかり考えることが大事です。

 

家族への影響が出やすい職業でもある

転職先によってライフサイクルが変化しやすいということは家族がいる場合は特に注意して転職することが大事です。転職することでどのように生活が変化するか、どんなメリットやデメリットが生じるか確認しておくと良いでしょう。

 

職場の人間関係はしっかりリサーチする

仕事上たくさんの人と接する機会の多い理学療法士は転職先の人間関係についてしっかりリサーチすることも必要です。エージェント型の転職サイトであれば担当エージェントが職場の環境についても詳しく伝えてくれます。働くうえで人間関係も自分の精神的な部分に影響が出やすい職業でもあるため注意して転職してください。

 

作業療法士(OT)の転職注意点

患者が応用的な運動能力や社会への適応性を回復するようなリハビリを行う作業療法士が転職で気をつけたいことのひとつに、転職先の初任給は高めの傾向がありますが昇給はなかなか難しい職場が多いということです。歳を重ねるごとに相応の昇給も見込みたいと考えている場合はしっかり転職先企業の昇給制度を確認しましょう。

 

転職先によって求められる専門性が異なる

作業療法士は患者のリハビリを専門に働きますが、リハビリと言っても身体的リハビリと精神的リハビリがあります。勤務先の施設により患者が異なるということは作業療法士でも求められる専門性が違ってくるため、自分がその職場で何を必要とされるか、どんなメリットがあるのか理解しておきましょう。

 

転職先によっては新たに勉強が必要

転職先によって求められる専門性が違うということは今までのスキルが通じず、学びなおしが必要になる可能性もあるということです。どうして転職をしたいのかという自分の転職理由を明確にして転職活動をすることがポイントになります。

 

言語聴覚士(ST)の転職注意点

言語聴覚士は転職先ごとで仕事の流れなどは違ってきますが、必要とされる役割はどの領域でも共通しています。注意したいことは言語聴覚士も理学療法士や作業療法士と同じように働く転職先により年収が大きく異なってきます。収入を重視して転職を考える場合は転職先の選択肢を広くみると良いでしょう。

 

病院などの求人が少ない傾向に

言語聴覚士の資格取得者も理学療法士と比較するとかなり少なく、言語聴覚士の認知度も現状まだまだ低いためその必要性を感じている病院が少ないです。そのため、病院の求人は少ない傾向にあります。

 

病院への転職を希望するなら根気よく求人をチェックする

病院の求人は給料も比較的高く、人気もあります。そのため病院へ転職をしたい場合は担当エージェントがつく転職サイト以外にも自分で気になる病院をチェックしたりとできる限りの転職さいとを利用しましょう。

 

担当エージェントつきの転職サイトは複数登録する

まだまだ認知度が低い職業であるからこそ転職時には担当エージェントが転職活動をサポートしてくれる転職サイトを登録するようにしましょう。登録も2~3社登録することで出会える求人数も多くなります。

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の口コミ

PT・OT・ST転職サイトランキング

PT・OT・STの最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト