日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

35歳以上が転職をするために知っておきたい4つのポイント

35歳以上が転職をするために知っておきたい4つのポイント

35歳をすぎると、転職がだんだんと難しくなります。20代に転職を経験している方は、過去の経験から企業は採用に積極的だという感覚があります。しかし、それはあなたが若かったことも大きな理由の一つです。

年収が上がり、社会的な地位も高くなっている35歳以上の人材は、企業側も採用を慎重に決めます。当然、能力次第ではありますが、単純に年齢だけを考えると、転職活動は厳しいものになるでしょう。

しかし、35歳を過ぎても転職は可能です。今回は、その方法と注意点を2つずつご紹介します。

方法1.35歳をすぎたら即戦力アピールを

 結果

中途採用の目的はいくつかありますが、単純な人員補充をのぞけば、よくあるのは主要ポストや専門職が欠員になったり、新規事業への配置換えの結果、急遽人が足りなかったりするケースです。

こういった場合は、年齢に関係なく、すぐにでも働ける即戦力を欲しがっています。つまり、人材を見るポイントは年齢ではなく、「即戦力かどうか?」です。面接では年齢に引け目を感じることなく、即戦力であることを前面に出してアピールしましょう。

 

企業研究をし即戦力であることをアピールしよう

即戦力アピールをするには、事前に入念な企業研究が重要です。例えば代表メッセージには、会社が目指すビジョンが書かれていますし、直近のニュースリリースやIR情報からは、注力している事業分野がわかります。

企業研究を通じて、会社のビジョンと直近の動きがわかったら、おのずと求められる人材像も見えてきます。面接の冒頭の会話や質問を通して、その人物像を明確にしつつ、自身の経験と重ね合わせて会社の未来を語ることで、採用担当者に即戦力アピールをすることができます。

この方法は、経験が浅い20代の若者が行っても説得力がありません。35歳をすぎても転職が可能な人は、その点をよく理解しています。

 

方法2.35歳をすぎても柔軟性が高いことをアピール

スキル
35歳をすぎると、それなりに経験を積んできた自負から、プライドが高くなりがちです。たとえ普段は謙虚な人でも、転職の際はよく見られたい気持ちがあるので、わからないことを素直に「わからない」と言えなかったりします。

 

プライドを捨て好印象を与えよう

採用担当者は人事のプロです。面接で能力のすべては見られないので、むしろ、あなたの柔軟性を見ています。わからないことをすぐに質問したり、自分なりにアウトプットしたりと、柔軟性をアピールした方が、よほど良い印象を与えます。

転職後は環境が大きく変わるので、会社の組織風土や文化に慣れることができるか?どのくらいの時間がかかるか?といった点は、会社にとって非常に重要なポイントなのです。

採用担当者も、あなたに経験があることは重々承知していますので、35歳をすぎてからの転職では、柔軟性が高いことをアピールしましょう。

 

注意点1.会社の労務構成を知る

パソコンを開く男性
労務構成というのは、社員の年代別の割合のことです。普通は現場を守る20代・30代の割合が多く、管理職になる40代・50代は少なくなるピラミッド型がいいのですが、実際には事業の好不況に合わせて採用人数を拡縮してきているので、いびつになっている会社が普通です。

会社を長期的に見ると、このいびつさをある程度是正していかないと、将来ポストを守る人材が育っていないという事態が発生します。つまり会社側には、労務構成を是正するために採用するといった側面もあるのです。

 

労務構成を知り採用ニーズを推察しよう

この採用側の心理を理解しておくことで、おおまかな採用ニーズが推察できます。あなたの年齢が40代後半であれば、40代以上が多くて労務構成がいびつな場合、採用ニーズは決して高いとは言えないでしょう。

しかし、一方で30代前半が多い会社であれば、経験豊富な40代を必要としている可能性があります。昨今では、ベンチャー企業が顧問という肩書で採用するケースが多々あります。

会社の具体的な労務構成を知るのはなかなか難しいですが、社員の平均年齢を公表している会社は意外に多いので、調べるとわかることがあります。調べてもわからない場合は、創業年数から類推することは可能です。面接でそれとなく聞き出すのもよいでしょう。

 

注意点2.35歳をすぎたらダウンサイジング転職が有利

本を読む男性
35歳をすぎた転職を成功させるためには、注意すべきことがあります。それは、会社選びの際にダウンサイジングの原則を守るということです。

たとえば、従業員500名以上の会社勤務だったら、100名以下の会社を。資本金が1億円以上の会社勤務だったら、3000万円以下の会社というように、あえて転職先をダウンサイジングして選びます。

この考え方は、会社の規模で事業のオペレーションが変わり、大きな会社で学んだ当たり前の仕事のやり方が、小さな会社ではノウハウとして重宝されることに目を付けたものです。

 

ダウンサイジングをして、前職で培った能力をアピール

さらに従業員50名以下、資本金1000万以下となると、会社の様相はガラリと変わります。商店がやっと株式会社になった状態で、実態は同族者や身内が経営の主要ポストを握っている、個人会社状態であることも少なくありません。

前職から持ち込む近代経営的なスキルやノウハウは、そういった会社が将来発展するためには、必ず必要になるものばかりです。社会人としての経験も長い35歳以上なら、なおさら歓迎されることになります。

35歳をすぎたらダウンサイジングの転職が有利です。この点を頭に入れておきましょう。

 

まとめ:35歳をすぎても転職のチャンスはある


転職で失敗しないためには、事前準備を万全にしていくことが大事です。まずは企業研究を入念にして、後悔しない転職活動をしましょう。

もしかしたら、年齢を考えると次の転職が最後のチャンスになるかもしれません。しかし、今回ご紹介したように、35歳をすぎてからの転職にも、十分チャンスがあります。本稿を参考に、ぜひ後悔しない転職活動を送ってください。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事