日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

正社員(総合職や一般職)、派遣、業種専門の転職サイトなど、転職求人サイトにも種類があり、大まかに分けると転職サイト型と転職エージェント型の2つに区分されます。(当サイトでは、転職サイト型と転職エージェント型と呼んでいます。)

 

1.転職サイト型と転職エージェント型の違いとは?

転職エージェントに相談する女性

  • 転職サイト型:転職情報が閲覧でき、自信で応募する(スカウト機能などがある)
  • 転職エージェント型:キャリアコンサルタント(専任の担当者)がつき、コンサルティングしてくれる

つまり、転職サイト型と転職エージェント型の違いは、キャリアコンサルタントがつくかどうかにあり、「キャリアコンサルタントがつかないのが転職サイト型」、「キャリアコンサルタントがつくのが転職エージェント型」となります。

(スカウト機能とは企業から登録した転職希望者のプロフィールを確認し、企業の担当者が逆にオファーを出す仕組みです。)

 

違いはしっかりと確認をする必要がある

一般的にはこの2つが混同して使われることもありますが、この2つをしっかり区分することは非常に重要です。なぜならば、キャリアコンサルタントがつくかどうかによって、転職に向けての求人紹介はもちろんのこと、それ以外の情報サービスを受けられるかどうかが変わってきます。

転職求人サイトを見る場合にも、その両者の違いを意識しながらチェックすると、より有効な情報が得られるようになるのです。

 

2.転職サイト型のメリット・デメリット

パソコンで求人情報を探す男性

転職サイト型は先ほど説明したとおり、コンサルタントがつかいない転職サイト型になります。別名、総合型サイトなどとも呼ばれます。 

 

転職サイト型のメリット

一般的にキャリアコンサルタントがつかない転職求人サイトを当サイトでは転職サイト型(総合型)と呼ぶことにしますが、この転職サイト型のメリットは、幅広い情報を自分の手で探すことができ、自分の目で確認することができるという点です。

転職する際自分で調べるということは、新たな職種を知ることができ選択肢が広がります。また、考えることを通して自分の視野が広がり、自分の中にある能力を開花させるきっかけにもなります。

 

自分で情報を得ることが大事なポイントに!

キャリアコンサルタントからのアドバイスを通して見えてくるものもありますが、自分自身をしっかり分析して次のステップに進むことができれば、それは大きな収穫です。

そのためには、自分で情報を得ることが、重要なポイントになるのです。

 

転職サイト型のデメリット

転職サイト型のデメリットは、転職エージェント型と違いキャリアコンサルタントがつかないことが挙げられますが、同時に注目すべきなのが、非公開求人の情報を得られるかどうかです。

求人にはいろいろな設定があり、好条件の求人には多くの応募者が集まることが予想されるので非公開求人になるケースが見られます。

そのような求人の場合、その求人に見合った適性や経験、資格を有している人にだけ、キャリアコンサルタントを経由して情報が公開されるのです。

 

一般的な転職サイト型には非公開求人は存在しない

一般的な転職サイトには、非公開求人情報は公表されていません。(そのため、非公開求人を狙いたい方でかつ、コンサルタントがNGな方は、スカウト機能がついている転職サイトに絞り込む必要はあると思います。)

このような非公開求人の情報を得られるかどうかは、自分の可能性が広がるかどうかの分岐点になると言っても過言ではありません。

 

3.転職エージェント型のメリット・デメリット

握手を求める男性

転職エージェントを利用する場合は、転職に不慣れな方でもプロのコンサルティングや第三者の意見を聞くことで転職が成功する可能性がアップします。どのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか。

 

転職エージェント型のメリット

キャリアコンサルタントがつく転職エージェント型のメリットは、非公開求人の情報を得られるという点もありますが、求人紹介以外にも様々なサービスを受けられるという点もあります。

 

面接のアドバイスや履歴書のチェックを行ってくれる

キャリアコンサルタントが紹介した求人で書類選考が通過し、面接に臨むにあたって、キャリアコンサルタントから具体的なアドバイスを得ることができます。

以前紹介した事例がある場合は、どのような点がポイントになるか、どのような傾向があるか等、相手先の人事担当者とのやりとりから得た情報を手に入れることができます。

それを踏まえて面接練習を行えば、一般的な面接練習よりも突っ込んだ内容で準備することができます。

これを利用するかどうかで、面接での成功率はかなり変わってくるのです。

 

転職エージェント型のデメリット

転職エージェント型のデメリットは、キャリアコンサルタントとの相性が合うかどうかの問題が出てくることです。

こればかりは人間同士の信頼関係に基づく話なので避けられないところではありますが、時には面倒に思えることが出てくるかもしれません。

 

転職エージェントのデメリット対策について

キャリアコンサルタントと相性が合わないために、転職がスムーズにいかない場合も少なくありません。

しかし、対応策は簡単です。ある特定の転職エージェント型に依存してしまうのではなく、複数の転職エージェントを利用すればいいのです。

その中で自分に合うキャリアコンサルタントを選ぶことができれば十分であり、そうでなくてもいくつかの転職エージェント型を併用すれば、自分のスタイルに合った転職活動が進められるのです。

だからこそ、最初から複数の転職求人サイトをチェックするのは重要です。

 

4.まとめ

転職サイト型と転職エージェント型について記載していきました。どちらが正解かというよりは、自分の好みで選ぶ方が良いでしょう。

 

全体的な注意点

  • 違いはしっかりと確認すること
  • すべての転職サイトは、転職サイト型とエージェント型に分けられるということ

 

転職サイト型のポイント

  • 自分で探すため能力を開花させるきっかけになる
  • スカウト機能を持った転職サイトがおすすめ
  • 非公開求人は探すことができない
  • 自分のページで自信の分析ができる

 

転職エージェント型のポイント

  • 面接のアドバイス等がもらえる
  • 履歴書などの添削もしてくれる
  • 人事担当者の情報を得ることができる
  • エージェントとの相性は複数サイト登録することで回避する

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事