日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

いざ転職エージェントに登録しようと思っても、数ある会社の中からどこを選べばいいか迷ってしまいます。それもそのはず。
インターネット広告やテレビCMで見たことがある大手の会社から、地元の駅ビルに入っている小さな会社まで、一言に転職エージェントといっても様々な会社があります。

どの会社に登録するかで、転職活動は大きく左右されます。必ずしも大手が良いとは限りません。

このページでは、転職エージェントを選ぶ時の具体的なポイントを3つご紹介します。

1. 転職エージェントの種類

パソコンを使う男性事務員

転職エージェントには、大きく分けて2つの種類があります。
1つは「総合型転職エージェント」、もう1つは「特化型転職エージェント」です。この2つの違いを紹介します。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントはその名の通り、幅広い企業・幅広い職種を総合的に取り扱っているエージェントです。
勤務地も全国に用意されています。いわゆる大手の会社に多いタイプですね。

まず1社目を選ぶなら、総合転職エージェントが無難でしょう。
しかし、総合転職エージェントにも「特に強い職種」があるのです。例えば次のようなものがあります。

  • 営業・事務系
    どの会社にも絶対必要な職種です。
  • 販売系
    採用数が多く、定着率が悪く入れ替わりが激しい為求人が多いです。
  • 金融・不動産系
    知識と経験を持った優秀な人材をいくらでも欲しがる業界です。
  • IT・システム系
    高い給料を払ってでも、スキルのある人材を採用したがる企業が多いです。

つまり、採用数と希望者ともに多い職種には抜群に強いわけです。
これらの職種で転職を考えている人には、多くの選択肢から選ぶ事ができる総合型転職エージェントをおすすめします

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントは総合型とは異なり、ある特定の職種の転職に特化したサービスを行っています。例えば次のような職種に特化した会社があります。

  • 医師・看護師・薬剤師・介護士
  • 保育士
  • IT関係・SE
  • 研究職
  • アパレル

特定の企業や施設にしか需要がない職種ばかりですが、その分資格や強い専門性が求められます。
このような職種に限っては、総合型エージェントよりも多くの求人を保有しているのです。

また、深い知識を持ったコンサルタントが在籍しているため、専門的なアドバイスを受ける事が可能です。

どちらの転職エージェントが良いかは、自分の希望する職種をもとに考えてみてくださいね。

2. 求人の数と質

スキルアップ

求人の数が多い転職エージェントは、それだけ選択肢が増えるわけですから、もちろんおすすめです。

しかし、単純に数が多いという視点だけで選んではいけません。数の多さと同じくらい、求人の質も大切だからです。

求人数はどのくらいか?

転職エージェントの多くは、転職サイトを持っています。
多くの求人が掲載されているので、ある程度の求人数を把握することができます。
できるだけ掲載数が多いエージェントを選ぶと良いでしょう。

しかし、同じ会社が職種や勤務地を変えていくつも掲載している場合もあるので注意が必要。
本当に確認するべきなのは、自分にとって有益な求人数なのです。

興味のある求人があるか?

自分にとって有益な求人とはつまり、興味がもてる求人の事です。
例えば事務職で転職を考えている人にとっては、営業職の求人がどれだけあっても意味がありませんよね。
希望する勤務地や年収、業界などをある程度絞った上で、数を確認すると良いでしょう。

また、実際にエージェントに登録した時に紹介される求人数も要チェック。
同じ条件で登録しても、紹介される求人数には必ず違いがあります。
1回目の紹介数が多いエージェントは、その後もどんどん紹介してくれる可能性は高いです。

非公開求人は多いか?

さらに、非公開求人の数に注目してください。
転職エージェントは人気のある求人こそサイトには掲載せず、非公開で募集している事が多いのです。
そのため、エージェントに登録しないと情報を得られないのです。
公開求人にはおいしい案件が多いので、登録後はどれだけの非公開求人があるかをチェックしましょう。

せっかく登録するのですから、質の良い求人情報をできるだけ多く得られるようなエージェントを選びましょう。

3. 実績と専門性

グラフをパソコンで作成

しっかりしたサポートを受けたいなら、転職エージェントに実績や専門性があるかどうかも重要なポイントになります。
職種はもちろんですが、その業界について詳しいコンサルタントが担当につけば、転職活動は驚くほどスムーズに運びます。

次のような点から判断してみてください。

希望する業界や企業への採用実績があるか

求人数が多いエージェントほど、過去に採用実績のない会社もたくさん取り扱っています。
これはある程度仕方のない事ではありますが、やっぱり実績がある会社は心強いものです。なぜなら、圧倒的に情報源が違うからです。

採用実績があるという事はつまり、実際に採用された人材のスキルはもちろん、面接や書類選考で重視される内容や印象の良い回答例、人事担当者の好みまで、実績に基づいた強力な情報を持っているという事です。
情報をもとに、より具体的なアドバイスを受ける事ができるでしょう。

これらを知っているのと知らないのとでは、全然違いますよ。

業界に詳しいコンサルタントがつくか

これは、特化型エージェントなら問題にはならないと思いますが、総合型のエージェントを利用する際は要注意ポイント。
浅く広い求人を取り扱っている総合型エージェントのコンサルタントは、それぞれの業界について詳しく知らない事があります

例えば、アパレルの販売職で転職を考えているとします。
20代後半~30代がターゲットの大人なブランドに転職したいと思っているのに、アパレル業界に詳しくないコンサルタントが、ミセスブランドや10代の若い方向けのブランドをどんどん紹介される…なんてことも、十分ある話なのです。

これでは、紹介してもらうまでに大変無駄な時間を過ごす事になります。面談時に話をする中で、コンサルタントの知識がどの程度かはある程度判断できると思います。
わかってもらうまで話をするよりも、別の会社を選んだ方がよっぽどスムーズです。

転職エージェントを選ぶときのポイントを3つ紹介しました。

中には一度登録してみないとわからない部分もありますが、登録はすべて無料なのでまずは一度足を運んでみるのも一つです。
インターネットの評判や求人を見ているだけではわからなかった事が見えてきます。

良い転職エージェントを選ぶことは、良い転職への第一歩。
複数の転職エージェントを比較して、自分に合った会社を選んでみましょう

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事