結婚・出産後の女性転職面接で面接官がよくする質問とベストな答え方

結婚・出産後の女性転職面接で面接官がよくする質問とベストな答え方

女性は結婚や出産のために今まで働いていた職場を退職する人が多いです。落ち着いた時期に転職しようと思っても、結婚している・子どもがいるといった事実から、今までのようにスムーズに採用される可能性は低い傾向にあります。

なぜなら企業は人を採用する際、少しでも会社にとって不利益とならない人材を欲しがるからです。利益を上げなくてはいけない企業にとっては当たり前っちゃあ当たり前のことですが、女性にとっては辛いです。

企業からすると悪条件である結婚している女性・子どもがいる女性でも、面接での返答によっては採用したい、と思ってもらえるかもしれません。企業が結婚している女性・子どもがいる女性によく聞く質問とその良い返し方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

1.「出産の予定」に関する質問をされた場合

出産について 質問

結婚していて子どもがいない女性は、必ずと言っていい程「出産の予定はありますか?」といった質問をされます。この質問の意図は、入社してもすぐに妊娠して退職したり長期休暇を取られるリスクを避けたいからです。

出産に関する質問をされた場合は、以下のような返答をするのがベターです。

  • 「今のところ出産は考えていない」と答える
  • 「子を授かっても働き続けたい」と答える
  • 「出産してもサポートしてくれる人がいる」と答える

このような返答が無難でしょう。とにかく企業にとって不利益にならない人材である、ということを伝えることが重要です。

 

出産希望でない人は仕事を頑張りたいことを伝える

結婚しているとはいえ、出産を希望しない女性はいます。その場合、正直に「今は全く子どもをもうける気はなく、バリバリ仕事を頑張りたい」という返答をしましょう。仕事に対する考えなども一緒に添えると信憑性が増すのでオススメです。

 

出産しても会社に迷惑はかけないことを伝える

将来的に出産を希望している場合、「すぐには考えていないが、もし出産しても家族が子育てに協力してくれる環境にある」など、出産しても出産前と変わりなく働けるということを伝えればポイントは上がります。

もし協力してくれる人がいなくても、「保育園に入れようと思っている」など会社に迷惑はできるだけかけないようにするといったアピールをしましょう。

 

ポイント:出産に関する質問は法律で禁止されています!

必ずと言っていい程質問される出産に関しての質問ですが、実はこの質問は法律で禁止されているのをご存知でしたか。出産に関する質問はプライベートな質問であり、セクハラ・パワハラにあたります

なので実際には答えなくてもなんら問題のない質問ですが、答えなかったり怪訝な顔をすれば当然採用されないでしょう。あまりにも失礼な質問の仕方でなければ、目くじらを立てる必要はないでしょう。

出産に関する質問を嫌だと感じる人は、予め結婚している以上その質問は避けて通れないものだ、と心得ておくと良いと思います。

 

2.働く事を「家族は賛成しているか」という質問をされた場合

働くこと 理解

結婚していたり子どもがいる場合、「家族は働くことに賛成しているか」と聞かれることが多いです。あなたがいくら働く意欲があっても家族を持っている以上、賛成してくれていないと残業や休日出勤・出張などは難しいと捉えられます。

家族の同意を得ずに入社しても、結局家族の反対により退職してしまう…、といった事態を企業は避けたいでしょう。そんな企業の不安を取り除くための返答は以下の通りです。

  • 家族は働くことを賛成してくれており、協力もしてくれる
  • 場合によっては残業に対応することも可能
  • 休日出勤や出張に対する理解も得ることができる

本当に家族の理解を得ているならこのような返答をするのがベストです。ですが理解を得れていない場合、嘘をつくのは絶対にNGです。

 

どの程度応援してくれているのか具体的に伝える

「家族は賛成してくれているのか」の質問に対し「はい、賛成しています。」という答え方では採用担当者は物足りなさを感じます。企業は内定辞退や早期退職されるのを避けるためにこの質問をしている訳ですから、具体的に答えましょう。

 

残業ができるかどうかも伝える

企業は採用するにあたり、残業ができるかどうかも鍵となります。本当に残業があっても問題ないのであれば「残業できる環境下にいるので、業務上やむを得ない場合は対応可能です」などと答えましょう。

そう答えることで企業は「この人は家庭を持っているが、持っていない人と変わりなく働けるんだな」と思ってもらうことができます。

 

自由に動けるならそれも伝える

結婚していると家庭のこともしなくてはならないため、休日出勤や宿泊を伴う出張はできない、という人が多いです。応募先の職種的に休日出勤をする必要があったり出張が必要な職種だと、対応できない人は不採用になる可能性が高いです。

働くにあたってできるだけ会社の都合の良いように動ける環境下にある人の方がもちろん採用されやすいでしょう。

 

3.「子どもの体調不良」に関する質問をされた場合

子ども 体調不良

子どもがいる女性は「子どもの体調不良時にはどうするか?」という質問をされることが多いです。子どもは体調を崩しやすいので、保育園や幼稚園から電話がかかってきたら迎えに行かなければなりません。

急な休みや早退は避けられないので返答に迷うところですが、以下のような答え方をするのがベストです。

  • 正直に子どもを優先する場合があることを話す
  • 具体的な対処方法があればそれを伝える

採用されたいからといって、子どもが体調不良のときは迎えに行かなければならないのにも関わらず、嘘をつくのは絶対NGです。嘘をついて入社してしまうと自分自身を苦しめる他、まわりの人にも迷惑がかかり居心地が悪くなってしまいます。

 

言い方に気をつけて子どもを優先したいことを伝える

子どもに何かトラブルがあった場合、お休みや早退をもらいたい人はその旨を伝える際、伝え方に万全の注意を払う必要があります。絶対に「小さい子どもがいるのだから仕方ない」といった態度はとらないようにしましょう。

少なからず急にあなたが仕事に穴をあけることで迷惑がかかる、ということを忘れてはいけません。伝え方のポイントは「体調を崩さないように普段から体調管理に気をつけ、会社には迷惑をかけないようにしますが、どうしようもないときはお休みを頂くかもしれません。」

というように、自分自身も会社のことを考え努力をしようとしていることを伝えましょう

 

仕事をするなら自分の都合ばかり押し付けるのはNG

悲しいですが、世間は子持ち女性に対して優しい企業ばかりではありません。ですので転職をする際は自分の要求を全て叶えようとするのではなく、ある程度の妥協は必要です。

再就職で成功する秘訣は、「どうしようもない時は休日出勤や残業に対応できるようにする」など企業側の都合もきちんと考えることです。自分勝手にならないように気をつけましょう。

 

子どもの体調不良時の対策があることを伝える

子どもが体調不良の時どうするか、の質問は、子どもがいたら聞かれる可能性の高い質問ですから、仕事を始める前に対策しておくと良いです。オススメの対処法は以下の通りです。

  • 家族や親戚に協力を依頼をする
  • 延長保育ができる保育園に子どもを預ける
  • 地域の保育支援サービスの利用登録をしておく

このような準備をしていることを面接の時に言えれば企業は安心しますし、もし採用された場合で自分自分の心の余裕に繋がります

 

4.「子どもの学校行事と仕事」に関する質問をされた場合

子ども 行事 両立

子どもの体調不良と同じくらい聞かれるのが「子どもの学校行事とかぶった場合どうしますか?」という質問です。親にとって学校行事は子どもの成長を見ることのできる大切なイベントですし、子どもも親が学校行事にきてくれることを望んでいます。

なので全部の学校行事をキャンセルして仕事優先にします、とは言えないでしょう。この質問に対する答え方のポイントは以下の通りです。

  • 絶対に偏った返答はしないこと
  • できるだけ調整をする、と伝えること

学校行事はどうしても避けて通れないので、絶対に行く・行かないなどの回答はせず、できるだけ会社に迷惑をかけないように調整してお休みをいただきたい、というような回答をするのがベターです。

 

