日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクナビネクスト評判
3.14
このページを共有する

一般事務職で働く女性のリアルな仕事の悩みとストレス解消法とは?

一般事務職で働く女性のリアルな仕事の悩みとストレス解消法とは?

女性に人気の高い一般事務のお仕事ですが、女性が多い職場だけに、人間関係に悩んだり、座りっぱなしの業務で体を壊したり、仕事に関する悩みも多いようです。

そこで今回は、一般事務で働く女性のリアルな仕事の悩みとストレス解消法について説明していきたいと思います。

一般事務への転職を考えている女性の方は是非参考にしてみてください。

1.そもそも一般事務とは?仕事内容を知ろう!

ポイントを説明するしっかり者の女性

そもそも、事務職と言っても、「一般事務」、「営業事務」、「経理事務」など事務の中にも様々な種類があります。では、今回ご紹介する一般事務とはどのような事務の仕事なのでしょうか。

 

企業の縁の下の力持ち

一般企業の仕事を一言で表すと「縁の下の力持ち」と言えます。その理由としては、行っている仕事は、いわゆる「事務」の仕事ですから会社の中では、あまり花型のお仕事とは言えません。ですが、会社にとっては、なきてはならない仕事であり、実はとても重要な役割を担っているのが一般事務のお仕事なのです。

 

一般事務の仕事内容とは?

一般事務の仕事内容は、勤める会社によって異なります。そのため、一概に一般事務の仕事内容を定義することはできませんが、基本的には以下のような仕事を行いことが多くなっています。

  • 電話・来客対応
  • 郵便物の仕分け作業
  • ファイリングやデータの収集

また中小企業やベンチャー企業では、上記の仕事にプラスして、以下のような仕事も一般事務に含まれる場合があります。

  • 人事業務(人事部のお手伝いや面接者への対応)
  • 簡単な経理業務(入力業務)
  • 受付業務(来社した方の対応)

一般事務の仕事は、地味な仕事のように思える方もいるかもしれませんが、会社にとってとても重要な役割を持っているのです。

 

オフィスワークでほとんど座りっぱなし

一般事務の場合は、オフィスワークと呼ばれ、出社から会社を出ることはほとんどありません。また仕事内容的にも、パソコン業務が多くなっているため、基本的にはずっと座りっぱなしです。

2.一般事務で働く女性のリアルな仕事の悩みとは?

ソファに座りながら悩む女性

一般事務の仕事は、転職を考える女性にとても人気です。特に大手企業の一般事務となると競争倍率はとても高くなっています。これまでは、主婦などが多かった一般事務も、近年では有名大学を卒業した新卒の女性などにも人気の職種となってきました。しかし、これだけ人気のある一般事務の仕事でも実際に働いてみると特有の悩みがあるようです。

 

パソコンとひたすら向き合っていて人との会話がほとんど無い

勤めている会社にもよりますが、データ入力やパソコン業務の多い一般事務の仕事では、一日中パソコンと向き合って、人と会話するのは朝の業務連絡とお昼休憩の時間、帰宅時の引き継ぎなどの業務連絡のみという人も少なくありません。

そのため、人と触れ合うことが好きな人にとっては、人との会話がほとんどない環境にストレスを感じてしまうという人もいるようです。

 

座りっぱなしも辛い?腰痛と足のむくみが悩み

一般事務と聞くと、簡単な業務を椅子に座ってしているというイメージを持たれる人もいるかもしれませんが、椅子に座りっぱなしというのも実は腰や足に負担があるのです。

またパソコン業務が多いため、目がドライアイになったり、肩がこったり、腕が腱鞘炎になったりと、一般事務も体に負担がないかといったら決してそうではありません。

 

ずっと室内にいるためクーラー・暖房病になる

営業職など社外での仕事が多い方から見れば、一般事務の仕事は、ずっと社内の冷暖房がついた部屋の中にいて羨ましいといった声を聞くこともありますが、あまり動かず、同じ場所にいるとその場所から出た時に、頭が痛くなたりします。これは、一般事務の方がなりやすい「クーラー病」と言われるものです。

クーラー病は、冷え性の似たようなもので、頭痛や肩こり、腰痛、腹痛、疲労感、むくみなどの症状が出ます。贅沢な悩みだという方もいますが、この「クーラー病」が原因で仕事を辞めた一般事務の方も多くいるのです。

特に女性の場合は、冷え性が多くなっていますので、十分気をつけなければなりません。

 

女性の多い一般事務の職場でありがち!人間関係に悩む

一般事務だけでなく、事務職では女性の割合が多くなっています。そのため、女性特有の人間関係に悩む人も多くなっています。例えば、お局さんと呼ばれる勤続年数を10年を超えるような方からいじめられたり、すでに会社内にグループができていて孤独になってしまったり、派閥に巻き込まれたり、人間関係に悩む人はとても多くなっています。

 

お局さんからの嫌がらせに毎日ストレス

事務職だけに限ったことではありませんが、お局さんからの新人いじめは、女性の多い一般事務ではよくあることです。やはり、新人で特に若い女性は、男性にちやほやされやすく、お局さんの気に触るようなことが多々あります。

また、会社内ですでに派閥ができていたりすると、どちらの派に入るかといった女性特有の人間関係のトラブルも起きやすくなっています。

 

