日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクナビネクスト評判
3.14
このページを共有する

専門的な事務職への転職について知っておきたい3つのポイント

専門的な事務職への転職について知っておきたい3つのポイント

事務職といっても様々な職があります。庶務や営業事務のように未経験者でもはじめやすく、求人も多い一般的な事務職は、待遇はそれほどよくはなく、また応募者も多いためなかなか採用につながりにくい状況にあります。

一方で、事務職でも専門性が高い場合は、求人は少ないですが競争相手も少ない傾向にあります。専門的な事務職として代表的なものは弁理士や経理などの資格職ですが、急に資格を取得しようと思っても、なかなかハードルが高いものです。今回は、資格は必要がなく、比較的専門性の高い事務職、事務系専門職への転職についてご紹介いたします。

1.事務系専門職とは?

グラフをパソコンで作成

一言で事務職といっても、様々な仕事があります。庶務、総務、営業事務のようにどの会社でも必要とされるものは比較的一般的な事務職といえ、求人数は多いものの時給や待遇は低い傾向にあります。

 

事務系専門職の特徴

一方で特殊な資格が必要であったり、知識が必要であったりという専門性の高い事務職、事務系専門職と呼ばれるも職も存在します。これら事務系専門職では、国家資格が必要な、いわゆる「資格職」はもちろん、資格の必要がない職であっても時給や待遇がよい傾向があります。資格の必要のない専門職の場合、専門分野によっては募集に対して応募者も少なく、求人さえあれば合格にはつながりやすい傾向にあります。一方で資格職でない場合、専門分野や地方によっては求人数が極端に少なく、なかなか職が見つからないこともありえます。

資格職として代表的なのは弁理士や税理士、経理や公認会計士などです。無資格の職としては、法律への対応や申請業務、貿易手続き関係や旅行事務などがあります。資格のいらない専門職の場合、国家資格はなくても認定資格や関連する資格などが存在する場合もありますから、意欲的に取得していくようにして下さいね。

 

2.興味を持って専門を作ろう

勉強する女性

では、何を専門分野にすればいいのでしょうか?基本的にはすでに経験のある業務分野を広げる方向で検討するのが簡単です。

 

自分の専門分野を意識しよう

たとえば、営業事務で就業している場合、ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトに加えて、アクセスをはじめとするデータベースの知識、商品の輸出入があれば貿易事務、経理関係の知識など様々な分野の知識が要求されます。

経理関係に興味があれば、簿記の勉強をする、製品の輸出入がありパラメーターシートや該非判定書の取り扱いがあれば貿易事務や外為法について学ぶといったイメージです。一つの業務を遂行するうえで求められる周辺知識というのは実はとても多いのです。これは事務職での就業経験がない場合でも同様です。

工場の品質保証部で検査業務を担当していればISOの知識は身近なものではないでしょうか。品質管理ではQC検定といった資格もありますのでこういった認定資格を取得するのもひとつです。きちんと勉強して知識や資格を取得すること、またそういった意欲を積極的にアピールすることで、転職せずとも、現場での検査業務から事務方への配置換えしてもらえる場合もあります。

事務職として就業したいと考えている方は、ぜひこの専門分野を意識したうえで就職活動をしてください。また、現在就業中で事務職への転職を考えている方は、自分の専門分野はなんだろう、と考えてみてくださいね。

 

3.専門分野にしばられない転職活動を!

就職活動する女性

専門分野を持つ、ということはスキルアップの意味でも、待遇改善の意味でも非常に大切なことです。一方で専門分野に縛られ過ぎると、思うような求人があまりなく、なかなか転職先を見つけられないというパターンに陥ってしまう場合もあります。

商社やメーカーの販売拠点で営業事務として就業しており、その中で貿易事務を専門としている場合、同じような職種として商社や販売拠点に職を求めがちです。しかし、輸出入を行なうのは商社ばかりではありません。メーカーの調達はもちろん、生産技術や設計関連の部署でも同様の知識が必要とされている場合があります。

求人での業務内容は異なっていても、勤務開始後に改めて自分の専門分野を生かして就業できる可能性もありますから、専門分野にしばられたり固執したりするのではなく、あくまで専門分野は専門分野として、新しい分野であっても意欲的に学んでいく、という姿勢が望ましいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。仕事をするうえで専門分野を持つというのはとても大切なことです。

一方で地方や分野、またタイミングによって求人自体が極端に少ない場合もあります。事務系専門職の転職では、日ごろから求人情報に目を凝らして、条件に合致する求人を見逃さずに応募するようにしましょう。

また、専門に合わない求人だからといって応募見送ってしまうのではなく、どのような分野であっても学んだ専門知識は活かせるという姿勢が必要です。専門分野を持つことで、仕事に奥行きがでて楽しいものになりますよ。

事務職・オフィスワーク求人が多い転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事