キャリアアップしたい女性がブラック企業求人を見分ける方法の全て

キャリアアップしたい女性がブラック企業求人を見分ける方法の全て

キャリアアップ転職を考える女性は、いわゆる「アラサー世代」と言われている人達が多いです。

特にシングルのアラサー女性達は、キャリアアップと同時に今後起こりうるライフイベント(結婚・妊娠・出産)についても考慮しながらキャリアアップ転職を考えていかなければなりません。一昔前までは、「キャリア女子とは、女を捨てて男のように働く人」というイメージが先行していました。しかしこれからの時代、キャリア女子の定義は「キャリアもプライベートも両方バランスよく手に入れている女性」でなくてはなりません。そして、そのような新しい時代のキャリア女性が転職するのであれば、絶対にブラック企業は避ける必要があるのです。

キャリア女子こそブラック企業は避けるべき!

ブラック企業は避けるべき

アラサー女性達の間で、子宮系の疾患(子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸ガン)を抱える人が年々増え、それらが起因し不妊症に悩む女性達が後を絶たないのはご存知の通りです。では、なぜこんなにも多くの若い女性達がこのような疾患に苦しむことになったのでしょうか。その背景には、現代社会における「男女平等」という考え方に無理があったのだと言わざるをえません。

 

体力面で男性と同等になることは不可能です

女性の身体は毎月くる生理に象徴されるように、非常にデリケートに出来ています。それなのに、「男性に負けない!」と肩ひじをはって朝早くから夜遅くまでバリバリ働き続け、生理トラブルに見舞われてしまった女性は数多くいるのです。この記事を読んでいるあなたにも、何かしら思い当たることはあるのではないでしょうか。

 

女性ならではの方法で活躍していけばいい

「女だから」というただそれだけの理由で、プロジェクトのリーダーを任せてもらえなかったり出世コースから外されてしまったりという理不尽な思いをすることはウンザリでしょう。しかし、仕事よりもお金よりも何よも大切なのは自分自身の健康を守ることです。これから妊娠・出産を考えているのであればそれは尚更のことです。

男女平等社会とは、女性が男性と同じように働くことではなく、女性ならではの方法でキャリアアップし社会で活躍していくこでなければなりません。

 

ブラック企業にいては自分の身を守れません。

仕事のキャリアも女性としての幸せも両方手に入れていきたいと思うのであれば、間違ってもブラック企業に転職をしている場合ではありません。以下に詳しく説明していきますが、ブラック企業に就職してしまっては、キャリアも女性としての幸せも両方失ってしまうことになりかねません。

 

アラサーキャリア女子とってのブラック企業とは

「ブラック企業」という言葉の定義は実に曖昧です。一般的には、長時間労働・社員の平均年齢が若い・基本給が少ないなどというポイントがブラック企業の特徴として挙げられます。しかし、厚生労働省においてもブラック企業の明確な定義は定められていない現状があります。また、働く人によってもその企業が「ブラック」であるかどうか、捉え方は異なります。

ここでは、世間一般的なブラック企業の特徴を踏まえ、アラサーキャリア女子にとってのブラック企業の特徴について見ていきましょう。

  • 長時間労働・サービス残業が当たり前
  • 有給が取れない
  • 朝一で社訓を叫ばせる
  • 両立支援がない(産休・育児休暇が存在しない)
  • 女性によるヒット商品が存在しない

女性にとってのブラック企業とは、仕事のキャリアと女性としての幸せが両立できない特徴を持つ企業のことだと言えます。それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

長時間労働・サービス残業が当たり前

長時間労働やサービス残業は、ブラック企業の最大の特徴だと言えるでしょう。毎日始発から終電まで働き、その上で土日も出勤するようでは、女性が身体を壊してしまうのは当然のことだと言えるでしょう。

 

女性が被る長時間労働による弊害とは

長時間労働になるということはつまり、「不規則な生活が強いられる」ということです。そうなると、当然のようにご飯を手作りする元気はなく、外食やコンビニ弁当など栄養価が低そうな夜ご飯を毎晩遅い時間に食べるのが習慣となるでしょう。その結果、ダイエットには失敗し、栄養不足によって肌も髪もボロボロになりアラサー女性に欠かせないはずの「女子力」が低下することは間違いありません。

 

有給が取れない

ブラック企業の中には、有給制度が整っていないところもあります。また、例え表面上は有給制度が整っていたとしても、有給を取ることでボーナスや昇進・昇給などの査定に響くことがあるのです。そうなってしまうと、今後キャリアを積んでいきたいと考える女性はどうしても有給が取りづらくなってしまうものです。しかし、有給が取れないようでは、家族や恋人や友達との大切な時間を取ることができません。言葉通り「仕事だけの人生」になってしまいます。

 

朝一で社訓を叫ばせる

企業の規模に関わらず、朝一で社訓を叫ばせる企業は少なくありません。社訓を叫んだ後は1日の目標を叫ぶ企業もあります。社訓を理解した上で一社員として責任を持って働くことや、1日の目標を決め上司に報告する意義は確かにあります。しかし、それらの意識付けを「社訓を叫ばせる」ことで強引に行う企業は体育会系の気質が強く、どんなに制度が整っていたとしても女性が働きやすい職場であるとは言えないでしょう。

 

両立支援制度がない

最近では「主夫」「育メン」などの言葉に代表されるように、家事や育児に積極的に関わる男性が増えているのは事実です。しかし、実際のところはまだまだ女性は中心となって家事や育児や介護を行っていっている家庭がほとんどだと言えるでしょう。そのような、家庭と仕事の両立をサポートする制度が「両立支援制度」です。以下に、企業が実際に取り入れている両立支援制度の例を紹介致します。

  • 産前休業(出産予定日の6週間前から休める制度)
  • 産後休業
  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 育児休業
  • 短時間勤務制度
  • 子の看護休暇
  • 法廷時間外労働の制限
  • 深夜業の制限
  • 転勤の配慮
  • 介護休業
  • 介護休暇制度etc

シングルのアラサー女性であっても、いつ結婚・妊娠・出産・育児などのライフイベントが起こるか分かりません。そのため、どんな事態にも対応できるような両立支援制度が整っていない企業は、まさしく女性にとってのブラック企業だと言えます。

 

女性によるヒット商品が存在しない

いくら表面上は「女性に優しい会社」であると謳っていたとしても、その企業に女性によるヒット商品が存在しないのであれば、内情を疑うべきでしょう。もし、あなたが今後、商品の企画や開発に携わっていきたいと考えるのであれば尚更、この点に注意していく必要があります。女性によるヒット商品が存在しないのであれば、その企業は男性優位な気質である可能性が高く、キャリアアップしたい女性にとっては非常に不利な環境です。

 

女性の働き先でブラック企業が多い業界

女性社員が全体の大多数を占める業界は多く存在します。その中でも、ブラック企業が多いと言われている業界を以下にまとめています。

  • ブライダル業界
  • アパレル業界
  • 旅行業界

いずれの業界も、世間一般的には「花形」とされている印象を受けますがその裏側には「過酷な労働環境」という実態があります。そしてこれらは女性に向いている職業であるはずにも関わらず、拘束時間や体力面を考慮すると結果的には「女性に向かなくなる」という矛盾を抱えているようです。ここでは、ブライダル業界を例にとって女性が多い職場のブラック企業の実態について紹介していきます。

 

ブライダル業界の実態

ブライダル業界に勤めるウェディングプランナーは、結婚する二人の人生の最良の日をサポートします。花嫁のドレス選びから式当日の進行まで、ご夫婦に寄り添いながら話を進めていき、挙式中に感極まって泣いてしまうようなウェディングプランナーもいます。ブライダル業界こそ、実に華やかであり、やりがいのある仕事であることは間違いありません。しかし、その裏側では実に過酷な労働環境が待ち受けているのです。

 

式当日は始発終電が必須です

結婚式当日は朝早くに式場に駆けつけ、式が終わってからも大量の仕事をこなさなければなりません。そのため、式当日は必然的に始発終電勤務となってしまうのです。特に繁忙期の場合(6月・11月など)は毎週土日に結婚式がありますから、この時期のウェディングプランナーの給料を時給換算にすると涙なしでは聞けない額になってしまいます。

 

会社の都合に合わせて提案しなければならないジレンマ

ウェディングプランナーは夫婦二人にとって最良のプランを組むことが求められます。しかし、それは表向きだけの話であって、実際のところは会社の売り上げのためにやむなく商品を提案せざるをえないこともあるようです。「本当はこんなのなくてもいいのに」という本心に蓋をしながら商品を提案することに、心苦しさとジレンマを感じるウェディングプランナーは多くいます。

 

花嫁のドレス選びを「どうでもいい」と思ってしまった・・・

ブライダル業界の仕事に疲れきってしまったウェディングプランナーの中には、花嫁が最も心を躍らす瞬間であろうドレス選びの時に「別にどうでもいいと思ってしまった」という意見も聞かれました。そして、その瞬間に「もう私はここにはいるべきではない!」と転職を決意したようです。

 

女性が多い職場が働きやすい職場だとは限らない

女性が多い職場ともなると、「女性でもキャリアアップができて働きやすい職場なのでは」と考えしまいがちです。しかし実際は、女性が多い職場であることと女性が働きやすいことは、決してイコールになるわけではありません。ブラック企業であるかどうかを見抜く際には「男女比」はあまり参考にならないものだと覚えておきましょう。

キャリアアップ転職したい女性が注意すべき求人広告のフレーズ

注意すべき求人広告のフレーズ

転職をする時まず行うことは「求人広告のチェック」です。実は、その企業が女性にとってブラック企業であるかどうかは、実際に面接に行かなくても求人広告を見るだけで大体分かるものなのです。それでは、キャリアアップしたい女性が避けるべきブラック企業にはどのようなフレーズが求人広告に記載されているのか確認していきましょう。

  • 「未経験者歓迎!」
  • 若い社員が活躍しています!
  • アットホームな会社です!
  • やたら高い給料の提示or給与額の提示があやふや

なぜこれらのフレーズに注意するべきなのかを、一つ一つ確認していきましょう。

 

「未経験者歓迎!」

求人広告に「誰でもできる」「未経験者歓迎」と乗せている企業は多数存在しますが、このように採用条件のハードルを異常に下げている企業はブラック企業である可能性が高いのです。

そもそも、企業側からすれば中途採用者に即戦力になってくれることを期待しているはずです。にも関わらず、このように未経験者を歓迎している企業は、経験者であれば絶対に来たがらないようなレベルの低い企業である可能性があります。また、入社後は相当厳しい過酷な指導を受けざるをえない危険性も考えられます。

 

「若い社員が活躍しています!」

これからキャリアアップをしたいと考えるアラサー女性の場合は、このようなフレーズには特に目もくれないと思いますが、これはブラック企業の代表的なフレーズでもあるため説明を加えておきます

「若い社員が活躍している!」「20代が中心となって働いている!」というのはつまり、離職率が高く、長く続けられている人がほとんどいないということです。そのような職場は、転職後に腰を据えてキャリアを積んでいきたと考える女性に向いているわけがありません。

 

「アットホームな会社です!」

女性が職場で上手くやっていけるかどうかは人間関係に左右される面が多いにあります。そのため「アットホームな会社です!」というフレーズに心を惹かれる女性は少なくないでしょう。仕事を円滑に進めていくためには、ある程度の信頼関係がベースにあった方がやりやすいですし、誰しも殺伐とした雰囲気の中で働きたいとは思いません。しかし、アットーホームをやたらとアピールする企業は女性にとってブラック企業である可能性が高いのです。

 

アットホームをアピールする会社ってどんな会社?

