日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

正社員で転職したいと思ったら失敗ぜず成功する4つの準備

正社員で転職したいと思ったら失敗ぜず成功する4つの準備

転職を悩んだり決意したりすることは、近年当たり前のことになってきました。企業側の人材不足や中途採用を随時行っている企業が増えたからになります。このページでは転職を考える、悩んだらまずは行ってほしいこと、考えることを「転職したいと思ったら失敗ぜず成功する4つの準備」として1ページに掲載しておきますので、転職を希望する、悩んでいる方は是非チェックしてみてください。

【転職を成功するための心構え】

  • 決断力と熱意を持って取り組むこと
  • 情報収集など時間をかけること
  • 悩んだら一度やめてみること
  • 自分で決めること
  • 前向きな気持ちで取り組むこと

などが、転職成功を行う心構えです。少し精神論も多いですが、大事なことです。求人も絞込み、面接も終了し、内定も貰った段階でも少しでも悩むようであれば、それは良い転職とは言えません。悩まない人はいませんが、どうしても何かつっかかりが取れない状態の場合はやはり転職を辞めるべきです。それも決断です。

1.自分は何がしたいかを考える

顎に手をあてて考える男性

転職する上で一番大事なことです。俗にいう自己分析というものです。今の会社に不満や勤務し続けれない理由が存在するので転職を希望する。キャリアアップしたいから転職を希望する。など様々なパターンが存在すると思いますが、まずは自分自身を知ることから始める必要があります。

 

転職成功の定義を決める

「転職成功」とよく言いますが、何が成功なのでしょうか?人によって転職の形は多種多様です。そのため、自分自身で何が転職成功なのかを決める必要があるからです。以下自分に問いかけてみてください。

  • 賃金が上がったら転職成功なのか
  • 今よりも仕事環境が良くなったら転職成功なのか
  • 友人に自慢できる企業に決まったら転職成功なのか
  • 家族が満足したら転職成功なのか
  • 賃金が下がっても行いたいことができれば転職成功なのか
  • 働く時間を短縮できたら転職成功なのか

まず、自分の中で転職成功の定義を決めてください。もちろん複数あっても良いです。時間をかけても必ず成功の定義を決めておくべきです。現在の会社に不満がある場合でも、不満を成功の定義に変更しましょう。

例えば、「残業が多く拘束時間が長いのが不満」であれば、残業がない同業の企業に転職出来れば成功となります。このように自分のライスタイルや仕事への接し方、考え方で大きく変わります。

転職エージェントを利用する人も必ずぶれない転職成功の定義を決めておくことで、企業とのミスマッチを防ぐことができます。

 

自己分析の必要性

自己分析においては以下のような理由で必要になります。転職者に自己分析は行ったか?と聞いてもしていない人も多いですが、転職を失敗し繰り返す形になってしまうので、必ず自己分析は行っておきましょう。

  • 自分の仕事の適正を知るため
  • 自分の将来像を明確にするため
  • 志望動機や自己PRを明確にするため
  • 自分のことを良く知るため、再確認するため

上記のような理由で、転職成功までには必ず必要な項目になります。

 

自己分析の方法について

自己分析の方法は様々ありますが、まずは1冊のノートを準備して以下のことを書き出してみてください。

  • 今までの仕事で楽しかったこと
  • やりがいを感じた仕事内容
  • 嫌だった仕事内容
  • 会社での人間関係について嫌だったこと
  • 会社での人間関係について良かったこと
  • 自分で自分の好きな性格
  • 自分で自分の嫌いな性格
  • 今までの20年ぐらいの自分を振り返って自分史を作成する

上記が簡単な自己分析になります。

まったくない!と思う人も必ず時間をかけて考えてみてください。自分の嫌いな性格などは出せると思います。このメモが履歴書にも利用できますし、自分を深く知ることにもつながります。

自分史は自分が今まで選択してきたことを書き出します。その選択は決められた選択だったかもしれませんが、悩んで選んできた自分のものです。なるべく具体的にわかりやすく記載します。自分史には結果と自分のコメントを入れます

  • 結果:高校受験で失敗する
  • コメント:勉強が苦手で覚えることも苦手だった。体育と美術と数学だけは良かった

このように、ものごころついたときから自分の記憶に残っていることを書き出します。

 

自分の分析が終わったらキャリアプランを考える

今度は自分のキャリアプランについて模索します。「なんでもいい、普通の会社で定年できたら良い」と思う人は、それがキャリアプランです。あなたの「普通」を書き出してください。世の中に同じ会社は存在しません。また、会社によって良い面も悪い面も持っているのが会社です。

ここまで行えば、自分自身がなぜ転職を行いたいか、転職先に希望する条件は何か、どんな会社が良いのかというのが分かりま

 

2.転職求人を探すことから始まる

ガッツポーズするメガネをかけた女性

転職求人を探す場合にいくつかの方法があります。

  • 企業に直接応募する
  • 友人や知人の紹介で転職する
  • ヘッドハンティングされる
  • 転職サイトを利用する

約9割の方が転職サイトを利用します。転職サイト以外を利用を考えている場合は、転職求人を多く見たいからといって転職サイトは使わない方が良いです。その理由は以下になります。

  • 「企業に直接応募する」:直接応募したいということは、その企業に対して魅力を感じています。そのため、直接応募したほうが良いでしょう。求人募集をしていない場合に、逆指名転職のような方法を取ってくれる転職サイトもありますので、転職エージェントサイトに登録して聞いてみてください。
  • 「友人や知人の紹介」:友人知人の紹介の場合はある程度転職を見据えて行う場合が多いです。信頼できる友人知人の紹介が転職成功に近いといえます。
  • 「ヘッドハンティングされる」:ヘッドハントの場合は条件交渉が可能ですし、採用がすでに決定しています。そのため、その行為より条件が良いものはあまりないと思ってください。そのためヘッドハントされる場合は基本的に職種が合えば条件交渉をしっかり行った方が無難です。

 

転職サイトか転職エージェントか

転職求人を探す場合には、「転職サイト」か「転職エージェント」かを選ぶ必要があります。

  • 転職サイト自分でサイト内を検索して応募する仕組み
  • 転職エージェント担当者がつき、求人のピックアップから面接の設定などを行ってくれる

一部のサイト(高給取りの転職)以外は基本的無料で利用することができるうれしいサービスですが、どちらを利用するかは好みになります。以下で違いをご紹介しておきます。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

 転職サイト転職エージェント
活動期間長くなる基本的に短い
アドバイス基本なしコンサルタント対応
非公開求人ない独自の保有している求人がある
求人数多い少ない(公開していない)
企業との調整自分で行う担当者がやってくれる
ペース自分のペース急かされる場合が多い

 

など、転職サイトと転職エージェントを比較すると一長一短です。両方で利用する方も多いのが、上記の違いからです。悩む場合は両方利用してみるのも大事な情報収集となります。

 

3.辞めてから転職活動か、辞めずに転職活動か

スーツケースを持って悩む女性

辞めてから求人を探すか、現在の職を辞めずに求人を探すか迷う方がいます。自分はこれだ!と思う人はそのようにした方がスムーズだと思います。あくまでも悩んだ方向けにメリット・デメリットのご紹介です。

 

辞めてから転職活動をするメリット

  • 時間がたっぷりとれる
  • 情報収集に時間をかけることができる
  • 面接日の日程調整が容易
  • 複数面接も優先順位が高く面接できる
  • 勉強や資格の取得など違う道も見える

他のことを考えながらではなく、ゆっくりと自分のペースで転職活動ができることが一番のメリットです。

 

辞めてから転職活動をするデメリット

  • お金や生活費の不安がある
  • 不採用や面接おちの場合にストレスが大きい
  • 不安との戦いになる場合が多い
  • 楽な方向に流れニートになる場合もある

上記デメリットから辞めずに転職活動をする人が圧倒的に多いのが現状です。転職活動資金とて3ヶ月程度は食べれる資金が必要です。

 

辞めずに転職活動をするメリット

  • お金や生活費の不安がなく転職活動に取り組める
  • 転職活動が気持ちに余裕をもって取り組める
  • 税金や年金などの手続きを自分でしなくても良い

辞めずに転職活動を行うメリットは金銭面や安心でしょう。そのまま休まずに働けますし、面倒な保険関連、年金、税金の手続きも次の会社が行ってくれます。

 

辞めずに転職活動をするデメリット

転職活動の時間がなくなる場合が多い

仕事が忙しくて転職をあきらめるケースもある

情報収集などができない

辞めずに転職活動をするデメリットは時間がないことです。そのため、転職エージェントを利用する方が圧倒的に多いのもこの理由です。

 

4.良い企業を選ぶための見分け方

笑いかける女性

良い企業や会社を選ぶための見分け方について説明しますが、どうしても個人差がるため、見分けるポイントの説明をおこないます。知識を持つことで、自分自身の目で見分けてください。

 

ずっと求人を出している企業ってどんな会社か

求人を出している企業は以下の分類に分かれます。

  • 売上が上がり急成長中の企業
  • 人気がなく人が集まりにくい業種の企業
  • 専門性が高く人材が少ない業種の企業
  • 離職率が高く人を募集しないといけない企業

ずっと求人を出している会社はブラック企業だと言われますが、実際にブラックなのは4つのうちの1項目しかありません。つまり、ずっと求人を出している会社でも優良企業は存在することを知っておきましょう。

 

企業ドメインを分析しよう

企業として成り立っている会社は儲け(売上)があります。そのため優良企業の場合は以下の項目が成り立っている場合が多くチェック項目の対象となります。

  • 営業利益、または経常利益が連続で黒字である
  • 新規参入が少ないビジネスモデル、または見たことがないビジネスモデルである
  • 有名ではないが製品、サービスの業界シェアが高い
  • 創業年数が長い
  • 独自の固定客を保有している

などの条件を確認しましょう。上の項目を独自で調べても構いませんし、調べる方法が分からなければ、転職エージェントを利用して担当者に直接聞くことで解決します。

 

期待より最低を知っておく

新しい転職先、新しい会社、期待で胸をいっぱいにする人がいます。今よりも待遇も仕事内容も良くなる!と思っている人が一番失敗する可能性が高いです。それは転職先の企業に期待してしまっているからです。

今までと勝手が違うのは当たり前ですし、社員の不満がない企業はむしろ成長しません。そのため、期待をするのではなく、最低を知っておくことが重要です。そのため、面接の質問などや、転職エージェントに以下の質問をします。

  • 業務内容や仕事内容をしっかりと確認すること
  • 残業状況と時間外支給について確認すること
  • 社員同士の雰囲気を確認すること
  • 平均勤続年数と離職率を確認すること
  • 定年退職者の人数を確認すること
  • 出世するための時間を確認すること(管理職は何年ぐらいでなれるか)

書くと当たり前のことなのですが、実際に転職者に確認したかといったら行っていません。少しでも転職成功割合を高めるために確認しましょう。面接時に聞きにくい場合はやはり転職エージェントを利用することが便利です。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事