日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

正社員の転職面接で成功するために気を付けたい3つのポイント

正社員の転職面接で成功するために気を付けたい3つのポイント

転職の際、避けては通れないのが面接。そんな面接を成功させるためには、気を付けなければならないことが幾つかあります。

このページでは、転職面接で成功するために気を付けたい3つのポイントをご紹介します。ポイントをしっかりと押さえた上で面接に臨みましょう。

1. 面接で質問を内定合格に持っていく回答

ガッツポーズをして走る男性


面接官が何を求めて、その質問を行っているかに気づかなければなりません。面接官は、受験者の受け答えから業務を行うのに必要な能力を兼ね備えているのかを判断しています。

 

回答は具体的に

例えば、よくある質問の例として「これまでで一番大変だったことはなんですか」という質問について考えてみましょう。この場合、面接官は、受験者が困難な問題に直面した際にどういう工夫をして、克服・解決に持ち込んだかという部分をみるために質問をしています。これに対して、受験者の望ましい回答は、困難に際しどう対処していったかと言うことです。

それに加えて、経験を踏まえた上でどう成長して、その後、生活や活動に活かすことができたのかを含んだ回答をすることで、問題解決能力や協調性や、発想力を自身が持っていると面接官に思わせることができます。

 

質問は積極的に

質問はどんどんをすべきだと言えます。それは、面接官から質問の有無を問われた際にたくさん質問すれば、それだけその会社に興味があることをアピールすることができるからです。もちろん、調べればすぐわかるようなことを質問するのは、企業研究ができていないと思われるのでやめておきましょう。福利厚生など、業務に直接関係ない質問することもやめておきましょう。

面接において、企業は自社の仕事をきちんと理解しているか、あなたは何者なのかということを知りたがっています。例えば、駄目な面接の状況として、あまり業務に関係ない質問をされるということがあります。そういった場合には、質問で面接を良い方向に持っていくことができます。

 

自分をアピールするための質問も効果的

自分をアピールするための質問も非常に良い質問でしょう。「私は~というスキルを持っているのですが、これを御社の~ではどのように活用できますか」といったような質問の仕方です。これもやはり、行きたい企業の特徴や業務内容をよく理解できていないとできない質問なので、面接官によく調べていると思われますし、受験者がそのような能力を持っていたのかと知ることができます。

また、IR情報などにある、今後のビジョンといったものが載っている場合があります。そういった、通常の就職サイトだけには載っていない情報について質問するのも、面接官からすると良く企業研究ができていると思われ、入社への意欲が強いと思わせる質問でもあります。

 

質問の内容は事前に考えておこう

良い質問とは、面接のその場で考えるのは精神的に非常に難しいものですので、事前に十分準備しておくことをおすすめします。質問メモなどを作ってみて、企業の情報を見た際に、良い!と思えるような質問が思いついたら、すぐ記録できるようにしておいて下さい。

また、質問は面接官や面接の雰囲気などを考慮しながら、行うようにしましょう。どんなに良い質問であっても、タイミングが悪ければ効果が薄れてしまいます。

 

2. 面接時に駄目な転職希望者の口癖

男性面接官

何気ない発言が実は面接官からすると失礼な発言だったということがあります。転職を考える際に、自分の口癖や発言を考えることで、自分の良くない部分をみつけることができるでしょう。一度自分の口癖について考えてみましょう。

 

謙遜のつもりが実は上から目線になっている

人事面接において、受験者本人としては謙遜しているつもりかもしれませんが、誰もが知っている会社名の前に、「ご存じないかもしれませんが」などをつけたりすることがあります。謙遜のつもりで相手は使っているのかもしれませんが、面接官からすると上から目線なのではないかと、みられることになってしまいます。

同じように誰もが知っている企業名に「という会社」という表現も相手にとっては不快にとられる可能性があります。この場合、言葉やコミュニケーションスキルに問題があるように見えることがあります。円滑なコミュニケーションでは、相手にあった言葉遣いをするべきでしょう。

 

専門用語を使っている

例えば、人事の方に仕事の内容を説明するときは、技術者は専門用語を使わないようにしましょう。なるべく、社会一般的に用いられている言葉を使いながら、誰もがわかるような言葉遣いをする必要があります。人事の面接官の前で、技術者が使う専門用語だけで話すのは聞き手に対する配慮ができていないということで、コミュニケーションスキルがないと思われてしまいます。

 

普段の会話で何気なく使う言葉

他にも、「まあ」や「とりあえず」といった普段の何気ない会話で使ってしまう癖になってしまっている言葉も駄目な転職希望者にありがちです。転職面接においては、相手に不快感を与える可能性があります。

コミュニケーションスキルという点では、相手がどういう風に受け止めているかを考えていないのではないかと思われてしまいます。相手がどう受け止めるかを考えるのもコミュニケーションスキルの1つです。ですので、今のうちに何気なく使ってしまっている、口癖を改めた方が良いと思います。

 

物事に対する否定

また、基本的に会社を否定するのはNGだと思っていた方が良いでしょう。上司の否定も転職活動では注意したいことです。常に上司が加害者であるという意識を持っていることから、自分の仕事のやりかを反省したり改善すると言ったことを行いません。面接官からすると、自己マネージメントができていないと思われるでしょう。

自分がしっかり仕事をしているという思い込みのある口癖にも気をつけましょう。自分はきちんと仕事をしているという思い込みがあり、それ以上のスキルを発揮するための努力を怠っている人だと認識されるでしょう。

また、物事に対して否定的な理由をばかりならべるのも良くありません。できなくて当たり前と考えていて、努力が足りないという風にみられることになります。

 

後ろ向きな発言

また、仕事のできるできないが、話し方でわかるものです。具体的には、仕事ができない人は後ろ向きな発言をすることが圧倒的に多いです。

 

3. 面接を合格するために気を付けたいこと

スーツを着た男性
面接は受付から始まっています。人事担当者が、面接終了後に受付の方に面接受験者がどうだったのか尋ねることもあるからです。ですので、受付であっても面接に来たことをいう際には、明るくはきはきと答えるようにしましょう。控え室では、基本的には「静かに」しておきましょう。

 

面接室に入る時のマナー

面接室に入るときのマナーとして、まずは、ドアをノックし、「どうぞ」という言葉をもらってから、「失礼します」とはっきりと声に出して部屋へ入りましょう。特に指示のない限り、面接室に入ったら、イスの横に立ち、名乗ってから「よろしくお願いします」といいましょう。ここでの第一印象が今後の面接にも影響してきます。

笑顔を忘れないようにして面接に入りましょう。イスにかけるようにいわれるでしょうから、その言葉を待ってイスにかけてください。カバンは、イスの足下に置いておくと良いでしょう。

 

面接で重要な二つのポイント

  • 事業内容を理解しているか
  • あなた(受験者)は何者なのか

面接では色々なことが訊かれますが、大事なのはたった2つのことです。事業内容を理解しているか、そしてあなた(受験者)は何者なのかという点です。この2点は必ず答えを用意しておき、なぜ? という質問にも答えられるほどまでに煮詰めておいてください。事業内容については、例えば最後の質問の部分で大きくPRできるでしょう。

質問などで「うちの会社がどのような仕事をしているのか知っていますか」といった形で聞かれることもあります。その時は、あなたが研究したこと、企業理念や、指針、実務の内容、今後どういった風に展開していくのかといったことを研究しているでしょうから、それを基に返答してください。

 

自己PRは事前に煮詰めておこう

自己PRなどは必ず訊かれる質問であるので必ず用意しておきましょう。

ただし、面接によっては、ちょっとひねりをきかせたきき方で、あなたの自己PRを聞かれることがあります。例えば、「あなたを採用するメリットを教えてください」といった感じの質問です。自己PRを問う質問ですが、「どのようにいかせるのか」といった部分であなたのこれまでやってきたスキルや成功体験を話してから、最終的にはそれが受験企業の理念に上手く通じるように話を持っていくことが必要になるのです。そうすれば、立派な返答になります。

 

身だしなみは清潔感を重視しよう

そして、最後は身だしなみです。最後ではありますが、人は見た目で55%決まる(メラビアンの法則)という話もあるくらいですので、気をつけましょう。スーツやベルト、カバンにあるものまで清潔感があるようにしてください。ここで個性を出すのはさけましょう。スーツの色は、黒や紺、グレーなどが良いでしょう。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事