アットーホームをアピールするのは、比較的規模が小さい企業であり「アットーホーム」であることしか会社としてウリに出来ることがない場合が多いのです。また、場合によっては本当に言葉通りの「アットホーム」でプライベートに関することを根掘り葉掘り聞かれるケースもあります。特に「オンとオフをしっかり分けたい!」と考えるタイプのキャリア女子は絶対に避けるべきブラック企業の1つです。

 

やたら高い給料の提示or給与額の提示があやふや

キャリアアップをしたい女性にとって、給与面は非常に気になるポイントです。できれば、前職よりも給料が下がるのは避けたいことでしょう。しかし、給与面だけでキャリアアップの転職先を決めるのは非常に危険です。また、「年収300〜10000万」のように給与額の振り幅が大きすぎる求人案件もブラック企業である可能性が非常に大きいのです。

 

給与設定が高い背景には何があるのか

給与設定が高い企業は、人手不足により一人一人の社員の負担が大きい可能性があります。負担が大きいということは、それだけ業務量や残業も多く、過酷な労働環境が強いられるということです。また「年収300〜1000万」などと提示している場合は、実際のところ年収が300万まで届かないケースも少なくなく、また異常なノルマが課せられているような場合もあります。

 

まとめ

まとめ

「キャリアアップ転職をしたい」と考える働くことに前向きなアラサー女性が、キャリアも女性としての幸せも両方手に入れていってほしいという思いを込めてこの記事を書きました。女性が社会で活躍していくためには、やりがいのある仕事を頑張ることと自分自身の健康を守ることのバランスが不可欠です。どんなにやりがいがあって高いお給料がもらえたとしても、自分の健康を犠牲にしてしまっては、本末転倒になってしまいます。自分がこの人生で得たい幸せと、仕事上で得たい幸せを明確にして、女性として幸せになれるキャリアアップ転職を目指していきましょう。

女性の転職サイト口コミ比較ランキング




働く女性をターゲットに転職サイトを運営している女性専門転職サイトランキングをご紹介しています。口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。





関連ページ

40代女性の転職でのメリット・デメリット

40代女性の転職でのメリット・デメリット

40代の転職事情は、非常に厳しいのが現実です。しかし、だからといって、尻込みする必要はありません […]

続きを見る
ブランクのある女性が転職成功するための3つのポイント

ブランクのある女性が転職成功するための3つのポイント

転職活動をするに当たっては誰しもが多少はブランクの壁に苦しむことになるものですが、傾向としては男 […]

続きを見る
20代女性が初めての転職で気をつけたいこと

20代女性が初めての転職で気をつけたいこと

女性の20代というのは、結婚や育児、出産などライフスタイルが大きく変化する年代です。そのため、病 […]

続きを見る
女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと

女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと

女性の皆さんは、転職面接を受ける際にどんな事を意識していますか。 志望動機や自己PRを準備して、 […]

続きを見る
20代後半女性の転職でのメリット・デメリット

20代後半女性の転職でのメリット・デメリット

20代後半女性の転職のメリットとデメリットをしっかりと見極めて、本当にお得な働き方を手に入れまし […]

続きを見る
女性社員の平均年収と転職の注意点

女性社員の平均年収と転職の注意点

女性は就職後、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えます。企業側は、これらのライフイベントを […]

続きを見る
シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

最近ではシングルマザーは珍しいものではなく、世の中のひとつの家庭の形として定着しています。昔と違 […]

続きを見る
20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

以前は35歳転職限界説、という言葉があるほど、35歳以上での転職は難しいとされてきました。しかし […]

続きを見る
女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

近年、働く女性が増え「女性が働きやすい職場」を作る会社も増えてきました。しかし、一般的にいう女性が […]

続きを見る
キャリア女性が転職する場合の4つの注意点

キャリア女性が転職する場合の4つの注意点

今、多くの会社では女性の管理職を推奨するため、福利厚生に関する制度を充実させる動きがみられます。 […]

続きを見る
女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント
子持ちの主婦が正社員として働くのために知っておきたい5つのこと子持ちの主婦が正社員として働くのために知っておきたい5つのこと

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト