女性が初めて転職をする際に知っておきたい5つのこと

女性が初めて転職をする際に知っておきたい5つのこと

一般的に女性というのは男性に比べて、生涯通じての転職回数が多いと言われています。それには色々な原因がありますが、女性の場合は男性と比べて結婚出産育児介護等々といった、いわゆる家庭の事情に左右されやすいからです。遠方の恋人と結婚する場合は引っ越しによって退職しなければいけないリスクもありますし、出産育児は大変ですからそれによって本人は退職したくなくても退職せざるを得ないということにもなります。しかし結婚出産育児等がある程度落ち着いた後に、再び転職活動をしたいと思って皆また活動を始めるものです。

このように生涯を通じては女性は転職に慣れている生き物であると言うことが出来ますが、一方で大学や高校を卒業したばかりである等、人生ではじめて転職活動をするという女性も沢山いるものです。このような転職活動ビギナーは、一体どのような点に注意して就職活動を進めていけば良いのでしょうか。

 

 

 

1.女性の初めての転職で気をつけたいこと

女性 初めて 転職 気をつけたい 

転職とは、人生においてとても大事なものです。そのため、初めての転職は特に慎重にならなければなりません。初めて転職をする女性が気をつけておきたいこととは、どのようなことでしょうか。

 

応募の段階で広告の真贋を見極めることが大事

初めての転職を行う転職ビギナーと呼ばれている人達は、とにかく良い求人とそうではないものとを見極める能力が低いものです。つまり広告の甘い言葉に騙されてしまうことが多いということです。例えば広告には残業はほとんどないと書いてあったものの、入社したら実は毎日がサービス残業だったということも往々にして聞かれる話なのです。

 

入職後してから後悔することも

特に正社員で入社をしてしまった場合、入社後に広告に騙されていたのだと気づいたとしても、なかなか退職に踏み切れないものです。なので大切なことは、応募の段階でしっかりと広告の真贋を見極めることなのです。

 

まずは判断力を持った大人に相談しよう

人生ではじめて転職活動をするような人には若い人が多く、若い人は人生経験が乏しくて豊富ではない為、判断力も通常の大人に比べて低いものです。それではどうすれば、嘘の求人情報に引っかかることを未然に防止することが出来るのでしょうか。一番大切なことは、親しい身の回りの判断力を持った大人に相談してアドバイスを受けることなのです。特に親等はその代表例です。

 

初めての転職は慎重に進めることが大切

自分一人では正しい広告かそうでないかを見極めることが出来なかったとしても、身の回りの人生経験豊富な大人に聞けば分かることだって沢山あるのです。なので怪しいなと思った求人があった場合はすぐに応募してしまうのではなく、まずは信頼のできる大人に事情を話してアドバイスを受けるようにしましょう。すぐに応募しなければ他の人が採用されてしまうと焦ってしまうのではなく、ある程度慎重に活動を進めていきましょう。

 

 

 

2.女性の転職先の探し方

女性 転職先 探し方

最近では女性も社会進出してバリバリとキャリアウーマンとして働きたいと考える人が増えてきました。社会の場でも男女の平等が実質的に保証され始めてきたことの証拠でもあり、歓迎するべきことではあります。ところで女性が転職したいと思った場合、具体的にはどのようなツールを使って転職先を探すのでしょうか。

 

インターネットを活用するのが効率的

もっとも効率的で現代らしい探し方として、インターネットを使った転職活動が挙げられます。そしてインターネットを使った転職活動には、それ以外の活動方法と比較して実に色々なメリットがあるのです。まず何といってもネットを使って転職活動をする分には、交通費等といった特別な費用はほとんどかかりません

 

インターネット以外の探し方は交通費がかかる

ハローワーク等に行って転職先を探そうとする場合、自宅からハローワークまで徒歩で行ける距離であれば良いのですが、そうではない場合はどうしても交通費といった余計な費用がかかってしまうことになります。電車やバスであれば運賃が必要になりますし、自家用車の場合でもガソリン代や駐車場代金が発生してしまいます。

自転車で行けば良いではないかという意見を持つ人もいますが、最近では特に都心部では自転車の駐輪場も有料化されていることが多く、なかなか費用なしに活動することは難しいものです。

 

転職活動の費用はできるだけ抑えよう

自宅でパソコンを使って仕事探しをするならば、求人閲覧や応募の段階に留まる限りは一銭もかかりません。そもそも転職希望者の場合はお金に余裕がないから仕事を探しているのだという人も相当数いますので、そういった人達にとって費用が節約できるのは何よりも有り難いことなのです。

 

求人誌で転職先を探そう

それから求人誌を購入して仕事を探すという方法もあります。この方法の場合は余程の山奥等の田舎でもない限り、近所のコンビニに行ってすぐに求人誌を購入することが出来、比較的気軽な活動方法の一つだと言うことが出来ます。

しかしいくら近くにコンビニがあるといってもわざわざ求人誌を購入する為に費用をかけたくないという人も沢山いることでしょう。そのような人の場合も、コンビニに置いてある無料のフリーペーパーを持ってくれば良いのです。

 

コンビニは有料の雑誌と無料の雑誌の両方を手に入れることが出来る

つまりコンビニに行けば有料の雑誌と無料の雑誌の両方を手に入れることが出来るのであり、その時その時の経済状況に応じてどちらを手に入れるのかを自由に決めることが出来るのです。なのでコンビニというのは転職者達にとっての強い味方となるべき場所なのです。

 

 

 

3.女性が転職先を探す際のポイント

女性 転職先 探す ポイント

女性が転職をする時に転職先を選ぶポイントですが、何を重視するかによって変わってきます。収入を重視するのであれば当然給与面が良いところを、働きやすさを重視するのであれば働きやすい職場を選ぶことになります。しかし、大事なことは特別重視する部分があるからといって他の部分が疎かにしていいかというとそのようなことはなく、全体のバランスが重要となってきます。

 

条件のバランスをとることが大切

転職をする時というのは現在の仕事や職場に何かしら不満があるからすることになるわけですが、新しい職場が不満点だけを解消された職場とは限りません。給料に不満を持って転職をしたけれども、今度は職場環境が良くなかったということもありますし、その逆に職場環境が悪いから働きやすい職場環境の良い仕事に転職をしたら今度は給与面で不満が出てしまったということもあります。

重視するポイントが有るにしてもバランスが重要ですから、転職を考えている時には一つの部分だけでなくトータルで見て、仕事を変える価値が有るのかを判断する必要があります

 

まずは収入面から問題なく生活が送れるか考えよう

給与がいい仕事を選ぶのであれば、仕事の内容に対して給与のバランスが取れているか働きやすいかといった部分をチェックする必要があります。

 

高収入でも仕事内容がハードだと続かない

いくら高収入を期待することができるからといって、働き始めてすぐに嫌になってしまうような激務であれば続けていくのは難しいものですから、給与に対して仕事内容がハードすぎないかという部分はよく考えて置かなければなりません。

 

生活が苦しくなるほどの低賃金の職場は辞めよう

逆に職場環境の良さを重視する時には、問題なく生活ができるレベルの収入が得られるのかといった部分を確認しなければなりません。生活をするために仕事をするわけですから、どれだけ快適な職場であっても生活ができないぐらいの収入しか得られないのであれば、やはりこれもいい仕事とは言えないものです。

生活が成り立ってこその仕事ですから、成り立たないぐらいに低賃金の場合にはどれだけ魅力的な職場であっても転職を考え直す必要があります。

 

最低限の条件を明確にしておこう

転職をするときに大事なことは、重視する条件をまずはっきりさせつつほかの条件に関しても、最低限の条件を明確にしておくことになります。

女性の場合、特に選べる仕事の幅が狭くなってしまいがちなのであまり選んでばかりもいられませんが、ある程度選ばなければ転職の意味もありませんから前の職場よりも満足度が上がったとトータルで思うことができるような職場を選択することが重要なポイントになるのです。

 

 

 

4.転職する際の求人先への応募方法

転職する際 求人先 応募 方法

女性が転職活動する方法としては、大きく3つに分けられます。第1に新聞、雑誌、企業ホームページなどから直接の応募です。第2に転職サイトを利用したものです。第3に人材紹介会社への参加です。近年は、第2と第3が主流になっていますので、御紹介します。

 

転職サイトを使用して転職する場合

転職サイトは、リクナビNEXT DODA(デューダ) 、[en]社会人の転職情報、はたらいく、女の転職@typeなどが有名です。他方の人材紹介会社への応募です。応募したらプロのコンサルタントと直接会うことになります。そして自分の経験や希望、条件を伝えます。コンサルタントは、仕事を紹介してくれるだけでなく相談にも乗ってくれます。初めての転職を考える人や方向性が定まっていない人にとっては人材紹介会社は大きな支援になるでしょう。

 

転職サイトは女性の転職にオススメ

女性の転職を考える場合は、やはり人材紹介会社への参加の方が楽かもしれません。転職サイトでは、企業が男性を求めているのか女性を求めているかさえ不明な場合が多いですし、女性は、自分のPRが弱く、経験や体験を業績として主張する仕方がわからない場合が多いからです。

 

転職に関する様々なことを無料でサポートしてくれる

人材紹介会社では、コンサルタントが詳細な企業情報を持っており、面談や相談するなかでより適切な企業を選択してくれると言えます。また自己PRのやり方も相談できます。人材紹介会社としては、マイナビエージェント、リクルートエージェント、パソナキャリアなどが有名です。

 

求人先に電話する際の注意点

転職サイトであっても、人材紹介会社であっても、どこかの時点で必ず、求人先への電話が必要になります。その際の電話は、注意深くする必要があります。例えばWeb上では「電話で問合せの上、履歴書送付」と書かれていることが多いのですが、これが曲者です。実は、この「電話での問合せ」でふるいにかけていると考えられます。話し方や礼儀などで人柄、性格などをチェックしているわけです。

 

求人先に連絡する前に練習・準備しておこう

求人先に電話をかける際には前もって質問事項をメモで整理しておく必要があります。話す練習も必要でしょう。また当然ですが、求人記事と筆記用具やカレンダーを用意しておきます。場所は静かな場所で電話です。聞き直しは失礼になります。時間は会社の始業直後や終業間際やランチタイムは避けたいところです。

 

メールやweb上のフォーム入力での応募は特に注意

最近、メールでの求人やWeb上のフォームに入力によるものもあります。電話より慎重に行なう必要があります。履歴書や職務経歴書を添付などの記載を見逃さないようにしましょう。問合せ先は「人事部宛」や「採用担当宛」などですが「人事部御中」「採用ご担当者様」などの表記を忘れないようにしましょう。HTMLメールを使用しないようにすることも重要です。こうしたメールは、迷惑メール扱いされる必要があるからです。書き出しにも注意して、時候の挨拶は入れないようにし、要件がはっきりわかるようにしましょう。

 

 

 

5.好印象を与える履歴書のかき方

 好印象 履歴書 かき方

転職するに当たっては、色々な応募書類を作成して準備しておく必要があります。その中でも特に転職者にとって大切な書類は履歴書です。女性が転職活動をしようと思っている場合、どのような書き方をすれば好印象を企業側に与えることが出来るのでしょうか。

 

字の綺麗な履歴書は魅力的

現代社会はとにかく不景気である為に失業者が多いので、自然と内定ゲットまでの時間が長くなる傾向にあります。つまり転職活動が長期化する傾向にあるのです。人によっては応募書類を50社に送付してたった1件面接の予約にこぎつけた等ということもある位なのです。しかし例え50社に応募書類、特に履歴書を送付しようと思った場合でも、基本的にはパソコンやワープロ等で作成することは許されず、手書きで書く必要があります。

 

字が汚いと悪目立ちしてしまう

どうしても記入する枚数が重なるにつれ、文字が雑になってしまう傾向にあります。そしてそれはもちろんある程度は無理のないことです。しかしだからといって、汚い字で書いた書類を作成して送付するわけにもいきません。特に書類選考というのはしっかりと応募者が準備した書類をチェックしますので、字が汚いと悪目立ちしてしまい、それだけで不利になってしまうことも十分にあるのです。そして女性であれば尚更のことです。何故なら女性イコール基本的には男性よりも字が綺麗なものなのだという、いわゆるステレオタイプのような認識を持っている人が世間には多いからです。

 

志望動機は自分の考えを書こう

履歴書において最も大切な記入欄としては、志望の動機欄が挙げられます。例え華やかな学歴や職歴が不足していたとしても、志望の動機欄にしっかりと自分の熱意を記入して伝えたことで、見事内定をゲットできた事例はいくらでもあるのです。そしてもちろんインターネットを少し調べれば誰にでも手に入れることが出来るような、定型化されたマニュアル的な回答はなるべく避けるべきです。

 

マニュアル的な回答はバレる

あくまでも自分の言葉でもって、自分なりにやる気と熱意を伝えていく必要があるのです。そうでなければ企業側には伝わりませんし、人事担当者というのは何百枚も応募書類を見てきていますので、どこかから拾ってきた志望動機等はすぐに見抜いてしまいます。なのであくまでも応募する段階で自分自身にたぎっている情熱を、率直に素直に伝えるような文面にするべきなのです。その地道な努力が報われて、良い転職先を必ずやゲットすることが出来るのです。

 

 

まとめ

これまでは、女性は結婚すると専業主婦となる場合が多かったのですが、近年は共働きも多くなっています。そのため、結構や育児をきっかけに転職を行う女性も多く転職率も男性に比べ高くなっています。

しかし、初めての転職だったり、久しぶりの転職の場合、どのように転職先を選べばいいのか、どのように履歴書を書けば良いのか、悩んでしまったり、いざ転職しても失敗してしまう場合が増えてきています。

転職を失敗してしまうと、後々悩むことも多くなっていますので、初めての転職は特に慎重に行うことをお勧めします。

女性の転職サイト口コミ比較ランキング




働く女性をターゲットに転職サイトを運営している女性専門転職サイトランキングをご紹介しています。口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。





関連ページ

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性は転職活動をしていくに当たっては、男性と比べて色々な冒険をしやすい傾向にあると言われています […]

続きを見る
20代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

20代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

20代後半は、スキルアップのための転職に有利な年代です。まだ若いので成長できる余地がたくさんあり […]

続きを見る
女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

初めて転職をする時は誰しも不安に思う事は沢山あると思います。女性の転職となると結婚や出産のことも […]

続きを見る
出産を希望する場合の転職と、転職後の産休・育休、復職について

出産を希望する場合の転職と、転職後の産休・育休、復職について

若い女性が転職活動をする際に気にすることの一つが産休・育休がきちんととれるか、ということではない […]

続きを見る
30代後半女性の転職でのメリット・デメリット

30代後半女性の転職でのメリット・デメリット

ある程度の人生経験を積んでいますが、まだ中年期に至るまでには時間があるのが30代後半女性の最大の […]

続きを見る
女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

女性が働きやすい会社へ転職するため8つのポイント

近年、働く女性が増え「女性が働きやすい職場」を作る会社も増えてきました。しかし、一般的にいう女性が […]

続きを見る
女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイント

このページでは、女性キャリア組が昇進するために知っておきたい2つのポイントを説明していきます。 […]

続きを見る
女性がファッション業界へ転職するために知っておきたいポイント

女性がファッション業界へ転職するために知っておきたいポイント

これから転職活動をしようと考えている方はたくさんいますが、なかでもファッション業界ではたらきたい […]

続きを見る
働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

毎日仕事をしていれば、誰もが何かしらの問題に直面します。仕事がうまくいかない悩みもあるでしょうし […]

続きを見る
20代前半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

20代前半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

無事に就職できたものの、自分が希望していた仕事とはまったく異なる部署に配属された。入社前に思い […]

続きを見る
20代女性が初めての転職で気をつけたいこと20代女性が初めての転職で気をつけたいこと
シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト