日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
ファッショーネ評判
3.02
このページを共有する

アパレル未経験の女性がショップ店員に転職する際に必ず心得ておくべきこと

アパレル未経験の女性がショップ店員に転職する際に必ず心得ておくべきこと

ファッションに興味のある女性であれば、1度はショップ店員になってみたい!と感じたことがあるのではないでしょうか?店員さんはとても華やかで、毎日好きな服に身を包むことができるなんて素敵すぎますよね。アパレルで働いたことがない人たちがそう感じる理由は、アパレル業界で働く実態を知らないからです。アパレルに転職を考えているのであれば、このページでご紹介するアパレルの実態を心得ておきましょう。

1.ショップ店員のお金事情について

日本円を数える

アパレル業界といえば給与が良くないイメージですが、実際のところはどうなのしょうか?企業や役職により給与に開きがありますが、ここでは特に役職がなく、店頭販売スタッフとして働いている人の一般的な給与をご紹介いたします。

 

正社員の給与

一般的なショップ店員の正社員の給与は17万円~20万円程度だと言われています。金額だけ見ると新卒の一般職の月給と変わりなく感じるかもしれませんが、ショップ店員はそもそも休日が少ないです。働いている日数や時間が多いので、時給換算するとだいぶ賃金は低くなります。また、企業により残業もこの給与の中に含まれているケースがあります。また、忘れてはいけないのが正社員や契約社員などのフルタイム勤務体系をとると、各種保険料や年金・税金など様々なお金が天引きされます。実際に手元に残るのは本当にごく僅かです。

 

パート・アルバイトの給与

大手ファッション企業でも、パートバイトでの店頭スタッフに支払われる時給は首都圏でも900円くらいが相場となっています。地方にいけばいく程時給は低くなる傾向があります。首都圏は最低賃金が高いですから、その中での900円という時給は最低賃金に近いのではないでしょうか?パート・アルバイトはもちろん福利厚生がありません。メリットといえば洋服を社割で買えることくらいです。

 

昇給について

もちろん、長く働いて接客スキルを上げれば上げるほど昇給の対象になります。ですが昇給したからと言って大幅な給与アップが見込めるわけではありません。また、昇給するためには上司に仕事ぶりを認めてもらわなくてはなりません。いくら仕事ができても上司に良く思われていなければ昇給することは難しいでしょう。余談ですが、私の知り合いのショップ店員は、仕事もできて接客スキルもある5年目のスタッフにも関わらず、昇給がなかなかされないので 今でも手取り15万程度だそうです。

 

その他避けられない出費とは

ショップ店員で働くにあたり、どうしても避けられない出費があります。自腹で自分の働くショップの洋服を買わなければいけないシステムのアパレル企業では、もちろん仕事用の洋服代がかかります。いくら社割がきくといっても何着も仕事用に買うのは痛い出費です。

 

買わされるのは洋服だけではない

意外に知られていないのは、指定の化粧品を買わされる、ということです。私が指定された化粧品はこちらです。

  • 化粧水などの基礎化粧品
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • チーク
  • リップ
  • アイライン
  • ヘアスタイリング材

働く企業にもよりますが、ブランドイメージを大切にしている企業では、季節とその年のトレンドに合わせたメイク方法の研修が行われます。上記に挙げた化粧品など、事細かにメーカーまで指定して購入するように指示されます。しかもその指定のメーカーはデパートにしか入っていないような高級化粧品メーカーです。青のアイラインなど普段使わないようなものも買わされます。当然使い切れません。

 

低賃金で働くショップ店員の本音とは

自分がもらっている給与は、やはり他の職種と比べて少ないと分かっています。そんなショップ店員が口を揃えて言うのは「本当にこのショップの服が好きじゃないと勤まらないよね。」という言葉です。ショップには毎週新作の洋服が入荷します。洋服が好きな人は、新作をいち早く見れるだけでも嬉しいですし、流行にも乗り遅れることがありません。金銭面以外でモチベーションを保つしかありません。

 

ショップ店員の特典である社割について

自社の洋服を社割で買うことができますが、実際お正月や夏のセールでお客さんとして購入するほうが安くつく場合もあります。絶対にセールにならないものやセール時でも割引率の低いもの、またはセール時期まで残っていない洋服を確実に割引価格で買えるということしかメリットはありません。

 

低賃金すぎて社割で服を買えないスタッフもいる

実家暮らしであれば、低賃金であっても社割を使って洋服を買うことができますが、1人暮らしをしているスタッフは洋服を買っている余裕なんてありません。せっかく社割を使えるのに給与が減ってしまうから買いたくても買えない…。と嘆いている人もいます。せっかく辛い立ち仕事をしているのに、洋服を買うお金が確保できないなんて悲しすぎます…。

 

2.ショップ店員の労働時間や休暇について

時計

ショップ店員は接客業なので、一般的なサラリーマンと違ってシフト制での勤務です。もちろん規則的な休みはないので次月の予定が立てにくいです。実際ショップ店員として働くと、どのようなライフスタイルになるのか確認してみましょう。

 

出勤時間30分前に店についておかなければならない

ショップ店員は、始業時間ギリギリに店舗に着いてはいけません。その理由は、ショップについてから洋服を着替える時間・化粧直しと髪の毛セットをする時間・トータルビジュアルがブランドイメージに合っているかどうかのチェックをスタッフ同士で行う時間が必要だからです。髪の毛に関しては自宅でしていくことも可能ですが、結局髪の毛のセットにかかる時間が必要です。毎日義務的に髪を巻くのは本当に苦痛ですし、朝は少しでも寝ていたいです。

 

残業は当たり前

ショップ店員のするべき仕事ははっきり言ってとても多いです。フロアにて接客が終わった後は、倉庫に行って洋服の袋詰め作業やB級品の返品作業、お客様への入荷連絡や確認などをしなくてはなりません。取り扱っている服の種類が多ければ多いほどその仕事量は莫大です。また、売上の集計をして本日の反省点をみんなで話し合います。そんなことをしていたらあっと言う間に定時は過ぎます。定時ちょうどに帰れる日なんてほとんどありません

 

繁忙期は強制出勤

世間がお休みの日は強制的に出勤させられます。基本的にその店舗で働くスタッフは雇用形態を問わず連休はフル出勤です。普段の土日などは休みがもらえますが、3連休・ゴールデンウィーク・お盆・お正月などの大型連休に休みをもらいたいなんて言った日には上司から白い目で見られます。アパレルで働くと決めた以上、このことは予想できたことなので、大型連休に休みをもらうことは諦めましょう

 

有給休暇は使えない

有給休暇制度があるにも関わらず、実際に有給を使っている人はいません。もちろん企業にもよるのでしょうが、有給を使えるのは一部の企業だけだと思ったほうが良いでしょう。私の場合は、初日の研修で有給休暇制度があると説明された後に店長から「有給は事故や病気で長期間出勤できなくなった時に使ってほしい。それはあなたの為でもある。ちなみに私は8年働いているけど使ったことないよ。」と言われました。色々突っ込みたいことはありましたがグッとこらえました。

 

希望休もとりづらい

正社員や契約社員は平均して月に9回ほど休日をとれることが約束されています。翌月の希望休日を一応は聞いてくれますが、友達と遊ぶために、いざ希望休を提出すると「この日なにかあるの?他の子はいつでもいいって言ってくれてるけどねー。」と言われた人もいます。希望休は実家の帰省など特別な事情がある時にしか出してはいけない暗黙のルールがあるようです…。ちなみにこういった所も昇給に関わってきます。

 

休憩時間について

店舗を空にするわけにはいかないので、当然のことながら休憩は時間をずらす交代制度をとっています。スタッフが多い店舗だと、数人ずつしか休憩にいけないため、自分の番がまわってくるのは15時…、ということがよくあります。アパレルの休憩は1時間休憩と30分休憩に分けて合計90分とることが多いのですが、それだけ拘束時間が長くなるということです。一刻も早く家に帰りたい人にとっては90分の休憩は不必要ですし、夕方にお昼ご飯を食べたりするので食生活が不規則になりがちです。

 

3.ショップ店員の肉体的・精神的疲労とは?

目覚ましを止める女性

ショップ店員は立ち仕事というだけでも疲れる上、精神的にも疲れることが多いです。具体的にショップ店員の辛さとは何なのかご紹介いたします。

 

人間関係について

ショップ店員に関わらず、働く上で1番気になるのが人間関係ではないでしょうか?これに関しては、本当に店舗や企業の経営方針によります。個人売上で競わせているようなショップは、自分のお客様をとられるまい!と人を蹴落とすような態度をとってくる人もいるので、必然的にギスギスした雰囲気になります。店舗売上を決めてみんなで頑張る方針のショップは比較的仲が良い確率が高いです。必ず働く前に、会社の経営方針や店舗の雰囲気を確認してからの方が良いです。

 

心が折れそうでも声掛けをしなくてはならない

ショップで働いてみて意外だったのは、お客さんは勝手に服を買って帰ってくれるわけではない、ということです。店員にコーディネートを提案されて洋服を買っていく方もいらっしゃいますし、店員の声掛けがなければ対応が悪いと思い服を買わない、といった人も多くいます。ですが店員の声掛けを求めていないお客様もいるので、そこらへんの見極めが重要です。中には、話しかけるとあからさまに嫌な顔をする人や、無視を決め込む人もいます。

 

夕方にはむくみで足がパンパン

立ち仕事であるショップ店員が避けて通れないのは足のむくみです。長時間立っているだけでも足はむくむのに、ヒールで立っていなければならないため、夕方には足がパンパンになり家に帰ってからのケアはかかせません。また店舗内は空調がきいていたり、季節を先取りした服装で店頭に立つため、寒さから足元が冷えてくるのもむくみに繋がります。むくみは放置すると足が太くなってしまうので、いかにむくみをとるのかが重要になってきます。

 

セール時の声出しが辛い

年に2回訪れる夏と冬の大規模セール…。お客さんを呼び込むために大声を出してアピールしなければなりませんので、ショップ店員はかなりの確率で喉を痛めます。さらにタイムセールとなると店の音楽を大音量にするので、叫ぶくらいの大きさで声を出さないと人に伝わりません。なぜ爆音にするのか…。お客様からもうるさいといったクレームがでることもありますし、私は未だ理解できません。

 

まとめ

アパレル未経験の女性がいざショップ店員になってみると、今まで働いていた職場とのギャップが大きく、とてもショックを受けてしまうことが多いようです。社会経験がない人なら、比べるものがないためこんなものか、と思ってしまいがちですが、転職でショップ店員になるのは相当な覚悟がない限り厳しいような気がします。 ですが、毎日大好きな洋服に囲まれて仕事できるのは楽しいですし、美意識も勝手に高まっていきます。ショップ店員として働くのは、きついことが多いかもしれませんが、やりがいを見つけることができるかもしれないのでチャレンジしてみてもよいかもしれません。

アパレル業界転職求人サイト比較19社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事