女性が転職する際の魅力的な履歴書の書き方と注意点について

女性が転職する際の魅力的な履歴書の書き方と注意点について

最近は女性の転職市場のニーズが高くなってきています。理由としては世間的にも転職という活動がプラスに捉えられるようになり、仕事でも女性の活躍の場が広がってきているためです。

そこで重要になるのが、履歴書の書き方です。実は転職が成功するポイントには履歴書でどのように自分の魅力を感じてもらえるかということが挙げられます。魅力的な履歴書は「直接会って面接をしてみたい」と思わせる力があります。

この記事では、女性が転職する際の魅力的な履歴書の書き方について3つのポイントに分けてお話しします。

1.魅力的な履歴書の基本の書き方について

魅力的履歴書書き方女性転職

魅力的な履歴書の書き方がわからない方は多いと思いますが、難しいことや特別なことはありません。例えば、文字は消えるボールペンではなく黒いボールペンを使って書くこと、印鑑にシャチハタは使わないなど、基本的なことを理解していることが大事なのです。

魅力的な履歴書の書き方のポイントは以下4つを押さえておきましょう。

  • 転職者向けの履歴書を使う
  • 最後の一文字まで丁寧を心がける
  • 写真は写真館で撮影する
  • 誤字脱字は修正ペンで消さない

これから各ポイントについて具体的に説明してゆきたいと思います。

 

転職者向けの履歴書を使う

最近はコンビニでも履歴書が販売されていますが、転職にはJIS規格(国家標準)のB4かA3サイズの履歴書を1枚使うようにしましょう。JIS規格の履歴書は志望動機の記入欄も広く、応募する企業へ自分の熱意や経験などをしっかり書くことができます。

また、履歴書の指定があればその指定に沿った履歴書を使います。

 

JIS規格の履歴書の種類はさまざま

最もベーシックなJIS規格の履歴書は学歴や職務履歴欄が多く設けてあるので、転職回数が多い方でも対応できるようになっています。しかし、転職回数が少なく必然的に空欄が多くなってしまう方は自分の長所・短所や性格・趣味などが記入できるタイプのものもあるので、自分に適した履歴書を選んでください。

 

最後の一文字まで丁寧を心がける

履歴書の文字は上手なことに越したことはありません。しかしきれいな字で書くことよりも、最後の一文字まで気持ちを込めて丁寧に書くことの方が大事なのです。汚く乱雑な字は「仕事に対しても雑なのでは」と思われてしまいます。目を通しやすい、わかりやすく記入することを心がけると自然と文字も丁寧になります。

 

履歴書を魅力的にするには手書きが良い

字は性格を表すともいわれます。そのため、履歴書はパソコンで文字を打つのではなく手書きがベストです。手書きの場合は細すぎるボールペンよりも0.5mm・0.7mmのものが良いでしょう。

 

証明写真は写真館で撮影する

最近は駅や地域の色々な場所に証明写真機が設置されています。短時間かつ簡易的なので利用する方は多いのですが、転職の履歴書に使う証明写真は写真館で撮影しましょう。写真だけで判断されるわけではありませんが、簡易的な証明写真だと「仕事に対しても適当なのでは」と思われる要素になります。

 

証明写真は自分のアピールにも繋がる

証明書の顔写真は自分のイメージを相手にアピールするものです。そのため、服装や髪形、表情に気をつかいましょう。

  • 男性:ダーク系のスーツに派手すぎない明るいネクタイ
  • 女性:スーツまたはブラウスで適度なメイクをする
  • 男女共通:派手なアクセサリーはNG・清潔感ある髪型で顔が隠れないように

写真を撮る際は目をいつもより大きく開き、口角を上げると明るい印象を与えます

 

誤字脱字は修正ペンで消さない

一文字でも文字を間違えてしまったのであれば、残念ですが新しく履歴書を書きなおしましょう。一文字くらい問題ないと修正ペンを使う方がいますが、採用担当者に正式な文章の作成意味を理解していない・慎重さが欠けていると思われかねません。履歴書は落ち着いて、十分な時間の余裕を持って作成しましょう。

 

誤字脱字がないか第三者にもチェックしてもらう

履歴書を作成して自分で2度3度と見返すことは大事ですが、自分だと見落としてしまうこともあります。可能であれば第三者にダブルチェックしてもらうと良いでしょう。

 

2.魅力的な履歴書作成の注意点

魅力的履歴書作成注意点

基本的な履歴書の基本の書き方の次にお伝えしたいのが、履歴書作成に特に注意したいことです。ここでは気づきにくいミスを5つで紹介します。

  • 取得している資格は全て記載しない
  • 住所や学校・会社名は省略しない
  • 和暦と西暦が混同している
  • 志望動機に意欲や熱意を感じない
  • 不採用になった履歴書を使いまわす

当たり前だと感じる方も多いと思いますが、確認する意味でも目を通していただけると幸いです。

 

取得している資格は全て記載しない

最近は手軽に資格を取得できるため、転職活動中の女性の中にはたくさんの資格を持っている方もいるでしょう。しかし、履歴書に記載する資格は、応募する企業の仕事に関連する資格を抽出して書くようにしましょう。資格名も簡略化せずに正式名所で記入しましょう。

 

住所や学校・会社名は省略しない

採用担当者は住所にも注目して履歴書を見ています。住所欄の記入でよくある間違いとしては都道府県名やマンション名の記載を省いてしまう方がいますが、正式な表記で書きましょう。

  • 間違い例:〒100-○○○○東京都千代田区丸の内○-△△-105
  • 正しい例:〒100-○○○○東京都千代田区丸の内○丁目△△番地サザンビル105

細かいようですが、こうした気配りができるか、できないかでも印象は異なります。

 

学校名と会社名の表記について

学校名と会社名の間違っている書き方と正しい記入例を紹介します。

【間違っている書き方】

学歴・職歴
    学歴
平成27 3 東京都立○○○高校卒業
    職歴
平成28 4 △△△建設(株)入社

 

【正しい書き方】

学歴・職歴
    学歴
平成27 3 東京都立○○○高等学校卒業
    職歴
平成28 4 △△△建設株式会社入社

正式な文章だと意識して、もれなく・簡略化せずに記入をしてください。

 

和暦と西暦が混同している

履歴作成において年号は必ず記入しますが、和暦と西暦のどちらか一方の年号で統一をしてください。記入欄によっては年号の表記を変えた方が見やすいと感じても、全体として統一した方が経歴などを把握しやすいのです。

 

志望動機に意欲や熱意を感じない

魅力的な履歴書の志望動機というのは、自分の経験や具体的なスキルを会社にどう貢献したいのか具体的、且つわかりやすく記入されています。漠然と「企業に興味がある」では熱意は伝わりません。

 

志望動機欄の見やすさも重視すること

熱意を伝えたいがために志望動機欄いっぱいに細かく文字を記入することも良くありません。丁度よく書くコツは、読み手の立場に立って記入することです。

 

不採用になった履歴書を使いまわす

多くはないと思いますが、不採用で返送された履歴書を使いまわす、または、内容を変えずに書き直し再度利用する方がいます。しかし、使いまわしの履歴書は採用担当者から見ればすぐにわかってしまうので要注意です。不採用になった履歴書は再度見直し、推敲して次回にいかしましょう

3.女性の転職には自己PRで魅力を伝える

女性転職履歴書自己PR

魅力を伝える自己PRの書き方ですが、基本として押さえておきたいのは適切な文字数が200~250文字ということがひとつです。書き方のポイントは「今までどのような経験をしてきたのか」「その経験から得た強みやスキル」「その強みやスキルを応募企業でどう活かせるか」の3つを意識するとまとめやすいです。

  • 自己PRには具体的な結果や数字を使う
  • 自己PRにマイナスな表現を使わない

その他に大事なポイントは上記の2つになりますので、押さえておくと良いでしょう。

 

自己PRには具体的な結果や数字を使う

魅力的な自己PRというのは、自分の強みを経験した職務内容と連動させて具体的な結果をや数字を記載してあります。この時に、記載している自分の強みが企業にどのように貢献できるのかわかりやすいと尚良いでしょう。

 

自己PRにマイナスな表現を使わない

自己PRの書き方で「経験は浅い」「自信はありませんが」など、マイナスな表現を使う方がいますが、採用担当者からすれば自分に自信がなく会社にふさわしい人物ではないという印象を与えます。例えば「自信がない」という表現は「慎重に判断しじっくりと物事を考える」など、プラスの表現をするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。魅力的な履歴書を作成するには基本的な事と、注意点をしっかり押さえておくことが大事になります。特別なことはないのです。自分の熱意や自分のイメージは履歴書ひとつで採用担当者に伝わります。

履歴書は正式文章であることを念頭に置いて、自分らしさも感じられる履歴書を作成しましょう。

 

女性の転職サイト口コミ比較ランキング




働く女性をターゲットに転職サイトを運営している女性専門転職サイトランキングをご紹介しています。口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。





関連ページ

キャリア女性にオススメの転職先の探し方

キャリア女性にオススメの転職先の探し方

キャリア女子が転職しようと考えた時にまずしてしまいがちなのが、転職サイトへ登録したり行動に起こす […]

続きを見る
女性が働きやすい職場とは?

女性が働きやすい職場とは?

近年、働く女性が増えてきていますが、多くの女性が働きづらい職場だと感じているようです。女性が働き […]

続きを見る
20代女性が初めての転職で気をつけたいこと

20代女性が初めての転職で気をつけたいこと

女性の20代というのは、結婚や育児、出産などライフスタイルが大きく変化する年代です。そのため、病 […]

続きを見る
働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

毎日仕事をしていれば、誰もが何かしらの問題に直面します。仕事がうまくいかない悩みもあるでしょうし […]

続きを見る
子持ちの主婦が正社員として働くのために知っておきたい5つのこと

子持ちの主婦が正社員として働くのために知っておきたい5つのこと

主婦の中には、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまったけど、できることならまた正社員として働きたいと […]

続きを見る
20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

以前は35歳転職限界説、という言葉があるほど、35歳以上での転職は難しいとされてきました。しかし […]

続きを見る
女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性は転職活動をしていくに当たっては、男性と比べて色々な冒険をしやすい傾向にあると言われています […]

続きを見る
30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

20代前半は転職に有利な年代ですが、それでも転職のデメリットはあります。今はまだ若いですが、こ […]

続きを見る
女性社員の平均年収と転職の注意点

女性社員の平均年収と転職の注意点

女性は就職後、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えます。企業側は、これらのライフイベントを […]

続きを見る
年代別でみる女性の転職のポイント

年代別でみる女性の転職のポイント

転職活動では事前の情報収集と、活動のための計画作成が成功のカギを握ります。転職活動のためのプラン […]

続きを見る
女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト