ベンチャー企業求人が多い転職サイトランキング

ベンチャー企業求人が多い転職サイト

ベンチャー企業が多い転職サイトをランキング形式で紹介しています。IT系の求人は特にベンチャー企業が多いですが、通常の転職サイト(IT関連職でなくても)でも十分ベンチャー企業の求人を探すことができます。

  • ベンチャー企業に転職するメリット
  • ベンチャー企業に転職するデメリット
  • ベンチャー企業の求人を探す時の注意点

なども、ランキングの以下に記載していますので、合わせて確認してみてください。

ベンチャー企業求人が多い転職サイト

ベンチャー企業に転職を考える人が知っておきたい
3つのポイント

知っておきたい3つのポイント

転職の際に希望する条件で大きく分かれる選択肢の一つが大手企業に行くかベンチャー企業に行くか。同じ企業といっても大手とベンチャーではそれぞれが全く異なった特製(メリット・デメリット)を持っています。

ここではベンチャー企業に転職を考えている人に向けて知っておきたい3つのポイントを紹介しています。

 

3つのポイント

  1. ベンチャー企業に転職するメリット
  2. ベンチャー企業に転職するデメリット
  3. ベンチャー企業の求人を探す時の注意点

 

1.ベンチャー企業に転職するメリット

ベンチャー企業というと若くて勢いがあり自分も会社もどんどん成長できるようなイメージがありますが、実際はベンチャー企業に転職をするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

責任ある仕事を任される

ベンチャー企業に入るとやる気さえあればどんどん責任ある仕事を任されるようになります。失敗も経験のうちでどんどんチャレンジする人に仕事を任せますが、あまり成果が見られなかったり失敗が続いたりすると仕事が減らさせることのありますので自分の能力を見極めてチャレンジすることが必要です。

 

実績に応じて昇級・昇格が早い

大企業の場合、大きな成果を出したとしても役職や社内規定に応じての報酬しか得られないケースが多いですがベンチャー企業は成果に応じてそれに見合ったインセンティブを支払うところが少なくありません。

そのため実力がある方や成果を出して会社の成長に大きく貢献をした方は短い勤続年数でも高い役職を与えられたり、高額な収入を得られたりすることがあります。

自分の実力がすぐに目に見える形で評価されるのは大きなやりがいであることは間違いありません。

 

臨時収入が得られる

大企業の場合、会社の業績が良い年にはボーナスが例年よりも良かったり金一封という形で社員に還元されたりする場合があります。一方ベンチャー企業では、急成長を迎え株式公開などをするケースではストックオプションで大きな収益を得られるケースがあります。

これは大企業では味わないベンチャー企業ならではのメリットです。

 

幅広いスキルが身につく

立ち上がったばかりのベンチャー企業の場合、あらゆる仕事が人手不足の状態で一人の社員が何人分もの役割を果たさなければなりません。体力的に非常にハードではありますが会社の立ち上げを一から経験できるということはこの上ないスキルアップに繋がりますし、将来自分で会社を立ち上げる勉強にもなります

 

ベンチャー企業に転職するデメリット

ベンチャー企業に転職する場合どのようなデメリットがあるのでしょうか?転職をする場合はリスクもしっかりと把握した上で決断することが大切です。

 

会社が倒産する

ベンチャー企業に転職した場合の一番のデメリットは会社の倒産です。一時のブームで急成長を迎えてもまだまだこれからという時に大手企業の参入や流行の変化によって一気に会社の業績が落ちて倒産に追い込まれるというのはよくある話です。

設立5年で85%の企業が倒産し、設立30年では残っている企業が1%以下という統計もあり、これはベンチャー企業に限ったことではありませんが厳しい現実として理解しておく必要があります。

 

実力主義

自分の実力をすぐに評価してもらえるというベンチャー企業のメリットは、そのままデメリットにもなります。会社で働く同僚は同じ方向を向いて切磋琢磨する仲間であると同時にライバルでもあります。

プロスポーツの世界のような実力主義についていけず脱落してしまうケースや、自分の能力以上の仕事を求められて仕事を続けられなくなるケースもあります。

 

やりたいことに専念できない

ベンチャー企業では常に人手が不足している為、自分が元々任されていた仕事以外にもどんどん仕事が降ってくる場合があります。本当は自分が得意な分野で能力を発揮したいと思ってもそうはいかず、やりたくない仕事をやらなければいけないことも多々有ります。

 

ベンチャー企業の求人を探す時の注意点

時代の変化とともに常に企業が新しいサービスを提供し、大企業といえども進化することを止めた途端に取り残され存続が厳しくなるという生まれ変わりの早い現代において、特に日本のベンチャー企業は次の時代を創る重要な役割を担っていると言えます。

ベンチャー企業に転職を考え、求人を探す時にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

 

厳しい環境に飛び込むということを自覚する

ベンチャー企業に転職するということは個人事業主として独立するのと同じくらいの覚悟が必要です。大企業のような福利厚生や手厚い保障、安定した収入などは期待せずに自分が会社を立ち上げているくらいの感覚で仕事に取り組む姿勢が必要です。

その為、それだけのエネルギーを費やせる会社なのか、創業者の理念に共感できるかなどは転職前にしっかりと確認しておく必要があります。

ただ、創業者である社長や経営陣と近い距離で仕事に取り組めるというのは大企業にはない貴重な機会なのでまずは自分が何に価値をおいているのかを整理するのが大切でしょう。

 

ベンチャー企業に特化した転職サイトを利用する

次々と生まれるベンチャー企業の情報をすべてチェックして自分にあった会社を探し出すのは至難の技です。

ベンチャー企業への転職に特化している求人サイトを利用し、そこに所属するプロのコンサルタントに自分が仕事に求めていることや将来のビジョンを伝えることで最適な企業を紹介してもらえる可能性があります。

プロのコンサルタントは非常に多くの企業を見ていますのでベンチャー企業の不安定さを補う一助のアドバイザーとしては非常に有難い存在です。

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト