日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に応募するために準備をしている方や、転職面接に対して不安を感じている人も多くいるのではないでしょうか。面接の時間は短いにもかかわらず、その間で人生を大きく左右されてしまいます。

面接に臨む前に、転職面接での基本的な注意事項について確認し、これだけは確実に行っていきましょう。そうすることで自分の自信にも繋がるため、これから転職面接を控えている方は是非参考にしてみてください。

 

1.転職面接に備えて準備・確認しておきたいこと

時計を確認する女性

転職面接に臨む前に確認しておいて欲しいことと準備しておいてほしい事があります。面接は準備次第と言ってしまっても良いくらい事前準備が重要です。そのため、今一度面接への臨み方を確認していきましょう。

 

転職面接の際の服装に気をつけよう

転職面接の場合、新卒採用の時よりも髪形や服装に関して厳しくみられるため注意が必要です。ビジネスマナーを守り、清潔感があって健康的な印象を与えられるように心がけましょう。イメージとしてはアナウンサーを参考にすると良いでしょう。

男女共に、一般的な職種であればスーツを着用するのが望ましいです。スーツの色は、紺やグレー、黒が定番です。アパレル業界やデザイン関係などは個性やセンスが問われる領域のため、服装自体も自分をアピールする目的で選びましょう。

 

男性の場合の身だしなみ

男性の場合は、ワイシャツ、ネクタイ、靴、靴下、時計、カバンまで清潔感のあるもので統一しましょう。例えば、ネクタイの色を変えるだけでも相手に与える印象は大きく変わってきます。色の種類は大きく分けて3種類あります。ブルー系、赤系、黄色系です。ブルー系は理知的にみせたい場合、赤系は情熱をアピールしたい場合、黄色系は協調性をアピールしたい場合に利用できます。

以下のチェックリストを参考にしてみて下さい。

  • 髪形:相手に不快感を与えないものになっているか
  • におい:たばこや食事の匂いが残っていないか
  • 眉毛:好印象に繋がる形になっているか
  • :しっかりと全て剃っているか
  • スーツのシワ:スーツにシワがついたままになっていないか
  • アクセサリー:結婚指輪以外のアクセサリーはついていないか

上記の項目を面接前に確認してみましょう。また、ワイシャツの襟がレギュラーであれば、結び方はシングルノットが良く、ワイドの場合はセミウインザーノットなどというように限られた部分で自分を演出する工夫をしてみましょう。

 

女性の場合の身だしなみ

女性の場合は、インナー、靴、ストッキング、時計、カバンまで清潔感のあるもので統一するようにしましょう。そして、髪形は落ち着いて見えるように後ろでまとめておくと良いでしょう。

以下のチェックリストを参考にしてみて下さい。

  • ボトム:スカートの場合は膝丈。パンツの場合は靴と同色のベルトの着用
  • ストッキング:肌の色に近い無地のベージュにする
  • :黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5センチ程度
  • 時計:黒や茶色、ベージュや白またはシルバーがおすすめ
  • :A4サイズのシンプルなビジネスバッグが基本

女性はスーツがスカートかパンツかを選べるので、キャリアアップを狙う姿を印象づけたい場合はパンツスーツを選ぶと良いでしょう。受付や秘書など女性らしさが求められる職場の場合はひざ上5センチ以内のスカートの着用をおすすめします。

 

転職面接に必要な持ち物を確認しよう

転職面接の場合は、持ち物として指定されているものがあれば必ず忘れないようにしましょう。指示がなかった場合も履歴書などの応募書類はコピーを持っておくと安心です。

  • 応募書類:履歴書、職務経歴書、ポートフォリオなど
  • 印鑑:指示のある場合
  • 面接会場の地図:携帯に保存しておくのもあり
  • 筆記用具:ボールペン、鉛筆、消しゴム、シャープペンシルなど
  • 手帳:次の面接の予定を入れられるように
  • 腕時計:黒、茶色、シルバー、ベージュあたりのもの
  • ストッキング:破れてしまった時のため(女性のみ)

万が一忘れてしまったものがあった場合は買えるものはコンビニで購入しましょう。

 

転職面接前に時間と場所の確認をしよう

面接時間や場所に加え、どの部署の誰を訪問するのかまでチェックしておきましょう。いかなる理由があったとしても、面接に遅刻は厳禁です。余裕を持って家をでたとしても電車が遅延したり道に迷ったりしてしまう可能性もあります。そのため、面接前に面接時間と場所は必ずチェックしておきましょう。面接会場には、10分~15分程度の余裕を持って到着しておくことが望ましいです。

 

転職面接の流れをシュミレーションしよう

転職面接の内容は企業によって様々ではありますが、基本的な流れはどこの企業も同じです。そのため、面接の流れの段階を追いながら面接前にシュミレーションしておくと緊張が和らぎます。では実際に入室から退室までのおおまかな流れを確認していきましょう。

 

(1)入室

軽くドアをノックした後、「失礼します」といって入室します。面接官の目をみながら「よろしくお願いします」と声をかけ深くお辞儀しましょう。その際に大きな声を心掛けましょう。面接官に「どうぞお掛け下さい」と言われてから着席するようにしましょう。

 

(2)導入

当たり障りのない話をする場合が多いです。その際に面接官の方とアイコンタクトを取りながら対応し、雰囲気からも熱意や意欲をアピールできると良いです。

 

(3)現在の仕事内容について

転職面接の場合は、現在の仕事内容または前職でのことを聞かれます。具体的な業務内容や、過去に行った仕事をどのような役割で関わりどのくらい成果をあげたのかまでを具体的に話すと良いでしょう。

 

(4)転職理由について

転職理由は、様々あるとは思いますが、ネガティブなものは避け前向きな理由を言えるように心掛けましょう。ステップアップのための転職という理由が好ましいです。

 

(5)企業の志望動機について

面接先の企業を選んだ理由をしっかり答えられるようにしましょう。経営姿勢や理念、製品、サービス、技術力などの面を例にあげ、自分の言葉で自分にとってどう魅力的なのか伝えるようにしましょう。

 

(6)職種の志望動機について

志望する会社で何がしたいのかという所まで言えるようにしましょう。なぜその仕事がやりたいのかということに明確に答えられることが望ましいです。面接の中で一番の要なのではないかと思います。

 

(7)雇用条件の確認について

転職面接の場合は、条件の確認を行います。その際に、希望給与額などを聞かれることもありますが、その際は「御社の規定に従います」と答えるのが無難です。志望する業界の状況や企業の実績から自分がもたらす貢献度を総合して金額の目安を示せるようにしておくと良いでしょう。

 

(8)応募者からの逆質問の時間

逆質問は面接官への意欲や熱意を伝えるチャンスにもなるため必ず質問するようにしましょう。面接の際に理解できていなかった部分を素直に聞いても良いですが、謙虚な姿勢が望まれます。

 

(9)退室

転職面接が終了したら、まずは椅子の横に立って一礼しましょう。その際に「ありがとうございました」という言葉を忘れないようにしましょう。ドアの前でも軽く一礼してから退室しましょう。

 

2.転職面接に備えて意識しておきたいこと

女性秘書

転職で採用の決め手となる面接では、どのようなことを意識して臨むことが望ましいのでしょうか。転職面接で意識しておきたいことについて、面接前に確認しておきましょう。

 

コミュニケーションをしっかりとる

転職面接の際は、どの面接でもどんな企業でもコミュニケーション能力というものはかなり重要視されます。まずは、面接での質問に対して的確な回答や相槌を行いましょう。これが意外と難しいです。要は採用担当者が何を聞きたいのか、その内容を的確に把握し、的確な回答をすることです。しかし、緊張してしまうと言葉のキャッチボールができなくなってしまうものです。そのため、面接前に必ず意識することを思い出しましょう。

 

挨拶や立ち振る舞いにも注意が必要

転職面接の際に挨拶や振る舞いなどからもビジネスマナーがきちんと備わっているか見られるポイントになります。身だしなみが整っていて、雰囲気が明るければそれだけで接しやすい印象を与えることができます。以下にコミュニケーションのポイントをまとめました。

  • 面接前に緊張をほぐし自信を持つ
  • 質問には短く、簡潔に答える
  • 面接官としっかりアイコンタクトをとる
  • 言葉には抑揚をつける
  • キャリアプランを全面に伝える
  • 背伸びせず等身大の自分を意識する
  • 熱意を伝えるため自分の言葉で話す

以上がコミュニケーションのポイントになります。これらを意識するだけでも印象が180度変わるため、是非参考にしてみて下さい。

 

まとめ

今回は、転職面接での基本的な注意事項をまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

基本的なことではありますが、どれも欠けてはいけない重要なポイントとなっています。そのため、漏れの内容に気をつけましょう。人間は意識していても、緊張したり何か他のことをしているとつい意識していること忘れてしまいます。そのため、面接直前にも一度確認しておくことをおすすめします。

そして、自分に自信を持ちつつも謙虚な姿勢を崩さないということも面接では重要かなと感じます。そのため、基本事項を確認する事で自信を持って面接に向かえるようにしましょう。面接はあくまでもコミュニケーションの場なので予想外なことが起きても笑顔でリラックスして自信をもって転職面接に臨みましょう。これから転職面接を受ける方や転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事