日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

Uターン・Iターンのメリットとデメリット

Uターン・Iターンのメリットとデメリット

近年、Uターン転職やIターン転職によって都心を離れる人たちが急増していると言われています。

Uターン転職というのは、もともと地方で生まれ育った人が進学や就職などによって東京や大阪などの都会へ移住し、のちに生まれ育った地元で転職先を見つけてUターンするという転職のスタイルで、Iターン転職というのは、もともと都会で生まれ育った人が、田舎暮らしに憧れたり、もっとのんびり生活したいという希望を持って地方に転職先を見つけて移住するというスタイルのことです。

このページでは、Uターン・Iターンそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

1. Uターン・Iターン転職を希望する若者が増えている

飛行機

Uターン転職やIターン転職が増えている理由の一つに、インターネットの普及があります。インターネットが普及する前では、都会に行かなければ手に入らないモノはたくさんありましたが、ネットの普及によって欲しいものはどこに住んでいても簡単にネットで購入できるようになりました。

どんなロケーションに住んでいても生活が便利で欲しいものが手に入りやすいという点は、若者にもUターン転職やIターン転職を背中を押す材料になっているのかもしれません。

 

都会の希薄な人間関係に対する不満

10代や20代の頃は地元愛が強かったり、友達との仲間意識がとても強いことが多いのですが、そうした地元愛や仲間意識は、都会よりも地方の方が強い傾向にあります。

そのため、進学や就職で都会に出てきたけれど希薄な人間関係に疲れてしまったとか、広く浅くの人間関係ではなくもっと人間同士の濃厚な付き合いがしたいと考える若者などにとっては、都会という場所はあまり魅力的な場所ではなくなってきているのかもしれません。

 

生活費を押さえるため

さらに、地方へ転職することは、生活にかかる費用が少なくて済むというメリットもあげられます。東京都内ではどんな間取りの部屋を借りても家賃がかなり高いことが多いのですが、地方に行けばもっと安く広い物件を借りることができたりします。そのため、狭い住宅事情に疲れた若者や、結婚して子供が生まれたのをきっかけに、子どもがのびのび走り回れる地方への移住を決意し、転職サイトなどで転職先を見つけて移住という人が多くなっています。

 

2. Uターン転職のメリット

自転車に乗る女性
Uターン転職には、たくさんのメリットがあります。

 

正社員として雇用される可能性が上がる

その中でも大きいのは、雇用形態ではないでしょうか。都会では求人募集の数がとても多く、正社員として働かなくてもアルバイトやパート、フリーランスなどで働くお仕事もたくさんあります。最近では正社員よりも非正規雇用に重点を置く企業が増えているため、正社員として働くことが難しくなってきていると言われているほど。しかし地方においては、まだまだ正社員のお仕事が多いので、都会では非正規雇用だった人でもUターン転職することで正社員として雇用されるチャンスがアップし、自分のキャリアを構築しやすくなります。

 

人間関係を密にすることが出来る

生まれ育った地方にUターン転職することは、住み慣れた土地で生活するという快適さにもつながります。何かとストレスが多い都会と比べると、右も左も全てを知り尽くしている地方なら、精神的にもゆとりのある生活ができるというメリットが期待できます。また、実家がそばにあれば両親とのコミュニケーションをとりやすくなりますし、地方では地域住民の触れ合いが色濃く残っている場所も多いので、都会では希薄になりがちな人間同士のコミュニケーションを密にすることもできます。

 

3. Uターン転職のデメリット

頭を抱える外国人女性
Uターン転職をする若者が増えている昨今ですが、Uターン転職によってすべての人が大きなメリットばかりを実感できるというわけではありません。Uターン転職をする前に、きちんとデメリットも理解した上で移住を決意するようにしましょう。

 

希望する仕事が見つけられない可能性がある

例えば、都会には多種多様な業種や職種の仕事があり、やりたいことに合わせて仕事を見つけることができます。しかし地方に行くと、業種や職種によっては求人がない事も多く、経験や知識を生かせる仕事が見つけられないことも少なくありません。

地方に行くと福祉や土木のお仕事は多くなりますが、メディア系やクリエイティブ系のお仕事、エンターテイメント系のお仕事などは少なくなるので、こうした業界でキャリアを積んでいた人にとっては、仕事という面ではゼロからのスタートとなってしまうことも考えられます。

 

給料が低くなる傾向にある

また、地方は物価が安いというメリットがある一方で、お給料も低くなってしまう傾向にあることもデメリットといえます。地方に支社を持つ企業の場合にも、地方勤務と都心勤務とでは基本給などに差がついている場合も多く、地方へのUターン転職を考えている場合には、給料が下がることも念頭に入れておかなければいけません。場合によっては都会で受け取っていたお給料の半分になってしまう場合も多いのです。

Uターン転職を考えると、自分が生まれ育った古き良き故郷をイメージする人が大半ですが、どんな地方でも時代の流れとともに風景やエリアは常に変化しています。期待通りの故郷でない可能性があることも、Uターン転職のデメリットといえます。

 

4. Iターン転職のメリット

リュックを背負う女性
Iターン転職には、たくさんのメリットがあります。

 

生活の質が向上する

その中でも最も多くの人が感じるメリットには、生活の質が向上するということではないでしょうか。都会では、高額なのに狭い住宅事情が一般的ですし、一戸建てを購入できる場所もお金もないため、一生アパート暮らしをする人もたくさんいます。

しかし、Iターン転職をすることによって、憧れのマイホームを手に入れることができますし、リーズナブルな価格で購入できるので、都会ではできなかった庭を眺めてリラックスするなんてこともできるようになります。都会の生活に疲れてしまった人にとっては、Iターン転職することによって精神的な癒しを見つけることができます。

 

通勤スタイルが変化する

仕事をしている人にとっては通勤スタイルが劇的に変化することも、Iターン転職のメリットです。都会では、片道2時間かけてギュウギュウ詰めの電車で通勤することは決して珍しい事ではありません。しかし、地方へIターン転職すると、マイカー通勤が当たり前だったり、公共の交通機関でも30分もかからずに職場に行ける場合が多いので、通勤にかける時間を大幅に短縮できて、自宅で過ごす時間がより充実できます。

 

気軽にアウトドアが楽しめる

アウトドアや自然が好きな人にとっては、Iターン転職によって得られるメリットはとても大きいと言えるでしょう。ゴルフやスキーを身近で楽しむことができたり、キャンプや川遊びなども気軽に楽しめるので、趣味の時間を充実させることができてストレス解消効果も抜群です。

 

5. Iターン転職のデメリット

悩む女性
都会の便利な生活にピリオドを打って、馴染みのないIターン転職をすることには、得られるメリットがたくさんある反面、デメリットもあらかじめきちんと理解しておかなければいけません。

 

求人の種類が少ない

例えば、転職先を見つける場合には、都会のように多種多様な求人募集が出ているわけではありませんし、職種や業種によっては求人がゼロというお仕事もたくさんあります。そのため、現在のキャリアによってはIターン転職することでこれまでの仕事で培った経験や技術を生かせないことにもなってしまいます。

 

人間関係をゼロから築く必要がある

また、生まれ育った故郷へ戻るUターン転職とは異なり、Iターン転職は見知らぬ土地へ移住することになるため、地元の人たちに受け入れられて人間関係をゼロから築かなければいけないというデメリットもあります。地方の人達は地元愛が強い傾向にあるため、移住してきたばかりの人にとっては距離を感じることもあるかもしれません。

 

気候に振り回される可能性がある

さらに、気候のことも転職前にしっかりリサーチしておきたいものです。東京は比較的夏も冬もしのぎやすい気候ですが、地方によっては一年の半分ぐらいは冬だったり、ゴールデンウィークまで雪が残る豪雪地帯などもたくさんあります。移住してから「こんなはずはじゃなかった」とならないように、事前準備やリサーチは大切です。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事