他部署からのひがみと嫌味

一般的な事務職のイメージとしては「定時に帰れる、単純作業の繰り返し、冷暖房のついた部屋で体力を使わずできる」といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。本来は、決してそんなことはないのですが、やはり他部署から見るとそう見えてしまうこともしばしばです。そんな時には、他部署の人のひがみが募り、嫌味を言われることもあり、ストレスに感じることもあります。

 

上司や男性社員からセクハラ

一般事務は女性が多い職場ですから、会社の中でも少し目立つ部署でもあります。そのため、一般事務の女性と交際したい、結婚したいと考える男性も多く、時には男性の上司や男性社員からセクハラを受けたとい人もいます。一般事務は、会社の中では、下に見られがちなポジションにいるため、上司や他部署の社員に逆らえず、泣き寝入りしている人もいるようです。

 

同じ作業の繰り返しでやりがいがない

事務職の仕事は、ある程度、仕事の幅が決まっている場合が多く、キャリアップをすると言っても、限度があります。また、作業自体もそこまで高度なものではないため、バリバリ仕事をしてキャリアアップをしていきたいと考える女性であれば「やりがいがない」と感じてしまう人も中にはいます。

 

給与がなかなか上がらない

一般事務だけでなく、事務の仕事は給与がなかなか上がらないというのが現状です。やはり、仕事内容がそれほど難しいものではないため、給与も上がりにくいと考えられます。

3.一般事務で働く女性のストレス解消法とは?

本棚から顔を覗かせる女性

上記で紹介したように、一般事務で働く女性たちには様々な悩みやストレスがあるようです。しかし、一般事務の仕事は、転職を考える女性にとても人気です。それは一般事務が他業種と比べて、書生の働きやすい職種であるからではないでしょうか。そんな一般事務で働けるのであれば、ぜひ仕事の悩みを忘れて、やりがいを探してみましょう

 

仕事終わりに自分磨きでストレス発散

一般事務の仕事は、あまり残業がないのが特徴で、多くの職場で定時に帰ることができます。そのため、仕事終わりには、ある程度時間を作ることができ、スポーツジムに通ったり、図書館に言って読書したり、映画を見たり、エステや整体、何かしらの習い事に行ったりと自分磨きをしている人が多いようです。

自分磨きをすることで、損をすることはありません。自分磨きで通っている場所で、同じように自分磨きをする人との素敵な出会いがあるかもしれませんし、また、自分磨きをして、一般事務をしながらでも資格を取得したり、スキルアップすることもできます。

 

友達や家族、恋人に話を聞いてもらってストレス発散

ストレス発散に良いのが、声に出して話すことです。話す内容はなんでも良いのですが、ストレスを破産したいのであれば、思い切って会社や仕事の愚痴を言ってもいいかもしれません。同じ会社の人には言えなくても、他社に勤める信頼できる友人や家族、恋人に愚痴を聞いてもらいましょう。聞いてもらうだけでも「まっそんなこともあるよね」と案外気持ちが楽になるものです。

もちろん、あなたばかり話すのではなく、時には話を聞いてあげることも重要です。ストレスを感じているのはあなただけではないはずですし、仮に相手がとてもいい環境で働けているのであれば、何が自分の職場と異なるのか考えてみたり、転職を考えても良いかもしれません。

 

思い切って休もう!辛い時は我慢しない!

どうしてもストレスで辛くなったら、少し休むことも大切です。休むことで、何がこんなに自分を追い詰めているのか考えることもできますし、どうすればストレスから解放されるのか考える時間を持つことができます。

 

旅してリフレッシュ

よく、旅をして帰ってきたら考え方が変わったという人がいますよね。一般事務のような仕事は、社外と触れ合うことが少なく、基本的に狭いコミュニティーの中で生活しています。狭いコミュニティーでは、自分の考え方なども偏りが出てきてしまいます。1度、そのコミュニティーを広げてみると何か考えが変わるかもしれません。

旅と聞くと海外などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、近年人気のバスでの日帰りツアーなどでも十分にストレス発散の効果があります。

 

買い物やウィンドウショッピングでストレス発散!

買い物をするとストレス発散いなるということを聞いたことがある人は多いのでは、ないのでしょうか。これは、日本だけでなく海外でも知られている事実で、海外では「retail therapy(リテール・セラピー)」と呼ばれています。

また、近年多くなっているオンラインショップなどを閲覧するウィンドウショッピングだけでも、同様の効果(ストレス軽減)がもたらされるということで注目が集まっています。

まとめ:仕事とプライベートを両立させやすい仕事

今回は一般事務職の仕事内容や女性が多い職場ならではの悩み、そしてオススメなストレスの発散法をご紹介しました。

一般事務職の仕事は、転職を考える女性にとても人気の職種ではありますが、女性が多い職場であるだけに悩みやストレスを感じてしまう人も多いようです。

そのため、一般事務職に転職を考えるのであれば、イメージだけでなくどのような仕事内容なのか、どう言ったメリット、デメリットがあるのか考えて転職することが大切です。

とは言っても、どんな仕事においても悩みやストレスはあるものです。自分に合ったストレス解消法を見つけて、人生を楽しんでお仕事していけるといいですね。

事務職・オフィスワーク求人が多い転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事