調整可能な場合は行事に参加したいと伝える

大きな行事の場合は年間スケジュールで日程が事前に分かるので、行事日程が分かった時点ですぐに会社に申告し、調整可能であれば行事に参加させてもらいたいと思っているということを伝えましょう。

突然の欠席は企業に迷惑をかけますが、事前に分かっているならば企業は何らかの対策をとることができます。また、休む前日はしっかり引き継ぎを行いたいということも伝えれば好印象になります。

 

調整が厳しい場合は仕事を優先すると言えるのがベター

「学校行事には何が何でも出たい!」というのはエゴです。事前に申告していたのであればそれほど迷惑はかかりませんが、突発的に休まれるのは企業や一緒に働く人にとって迷惑です。

急に決まった行事などで調整が難しい場合は仕事を優先したい、というような、どうしようもない時は会社のことを考えて仕事を優先するという意思を伝えられればあなたに対するポイントがアップするでしょう。

 

まとめ

結婚している女性や子持ち女性が転職をする際、よく聞かれる質問と正しい答え方をご紹介しましたがいかがでしたか。採用されるために大切なのは、働きたいという意思をしっかり伝えることです。

企業の採用担当者は「どの程度働かなければならない状況なのか。」を見ている場合が多いです。なぜなら主人の給与だけではやっていけないなど、絶対に働かなければならない状況程、長く一生懸命働いてくれると感じるからです。

もし絶対に働かなくてはならない状況でなくても、「真面目に長く仕事を続けたい」というアピールをすることは大事でしょう。

女性の転職サイト口コミ比較ランキング




働く女性をターゲットに転職サイトを運営している女性専門転職サイトランキングをご紹介しています。口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。





関連ページ

30代後半女性の転職でのメリット・デメリット

30代後半女性の転職でのメリット・デメリット

ある程度の人生経験を積んでいますが、まだ中年期に至るまでには時間があるのが30代後半女性の最大の […]

続きを見る
子育て中の女性が転職する際に知っておくべきポイント

子育て中の女性が転職する際に知っておくべきポイント

不景気の現代社会において、希望する会社へ転職を無事果たすことは、決して簡単なことではなくなってき […]

続きを見る
キャリア女性にオススメの転職先の探し方

キャリア女性にオススメの転職先の探し方

キャリア女子が転職しようと考えた時にまずしてしまいがちなのが、転職サイトへ登録したり行動に起こす […]

続きを見る
女性が働きやすい職場とは?

女性が働きやすい職場とは?

近年、働く女性が増えてきていますが、多くの女性が働きづらい職場だと感じているようです。女性が働き […]

続きを見る
働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

働く女性が会社を辞めたいと思ったときの4つの注意点

毎日仕事をしていれば、誰もが何かしらの問題に直面します。仕事がうまくいかない悩みもあるでしょうし […]

続きを見る
女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性は転職活動をしていくに当たっては、男性と比べて色々な冒険をしやすい傾向にあると言われています […]

続きを見る
シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

シングルマザーが仕事と家庭(育児)を両立できるオススメの職場と働き方

最近ではシングルマザーは珍しいものではなく、世の中のひとつの家庭の形として定着しています。昔と違 […]

続きを見る
オフィスワーク未経験の女性がオフィスワークに転職する際の注意点

オフィスワーク未経験の女性がオフィスワークに転職する際の注意点

今まで接客業界で働いてきたけれど体力的にしんどい…。という方は、次の就職先の候補としてオフィスワ […]

続きを見る
20代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

20代後半女性の転職で知っておきたい3つのポイント

20代後半は、スキルアップのための転職に有利な年代です。まだ若いので成長できる余地がたくさんあり […]

続きを見る
女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

女性が初めての転職で不安に思う事と対処法!面接成功のポイントもご紹介

初めて転職をする時は誰しも不安に思う事は沢山あると思います。女性の転職となると結婚や出産のことも […]

続きを見る
キャリア女性にオススメの転職先の探し方キャリア女性にオススメの転職先の探し方
女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと女性が初めての転職面接を成功させるために意識しておきたい3つのこと

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト