日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

40代からの正社員転職を成功させるポイント

40代からの正社員転職を成功させるポイント

かつては転職35歳限界説ともいわれるように、30代半ばを過ぎると急に求人が減少し、転職が難しくなるといわれていました。これは、30代と40代では企業側が応募者に求めるニーズが異なるにもかかわらず、応募者の側が若いころと同じような転職活動をしてしまうためと考えられます。

40代での転職のむずかしさと、40代が転職で成功するためのポイントについてご紹介いたします。

1.本当に35歳が転職の限界なのか

手で口を押さえる男性

転職業界でよく言われることの一つに「35歳転職限界説」というものがあります。35歳を過ぎると急に求人案件が減り、転職が難しくなるというのがこの説の趣旨です。これは、本当でしょうか。なぜこのように言われるようになったのでしょうか?

一般的に企業活動というのは団体戦です。「全社一丸となって」という言葉は、スローガンとして掲げている企業や、そうでなくても社長講和などで語られることの多い、耳にすることの多い言葉ではないでしょうか。

スポーツに例えて考えてみましょう。野球でもサッカーでもいくつかのポジションがありますが、キャプテンは熟練の年上の選手が務めることが多いのではないでしょうか。これはキャプテンにはチームを取りまとめてチームを勝利に導くという役割が課されているからです。一方で、キャプテンというのはチームに一人しかいないのが普通です。選手としてチームに参加していても、キャプテンの地位を得るのは狭き門といえます。

 

35歳を境に応募者に求められるスキルが変わる

40代の転職ではキャプテン役、リーダーを務めることが出来る人材であることが大前提となります。実際、一般企業において考えると、40代以上は課長や部長クラスにあたります。つまりは、既存の社員であっても、中途採用で新規に採用した社員であっても、この年齢であれば管理職として部門をまとめるためのマネジメント能力が求められるのです。場合によっては経営上の視点から部署を取りまとめていくスキルを要求されるかもしれません。

35歳限界説は、転職の限界年齢が35歳というわけではなく、概ね35歳を境に企業側からの応募者への要求スキルが変わるタイミングであるということを表しています。そして企業側の要求が変化しているにもかかわらず、30代前半までと同じアピールで就職活動を行った結果、内定が得られないという状況に陥っている方が多数いらっしゃる、という現実を象徴しているのではないでしょうか。

 

2.40代転職のむずかしさ

バツを作る中年男性

とはいえ、40代での転職が、若年層に比べて困難であるのは事実です。これはなぜでしょうか。

 

マネージャーとしての資質を要求される

先ほども述べたとおり、40代にもなると多くの企業がマネージャーとしての資質を要求します。まず、未経験者の募集は減少します。これは、企業側のニーズとしてマネジメントをしてもらいたいと考えているのですから、業務知識や製品知識は大前提となるためです。応募者の側でもある程度経験を積んできていますから、同じ業界や同じ業種での再就職を希望される方が多いようです。

しかし、40代ともなれば専門知識を蓄えているかたも多いのではないでしょうか。求職の際に業務を絞りすぎると、なかなか採用を得るのは難しくなります。

 

求人数が減少する

また、一つのチームにマネージャーはそう何人も必要ありませんから、全体としての求人数は減少するのです。このように、企業も応募者もピンポイントでの採用活動、求職活動を行なう傾向にあるため、両者を完全にマッチングさせるのは難しくなります。

 

待遇の良い職は倍率が高い

プライベートに目を向けると、40代は住宅の購入や子供の進学費用などで大きなお金が動くときです。このため、応募者の側としてもできるだけ待遇の良い職をと希望する傾向にあります。

しかし、待遇の良い職には多くの募集者が集まり、倍率が高いことがしばしばあります。このことも40代の転職を難しくしている一因といえます。

 

3.40代でも転職を成功させるポイントは?

笑顔の男性

40代での転職では、マネジメントスキル、経営的観点を持てる人材であるかが一つのポイントとなります。

 

これまでの経験を上手にアピールしよう

チームや部下、後輩を取りまとめた経験、スケジュール管理をはじめとするプロジェクトの完遂経験などをアピールできるといいですね。

これまでのキャリアをネガティブにとらえる必要はまったくありませんが、あまりに過去の経験に固執し過ぎると、採用担当者に「異なる業務では不満を感じてしまうのではないか」といった疑いを抱かせてしまいます。これまでの業務知識、専門知識、業界経験を、別の業務や業界へ転用できないか、という視点を持ちましょう。

業種や業態が異なっても、応用可能な知識やスキルは意外と多くあります。即戦力となることが求められる40代の採用では、自分の過去の経験を踏まえて、応募しようとしている企業で何ができるかを明確に語ることのできる人材が好まれます。

 

まとめ

いかがでしたか。企業が求める人物像というのは、年齢によって大きく異なっています。求人数が減少する40代であっても、企業が求める人材をきちんと理解して転職活動を行なうことで、内定を得ることが出来ますよ。

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事