事務の仕事で働きたい女性の、求人情報の見方

事務の仕事で働きたい女性の、求人情報の見方

事務の仕事は、大変人気のお仕事です。特に正社員となると、求人数そのものが非常に少なくなります。だからこそ、「事務」という言葉だけで求人に飛びついてしまうという人も少なくありません。

しかし、事務にも色々な種類がありますし、もちろん募集している会社も様々です。入社してから、思わぬミスマッチを生んでしまう可能性があります。

長く働きたいなら、ミスマッチは絶対に防ぎたいですよね。

今回は、そんな「事務の仕事で長く働きたい!」と考えている女性に知って頂きたい、求人情報を見る時のポイントをご紹介します。

事務職は、人気があります

事務は人気の仕事

事務職は、本当に人気がある仕事です。

その理由としては、「デスクワークで体力的にも楽、勤務時間も長すぎず、休みもきっちりとれる、産休後も復帰しやすそう」という声が多くあげられます。

 

事務にも向き・不向きがある

事務への転職を狙う人には、本当に色々なタイプの方がいます。それほど、幅広い人気があるという事ですね。しかし、同じ「事務」の仕事でも、それぞれのタイプによって向き・不向きがあります。

あなたはどのタイプですか?

 

事務しか経験がない人

これまで事務の経験しかなく、これからも事務でやっていこうという人です。

スキルや資格を活かせる専門的な仕事や、コツコツ・淡々と業務をこなすような仕事に向いています。

 

営業などでバリバリ仕事をしてきた人

ノルマに追われ、休日返上で働いてきたような営業職の方の中には、転職を機に事務職を目指す方は非常に多いです。

このタイプの人は営業目線で仕事に取り組めるので、営業事務などのサポート役に向いています。

 

販売など不規則なシフトで仕事をしてきた人

接客や販売職など、シフト制で不規則な働き方をしてきた人で、結婚や出産を機に事務への転職を考える人がいます。

PCスキルやビジネスマナーは1から勉強しなければなりませんが、人と接する事が得意なので、受付や来客応対の仕事にピッタリでしょう。

 

1.求人情報の仕事内容をチェックしよう

仕事内容をチェック

あなたのタイプはわかりましたか?例えば、元営業の方が、毎日ひたすらデータを入力する単調な事務に転職するとどうでしょう。だんだんと物足りなくなってきて、やりがいを見出せずに退職…なんてこともありえます。

反対に、コツコツタイプの人が柔軟性を求められる営業サポートの仕事に就いたものの、コミュニケーションがうまくいかない、という事も考えられますね。

「事務」だからとひとくくりに考えてしまっては、あとで困る事になります。このミスマッチを防ぐためには、応募する前に求人情報のどこを確認しておくべきなのでしょうか。

 

仕事内容は限定的か、多岐にわたっているか

求人には、「一般事務」、「総務事務」、「人事事務」、「経理事務」、「営業事務」など、職種が記載されています。

もちろんこれも大切なのですが、次のような点にも注目して見てください。

 

限定的な仕事

コツコツタイプにおすすめなのが、業務の幅が限定的な仕事です。求人情報で募集されている仕事が、どの「部署」のどういう「仕事」なのか、まで詳しく書かれている仕事は、限定的な仕事だと考えられます。

例えば、「総務部の事務」と書かれたものよりも、「総務部での人事・労務担当事務」と書かれたものの方が、仕事は限定されているという事です。

決められた担当の仕事だけに集中する事ができるので、その職種の専門的な知識やスキルを身につける事ができます。

 

業務が多岐にわたる仕事

元営業や販売職の方なら、多岐にわたっている仕事を好む方が多いのではないでしょうか。「営業アシスタント」、「人事部での事務全般」など、職種をざっくりと書いて募集してあるものは、おそらく多岐にわたる業務を求められるものです。「柔軟な方や臨機応変な対応ができる方を歓迎します!」といった文言もよく見られます。

毎日のルーティンワークに加え、突発的な仕事や時にはお客様対応まで、時と場合によって様々な仕事を任されるので、変化があって刺激的な毎日を送ることができます。

 

2.求人情報の勤務条件・待遇をチェックしよう

待遇のチェック
仕事の内容でのミスマッチが解消できたら、次にチェックするべきは勤務条件や待遇です。「長く働きたいから」という理由で事務を目指すからには、ある意味最重要ポイント。

事務=100%『勤務時間が短い、休みがきっちりとれる、産休後も復帰しやすい』とは限りません!細かくチェックしてください。

 

休日

週休2日制を希望するなら、必ず細かい確認が必要です。同じ週休2日制でも、毎週土日が休みの場合と、そうでない場合があります。

例えば、隔週で週休2日だったり、毎月第1土曜日のみ出勤だったり、「日曜日と平日1日で週休2日」だったりと、「週休2日」と書かれていても例外があるのです。

あなたのライフスタイルに合わせて、希望通りの休みがとれる職場を選びましょう。

 

勤務時間

安定した勤務を望むなら、勤務時間も要チェック。

事務でも、「9時~18時か12時~21時」など、シフト制を設けている事もあります。小売店や飲食店の業種に多いですね。しかしこれでは、例えば出産した後が大変です。

 

企業の規模

意外と意識して見られていないのが、企業の規模。すべての会社に当てはまる事ではありませんが、ここから様々な事を予測する事ができます。

例えば、規模が大きい会社は各部署で働く人数も多くなります。同じ業務をしている人が多いというのは、わからない事を質問しやすいので安心ですね。また、誰かが休んだ場合でもその業務をみんなで分担する事ができます。有給や産休も、取得しやすい可能性が高いですね。

反対に、規模が小さい会社では、その業務を担当している人が1人しかいないなんて事もあります。引き継ぎも大変ですし、手探りで仕事をしていかなければならないので、苦労が多いかもしれません。しかし、自分にすべての決裁権があるので、そこにやりがいを感じるという方にはお勧めです。

どちらが自分に合っているか考えてみてください。

 

社員の平均年齢

社員の平均年齢からわかる事もあります。

平均年齢が30歳前後の会社は、活気がありエネルギッシュな職場でしょう。そういった環境で仕事をしたい方には、ピッタリです。

逆に、平均年齢が若いという事は長く続けている人がいない、と読み取る事もできます。ベテランの女性社員が多い会社は、おそらく産休・育休の取得率も、その後の復帰率も良いのでしょう。

設立間もない会社の場合は判断が難しいですが、転職先を選ぶ際の1つの目安にはしてみてください。

 

まとめ

まとめ

多くの転職希望者があこがれる仕事、事務職。

しかし、「事務」だからと簡単にひと括りにはできないくらい、その業務内容や多種多様ですし、どの企業にも必要な職種だからこそ色々な会社が募集しています。

求人情報を見る際は、自分に合った仕事なのかどうか自分が希望する勤務条件であるかを必ず確認しましょう。

とは言え、事務は人気の仕事ですから、あまり条件にこだわりすぎて転職のチャンスそのものを逃してしまう事は避けたいですね。うまく妥協点を探しながら、自分に最適な転職先を見つけてください。

関連ページ

20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

20代女性が非正規雇用から正規雇用に転職するためのポイント

以前は35歳転職限界説、という言葉があるほど、35歳以上での転職は難しいとされてきました。しかし […]

続きを見る
女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

このページでは、女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイントを説明していきます。 […]

続きを見る
女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

近年、働く女性が増え「女性が働きやすい職場」を作る会社も増えてきました。しかし、一般的にいう女性が […]

続きを見る
女性社員の平均年収と転職の注意点

女性社員の平均年収と転職の注意点

女性は就職後、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えます。企業側は、これらのライフイベントを […]

続きを見る
年代別でみる女性の転職のポイント

年代別でみる女性の転職のポイント

転職活動では事前の情報収集と、活動のための計画作成が成功のカギを握ります。転職活動のためのプラン […]

続きを見る
出産を希望する場合の転職と、転職後の産休・育休、復職について

出産を希望する場合の転職と、転職後の産休・育休、復職について

若い女性が転職活動をする際に気にすることの一つが産休・育休がきちんととれるか、ということではない […]

続きを見る
20代後半女性の転職でのメリット・デメリット

20代後半女性の転職でのメリット・デメリット

20代後半女性の転職のメリットとデメリットをしっかりと見極めて、本当にお得な働き方を手に入れまし […]

続きを見る
キャリア女性が失敗しない会社を選ぶ5つのポイント

キャリア女性が失敗しない会社を選ぶ5つのポイント

これまで着実に実績を積んできたキャリア女性にとって、その経験やスキルを活かし、転職先でさらに成果 […]

続きを見る
女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性は転職活動をしていくに当たっては、男性と比べて色々な冒険をしやすい傾向にあると言われています […]

続きを見る
30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

30代前半女性の転職でのメリット・デメリット

20代前半は転職に有利な年代ですが、それでも転職のデメリットはあります。今はまだ若いですが、こ […]

続きを見る
女性社員の平均年収と転職の注意点女性社員の平均年収と転職の注意点
働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト