日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを使用しての転職が、ハローワークや転職サイトを通じての転職に次いで多くなっています。求人情報を紹介してもらえる、書類選考や面接のアドバイスをもらえる、退職トラブルの相談に乗ってもらえるなどメリットの多い転職エージェントですが、中には悪質なエージェントもおり、トラブルに発展することもあるようです。

不満や不安を感じないためにも、エージェントとはどのような仕組みなのか理解しておくことが大切です。そこで今回は転職エージェントを利用するときに知っておきたいポイントについてご説明いたします。

1.  利用者が感じるエージェントへの不満

耳をふさぐ女性

利用者が感じる転職エージェントへの不満として一番多いのが、やはり希望する求人を紹介してもらえなかった、というマッチングへの不満です。

一つ、覚えておいてほしいのが、求人も生ものである、ということです。タイミングがありますから、常時、利用者が望む求人があるとは限らないのです。このためエージェントが求職者のニーズについてきちんと把握していても、ニーズ通りの求人を紹介できないことがあります。

紹介してほしい求人の条件を明確にして、優先順位をきちんと伝えること。また、時間をかけてゆっくり探すつもりであることなどを伝えることで、このような行き違いを防げるでしょう。

 

ニーズの把握やマッチングが下手

しかし、残念なことですが、求職者のニーズをつかむのが下手なエージェント、マッチングが下手なエージェントもいます。

マッチングが得意なエージェントであっても、あまり一般的でない業界や業務では、エージェント側に知識が少なく、マッチした業務をイメージしにくいという問題もあります。このような場合は遠慮なく担当者の変更を申し出てください。

 

エージェント側で行われる内部選考

もう一つ、転職エージェントとして、利用者とトラブルになりやすいポイントがあります。

応募者が多い場合、企業へ応募するよりも先にエージェント側で内部選考を行なうことがあるのです。これは、エージェントへ登録する際に説明してくれる場合もありますが、何の説明もない場合もあります。

この選考自体は転職回数や年齢で機械的に判断される場合もありますし、内容を精査されることもあります。先に述べたとおり、エージェントとしてはできるだけ早く、商品を売りたいと考えていますから、採用にこぎつけそうな人材だけを紹介したい、という本心があるのです。

もし、エージェント側で不採用とされたな、と感じた場合でもあきらめる必要はありません。複数の媒体に平行して求人情報を出しているのが普通です。エージェント判断で不採用となった場合、企業にはまだ応募していない状況ですから、別ルートで応募すれば、普通に選考していただける可能性があります。

 

基本的なビジネスマナーが出来ていない

この他、指定した時間外に急ぎではない電話をかけてくる、返事が非常に遅いなど基本的なビジネスマナーができていない方もいらっしゃいます。この様な場合には、迷わずチェンジを申し出てください。

応募者に対して失礼な対応、どこか引っかかるような対応をとっているエージェントは企業側に対しても同じような対応を取っている可能性があります。

企業規模にかかわらず、採用というのは企業にとって一大活動です。エージェントが理由で不採用となることはありませんが、信用できない相手に自分の進退を任せる必要もありません。

 

2. 転職エージェントの仕組み

パソコンを持つめがねをかけた女性

そもそも、転職エージェントはどのようなシステムで運営されているのでしょうか。転職エージェントを利用しても、求職者側には費用が掛からないのが普通ですが、転職エージェントを運営する費用はどこから出ているのでしょうか?

 

企業に対して人材紹介を行う仲買人

転職エージェントは企業に対する人材紹介を行なういわば仲買人です。企業の求人情報に対して、合致すると思われる人材を紹介し、紹介した人材が採用となって初めて仲介料が支払われる、という仕組みが多いようです。

ですから、転職エージェントにとってのお客様は「求人をだしている企業」であり、求職者はいわば「商品」にあたるのです。お客様に買っていただける商品つまりは「採用してもらえる人材」を見つけ出し企業に紹介するのが転職エージェントの仕事といえます。

求職者は商品ですから大切に扱います。そしてできるだけ早く売りたい、それも高く買ってくれる企業に売りたいと考えます。ですので、転職エージェントは採用となる求職者が多いほど、利益を得られるのです。

一方で、採用までの人的コストは抑える必要があります。利用者の「結論をせかされた」、という不満の裏側にはエージェント側のこのような事情があるのです。

 

まとめ

実は、転職エージェント自体は比較的独立が容易な職であるといわれています。このため一定の地域・エリアや一定の業務・業界に特化したような中小のエージェントも多数存在しています。

大手であれば安心というものではありませんが、大手の方が担当者の変更がスムーズな傾向にあります。不安を感じるのであれば、大手のエージェントを利用するようにしましょう。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事